最新の防犯カメラ事情とは?今までとどうちがうの?

「 防犯カメラの映像]と言うと、どういう映像を思い浮かべるでしょうか。ニュース番組、ワイドショーなどでよく出てくる、画質が荒く、動きもスムーズじゃないかくかくとコマ飛びした映像。など想像される方も多いかと思います。ほんの数年くらい前は確かに、上記のような画質、性能のカメラが大半を占めておりました。

携帯電話などにもカメラが搭載されるようになり、一般的なカメラの画質はどんどん良くなっているのに防犯カメラは何でという声もあったかと思います。今回は「 最新」の防犯カメラについてご紹介させていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

最新の防犯カメラとは?

最新の防犯カメラとは大きく分けると3タイプの画質がございます。まず「アナログカメラ(画質は52万円画素未満のもの)」「AHDカメラ(130万画素のもの)」「HD-SDIカメラ(223万画素のもの)」
2013年頃からHD-SDIカメラが登場し、今まで外出が低く、 犯人特定に至らなかった環境でも、このカメラに入れ替えることで、格段に画質が良くなり 人の顔の確認や条件によってはナンバープレートの確認できたという非常に良い声があります。

新商品の検証時にHD-SDIと従来の50万画素カメラを見比べた時に、ここまで画質が大きく変わるのかと驚きの声が上がったほどなのです。また画質が良くなった分、防犯カメラに求められる長時間の録画のために、HDDの搭載容量を増やすことが課題でしたが、最大で12TBという従来にはないような大容量を搭載することで長期的な録画も可能になってまいりました。

そして主な設置場所としては、万引きやいたずらフードディフェンス(異物混入)街頭防犯などを目的とし、書店などの小売店舗、工場や商店街、マンションやコンビニなどさまざまな場所へ導入をされてきました。特にコンビニや小売店などに関しましてはレジでの金銭授受が発生するためお家の受け渡しでのトラブル防止、トラブル時の映像証拠として従来のような「防犯」「威嚇」だけではなく「従業員を守る」といったためにも非常に多くのカメラが導入されるようになってきています 。

また、カメラの画質は、HD-SDIの223万画素カメラと比較すると、AHDが130万画素のため、若干見劣りしてしまいますが、HD-SDIのネックとしては、あげられていた機器コスト、入れ替え工事を大幅に改善し、機器コストに関しましては従来のアナログカメラと同等レベル、さらには設置されているアナログカメラの配線もそのまま使えるため、入れ替え工事もやりやすく工事コストも抑えることができると非常に人気となっています。

最新のコードレスで簡単設置できる防犯カメラがある?

従来の防犯カメラを設置するためには、コードを引っ張ってくる必要があったため電気工事が必要でした、ピザ生地しようと思っても電気工事の代金がかかるし面倒くさい。
そのようなことを解決した製品が「sticker-eye」です。この防犯カメラは、完全コードレスで電気工事も不要です。リチウムイオン 電池を搭載し一度の充電で2ヶ月もバッテリーが持続します。自宅の中や自宅の外店舗に至るまで手元に届いた瞬間に設置を完了することができるんです。 AI が搭載されており不審者を自動検出しアラートを鳴らします。

「sticker-eye」は、 常に録画をしているわけではありません。カメラが不審動作を検知した場合にアラートがかかり撮影を行います。撮影したデータは本体に保存して目安として1日10~15動画を録画します。また不審者に対してアラートを鳴らしたり、リアルタイムでアプリからカメラの映像を確認し録画することもできます。遠方にいてもスマホがあれば自宅を常に警備できるわけです。家族や知人の顔情報を事前に登録できる。 AI が搭載されている「sticker-eye」は顔認証に対応しています事前に家族や友人を登録しておけばアラートが鳴ることはありません。夜間の撮影、盗難対策もできるんです。

最新の防犯カメラのネットワークカメラとは?

最新の防犯カメラと言われている「ネットワークカメラ」とはカメラで撮影した映像をネットワークを通じてパソコンや携帯電話などから見ることができるデジタルビデオカメラの総称です。カメラ一台一台がここの IP アドレスを持ち、カメラで撮影した画像を直接ネットワークを通じて転送する事ができるコンピューターとしての機能を持っているため「 IP カメラ」とも呼ばれているのです。

中には「 Webカメラ」と今度して捉えている人も多いようです。しかし使用用途が異なってきます。ウェブカメラは USB ケーブルなどを用いてパソコンと接続し、利用するのが前提でカメラ単体では動作しません。ノートパソコンの上部に付いているカメラもこの Web カメラとなっていて、利用者自身や近辺を移すビデオチャットのに一般的には用いられます。ネットワークカメラは有線 LAN での接続の他に、無線 LAN・ wi-fi 対応の機種もあり、同じネットワークに接続された PC やスマートフォンやタブレットなどから通信して、映像を受信したりカメラの操作をすることができるんです。防犯カメラとして利用される他見守り監視モニタリングなど様々な用途で利用されています。

防犯カメラで最新のネットワークカメラを使うメリットは?

従来のアナログ防犯カメラの場合、設置した防犯カメラの近くに録画機も設置しなければならず、監視専用のモニターでなければ映像を確認することができません。さらにアナログデータで録画機側で保存する際にデジタルデータに変換するため画質が悪くなる上に録画テープや録画機の定期的な交換などの保守管理費用も高くかかるんです。

それに比べネットワークカメラの場合は防犯カメラとは離れた場所にハードディスクを設置可能、またクラウド保存の場合は録画機が不要となります。専用モニターも必要とせずネットワークに接続された PC の方がスマートフォンやタブレットでも防犯カメラの映像を監視・ の方がスマートフォンやタブレットでも防犯カメラの映像を監視・遠隔管理が可能になるなど数々のメリットが存在するのです。

最新のネットワーク防犯カメラはクラウド保存が可能。

ネットワークカメラの中でもクラウドシステムを導入した防犯カメラはインターネットと接続しクラウド上に映像を保存します。そのため録画機を設置する必要がなくて初期費用を抑えることができます。さらに一般的な防犯カメラの録画機は、耐用年数が約5年から6年と言われています。そのため録画機器の保守管理・メンテナンス費用がかかります。

クラウド保存する防犯カメラの場合は月々のクラウド利用料がかかります。録画機を必要としていないため保守管理もメンテナンスも設置場所を確保する必要もありません。録画映像のクラウドへの保存期間にもよりますが月々の費用は1000円前後から利用することが可能となっています。また保存期間内であれば録画映像の必要な部分だけをパソコンなどにダウンロードすることもできます。さらにネットワークカメラはPoE対応した製品が数多く、配線が LAN ケーブルのみとなるのでアナログカメラの同軸ケーブルのように配線が複雑にならずに工事費用も抑えることができるんです。

最新のネットワーク防犯カメラはセキュリティ面でも安心

ネットワークカメラの大きな利点としてセキュリティ面に優れていることが挙げられます。一般的な防犯カメラはカメラもしくはカメラの近辺に設置した録画機に映像を保存します。そのため防犯カメラ自体を破壊され SD カードを抜き取られたり、録画機を盗まれるなどの被害にあった場合は当然ながら映像確認することもできなくなってしまいます。そのてネットワークカメラの場合は防犯カメラとは離れた場所に録画機を設置することも可能ですしクラウドに保存した場合は録画機を盗まれる心配すらありません。そのため万が一防犯カメラを破壊されたとしても犯行直前までの映像をきちんと記録することができます。

さらにクラウド保存の映像データは通常暗号化された状態で通信を行うので情報漏洩の危険性は極めて低くなります。これによってセキュリティ面でも大きなメリットがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

最新のネットワークカメラは一度にカメラを複数管理

従来のアナログ防犯カメラとカメラと配線で繋がれた専用のモニターでなければ S を確認できませんでした。それに比べてネットワークカメラはインターネットを買いすることは可能なのでインターネットに繋がった PC・ スマートフォンなどからアクセスすればいつでもどこでも映像を確認することができます。

最新のネットワークカメラを使う注意点は?

最新のネットワークカメラを使う注意点ですがまず「データ容量が大きい」ということと「複数台の防犯カメラを設置する場合ネットワーク回線を圧迫」すること「ある程度のネットワークの知識が必要」という3点があります。

まとめ

以上、最新のカメラである防犯カメラ「ネットワークカメラについて」ご紹介させていただきました。最近ではアナログカメラよりもネットカメラが主流となっているのかわかります。複数の防犯カメラの映像をどこからでも確認や管理できる点はとても大きいでしょう。ただし不正アクセスの危険性も伴います。しっかりと管理するようにしてください。防犯カメラの導入でお悩みの方は是非ご参考にしていただければと思います。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。