防犯カメラの最安値は?知りたい防犯カメラの価格

防犯カメラを購入するならばなるべく最安値で購入したいですよね。こちらでは防犯カメラを最安値で購入できる方法や、最安値でどのように安く購入できるかなどをこちらにて解説させていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

最安値で買いたい防犯カメラの機能とは?

防犯カメラと一口に言っても色々な種類があります。取り付ける場所や不審者に対しても目立つように設置するのかなど用途によって様々な形状、種類があります。大きく分けると固定式とPTZ式の2種類となります。

そしてそれぞれにドーム型、ボックス型などがあります。そして、まず形ですが、ドーム型、ボックス型の2種類はボックス型は防犯カメラのイメージに一番近いものではないでしょうか。このタイプは視野が設置した時の状態で固定されます。監視しているぞという威圧感を与えることができます。

最近増えてきているのドーム型です。これは監視している方向が分かりづらいタイプのものとなります。不審者にとってはどの視野で監視されているのか分からないため、こちらも抑止力が働きやすいものになります。

そしてそれぞれに、固定式PTZ式が販売されています。固定式はその名の通り、監視する方向が取り付けた状態の一定方向のものになります。PTZ式はそれぞれ、Pan、Tit、Zoomの頭文字から取っているのですが、水平方向、垂直方向にカメラの向きを変えることができ、ズーム機能があるものになります。

気になる最安値の防犯カメラの価格

そこで気になるのが実際の防犯カメラの価格はいったいどれくらいなのでしょうか?防犯カメラ本体は安いものであれば1万円以下のものもあります。ただそれだけでは録画ができなかったり、画質が良くなかったりと実際に監視をするには物足りない部分も出てきます。一般的に3万~5万円程度の本体価格であれば十分に対応できるでしょう。実際に犯罪被害にあってからの損害を考えれば安い投資です。

一口に屋外用の防犯カメラと言っても色々な機能や種類があるのです。昨今の治安状況を考えると設置を検討した方が良いかと思います。未然に犯罪を防ぐ抑止力として、是非防犯カメラに興味を持っていただければと思います。

最安値の防犯カメラを購入しても設置費用もかかる?

防犯カメラの設置には費用が発生してしまいます。そのために防犯カメラの設置を躊躇っているという方も多いかと思われます。現在では防犯カメラの設置に掛かる費用に対して助成金を受け取ることができるといった場合もあります。

防犯カメラの購入を考えている場合、助成金の有無やその申請方法を事前に確認をしておきましょう。防犯カメラの設置には当然ですがお金が必要となってきます。では、防犯カメラ1台設置するためには大体どれくらの費用がかかるのでしょうか?防犯カメラの設置に必要な費用は大きく2つに分類することが出来ます。

1つは機材費用です。防犯カメラ本体の価格と考えて下さい。もう一つは防犯カメラ設置工事に掛かる費用となります。防犯カメラは用途に合わせ、様々な性能のものに分類をされ、その価格にも大きな差があります。またカメラに合わせて設置方法も異なる場合もあります。

一般的に家庭用の防犯カメラだと1台の設置平均費用は15万円前後であると言われています。また企業では撮影距離や画質の関係からより高性能な防犯カメラを設置することが多い為、1台あたりの防犯カメラの設置平均費用は30万円前後であると言われています。

設置台数が増えると工事費用に掛かる費用が安く抑えられるようになるとは言われているものの、防犯カメラの設置費用は決して安いものではありません。

最安値の防犯カメラ設置への助成金?

防犯カメラ設置に掛かる費用に関して、助成金を設けている自治体もあります。防犯カメラ設置にかかる費用への助成金は各都道府県や市町村ごとの自治体によるものです。国による助成ではありませんので、住んでいる地域により助成の有無だったり、助成の金額は異なることがあります。

その為に防犯カメラの設置を検討している場合は必ず自分の住んでいる地域の防犯カメラ設置の助成金について調べてみてください。助成金と言うと
各個人へのほじょのようなイメージとなりますが、防犯カメラ設置の助成金は町内会やPTA、自治会や商店街単位での設置に対するものになっています。

防犯カメラ設置への助成金は各都道府県や市町村ごとに異なってくるのですが、具体的にどのような助成がなされているのでしょうか。
例えば、東京都の千代田区の場合であれば、防犯カメラ設置に対する助成金として防犯カメラ設置の3分の2の金額。最大600万円までの補助が行われています。対象者は商店街、町会、自治体、PTA等です。

防犯設備の整備に対する補助金という制度の名前になっており、個人を対象にしたものではなく、地域で防犯へ取り組むための助成だと考えられています。また神奈川県の横須賀市は防犯カメラ新設の場合は、最大45万円の補助が行われます。対象者は町内会や自治体です。制度の名前は町会等防犯カメラ設置費補助です。その他にも多くの都道府県や市町村で防犯カメラ設置費用に対する助成が進められています。防犯カメラの助成は更に広がり、将来的には全国区で実施されるものと見られています。

最安値の防犯カメラ助成金利用で増える?

実際に防犯カメラの設置の助成制度が出来てから、防犯カメラの設置件数は増えています。、近年更に防犯への意識が高まっていることもあり、防犯カメラ設置費用が高額であるためになかなか設置に踏み切ることができなかった町会、自治体、商店街の方々が設置する事の出来るようになったためかと思います。

必要性を感じている町会や自治体、商店街がそれほど多く存在していたということになります。首都圏のみならず、地方でも同様の取り組みは進んでいますので、今後更に防犯を意識した対策が行われていくことになるでしょう。防犯カメラ設置による犯罪の抑制効果があることも分かっていますし、事件が起こった際の解決の糸口としても有効に活用ができます。

このように防犯カメラ設置に関する費用の助成は着々と進んでいます。防犯カメラは機材価格、工事費用だけではなく、維持費もかかってくるものですので、こうした助成は防犯カメラ設置への大きな手助けになります。現段階では個人的な防犯カメラの設置だけではなく、団体単位での助成となりますが、町内会、自治体で取り組むことにより、商店街だけでなく、いわゆる住宅街へ防犯カメラの設置費用としても助成額を受け取ることができますので、個人で防犯カメラの設置を検討している場合でもその対象になるかどうか町会や自治体に相談してみるのも良いでしょう。

防犯カメラの設置費用と助成金はこのようになっています。国による助成ではない為に防犯カメラの設置費用に関する助成の制度名は、助成を行っている場所によって異なるので注意が必要です。防犯カメラの設置を検討しているのであれば、しっかりと事前に確認してみるのが良いでしょう。

最安値の防犯カメラコスト引き下げに貢献した防犯カメラとは?

最近の防犯カメラは以前とは比べ物にならないほどに低価格となりました。近頃カメラ本体と録画装置、ケーブル類などを合計しても、設置費用が10万円かからない場合もあります。この金額には、設置の作業代金も含まれますからとても驚きです。

これは現在の防犯カメラシステムがデジタル式であることが大きな要因の一つと考えられます。以前の防犯カメラは、アナログ式が一般的で、アナログ式の映像機器は回路の設計や調整が難しく、また実際の運用に際しても扱いに技術的な知識が必要でした。また小型化も難しいので機器が大きく、高価という側面もあります。

最安値おすすめ防犯カメラ

ここでは防犯カメラで最安で販売されているものを紹介します。

secuSTATION ペットカメラベビーモニターSC-LC52

スマートフォンからかんたんに設定可能な手軽に映像の確認ができる自動追跡機能が搭載された高性能の防犯カメラです。ペットやお子様の見守りに使用可能で256万画素/354万画素のためパソコン・スマートフォンでも綺麗に映像の確認ができます。
値段5830円

WTW防犯カメラワイヤレス家庭用自動追跡追尾ペットカメラ屋内ベビースマホ

最強の自動追跡IPホームカメラ人物を最大20mまで自動追跡、0.8秒で90度回転の高速追跡、クラウド録画にも対応しています。映像から動きや音を検知すると自動的に約12秒間の映像を記録開始して記録したデータをクラウドで暗号化して自動的に送信します。
価格5888円

WTW防犯カメラワイヤレスソーラー屋外Wifi 日本製 監視カメラの通販

これが令和の監視カメラと呼ばれています。ソーラーから電源供給で内蔵電池を充電し、24時間動作する防犯カメラです。半永久的に使用できるカメラとなります。そして専用アプリからリアルタイムの映像が見れます。
価格12800円

まとめ

以上防犯カメラの最安値についてご紹介させていただきました。防犯カメラの場合、安く購入できたとしても、取り付け、メンテナンスなどの別で費用が掛かる場合があります。助成金など上手く利用して防犯カメラを最安値で利用できると良いですね。
参考までにネットで販売している最安の防犯カメラについても是非ご覧頂ければと思います。ご自身に合った防犯カメラでコストを抑えて防犯カメラを使用してくださいね。そして安心した生活を送ってください。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。