防犯カメラの看板の意味は?防犯カメラを設置する際のポイント

防犯カメラのや監視カメラの表示板である看板やステッカーの表示をどのように効果的または適切に行うと良いのでしょうか?本来防犯カメラや監視カメラが用いられるシーン及び目的は多種多様にあります。何のために設置し、それを告知するかを抜きにしては、適切な表示とはならないでしょう。こちらでは防犯カメラの看板であるステッカーについて、設置する際に気を付けること、どのようなものが良いかなどを紹介します。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラの看板について

防犯カメラの看板とは、カメラで撮影している事を表示し、不審者や万引き犯に警告を与えるために設置している防犯看板のことを指します。こちらがあることで、不審者・侵入者経防犯カメラがあることをアピールすることができ、警告し、犯罪防止に役立ちます。

防犯カメラの看板には犯罪防止効果あり

防犯カメラの看板には実際に犯罪の防止効果があるかどうかについてなのですが、これは、表示そのものが必ずしも犯罪を抑止する目的の為だけではなく、抑止の為の防犯カメラや監視カメラを適切に運用する為のものという側面があります。

そもそも犯罪や不法・迷惑行為、の発生状況や原因は、その場所や利用者ごとに異なるものです。従って犯罪防止に効果があるかという点に関してはつまるところ「防犯カメラの存在を意識していないために不法行為が発生しやすいという状況下ならば」という前提で有効ということになるのです。「〇〇禁止」という表示物だけでは効果がない状況で「防犯(監視)カメラ作動中」の表示物を加える事で初めて効果が生じる場合があります。

カメラを意識し、顔を隠すことはさほど困難なことではないため、「防犯カメラの存在を明かす」という事によって、逆に不法行為の当事者を特定しにくくなる場合があります、少なくとも「不特定多数の人々が対象となる場所」においては、カメラの存在を隠匿した「隠しカメラ」のようなあ運用方法は個人情報保護の観点からも、昨今では支障が生じます。

防犯・監視カメラを正しく運用するには、その正当な必要性に基づき、撮影・記録をしていることを広く告知する必要も生じるので、表示は単に犯罪の抑止めのみを目的とするものではありません。

防犯カメラや看板は義務?法的にに規制あり?

防犯カメラの看板は義務として必要か法的な規制はあるかどうかについてなのですが、原則的に場所・対象に基づいた「プライバシー」と「個人情報」への配慮が必要になります。自治体による条例、設置基準がある場合はそれに準じなければなりません。

市町村ごとに然るべき条例が定められている場合もあれば、自治体が設置する例においてもそれぞれの運用規定として定められているケースもあり、その中に標識の提示が言及されている場合もあります。

まず表示の有無以前に、監視する対象自体、そのデータの管理が適切である事が前提であって、例えば個人での利用であっても、自宅敷地内のみに向けて監視・記録する場合と、敷地側から通行人を含む周囲に向ける場合では配慮が異なります。企業や法人が施設内で運用する場合においても、その構内を行き交う不特定多数の利用者が対象になる場合が多々あります。そして「公共性」というファクターがあります。

これらの映像はデータベースとして個人の検索性までを兼ね備えていないことからも、個人情報保護法に定義する「個人情報のデータベース等」には該当しないと解釈されるため「表示が必要とならないケースを断言することはできません。

公共性の高い場所において(正当な必要性に基づいて)個人を識別できるような映像がデータとして記録されるのであれば、データそのものは「個人情報」に該当するものとされますので、運用側は取得の目的を明確にしたうえ、また目的外に用いない事が基本であり、個人情報取り扱い業者の場合は、「法的な」債務として遵守されなければなりません。

したがって「表示の必要性」とは、個人情報にがいとうするような記録の「正当な取得」を行う際、順当な手段として、生じるのと解釈します。そして財産や地域・コミュニティーの安全を守るための正当な運用が目的ならばその理解のために周知させる行為に何ら非合理性はないはずです。

防犯カメラの看板を病院に設置する場合に気をつけること

カメラの設置、告知が患者さんの心証を害する懸念があるかどうかですが、防犯や安全上の必要性に限ったものであるならばその旨を明示するのも大切です。

医療の現場はプライバシーに関する利用者の心証はデリケートであり、外来病棟の他入院患者にとっても懸念を生じやすい環境である点は軽視すべきではありません。「監視カメラ作動中」とのみ表示されていれば、何をどこまで「監視」しているかという点に不安が生じやすいのはもっともな事であります。

とはいっても入院生活をしている患者様と外部の訪問者が行きかうという環境、不慮の事故など早期発見の対応の必要性を考慮すれば、医療現場である故防犯と監視の必然性があります。これを誤解のないように理解していただく表示も必要です。

防犯カメラの看板を飲食店に設置する場合に気をつけることは?

飲食店や販売店で看板を使用する場合利用するお客様へのイメージを損なわないか心配ではないでしょうか?実は店舗や商業施設では文言やカラーリングに配慮するだけでも心証が異なります。商業施設などの不特定多数ん人々が利用する場所にカメラを設置する以上はカメラ存在の掲示をする事自体は軽視できないわけなので、重要となるのはその表示内容です。

そもそもその心証を害するというのが、「犯罪に対する警告を目的としたメッセージ」がそのまま利用者全体にストレートに投げかけられているものとなります。本来の意図は理解できるとしても、商業空間の雰囲気づくりの配慮で言えば、あまり十分ともいえません。もちろんこうしたことは、店舗側の自由であり、こうすべきといった義務もありません。商業空間とは、店舗側と利用者側の「自由な選択」から成り立つものですから、その結果に憂慮があるのならば、是正すべきなのです。

防犯カメラの看板に外国語表示は必要か?

防犯カメラの表示は外国語表示にするべきかどうかについてなのですが、公共性の鑑みて少なくとも英文での注釈はあった方が望ましいと考えます。個人情報の保護およびプライバシーの配慮の観点から防犯監視カメラの表示を設けるという前提において、国籍を問わず、告知の対象ともなりますので、これが多国語表記のひとつでもあるのです。従って監視エリアが不特定多数の撮影対象者に外国人が想定される場所には、日本語だけの表記では不足があるともいえますし、日本語を解する利用者のみに限定される場所であるならば、特に必要がないことになります。

看板の表示を防犯カメラでなく「安心カメラ」にしてはどうか?

表示が「防犯カメラ」「監視カメラ」だと印象の部分で警戒されがちなの名称を「安心カメラ」という名前にしてはどうかという話も出ています。その場合は一概に言葉のみに置き換えるのではなく、設置目的が適切に伝わるようにするのが大切です。利用者の安全と安心のための監視ならば、その意図をシーンに見合った適切なイメージで伝える一つの手段として確かに「安心カメラ」も良い選択かと思われます。

特に店舗や、施設の雰囲気のほか利用者の心象も考慮するとそのように言葉や表現は慎重に選ぶべきであります。しかし、「監視」や「防犯」といった本来の正確な目的をぼやかすために「安心カメラ」といった名称に置き換えるならば、あまり「安心」のような気はしません。

防犯カメラの看板の縦横の区別や形状の選択基準について

防犯カメラの看板、ステッカーの縦横の区別や形状の選択基準は度のようにしたら良いかというと表記自体も異なりますが、形状次第では限られたスペースも有効にお使いいただけます。防犯表示や、カメラの表示は目立たせる必要がある一方、周囲の雰囲気にも影響を与えがちです。

単に大きなサイズのものを用いるよりも、邪魔にならず、目立つスペースをうまく活用して表示することも美観の上では必要になりますので、目的に適した形状サイズのものを選ぶと良いでしょう。

防犯カメラやの看板「反射タイプ」は役立つのか?

防犯カメラの反射タイプのステッカーが暗いところで役立つかどうかについてなのですが、夜間の道路標識のように、光源状態が適切であれば明るく目立つものになります。

防犯カメラのステッカーは微細なガラスビーズが封入された「再起反射」のステッカーであり、これは照らされた光が「光源の方向」に対して反射する性質があります。多くの光が集中して跳ね返ってくるために暗い場所では特に明るく輝いて見えます。

一方真っ暗な光のない場所や光源の向きから離れた角度から見る場合は効果を期待できないでしょう。

防犯カメラの看板屋外では色落ちしないのか?

防犯カメラの看板は屋外では色落ちができるのでしょうか?屋外での色落ちは多くの場合、日光の紫外線によるインクの褐色であり、紙や屋外用のラベル製品では数カ月を待たずに著しく褐色することがあります。素材とインクには拘って選びましょう。

まとめ

さて、防犯カメラの看板についてご紹介させていただきました。防犯カメラという商品の特性上、看板については、作成や設置の際に色々と注意事項がありますが、適切な設置により、防犯カメラの設置に役立つものになるでしょう。防犯カメラの設置を考えている方は一度看板についても、考えてみてくださいね。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。