防犯カメラでどのくらい見える?用途によって見え方を検証

高機能な防犯カメラが増えた今、高画質の防犯カメラは定番になりましたが、実際どのくらい見えるの?見え方が違うと防犯効果にどのくらい違いが出るの?と疑問を持っている方もいるでしょう。

高機能や高画質が定番になったからこそ、あまり意識しなくなった見え方の違いですが、映像がどのように見えるかは、防犯対策をする上で意外と重要なポイントとなります。

そこで今回は、どのくらい見えるか、それによって何が違うのか、という点絞って防犯カメラを解説していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

従来の防犯カメラと比べてどのくらい見えるようになったのか

最近は高画質化したとききますが、具体的にどのくらい見えるようになったのでしょうか。

従来の防犯カメラ、いわゆるアナログカメラと呼ばれるタイプのものは40万〜50万画素でした。
50万画素だと、どのくらい見えるかというと、小さい四角形が集まってできた映像のように画質が悪く、細部まで見えるとはいえません。

例えば、50万画素の防犯カメラで車を映す場合、ナンバーを把握することができません。人物の場合は、何となく性別やシルエット、着ている服は判断できますが、細かい動きや顔の特徴を把握することはできません。
50万画素の映像では推測しなければいけない部分が多く、十分な証拠となりにくいという問題を抱えていました。

最近の高画質防犯カメラというと、200万画素が大半です。
隅々までクリアに見える映像を録画することが可能になりました。

車のナンバーはもちろんのこと、人を映す場合も、細かい手の動きや表情が把握しやすくなりました。事件が起きた際も防犯カメラの映像が十分な証拠映像となり、2次被害を防ぐことが可能です。

しかし、200万画素の防犯カメラはノイズに強い配線を使用するなど、画質を落とさないための配線工事に費用がかかってしまいます。一般家庭ではなかなか手軽に購入という訳にはいかないのも確かです。

最近の防犯カメラでは、100万画素で隅々までクリアに映像が見えるタイプではありませんが、配線工事不要のWi-Fi接続可能なワイヤレス防犯カメラなどがあります。200万画素の鮮明な映像より機能性を重視した防犯カメラの方が都合が良いという方もいるでしょう。

100万画素の映像がどのくらいかというと、車のナンバーは把握できるが、車に乗っている人が少しぼやけるといった具合です。人を映す場合でも、万引きなどの素早い動きは少々ぼやけますが、玄関に訪ねてきた人の把握などには問題ありません。

従来のアナログカメラと違い、最近のものは鮮明に見えるタイプでなくても、人感センサーが搭載され画質をカバーするなど、100万画素の少し物足りない映像を機能性がカバーしてくれる場合もあります。

使用環境や予算に合わせて、防犯カメラを選ぶと良いでしょう。

どのくらい見える防犯カメラが人気なの?

一般的に家庭用防犯カメラはフルHDを使用する場合が多くあります。
フルHDの画素数は約200万画素です。クリアな映像を撮影するだけでなく、フルHDを使用するとワイド撮影や映像拡大も荒れることなく綺麗な状態で確認することができます。

しかし、200万画素のフルHDの防犯カメラには、データの容量が大きく管理が大変という問題点もあります。
データ量が大きいため録画頻度に合わせて大容量のハードディスクやレコーダーに変更する必要があります。
データ管理を自分で行う場合は、少々面倒に感じる方もいるでしょう。さらに、管理を怠ると容量オーバーで録画できていないことに気付かず、事件発生時に証拠となる映像が不足していた、という問題も発生しやすくなります。

100万画素代に画質を落とすのも1つの手段ですが、クラウドシステムの利用や、警備会社にデータ管理をお願いすることもできます。環境や使用目的に合わせて会社に依頼をするのも良いでしょう。

法人利用の場合は、4Kの導入をする企業もあります。TVなどでも美しい映像を楽しめる4Kと耳にしたことがある方も多いでしょう。4K映像が普及した今、簡単に画質の良さが想像できると思います。被害を受けると損害が大きい法人では、この技術が防犯カメラにも取り入れられると思うと安心です。

しかしこれだけ鮮明に見える映像を保存するには、どのくらいの容量が必要なのか、と心配に思う方もいるでしょう。

最近は、映像圧縮技術が進み、半分程度のデータ量で済むように改良されているのでご安心ください。

それでもデータ管理に不安を感じる場合は、法人向けのクラウドサービス会社や会社で加入している警備会社のデータ管理システムなどを利用すると良いでしょう。

防犯カメラが見える距離はどのくらい

ここまでは、主に防犯カメラの画質についてお話致しました。
防犯カメラの映像の見え方は、見える距離によっても異なります。
それでは具体的に、見える範囲によってどのくらいの違いがあるのでしょうか。

防犯カメラの見える範囲を把握するには、焦点距離を知ることが重要になります。

焦点距離と聞いてもいまいち分からないという方は、ピントが合う範囲と考える簡単です。

一般的に屋内に設置する防犯カメラの焦点距離は短い場合が多く、近距離を撮影する防犯カメラとしてつくられています。それに対し、屋外用の防犯カメラの焦点距離は長く、長距離を撮影する防犯カメラとしてつくられています。

焦点距離は把握したい場合は、防犯カメラのレンズの特徴に注目しましょう。

例えば、広角レンズを搭載した防犯カメラ。
広範囲が見える防犯カメラとして認識されることが多いですが、この広角レンズを搭載した防犯カメラは、遠くのものを撮影することができません。

広い庭の防犯対策として広角レンズの防犯カメラを設置したとしても、人の動きが多い出入り口が設置場所と離れた所にある場合は、出入り口の映像がぼやけてしまい、防犯効果を期待することができません。

遠くのものを撮影したい場合は、7mm以上のレンズがついた防犯カメラを選びましょう。このような焦点距離の長いレンズを望遠レンズと呼ぶ場合もあります。遠くのものにピントを合わせる他、ピンポイントでの撮影が可能なので、車のナンバーや素早い動きなどを撮影する場合にも使うことができます。

高機能防犯カメラというと、「超広角レンズ搭載で広範囲をカバー」などの売り文句をよく耳にします。つい、広範囲の防犯対策が必要な屋外に使用したいと思ってしまいますが、広角レンズは近距離を撮影するもので遠くのものは撮影できない、ということを見落とさないようにしましょう。

どのくらいの範囲が見えるのか正しく把握することで、環境に適した防犯カメラを選ぶことができます。
防犯カメラを設置する際にも、これらの知識を上手に役立てましょう。

昼の防犯カメラと比べて夜はどのくらい見えるのか

昼の防犯対策はもちろんですが、さらに夜間は犯罪が起こりやすく厳重な防犯対策が必要になります。
しかし実際は、夜間の防犯カメラの映像はモノクロになってしまうタイプや、カラー映像だが粒子がひどくてよく見えない、といった問題を抱えています。

セキュリティーを強化したい夜間に、このような映像に不安がある防犯カメラを使うのは心配です。
夜間もよく見える防犯カメラを購入すれば良いと簡単に言われても、どの機能がついたものを選んだら良いのかわからない、という方もいるでしょう。

そうした夜間の防犯カメラ選びに困っている方のために、機能によってどのくらい見え方が違うのか、解説していきたいと思います。

昼夜両用の暗視機能付き、とうたわれている防犯カメラに一番多く搭載されている機能が赤外線暗視機能です。
夜になると赤外線機能が作動し、明かりのない暗闇でも映像が見えるといった利点があるのですが、映像はモノクロになってしまうことが大半です。

どのくらい効果があるのかというと、人物の性別やシルエット、犯行の動きは見えるがカラー映像でないため特徴が掴みにくい、素早い動きや手元などは鮮明に把握できないといった状態です。

最近は技術が発達し、この赤外線機能を使ってカラー撮影ができる防犯カメラもありますが、価格が高いため一般家庭ではあまり好まれない場合もあります。

その他、低照度カメラや高感度カメラと呼ばれる防犯カメラもあります。
こちらの機能が搭載されているタイプは、豆電球ほどのわずかな光でもカラーで映像が見えるといった利点があります。

どのくらい見えるかというと、画質は各機器によって異なりますが、全く光がない真っ暗闇でなければカラー撮影が可能です。

この低照度、高感度カメラは、モノクロ映像の赤外線暗視カメラよりも価格が高い場合が多いです。また、あまり低価格なものを選ぶと画質が悪い場合もあるので、せっかくカラーでもよく見える映像ではない、という場合もあるので注意が必要です。

また、完全に光がない場所では合わせてセンサーライトを使用しなければいけないこともあります。防犯カメラ以外の機器に費用がかかることも考えておく必要があります。後から費用がかさみ困ることがないように、防犯カメラを購入する前に夜間の撮影環境を確認しておきましょう。

おわりに

防犯カメラでどのくらい見えるのか、具体的に把握することはできたでしょうか。

ポイントは以下の4つです。
・最新の防犯カメラがどのくらい見えるようになったか知るには画素数を確認
・鮮明に見える防犯カメラを買う前にはどのくらい容量が必要か把握しておく
防犯カメラの焦点距離も合わせてどのくらいの範囲が見えるか確認する
夜用防犯カメラは環境によってどのくらい見えるか判断し機能を選択する

これらのポイントを防犯カメラの設置や購入に役立ててみてください。
防犯カメラは年々鮮明な映像が見えるようになっています。防犯カメラの画質を把握するだけでなく、そこに付属するデータの容量や必要な環境はどのくらいのものなのか知るとさらに良いでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。