自分で簡易(簡単)設置できる防犯カメラの選び方

自分で簡易(簡単)設置ができるワイヤレスの防犯カメラが増加をしています。ここでは集合住宅で設置できる工事負担が少ない防犯カメラを紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

配線不要でスマホで画面を確認できる簡易(簡単)設置防犯カメラが増加中?

家庭の安全を守る防犯カメラは高価なものになるとカメラだけでも10万円近くします。ネットワークビデオレコーダーなどの録画装置などのシステムも必要になります。専門の取り付け業者に頼めば、かなり出費になります。ですが、近頃にはスマートフォン、インターネットを活用することで、設置負担を抑えた安値な防犯カメラが増えています。

ワイヤレス&バッテリー駆動の防犯カメラで簡易(簡単)設置

防犯カメラを設置するときには、電源と配線が必要であり、屋外の設置では工事が必要になる場合もあるでしょう。また、集合住宅の場合は、ベランダや廊下は共有スペースなので、勝手に配線を行うことができません。ですが、最近はカメラからの映像データをワイヤレスで伝送する製品もあり、配線の必要が無くなってきています。

もう一方の電源は近頃は交換式の大容量バッテリーを内蔵するものもあり、これならばバッテリーの定期的な交換は必要になるものの屋外でも簡単に設置が可能です。もちろん、屋内であれば、設置の難易度はかなり下がりますので窓や玄関を望める場所に設置することで侵入者への威嚇効果が望めます。

警視庁のデータによると侵入窃盗の侵入口は、戸建て住宅では約6割、3割以下の集合住宅ででも5割強が窓からとなっています。この付近に防犯カメラを設置することで威嚇効果が高まるのです。

防犯カメラの簡易(簡単)設置はダミーカメラやステッカーを組み合わせよう

侵入者を撃退するには「この家には防犯カメラが作動している」というのを理解させる「威嚇」が重要です。威嚇のために、本物のカメラと組み合わせて、ダミーカメラや防犯用のステッカーを目立つところに張っておくのも効果的であるといえます。

こうしたステッカーは100円均一ショップなどでも売られていますが、インターネット通販では、ホームセキュリティの大手サービスのステッカーが同梱された防犯グッズなども購入することができます。

そして、ダミーカメラを購入するときにも注意が必要になります。近頃は安値のダミーカメラも多く販売されていますがこれらはいたずら対策程度ならば役にたつかもしれませんが、プロの侵入者をだまし通せるかと言った点では疑問が残ってしまいます。ダミーカメラも割高になりますが、本物と外見が同じものがベターです。屋外に設置するなら屋外向けの形のもの、屋内であれば屋内向けの形のものを選ぶことが大切です。

なお、ダミーカメラには威嚇効果の向上を狙ったLEDの点滅機能を持ったものがありますが、本物の防犯カメラには点滅機能はついてないことの方が多いです。これも、いたずら撃退なら十分でしょうが、プロの侵入者にはダミーであるとすぐに見破られてしまいます。

ドーム型の防犯カメラは、屋内や軒下など直接雨のかからない場所で使われる。配線を隠せるほか、レンズの方向がわかりにくい利点があります。
配線なしのダミーカメラでは偽物だと見破られてしまう。ダミーであっても本物と同じように見せることが大切です。

簡易(簡単)設置できる防犯カメラバッテリー搭載で完全ワイヤレスの小型防犯カメラの紹介

バッテリー搭載で完全ワイヤレスを実現する小型の防犯カメラArlo「Arlo Pro2」コンセントの電源に加え、バッテリー駆動にも対応する小型の防犯カメラ。記録した映像はWi-Fi経由でインターネット上のクラウドサーバーに保存されます。ボディは防水や防塵対応なので屋外の設置にも対応です。

Wi-Fiの電波さキャッチできれば設置の自由度は高いです。クラウドサーバーは無料です。そして、月額カメラ1台で359円など用途に合わせた様々なプランも用意されており、更にカメラ2台、3台、4台のセットが用意されています。
価格は47,800円~です。

簡易(簡単)野外設置の防犯カメラの紹介

屋外設置も可能であり、赤外線カメラも搭載するワイヤレス防犯カメラマスプロ「WHC7M2」です。カメラとモニターのセットモデルであり、カメラからモニターへのデータ転送はワイヤレスにて行います。モニターにはバッテリーが内蔵されており、持ち運びが可能となります。

そしてカメラには外部電源が必要であり、カメラはIP66の防水・防塵のため屋外設置も行えるほか、赤外線撮影が可能なので、モノクロの夜間撮影も可能。映像はモニターに映し出すほか、microSDメモリーカードとブロードバンドルーターを有線LANで接続すればインターネットを経由し、出先のスマートフォンで映像を確認することができます。増設用のカメラを使うことで、最大4台のカメラを利用できるので、個人用として本格的な防犯カメラシステムが構築できます。

尚ディスプレイのサイズが7インチである「WHC7M2」のほかに、10インチのディスプレイを組み合わせた「WHC10M2」の2種類がラインアップされています。お値段は28,180円~です。

簡易(簡単)設置左右360度、上下90度の首振りが可能な屋内防犯カメラの紹介

パナソニック「KX-HDN205-K」左右360度、上下に90度という首振り機能を備えているのが特徴、本来、子供、ペットの見守りを想定してものであり、リアルタイムの映像を手持ちのスマートフォンで再生するのがメインです。録画を行う場合、別売りの「おうちクラウドディーガ」というものが必要となります。

設置の手軽さはもちろん、上記の首振り機能を備えているので、防犯用として活用する人も少なくありません。お値段は18,979円~です。

工事不要で簡易(簡単)設置防犯カメラの紹介

工事不要で設置できるドアカメラ、パナソニック「VS-HC400」です。ドアの上部に引っ掛けるだけのドアカメラ。ドアを工事することなく設置できるので、ドアの形状によっては設置できない場合もあります。朗報にカメラのない集合住宅などで重宝されます。セッティングも簡単でカメラとモニターの新規の間がペアリング済みのワイヤレス接続となっておりますので、箱から出せばすぐに使い始めることが可能です。

外科の呼び出し音に連動して動作する「チャイムリンク機能」を備えており、映像をモニター親機に自動表示もできます。ドアカメラの電源には乾電池を使い約6カ月利用の使用が可能であるほか、モニター親機は自動表示もできます。

ドアカメラの電源には乾電池をつかって約6カ月利用の使用が可能であるほか、モニター親機は充電式バッテリーを使用しており、持ち運ぶことも可能です。なお、本機にはホームユニットを同梱した「VS-HC400K」も用意されており、WiFiを経由して出先のスマートフォンで映像を確認することができます。
お値段は21,898円~です。

簡易(簡単)設置防水、防塵対応。最長で12か月待機可能な乾電駆動の防犯カメラの紹介

防水や防塵可能で最長で12ヶ月待機が可能な乾電池駆動の防犯カメラサンワサプライ「CMS-SC01GY」は単3型の乾電池を電源に使う防犯カメラです。人感センサーを使い40°の範囲に人などを感知した場合に自動で撮影を開始します。

最長で12ヶ月の待機が可能なほか赤外線フラッシュを使わなければ静止画は約39000枚動画なら約13時間赤外線フラッシュを使った場合でも静止画なら2万枚動画ならば2.5時間の撮影が可能です。映像は本体のマイクロ SD メモリーカードに記録し、映像確認用のディスプレイも備えているので本気だけで電源もモニターもWiFiも不要で利用可能です。

ボディはIP45等級の防水・防塵等級をクリアしており、屋外の設置ももちろん可能で、赤外線フラッシュを備えており、夜間でもモノクロ撮影を行えます。 お値段は11,660円~です。

簡易(簡単)設置配線を隠せるドーム型ダミー防犯カメラの紹介

配線を隠せるドーム型のダミーカメラパナソニックの「WV-SFN311」は防犯カメラやネットワークカメラの実績が豊富であるパナソニック製のダミーカメラです。見た目はパナソニックのドーム型カメラと同じです。ドーム型カメラは配線を隠して設置ができるので、ダミーカメラとしては適した形状と言われています。
価格は8,140円~

やってはいけないダミーカメラの付け方

こちらではダミーカメラがダミーであるこが分からないよう、「絶対やってはいけないダミーカメラの付け方」を解説します。
まずは「安いダミーカメラを買わないこと」です。ダミーカメラなので安く押さえたいという気持ちは分かりますが、あまりに安いダミーカメラを購入すると逆効果になることもあります。安いダミーカメラはプロが見るとすぐに分かってしまう為です。

あとは「そんなところに防犯カメラはつけられない」と思うような配線の仕方にも注意です。カメラは配線が必要となってくるので、無線カメラでも電源配線は必要です。電池で何週間も稼働する防犯カメラなんてないので、付ける場所がおかしくないか考えてみましょう。

まとめ

さて、防犯カメラ簡単設置についてご紹介させていただきました。防犯カメラを設置するならばなるべくコストは抑えたいものですよね。中には簡単設置できるものも沢山あるので、なるべくご自身で簡単に設置できるものを選びましょう。ダミーカメラなども時には上手く使うと良いでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。