ネットワークカメラを使ってグローバルに防犯カメラを活用しよう

最近はインターネットの普及に合わせて、防犯カメラも変化し、ネットワークに対応するものが増えました。
ネットワークに対応した防犯カメラは便利だとよく聞きますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

そもそも防犯カメラにネットワークが必要なのか、複雑化して管理が面倒にならないのか、と疑問に感じる方もいると思います。

そこで今回は、ネットワーク防犯カメラの具体的なメリットを知るために、用途や機能について詳しく解説をしていきます。
少しでも快適な防犯対策になるよう、役立ててみてください。

おすすめの見守りサービス

ネットワーク防犯カメラとは

それではまず、ネットワークカメラとはどういうものなのかお話していきましょう。

ネットワークカメラとは、ネットワークに直接接続され、webサーバーが内蔵されている防犯カメラのことをさします。IPカメラともよばれるように、カメラ自体がIPアドレスを持っていることが特徴的で、ネットワーク環境のある場所ではどこからでも利用することができる防犯カメラとなります。カメラとパソコンなどのコンピューターが一体化したものと考えるとシンプルです。

ネットワークを使用するという部分から、webカメラと混同してしまう方もいますが機能は別物になります。ネットワークカメラが独立して動く防犯カメラであるのに対し、WEBカメラと呼ばれるタイプは、USBなどを使ってPCにつなげる必要があるので、室内を中心とするなど設置場所に限りがあります。

ネットワークカメラは、ネット環境が整っていれば、どこでも設置可能と考えると便利な防犯カメラです。

また、映像のほか、音声なども同じネットワークで送ることが可能です。
インターネットが普及した今、ネットワーク環境が整っている場所が増えたことにより、需要が高まっている防犯カメラの1つです。

ネットワーク防犯カメラの使用例

ネットワークカメラは、とても離れている場所でも、ネットワーク環境さえあればどこでもリアルタイムで映像が確認ができます。機能によっては、スマートフォンやパソコンを使って防犯カメラの首を振るなどの遠隔操作も可能になりました。

ネットワークに対応したことで便利になったのは映像確認だけではありません。データ管理の場面でも様々なメリットが増えました。

例えば、大量の録画データ、今まではハードディスクやレコーダーでこまめに管理をしなければいけなかったのに対し、ネットワークを通じたクラウドサービスに保存ができるようになったため、とても手軽にデータ管理ができるようになりました。過去の映像を確認する際も、日付や時間検索をかけ、簡単にクラウド上の録画データを見つけることができます。

従来の防犯カメラでは、容量オーバーで肝心な時の録画映像が不足していたり、レコーダーに保存された大量のデータの中から目的の映像を探すのに1から映像を再生して確認しなければいけなかったり、とデータ管理には何かと骨の折れる作業が必要でした。

ネットワークに対応した防犯カメラなら、場所を問わず、どこでもパソコン1つ開いて、目的の映像だけ確認する、ということが可能になりました。

例えば、外出中や出張で海外にいる時に、トラブルが発生した場合、今までは防犯カメラが設置してある場所まで戻らないと映像確認できなかったのに対し、ネットワークカメラでは外出先や出張先の海外でも映像確認が可能になりました。従来の防犯カメラにはない、迅速な対応ができると、需要を高めています。

その他、防犯カメラがネットワークに対応することによって、防犯対策以外の様々なニーズに応えることができるようになりました。

例えば遠く離れた場所に住む両親、高齢化して心配だから防犯カメラを取り付けて様子を見守りたい。という場合でも、ネットワークカメラを取り付ければ、リアルタイムで映像確認ができるだけでなく、音声通話機能を使って会話をすることができるなど、コミュニケーションツールとしても活用できるようになります。

ただ遠くから見守るだけでなく、なかなか頻繁に会えない人と日常的に会話をすることができたら、生活が豊かになりますね。

ネットワーク防犯カメラは、防犯対策としてだけでなく、こうした生活を豊かにするツールとしても選ばれているようです。

ネットワークカメラを使って海外でも防犯カメラを使う方法

前章で少し触れました、海外でも映像確認ができる、というお話からネットワークカメラを海外出張や旅行時に使用したいと考える方もいると思います。
海外で映像確認をする場合、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

海外で使用する場合は、カメラ機器よりもインターネット環境を重要視します。
国内であれば、ネットワークが整備され、安定した通信が可能になった現在ですが、海外では国や地域ごとにネットワーク環境が異なります。

例えば、中国では速度制限があり、映像を再生するまでにとても時間がかかることがあります。その場所のネットワーク環境は安定しているか、まず把握する必要があります。

そして海外では特に気をつけなければならないのが、ネットワーク上の犯罪です。大切なデータが盗まれないか、ウイルス対策をしているPCであるか、確認する必要があります。

また、その場のネットワーク環境を使用せず、ポケットWi-FiやHUBを持ち込み使用する場合は、回線品質を見極める必要があります。
あまり低価格なものだと、接続が途切れやすい場合や、速度が遅すぎて映像再生ができないこともあります。

取り付けが簡単なタイプは日本では人気がありますが、簡単設置できるものは簡単に改変や不通にすることができます。海外ではネットワーク環境が日本ほど整備されていない場合が大半なので、不正アクセスなどの防犯対策と考え、できる限り簡単設置よりセキュリティーを重視したものを海外へ持っていくようにしましょう。

屋外の防犯カメラ映像だし、プライバシーに触れるものではなくただの防犯対策だから、不正アクセスで見られても問題ない、と安価なネットワーク環境を選んでしまう方もいます。

日本ではそこまで大きな問題にならないかもしれませんが、海外では不正アクセス可能なネットワークカメラがわかるウェブサイトなどもある程、簡単にセキュリティーが破られてしまいます。映像の流出はさほど問題ないかもしれませんが、防犯カメラすら不正アクセスできてしまうセキュリティレベルの低い会社として判断されてしまう可能性もあります。

その会社にある企業情報や個人情報も流出しているのか、と世間に広がったら会社にとって大きな損害につながってしまいます。個人の場合でも、防犯カメラの不正アクセスがきっかけで銀行口座やクレジットカードなどの個人情報が盗まれるといった危険性もあるので油断できません。

ネットワークカメラの便利さは、ネットワーク犯罪が発生しやすいポイントにもなりうる、ということにしっかり注意し、防犯対策を進めていきましょう。
ネットワークカメラの映像を海外で確認する場合は特にセキュリティー強化が必要です。防犯カメラで自宅や職場の安全を守るだけでなく、ネットワーク環境の防犯対策も忘れずに考えておきましょう。

防犯カメラが壊されても問題なし、ネットワークカメラの強み

これまでネットワークカメラの特徴や用途、注意点をお話しました。多くのメリットに気付くと同時に、ネットワークが途絶えた場合使えなくなるのでは、という不安を感じる方もいるでしょう。ネットワーク回線が途絶えると使えなくなると思うと、とても不安定な機器に感じ、防犯対策としては不十分ではないか、と判断されることがあるのも確かです。

ネットワーク防犯カメラは、ネット環境が整っていないと絶対に使用できないのでしょうか。

基本的にネットワークカメラとよばれる防犯カメラのタイプは、ネット環境が絶対条件です。ネットワークが繋がらないところには設置することができません。接続が不安定な場所も、防犯効果が下がる可能性があるので極力避ける必要があります。

それでは、ネットワーク環境が十分ではない環境では諦めるしかないのか、と残念に思っている方、ご安心ください。
PoEカメラを使用すれば、ネットワークカメラではなくても、ネットワークと連携して防犯カメラを使うことができます。

PoE カメラとは、LANケーブル1本の使用でネットワークと繋がり、さらに電力の供給ができる防犯カメラです。コンセントの確保が難しい天井への設置や、ネットワーク環境が不安定になりやすい屋外でも設置することができます。

使用距離は購入したLANケーブルの長さによって異なりますが、およそ最大250mまで対応しています。

ケーブルが必要であったりハブの購入が必要であったり、少々不便に感じる部分はありますが、LANケーブルを通して映像を保存するので、データ劣化を最小限に抑えることができます。また、PoEカメラに必要なハブは、カメラとセットで販売しているところも多く、一から探す手間を省くことができます。

自宅のネットワーク環境が不安定な方や、オフィスや店舗の入り口などの屋外にネットワークと連携する防犯カメラを設置したい場合は、 LANケーブルでネットワークを構築するPoEカメラがオススメです。

ネットワークを利用して防犯カメラをさらに便利にしていきたいと思っている方は、設置場所やWi-Fi環境に合わせて、ネトワークカメラにするかPoEカメラにするか決めると良いでしょう。

おわりに

ネットワークと合わせて防犯カメラを使用するメリット、ご理解いただけたでしょうか。

ポイントは以下の4つです。
ネットワークカメラとはWebサーバーが内蔵されている防犯カメラ
ネットワーク防犯カメラはネット環境があればどこでも映像確認が可能
海外で防犯カメラの映像確認をする場合はネットワークの防犯対策もする
ネットワークが不安定な場所ではPoEカメラを使って防犯対策をする

ネットワークのセキュリティーには十分注意を払いながら、防犯カメラをより便利に活用していきましょう。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。