防犯カメラと監視カメラの違いとは?選び方と防犯対策の紹介

街を歩けば、至る所で私たちを見守ってくれている「防犯カメラと監視カメラ」どちらも録画を目的にしたカメラであるにも関わらず、名称が異なるのは何故なのでしょう?防犯カメラと監視カメラは、テレビや新聞でも同じような意味で使われる事が多く、実際には防犯カメラと監視カメラは使用目的、設置場所が異なってきます。今回は防犯カメラと監視カメラについてそれぞれの特徴と違いなどをこちらで解説させていただきます。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラと監視カメラの特徴とは?

それでは、防犯カメラと監視カメラの特徴についてそれぞれ解説させていただきます。まず「防犯カメラ」についてです。防犯カメラの大きな特徴としては、まず第一に目立つということがあります。泥棒、窃盗、恐喝、誘拐などの様々な犯罪のケースを考えたときに犯罪を犯す人間はまず周りの目を意識することとありますので、その際に、防犯カメラの大きなレンズが自分の方を向いていると、わざわざカメラのある場所で犯罪を犯そうとは思わないでしょう。

こういった人間の心理を利用し、防犯カメラの中に、実は録画機能がなく、偽物である場合や、カメラの前を人が通った際にライトを灯してその存在をアピールするようなタイプのものもあります。このように、防犯カメラというのはいかに相手に存在を気付かせるかというのが大切になってきます。なので、比較的に大きいもの、ライト機能がついたものが多いのが特徴になります。

次に「監視カメラ」ですが、防犯カメラとは違いターゲットを監視する必要があります。そのために存在は比較的小さく、隠されて設置されている場合が殆どになります。まさかそこにカメラがあるとは気付かないような場所で、犯罪の決定的瞬間をカメラにおさめるべく24時間体制で監視をしていることが多く、防犯カメラのようなダミーは基本的にはありません。

テレビなどで社内犯罪の犯人の場合などが公開されるのはこの監視カメラの映像であり、監視カメラの性能が良くなったことで犯人の顔をより鮮明に録画することが可能となりました。現在では監視カメラのお陰で解決した凶悪犯罪も少なくありません。

また大きな自信が起きた際に、放送局、各地の様子を見ることがあると思いますが、監視カメラは防犯だけでなく、防災やライブカメラとしても広く利用されています。

防犯カメラと監視カメラを設置する目的は?

近年、防犯カメラの需要が高まっていると言われています。その理由は、建造物侵入による犯罪の凶悪化、巧妙化に加えて、防犯カメラの高性能化も1つの要因です。
近年の防犯カメラは、犯人特定を容易にする機能のほかに、ネットワーク経由にてスマートフォンやパソコンによる状況の監視機能を備えたものもあります。また、カメラ自体の画質が向上し、高精細な映像を残せるようになった点も防犯カメラの需要増加につながっているといえます。

その重要性が再認識されている防犯カメラですが、防犯カメラや監視カメラを設置する基本的な目的についてまず「犯罪・不正行為の監視や解決」にあります。
犯罪や不正行為の現場を撮影することで証拠を掴み、犯人や実行者を特定する目的です
防犯カメラや監視カメラの設置は、第三者の侵入による窃盗や強盗、器物破損や不法侵入などの犯罪の他、内部関係者による不正行為を監視して解決に導いていくことにも有効です。
そして、「犯罪・不正行為の抑止」カメラが設置されることで、その存在が誰からも確認できる状態にあると犯罪や不正行為が経るというデータがあります。たとえば、侵入者がカメラのある建物とカメラのない建物が並んでいた場合、どちらに侵入することを選択するかを想定すればわかりやすいかと思います。

そういった効果を狙い、実際はカメラ機能を持たないダミーカメラを設置するケースも以前は多かったものです。しかし、現在では高性能なカメラも比較的手に入れやすくなった為、わざわざダミーカメラを選定する理由自体が薄くなりつつあるようです。

上記の目的に加えて、防災や室内でのトラブルの予防・解決などにも役立てることができるなど、「防犯カメラ・監視カメラの便利さ」が認知されつつあることも需要拡大の一端になっているといえるでしょう。

防犯カメラと監視カメラの種類と選び方は?

こちらではこれから防犯カメラや監視カメラの設置を考えている方の為に、防犯カメラ・監視カメラの種類や選び方について、ご紹介します。
「コストで選ぶ」場合はどうでしょう。価格と性能のバランスを重視して選ぶならば、「AHDカメラ」と呼ばれるタイプのカメラがおすすめです。

特に現在アナログカメラを使用中であれば、既存のカメラに対応した同軸ケーブルをそのまま使用できる為、コストダウンにもひと役買うでしょう。その際画質は、200万画素程度が一般的となっており、アナログ配線を利用できる振るハイビジョンカメラです。

そして「性能で選ぶ」場合、画質のよさや夜間の撮影能力など、カメラ性能を重視する場合には、デジタル撮影が可能な「デジタルカメラ」と呼ばれるタイプがおすすめです。画像・映像はデジタルデータで保存されます。外部記憶媒体であるDVDやHDDやSDカードなどへの保存も可能となります。

「設置場所で選ぶ」と設置する場所によっても、防犯カメラの選び方は変わってきます。玄関、出入口、あるいは駐車場などの屋外に設置するなら防水・防塵性能を備えたカメラがおすすめです。屋内に設置する場合は屋内用で問題ないでしょう。また、見た目上の威圧感や圧迫感を好まない場合、いかにも防犯カメラというイメージを与えるような箱型のカメラを避け、ドーム型のカメラを選択するといった形を取るとよいでしょう。省スペースでの設置を実現したい場合、比較的小型なドーム型カメラはおすすめの選択です。

そして訪ねる人にカメラの存在を知られないよう「隠しカメラ」として機能させたい場合、超小型の防犯カメラを選ぶ方法もあるでしょう。他には「工事の簡易性」「記録方式で選ぶ」ものもあります。

防犯カメラと監視カメラをオフィスに設置した場合は?

オフィスビルには多くの企業が入居している建物であることから確実に不特定多数の人が出入します。そのため、あらゆる建物のなかでも防犯カメラの設置の有効性が高い施設といえるでしょう。またオフィス内にはさまざまな機密情報も格納されているので、それらの不正な持ち出し、情報の漏えいを防ぐためにも、オフィスビルへの防犯カメラ設置は有効といえるでしょう。

オフィスビルに防犯カメラを導入したことで得られる日常的な効果のうち、大きいものはやはり駐車場や駐輪場、トイレ・給湯室での窃盗・いたずら行為の減少でしょう。また、誰が立ち入るか特定が難しいオフィスビルの特徴上、エレベータ内、エントランス内に防犯カメラを設置しすることで「どのような人がいつ」建物に出入したのかすぐ確認できることっもプラス要素です。

防犯カメラと監視カメラをエステサロンに設置した場合

防犯カメラ、監視カメラをエステサロンに設置する場合はどうでしょうか?売上金、店舗設備などの盗難事件が意外に数多く発生しているのが、エステサロン、美容院などの店舗です。これらの店舗を第三者が悪意を持って狙う背景に「高額な金銭、物品が目的ではないが、女性従業員が多く警備体制が甘いと思われる可能性」という点があります。また、美容院、エステサロンなどの店舗はビルのテナントとして入居をしているケースが多くつねに不特定多数の方が立ち入る点も狙われやすいポイントです。

これらの要素から、エステサロンなどの店舗では防犯カメラを設置するとともに、防犯状況をリアルタイムで見られる状態におくことも大切です。

防犯カメラと監視カメラを介護施設に設置した場合は?

介護施設、福祉施設等には近年入居者を狙った襲撃事件などを起こったことを背景に、防犯対策の強化が求められています。しかし近年は慢性的な人手不足が続いている影響もあり、マンパワーだけに頼る防犯対策には限界があることも事実です。

そのため、各施設の規模や人員体制などを考慮し、適切な防犯システムや防犯設備の導入を検討する余地があるといえます。そして介護や福祉施設は24時間体制で管理が必要なほか、入所者に対する避難や防犯対策の指導・訓練などの必要性など、様々な対策の見当が要求されます。

防犯カメラと監視カメラを飲食店や小売店に設置した場合は?

飲食店や小売店は金銭を店内で頻繁に授受する特性上、店内での盗難事件が発生しやすいという特徴があります。また、金銭の盗難に限らずに万引き、窃盗などが店内で発生する可能性も低くないことから、現在では大手のチェーンなどほとんどの店舗が防犯カメラを設置していますが、個人店舗などの一部ではコストの問題でまだ導入を見送っているケースもあります。

ですが、万引きなどが横行すると、その損害額は長期的に見れば莫大になる可能性もあります。飲食店や小売店の場合には監視の対象をはっきりさせることが有効です。

防犯カメラと監視カメラを事務所に設置するには?

そして空き巣被害のなかで、一般住居に次いで件数が多い建物・施設が「事務所」です。事務所はオフィスビル、テナントビルなど不特定多数の人が出入するので、不審者による被害が多いです。防犯カメラは受付、玄関は勿論なのですが、精密書類、データを保存する保管庫、金庫から設置されている部屋やサーバールームに設置する事が可能です。

まとめ

さて、防犯カメラや監視カメラについて説明させていただきました。特徴や用途など分かりましたか?必要に応じて設置して、安心な生活を送ってくださいね。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。