防犯カメラの角度の大切さと防犯カメラの選び方について

監視カメラを設置すると住宅を狙う犯罪者から身を守ることができます。
そのため導入してみようとお考えの方も多いかと思われます。
しかしいざ選ぼうとすると、防犯カメラの角度そして画素数、暗視機能などの機能がたくさんありすぎて迷ってしまいがちです

監視カメラを決める前にまずはどのような使用方法になるのか、室内か室外になるかどうかなど、設置状況を考えて決めると選びやすくなってきます。監視カメラの設置する角度はカメラの画角にも影響さえます。それぞれのカメラに見合った角度を見つけより効果的に監視カメラを活用していきましょう。こちらでは監視カメラの角度について詳しく解説を行ってきます。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラの角度はカメラの性能によっで決まる?

犯罪者や不審者対策として取り入れた場合、防犯カメラの角度は非常に重要な要素となってきます。防犯カメラを導入しても、カメラの角度気にせずに設置してしまうと移したい場所が映せなかったり、死角を却って増やしてしまい、侵入されてしまうこともあります。せっかく設置をするのですから効果のある置き方をしていきたいところです。

防犯カメラには視野角というものが存在します。視野角が狭いと任意の場所をピンポイントで捉えらえて、視野角が広いと広範囲を撮影することができます。カメラの視野角は焦点距離がどれくらいかによって大きく影響を受けます。この焦点距離次第で広角レンズか望遠レンズかに分かれます。

防犯カメラの取り付けの角度とは?

カメラの設置をするとどのように防犯カメラの角度は決まってくるのでしょうか。このレンズには一般的に焦点距離というものが存在します。この焦点距離の長短により、写せる範囲が変わってきます。カメラの焦点距離が多くのものが5mm程度でそれより遠くを映せるものが、「望遠」焦点距離が短いと画角が広まる為「広角」と呼ばれています。

望遠レンズは遠くのものまで写すのに最適であり、やや離れた位置の場所をピンポイントで映すことが可能です。そして反対に広範囲のものは取れないので視野が狭くなります。広角レンズは焦点距離が短いほど広範囲に移すことができます。 遠い場所のものを鮮明に映すのはやや苦手です。焦点距離が異なるとそれぞれのカメラの得意とする録画も異なってきます。望遠カメラの場合は高所から遠い場所を取るのに向いており、広角カメラは自宅周りなどの近場を監視するのに向いています。

防犯カメラの角度「水平角度とは?」

そして防犯カメラの角度は水平画角と垂直画角にも影響を受けます。水平画角とはカメラで録画を行った場合に左右の写せる範囲のことを指します。これは望遠カメラだと狭くなりやすくて、広角カメラだと広くなりやすいです。この価格が異なってくると移せる映像の範囲が異なってくるため、映像の被写体が同じ場合でもサイズが異なって撮影されるのです。画角が70度を超えた場合は広角となります。70度を越えているということは、建物の隅の角動画70度以下であれば室内全部が写せる価格を有することになります。狭い距離は資格なく撮影したい場合や、人物の顔まで特定せず、広範囲を移したい場合は広角を選ぶと良いでしょう。

遠隔操作できる防犯カメラの角度は?

高性能なものだと遠隔操作で防犯カメラの角度を変更できるものもあります。専用のコントローラー、携帯、スマートフォンなどで操作できるため、任意のタイミングで映したい場所を変えることができるのです。しかしクラカメラの遠隔操作ができると言っても、設置した場所に障害物や壁があると撮影範囲が狭まってしまうため設置場所に気を付けていきましょう。また操作後に元の場所に戻しておかないとしっかり監視できなくなってしまいます。操作忘れしないように注意が必要です。操作カナダ監視カメラを野外に設置する場合場所によっては隣家の敷地外や必要以上に通行2を映してしまうことによってトラブルに発展しまう可能性もあります。周囲の住民に配慮を行い適切な監視カメラを設置するようにしましょう。

防犯カメラの角度360度監視ができるカメラとは?

防犯カメラと聞くと天井からぶら下がっているボックス型のカメラを思い浮かべるかもしれませんが、防犯カメラの種類も多様化していてドーム型のカメラなんかもあります。ドーム型の防犯カメラが従来のボックス型と異なり一台で360度の撮影が可能です。360度撮影により、気になる場所を重点的に監視したり監視対象以外の場所に注意を払っていたりするなどの様々な角度から対象となる空間を監視することができます。

360度の全方位が撮影が可能なドーム型防犯カメラの登場により複数台のカメラが必要だった広範囲の撮影を1台のカメラで行えるようになりました。360°全方位撮影に加えて、「ビューイング機能」「4K高解像度撮影」など、ドーム型防犯カメラは様々な機能を搭載しています。

防犯カメラの角度「360度カメラの性能とは?」

360°全方位撮影がドーム型の防犯カメラは低予算で高水準の監視を実現いたしました。現在は360°全方位撮影が可能な防犯カメラの種類も増えていき、より多彩な機能を装備したモデルもあるのです。価格も機能に応じて数万円から数十万円と幅広くなってい、全方位撮影可能なドーム型防犯カメラの導入をお考えの方は設置目的に応じ、必要な機能を備えている防犯カメラを選ぶと良いと思います。複数の製品を価格や機能、外観などのポイントで比較検討し、設置場所に適した防犯カメラを選ぶと良いでしょう。

360度全方位撮影が可能である

ドーム型防犯カメラで一番のおすすめの機能は一台で360°の撮影が出来ることになります。従来のボックス型の防犯カメラでは死角を作らずにすべての場所を監視しようとすると、防犯カメラを複数台設置しなければならなかったりそのため導入コストランニングコストが大幅にかかり利用者にとって大きな負担となってきました。360°全方位撮影が可能なドーム型の防犯カメラは、 設置に際してさかかる費用を抑えることができます。

さまざまなビューイング機能あり

ドーム型の防犯カメラには撮影した映像を色々な方式でつらんできる病院機能が付いております。360°全方位撮影では魚眼レンズが使われることが多いです。そのため撮影した映像は円形の魚眼映像として映し出されます。カメラによってお旅館映像を百八十度前の二つのパノラマ映像として閲覧でき て、また複数台のカメラで撮影したように映像を複数の画面に分割して出力する機能などもあります。

4K高解像度撮影が可能

最近ではフルハイビジョンよりもさらに鮮明な映像を撮影できる4型解像度撮影に対応した全方位型防犯カメラも登場してきています。防犯カメラを設置する際は室内全体を監視するカメラと人の出入りを把握するカメラの荷台が必要になることがあります。4型解像度撮影に対応した全方位防犯カメラでは人物の顔も鮮明に撮影できるため、1代と全方位型防犯カメラで室内全体の監視と人の出入りの把握が可能です。

設置場所について

360°全方位撮影が可能な防犯カメラはパーテーションで区切られているオフィスや広いスペースを持つ大型の店舗や工場など、資格ができやすい様々な場所で活用されています。ボックス型の防犯カメラではどうしても資格ができてしまうところ、前スペースを開始しようとすると多大なコストがかかってしまう場所には、360全方位撮影が可能だ防犯カメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

子供やペットの見守りとしても

360 度カメラは周りの風景に溶け込みやすい形状なので建物の外観や内装のデザインを壊さずにさりげなく設置できるのが特徴です。また広角レンズを採用してるモデルも多いので広い範囲を録画するのに最適なのですが圧迫感の少ないこのドーム型のカメラ防犯以外にも自宅に設置して子供やペットの見守りとして使用するのにも適しています。

防犯カメラの角度はプロに設置をお願いしよう

監視カメラの角度は使用するカメラの性能によって大きく異なってきます。広角カメラの場合は広い範囲を写すのに適している一方で遠くのものを繊細に移すのは苦手としているため、エレベーター、室内、玄関や建物付近などの閉所や近距離に適しています。人の顔を映しやすい目線付近にて設置を行う場合、水平に上から写す場合には垂直方法の額なども考慮してやや下に向けると良いでしょう。

防犯カメラは遠くのものを写すのに適していますが広範囲の撮影には不向きですそのため遠方撮影する時に障害物が遮られないように高所に取り付けることが多いです。遠いところを映す場合にはわずかに角度がずれるだけではなくうつらなくなる場合もあります取り付ける際にはしっかりと被写体が撮影できる位置・角度になっているか確認しましょう。

監視カメラはただ設置するだけではなくその機器の性能や設置状況を考えた上で角度を決めなくてはならないのでカメラの設置はプロにお任せするのが一番安心かと言えます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?防犯カメラの角度について説明をさせていただきました。防犯カメラは設置する際に角度がとても大切になってくることが分かりましたでしょうか?角度を気にして、防犯カメラを選ぶようにしましょう。場合によってはプロに設置を頼むことを大切かと思われます。そして、住宅を狙う犯罪者から身を守り、安心した毎日を過ごしていくことができればと考えております。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。