パナソニック製品のカメラを使って手軽に防犯対策をしよう

家電製品でお馴染みのパナソニックですが、防犯カメラとして使用できる機器があるのはご存知でしょうか。
犯罪が複雑化している近年、家庭の防犯対策も欠かせないものとなりました。
家電製品と合わせて、防犯機器も購入することができたら便利ですよね。

パナソニックには一般家庭に向けて、手軽に購入できる防犯機器が揃っています。それでは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
使用メリットと合わせて解説していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

パナソニック防犯カメラのお手軽メリットとは

それではパナソニックの防犯カメラを使用すると具体的どのようなメリットがあるのでしょうか。
まずはパナソニック機器の手軽さに注目して解説していきたいと思います。

パナソニックの防犯カメラが家庭で多く取り入れられている理由の1つに、簡単に設置することができるというメリットがあります。

一般的に防犯カメラの設置といいますと、配線工事で費用がかさんでしまったり、購入から設置まで日数がかかってしまったり、警備システムと合わせて加入が必要で月額料金が発生することがあります。一般家庭では、設置がスムーズに進まない上、工事費用や月額費用がかかることを不便に感じてしまうことが多々あります。

それに対してパナソニックの防犯カメラは、工事費用がかさむ屋外の防犯カメラでもインターホンの隣に小型カメラを自分で取り付けるだけと、とても手軽に設置することができます。もちろん工事も必要ありません。
室内用ではワイヤレスの置き型式の防犯カメラなどもあり、どれもインターネットで手軽に購入することができます。

こうした手軽に購入し簡単に設置できるメリットから、ペットの見守りや介護に役立てるといった防犯対策以外でも防犯カメラを使用する家庭が増えました。

最近では、パナソニックのカメラ付きインターホンを防犯カメラ代わりに使用している、という方もいるほど、防犯対策が生活に馴染みやすい部分もパナソニック機器の魅力といえるでしょう。

それでは具体的にどのような防犯カメラがあるのでしょうか。タイプ別に見ていきましょう。

パナソニックのセンサーカメラで防犯対策

まずはセンサーカメラからどのようなタイプがあるか解説していきたいと思います。

インターホンやテレビドアホンのジャンルで販売されている屋外用センサーカメラVL-CD 265

こちらの防犯カメラはLEDライトが搭載されており、映像だけでなく音声も記録することができます。パナソニックのテレビドアホンと接続することができ、録画映像はSDカードに保存されます。サイズは横80mm縦80mm奥行88mmとコンパクトな正方形で、設置や接続方法も簡単にできています。

その他、VS-HC105-Wは、モニターが付属し、センサーが反応すると自動で録画を開始します。
夜間はモーションセンサー、人感センサーの2つが作動し、赤外線LEDが点灯、暗い場所でも映像確認が可能です。

センサーライトの搭載されたタイプにはVL-WD812Kなどの立体的で威嚇効果が高い防犯カメラなどもあります。

どのタイプもサイズはコンパクトで取り付けも簡単、インターホンと合わせて、気軽に購入することができます。自宅の便利アイテムを購入する感覚で防犯対策ができるので、初心者でも取り入れやすい防犯カメラとなっております。

パナソニックのネットワークカメラで防犯効果を強化しよう

ここまで生活スタイルに合わせて手軽に取り入れることができるパナソニック防犯カメラの魅力をお話致しました。手軽なのはいいけれど、もっとしっかりした防犯対策もしたいと考えている方もいるでしょう。
そこでオススメなのがパナソニックのネットワークカメラです。

パナソニックには「見えますネット」という独自のサービスがあります。このサービスでは個人利用でも常時接続環境を維持できるよう、固定のホスト名でネットワークをつないでくれます。

個人ではなかなか安定したネットワーク環境の確保ができず、ネットワークカメラを設置することができない、とお困りの方は、このサービスを使用すると良いでしょう。1つのサービスプランにつき10台まで無料と複数の防犯カメラを使用したい場合でもコストがかさむことなく安心です。
配線工事なども不要なため、購入後に費用がかさむ心配もありません。

例えば、BB-SC384B
こちらのネットワーク防犯カメラは、卓上以外に天井にも設置することができます。設置方法は付属の説明書を元にネジなどで取り付けるだけと、とても簡単です。

主な機能は最大360°の水平回転、120°の上下回転が可能、隅々まで映像を記録することができます。その他、メガピクセル対応高倍率ズームなど、高画質のままで36倍のズームが可能となります。また、8倍のデジタルズームにも対応しており、最大288倍のズームが可能です。

もちろんネットワークカメラなので、スマートフォンなどで映像確認もすることができます。さらにモニタリングに加えて、音声双方機能も搭載、離れた場所に音声を送信することができます。

双方向の音声に対応しているので、不審な動きが見られたら声で威嚇することができます。また、威嚇するだけでなくカメラ側とモニタリング側でコミュニケーションをとることもできます。

その他プライバシーゾーンの確保など様々な機能が搭載され、全部で約28種類とかなり高機能な防犯カメラとなっております。

ネットワークカメラを使用する際は搭載機能の他、セキュリティ面も気になります。どんなに高機能な防犯カメラを使用していても、ネットワーク上でデータが盗まれてしまったら意味がありません。ネットワークのセキュリティ面はどうでしょうか。

パナソニックはトランスポート・レイヤー・セキュリティ(TLSやSSLとも呼ばれる)によるセキュリティシステムに対応しています。ネットワーク上を通過する防犯カメラの映像やデータなどを暗号化し、第三者に映像を見られたり、盗聴されたり、といったネットワーク上の犯罪を防ぎます。

このようにパナソニックの防犯カメラは、生活で取り入れやすい機器だけでなく、厳重警備かつ便利な高機能ネットワークカメラなどもあります。
パナソニックはネットワークのセキュリティシステムも強化されていると思うとより安心して防犯カメラを使用することができますね。

手軽なものだけにこだわらず、お使いの環境や用途にあった防犯カメラを選ぶと良いでしょう。

パナソニックの法人向け防犯カメラ

パナソニックというと家電製品のイメージから一般家庭向きの防犯カメラが中心であるように感じますが、法人でも多く取り入れられています。

パナソニックの場合、どのような場所で、どのような法人向け防犯カメラが使われているのでしょうか。

例えば、WV-SW396AJ

この防犯カメラは商店街などの屋外によく設置されています。
威圧感のないドーム型防犯カメラでは比較的屋外設置用が少ないのですが、このタイプは浸水コーティングがされているため、屋外で使用することができます。ハイビジョンで撮影することができ、電源もLANケーブル1本で電源供給が可能なPoEとAC24Vに2つのタイプから選ぶことができます。

倉庫や工場、駐車場など雨だけでなくホコリの被害も大きい屋外では、防塵防水性機能のついた防犯カメラWV-SPW311ALなどが使われています。

こちらのタイプはパレット型と比較的存在感があり威嚇効果が強い防犯カメラとなります。明るさ自動補正機能が搭載されており、自然な映像を記録することができます。暗い場所にも対応できるよう、高感度MOSセンサーとノイズリダクション機能も搭載されています。

店舗などでは広範囲をカバーする防犯カメラSNP-3301KNなどが使用されています。
この防犯カメラ、30倍ズームが可能な機能がついています。焦点距離が35~105mmと広角に対応するだけでなく、遠方のものまで撮影できるので、広範囲を隅々まで撮影することができます。

その他にも、パナソニックには様々な法人向け防犯カメラがあります。防犯カメラの設置を専門としている会社では、パナソニック製品を中心にオススメしているところもある程、パナソニックの防犯カメラは法人でも多く需要があります。

ここで紹介した3つの防犯カメラも例に挙げた特徴の他に様々な機能が搭載されている高機能・多機能防犯カメラとなっています。

どの防犯カメラが最適か、数が多くて選びきれないという方は、パナソニックに直接問い合わせて詳細を聞くのも良いですし、防犯カメラ設置会社にオススメのパナソニック製品を聞いてみるのも良いでしょう。

パナソニック独自のネットワークセキュリティと高機能防犯カメラを併用するのもオススメです。パナソニックは家電製品の印象が強いからといって懸念することなく、法人向け防犯カメラも検討してみてください。

おわりに

パナソニックには個人利用や法人利用問わず、幅広いタイプの防犯カメラが揃っています。
家電製品で細かいニーズに応えてきた会社ならではの特徴です。防犯カメラ選びに困った際は、一度パナソニックの防犯カメラで検討してみるのも良いでしょう。

ポイントは以下の4つです。

パナソニックの防犯カメラは生活の中で取り入れやすい
パナソニックのインターホンと防犯カメラを併用して手軽に防犯対策
パナソニックの「見えますネット」と防犯カメラの併用でセキュリティ強化
パナソニックの防犯カメラは法人向けにつくられているタイプもある

いかがでしょうか。
大まかなイメージを掴んだら、パナソニックのwebサイトや電話問い合わせで詳しいお話を聞いて見ましょう。法人利用の方は、防犯カメラの設置会社にパナソニックの防犯カメラを利用した防犯方法を相談してみるのもオススメです。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。