世界中の防犯カメラが見れるサイトがある?「Inssecam」はプライバシーの侵害?

「世界中の防犯カメラを見れるサイトがある?」防犯カメラの映像が他人に見られるという危険なWEBサイトがあります。今回はそのサイト「Inssecam」について詳しく見ていきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラが見れるwebサイト?

「Inssecam」をみていくと、ある日本国内の会社内を監視する防犯カメラの映像が見られます。各々の会社が取り付けた、防犯、セキュリティ上の防犯カメラの映像になります。びっくりすることにこの映像がだれでも見れるよう生配信されているWEBサイトになります。しかも、日本だけでなく世界中です。

アメリカや日本、イタリア、フランス等、100カ国あまりある国名の中からいずれかを選ぶと防犯カメラの映像が一覧表示されます。画面の右側にはカテゴリとして、街、村、動物、川、ビーチ、オフィスなどといったものが40個ほどあります。オフィスのようなものをクリックするとなんと防犯カメラのリアルタイム映像が表示されるのです。そしてその下にはカメラの場所を示していると思われる地図まで表示がされています。

防犯カメラがみれるサイト?コンビニやお店の防犯カメラが丸見え

世界中の防犯カメラ映像が誰でも見られるWEBサイト「insecam」ですが、どのようにして防犯カメラの映像にアクセスしているのでしょうか?それはクローラと呼ばれるプログラムが関係していることがわかりました。このクローラというのはインターネットのウェブ上を徘徊するロボットのことです。ウェブ上を周回しながら、文章や画像を定期的に取得することでデータベース化させているのです。

インターネット上でさまざまな情報を閲覧できるのはこのクローラのお陰なのですが、このサイトはこのクローラを使い、インターネット上に接続された防犯、監視カメラを探し出しているのです。そして情報を取得されてしまった防犯カメラの記録が、世界中に公開されてしまっています。この誰にでも見られる状態ということは常にプライバシーの侵害の危険にさらされているということになります。

しかし、この問題は、プライバシー侵害という個人の沸くをも超える危険性を孕んでいるのです。もし、この店内の情報から場所が発覚すれば、防犯カメラの映像を見て誰もいないと確認してから盗みに入ったり、コンビニでは客がいないことを確認して強盗に及ぶことも可能となってしまいます。つまり、泥棒は何も危険を侵さずに、家にいながら下見をすることができてしまいます。これは犯罪に利用される可能性も高く、とても危険です。

防犯カメラには店内の様子がハッキリと分かるように設置されているものもあります。もし、銀行の中身が丸見えだったらどうでしょうか?警備員の配置、金庫の位置まで把握されてしまいます。こうした映像が生中継で流出している場合、警備員の有無、人数、店内の物の配置なども外部に筒抜けの状態となり、個人のプライバシーから強盗などの凶悪犯罪を誘発する危険性もあります。

防犯カメラが見れるサイト位置情報もみれる?

どうやらここで公開されているほとんどの映像は、IPアドレスから位置情報を取得しているらしく、大まかな位置しか表示されていないようです。ですから、都内であればそのほとんどが都庁を示すようになっているようです。その他の県では区役所や市役所を示しており、この位置情報はあくまでも参考程度になります。

防犯カメラが見れるサイト無断配信の影響はスマホにある

自宅のパソコンやスマホでも、カメラ機能が付いていて、インターネットに接続されていれば見られている可能性もあるというのです。例えば何かアプリをインストールする際に「許可しますか?」といった画面がでることがあると思いますが、それも関係するようです。

防犯カメラが見れるがセキュリティはしっかりしよう!

これを逆に考えるとセキュリティさえしっかりしておけば防ぐことができます。
監視カメラやパソコン、スマホなど、パスワードが設定されているものは初期設定で使用をしないようにしましょう。アプリなどをインストールする際にも書かれている項目を確認するクセをつけましょう。

インターネットに繋いでいるWebカメラというものは、外部からその映像を確認できる利点がありますが、逆に言うと、パスワードをしっかりと設定しなければ、第三者のアクセスは容易なのです。

例えば家の鍵のロックナンバーが「1111」とか「1234」などでしたら、誰でも簡単に推測できますよね?ですから、スマホもWebカメラとして使わなければ少なくとも「insecam」のようなサイトに載るといったことはなくなります。

逆にWebカメラとして使うことがあるとすれば、パスワードをきちんと設定するならば問題ないわけです。

世界中の防犯カメラが見れるInsecam(インセカム)はプライバシーの侵害じゃないの?

不特定多数の人が通行する街中やコンビニに設置された防犯カメラの映像では、プライバシー権侵害の主張は難しいと思われます。しかし、病院や歯科医院の診療室、浴場の更衣室などであれば、そのカメラの管理者を訴えることができる可能性はあります。これは「insecam」に対してということではなく、「防犯カメラを設置している各店の管理者に対して義務と責任が生じてきます」カメラの設置場所や映っている内容、管理者のパスワード設定の有無によりますが、プライバシー権の侵害になる可能性は十分にあると思われます。

本来、不特定多数の人に見られることを想定されていないものが公開されているわけですから、IDとパスワードを初期設定のまま使用していたり、他の人が撮影されたものを見ることができる状態でカメラを設置している管理者にはプライバシー権侵害の観点でいえば過失があるといえるでしょう。

世界中の防犯カメラが見れるInsecam(インセカム)は不正アクセス禁止法には引っかからないの?

不正アクセス禁止法の観点から見れば、不正アクセスになるかどうかというのは非常に際どいラインになるかと思われます。不正アクセスになる要件には「1ネットワークに接続されているコンピュータであること。また2ネットワークを通じてコンピュータへのアクセスが行われたものであること。3他人の識別符号またはアクセス制御機能による特定利用の制限を免れることができる情報または指令が入力されたものであること。

4 アクセス制御機能によって制限されている特定利用をすることができる状態にさせたものであること。
問題は3の「1234」など誰でも思いつく単純な初期設定のIDとパスワードを、識別符号またはアクセス制御を管理する機能として認めるかどうかが問題視されて、専門家の中でさまざまな意見が聞かれています。

どちらにせよ、前提として誰でもアクセスできる状態下で第三者にアクセスされた場合は、この法律を適用することができません。そもそも、今回のケースは外国での行為になりますので日本の「不正アクセス禁止法」で取り締まれる可能性は極めて低いです。

>世界中の防犯カメラが見れるInsecam(インセカム)の防犯カメラが覗かれない具体的な対策は?

このWEBサイトで公開されている世界中の防犯カメラはある共通点があります。それはパスワードです。防犯カメラには、管理者や所有者のみがアクセスできるようにパスワードを設定することが必要です。しかし、この問題で流出した防犯カメラのパスワードは購入時に設定されている「初期設定」のままだったのです。

流出したメーカーは「パナソニック」「ソニー」といった国内メーカーも名を連ねています。初期設定のパスワードはその多くが「Password」「1234」「admin」と各社共通しています。買ったままの状態、いわゆる「工場出荷時」のユーザー名、パスワードを変更せずに使っていたため、「insecam」はそこを狙い、世界中の防犯カメラ映像を生中継できるようなWEBサイトを立ち上げたわけです。

対策としては、Insecamのクローラにアクセスさせないために、初期設定のパスワードを変更することが有効となります。各メーカーや各防犯カメラで手順が異なりますが、設定画面で「ユーザー認証」を「Off」あるいは「未登録ユーザーを許可」と設定している場合、誰でもアクセスできる状態になり危険となります。

ユーザー認証の設定を「on」または「未登録ユーザーを禁止」とし、容易に推測できないようにユーザー名・パスワードの設定が必要です。
単純に「1234」から「3412」とするだけでも有効ですが、「s213」のようにアルファベットと数字を組み合わせて設定することをおすすめします。防犯カメラの管理者がパスワードの初期設定を変更することも大切ですが、各個ごとにランダムなパスワードを設定済みで販売するなどのメーカー側にも対策が求められるかもしれませんね。

世界中の防犯カメラが見れるInsecam(インセカム)ニュースにとりあげられる?

当初はこのサイトに6965件ほどあった、日本の防犯カメラ数ですが、ニュースでとりあげられるようになってからは1700件と確実に減ってきています。各企業が気を付けてID・パスワードを設定して行い無断に公開されることが減ったからだと思われます。

まとめ

さていかがでしたか?世界中の防犯カメラが見れるサイト「insecam」についてご紹介をさせていただきました。そんなサイトがあるのかとゾッとしますが、逆にセキュリティ対策ができているかということを知るのにも便利かもしれませんね。防犯カメラのセキュリティ対策はしっかり行いましょう。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。