ネットワークカメラを使ってグローバルに防犯カメラを活用しよう

最近はインターネットの普及に合わせて、防犯カメラも変化し、ネットワークに対応するものが増えました。
ネットワークに対応した防犯カメラは便利だとよく聞きますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

そもそも防犯カメラにネットワークが必要なのか、複雑化して管理が面倒にならないのか、と疑問に感じる方もいると思います。

そこで今回は、ネットワーク防犯カメラの具体的なメリットを知るために、用途や機能について詳しく解説をしていきます。
少しでも快適な防犯対策になるよう、役立ててみてください。

おすすめの見守りサービス

ネットワーク防犯カメラとは

それではまず、ネットワークカメラとはどういうものなのかお話していきましょう。

ネットワークカメラとは、ネットワークに直接接続され、webサーバーが内蔵されている防犯カメラのことをさします。IPカメラともよばれるように、カメラ自体がIPアドレスを持っていることが特徴的で、ネットワーク環境のある場所ではどこからでも利用することができる防犯カメラとなります。カメラとパソコンなどのコンピューターが一体化したものと考えるとシンプルです。

ネットワークを使用するという部分から、webカメラと混同してしまう方もいますが機能は別物になります。ネットワークカメラが独立して動く防犯カメラであるのに対し、WEBカメラと呼ばれるタイプは、USBなどを使ってPCにつなげる必要があるので、室内を中心とするなど設置場所に限りがあります。

ネットワークカメラは、ネット環境が整っていれば、どこでも設置可能と考えると便利な防犯カメラです。

また、映像のほか、音声なども同じネットワークで送ることが可能です。
インターネットが普及した今、ネットワーク環境が整っている場所が増えたことにより、需要が高まっている防犯カメラの1つです。

ネットワーク防犯カメラの使用例

ネットワークカメラは、とても離れている場所でも、ネットワーク環境さえあればどこでもリアルタイムで映像が確認ができます。機能によっては、スマートフォンやパソコンを使って防犯カメラの首を振るなどの遠隔操作も可能になりました。

ネットワークに対応したことで便利になったのは映像確認だけではありません。データ管理の場面でも様々なメリットが増えました。

例えば、大量の録画データ、今まではハードディスクやレコーダーでこまめに管理をしなければいけなかったのに対し、ネットワークを通じたクラウドサービスに保存ができるようになったため、とても手軽にデータ管理ができるようになりました。過去の映像を確認する際も、日付や時間検索をかけ、簡単にクラウド上の録画データを見つけることができます。

従来の防犯カメラでは、容量オーバーで肝心な時の録画映像が不足していたり、レコーダーに保存された大量のデータの中から目的の映像を探すのに1から映像を再生して確認しなければいけなかったり、とデータ管理には何かと骨の折れる作業が必要でした。

ネットワークに対応した防犯カメラなら、場所を問わず、どこでもパソコン1つ開いて、目的の映像だけ確認する、ということが可能になりました。

例えば、外出中や出張で海外にいる時に、トラブルが発生した場合、今までは防犯カメラが設置してある場所まで戻らないと映像確認できなかったのに対し、ネットワークカメラでは外出先や出張先の海外でも映像確認が可能になりました。従来の防犯カメラにはない、迅速な対応ができると、需要を高めています。

その他、防犯カメラがネットワークに対応することによって、防犯対策以外の様々なニーズに応えることができるようになりました。

例えば遠く離れた場所に住む両親、高齢化して心配だから防犯カメラを取り付けて様子を見守りたい。という場合でも、ネットワークカメラを取り付ければ、リアルタイムで映像確認ができるだけでなく、音声通話機能を使って会話をすることができるなど、コミュニケーションツールとしても活用できるようになります。

ただ遠くから見守るだけでなく、なかなか頻繁に会えない人と日常的に会話をすることができたら、生活が豊かになりますね。

ネットワーク防犯カメラは、防犯対策としてだけでなく、こうした生活を豊かにするツールとしても選ばれているようです。

ネットワークカメラを使って海外でも防犯カメラを使う方法

前章で少し触れました、海外でも映像確認ができる、というお話からネットワークカメラを海外出張や旅行時に使用したいと考える方もいると思います。
海外で映像確認をする場合、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

海外で使用する場合は、カメラ機器よりもインターネット環境を重要視します。
国内であれば、ネットワークが整備され、安定した通信が可能になった現在ですが、海外では国や地域ごとにネットワーク環境が異なります。

例えば、中国では速度制限があり、映像を再生するまでにとても時間がかかることがあります。その場所のネットワーク環境は安定しているか、まず把握する必要があります。

そして海外では特に気をつけなければならないのが、ネットワーク上の犯罪です。大切なデータが盗まれないか、ウイルス対策をしているPCであるか、確認する必要があります。

また、その場のネットワーク環境を使用せず、ポケットWi-FiやHUBを持ち込み使用する場合は、回線品質を見極める必要があります。
あまり低価格なものだと、接続が途切れやすい場合や、速度が遅すぎて映像再生ができないこともあります。

取り付けが簡単なタイプは日本では人気がありますが、簡単設置できるものは簡単に改変や不通にすることができます。海外ではネットワーク環境が日本ほど整備されていない場合が大半なので、不正アクセスなどの防犯対策と考え、できる限り簡単設置よりセキュリティーを重視したものを海外へ持っていくようにしましょう。

屋外の防犯カメラ映像だし、プライバシーに触れるものではなくただの防犯対策だから、不正アクセスで見られても問題ない、と安価なネットワーク環境を選んでしまう方もいます。

日本ではそこまで大きな問題にならないかもしれませんが、海外では不正アクセス可能なネットワークカメラがわかるウェブサイトなどもある程、簡単にセキュリティーが破られてしまいます。映像の流出はさほど問題ないかもしれませんが、防犯カメラすら不正アクセスできてしまうセキュリティレベルの低い会社として判断されてしまう可能性もあります。

その会社にある企業情報や個人情報も流出しているのか、と世間に広がったら会社にとって大きな損害につながってしまいます。個人の場合でも、防犯カメラの不正アクセスがきっかけで銀行口座やクレジットカードなどの個人情報が盗まれるといった危険性もあるので油断できません。

ネットワークカメラの便利さは、ネットワーク犯罪が発生しやすいポイントにもなりうる、ということにしっかり注意し、防犯対策を進めていきましょう。
ネットワークカメラの映像を海外で確認する場合は特にセキュリティー強化が必要です。防犯カメラで自宅や職場の安全を守るだけでなく、ネットワーク環境の防犯対策も忘れずに考えておきましょう。

防犯カメラが壊されても問題なし、ネットワークカメラの強み

これまでネットワークカメラの特徴や用途、注意点をお話しました。多くのメリットに気付くと同時に、ネットワークが途絶えた場合使えなくなるのでは、という不安を感じる方もいるでしょう。ネットワーク回線が途絶えると使えなくなると思うと、とても不安定な機器に感じ、防犯対策としては不十分ではないか、と判断されることがあるのも確かです。

ネットワーク防犯カメラは、ネット環境が整っていないと絶対に使用できないのでしょうか。

基本的にネットワークカメラとよばれる防犯カメラのタイプは、ネット環境が絶対条件です。ネットワークが繋がらないところには設置することができません。接続が不安定な場所も、防犯効果が下がる可能性があるので極力避ける必要があります。

それでは、ネットワーク環境が十分ではない環境では諦めるしかないのか、と残念に思っている方、ご安心ください。
PoEカメラを使用すれば、ネットワークカメラではなくても、ネットワークと連携して防犯カメラを使うことができます。

PoE カメラとは、LANケーブル1本の使用でネットワークと繋がり、さらに電力の供給ができる防犯カメラです。コンセントの確保が難しい天井への設置や、ネットワーク環境が不安定になりやすい屋外でも設置することができます。

使用距離は購入したLANケーブルの長さによって異なりますが、およそ最大250mまで対応しています。

ケーブルが必要であったりハブの購入が必要であったり、少々不便に感じる部分はありますが、LANケーブルを通して映像を保存するので、データ劣化を最小限に抑えることができます。また、PoEカメラに必要なハブは、カメラとセットで販売しているところも多く、一から探す手間を省くことができます。

自宅のネットワーク環境が不安定な方や、オフィスや店舗の入り口などの屋外にネットワークと連携する防犯カメラを設置したい場合は、 LANケーブルでネットワークを構築するPoEカメラがオススメです。

ネットワークを利用して防犯カメラをさらに便利にしていきたいと思っている方は、設置場所やWi-Fi環境に合わせて、ネトワークカメラにするかPoEカメラにするか決めると良いでしょう。

おわりに

ネットワークと合わせて防犯カメラを使用するメリット、ご理解いただけたでしょうか。

ポイントは以下の4つです。
ネットワークカメラとはWebサーバーが内蔵されている防犯カメラ
ネットワーク防犯カメラはネット環境があればどこでも映像確認が可能
海外で防犯カメラの映像確認をする場合はネットワークの防犯対策もする
ネットワークが不安定な場所ではPoEカメラを使って防犯対策をする

ネットワークのセキュリティーには十分注意を払いながら、防犯カメラをより便利に活用していきましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。