安いものは意味がない?ダミー防犯カメラの正しい使い方とデメリット

様々な開発が進む近年、防犯カメラも高価な機器の1つとなりました。高機能カメラを設置しても、本体が盗難にあう場合もあります。被害を受けやすい場所には、ダミー防犯カメラを設置するなど、極力コストをかけないように対処している方も多いでしょう。

しかし、このダミー防犯カメラ、価格が安いものではあまり防犯効果が期待できません。コスト削減を意識するあまり、防犯効果が薄れ被害を受けてしまう、といった事態は極力避けたいものです。

それでは一体、どのようにダミー防犯カメラを使用するのが適切なのでしょうか。
形だけの防犯対策ではなく、ダミーカメラでも防犯機器の1つとして使用できるよう、特徴や正しい使い方を把握することが大切です。

まずは、メリットやデメリットを元にダミー防犯カメラの使い方を解説していきましょう。

おすすめの見守りサービス

ダミー防犯カメラのメリットデメリット

防犯対策のため防犯カメラの購入考えているが、1台あたりにコストがかかることや、レンタルだと月額料金が発生することを考えると、なかなか手軽に手を出せない、という方もいるでしょう。そうして迷っている間に被害を受ける可能性もあります。不安な思いを抱えながら生活することはできる限り避けたいですよね。

そこで検討したいのが冒頭で少しふれました、ダミー防犯カメラの設置です。

ダミー防犯カメラには威嚇効果があります。全く防犯対策をしないより、防犯効果を期待できるでしょう。また、ダミー防犯カメラはかなり低価格でインターネットなどでも購入することができます。もちろん配線工事も不要なので手軽に始めることができる低コストの防犯対策としてオススメできます。

ただし、気をつけなければいけないのが、被害を受けた際、証拠となる録画データがない、という点です。

中には防犯カメラを熟知している犯罪者もいます。一般的に普及していない形状の防犯カメラや配線が必要なタイプが無線で設置されていると、簡単に見破られてしまいます。
流通している防犯カメラと似ているタイプを設置するか、配線が必要なタイプと同じ形状のダミー防犯カメラを選ぶなど、工夫をする必要があります。

また、ホームセキュリティーなどの警備と合わせて使用するなど、室内の警備システムを常時使いながら屋外の保護としてダミーカメラを使用する方もいます。被害を受けた時役立つシステムとダミーカメラを併用すると安心です。

例えば、屋外の防犯カメラは故障しやすいので、ダミーカメラを設置、インターホンを入り口の防犯カメラとして使用し、侵入されやすい場所は開閉センサーを設置するなど、工夫をしながらできる限り価格を抑えていくと良いでしょう。

ダミー防犯カメラでコスト削減することに囚われず、幅広い視野を持つことで、セキュリティー強化につながります。

安すぎるダミー防犯カメラはNG?

ダミー防犯カメラは低価格なものだと1,000円以下で、購入することができます。どうせ偽物なら、高価なものを買う必要もない、と考えてしまいやすいのですが、低価格のものは偽物だと分かりやすく、こうした安すぎるダミー防犯カメラを使用すると返って危険につながってしまう場合があります。

例えば、留守を狙って侵入する犯人は、侵入を実行する前に何度か下見をします。その時、低価格なものだとダミーと一目で分かってしまいます。
防犯対策が簡易的な家と見なされ被害が大きくなってしまうこともあるので注意が必要です。

それでは、どのようなダミー防犯カメラがバレてしまいやすいのでしょうか。

例えば、アンテナつきのダミー防犯カメラ。アンテナが長すぎると、偽物と気付かれてしまいます。最近の防犯カメラはアンテナ自体ないものが多いので、気になる方はアンテナがついていないものを選ぶと良いでしょう。

その他、プラスチック素材やレンズが入っていないものは、一目で偽物だと分かってしまいます。また、無線タイプのものはバッテリーや電池を入れる箇所があるかどうかも、本物と見分ける際に注目されます。配線などをごまかすのが面倒なので、無線タイプに似ているダミーカメラを選んだ、という方は細部の加工まで気にかけましょう。

安い価格のダミー防犯カメラは、素材や細部が簡易的なものが多くあります。犯人に気付かれると返って侵入のきっかけにつながるケースがあるので、ダミーカメラの選択も価格に囚われず細かい注意が必要です。

防犯カメラの会社によっては、工事に取り掛かるまで日数がかかってしまうため、取り急ぎ本物と似たようなタイプのダミーカメラを設置するところもあります。

防犯効果が高いダミーカメラを選ぶのが難しいという方は、そういった防犯カメラ会社でダミーカメラを購入すれば、防犯カメラの重要な特徴を押さえたダミーカメラを提供してもらえるので安心です。

ダミー防犯カメラをバレないように設置するには

犯人気付かれにくい、防犯効果の高いダミーカメラを購入できた方、安心するにはまだ少し早いかもしれません。
いくら良くできているダミーカメラを購入しても、設置の仕方を間違えると、ダミーだとすぐ気付かれてしまう場合があります。

せっかく防犯効果の高いものを購入しても、設置を間違えて犯人の侵入を防ぐことができなかった、ということになったら本末転倒です。

それでは具体的に、どのような設置方法が適切なのでしょうか。
ダミーカメラの特徴別に設置方法を解説していきたいと思います。

まずはダミーカメラの形状によって設置場所を判断しましょう。

防犯カメラは大きく分けてボックス型、ドーム型、パレット型の3つの種類があります。ボックス型やドーム型は基本的に屋内用の防犯カメラです。パレット型は内外両用タイプですが、屋外や倉庫などで使用される場合が大半です。
これらの特徴と違った場所にダミーカメラを設置してしまうと、本物でないと気付かれてしまう原因になるので注意が必要です。

例えば、ボックス型の防犯カメラ。屋外で使用する場合は、雨風からカメラを保護するカバーを取り付けます。カバーのないボックス型のダミー防犯カメラを屋外に設置すると一目で偽物と気付かれてしまいます。

配線の有無ではどうでしょうか。

基本的に防犯カメラには電気配線が必要となります。バッテリーや電池式の場合は、それらを出し入れする部分があります。配線が一切なく、バッテリー取り出し口もないようなダミーカメラが天井や壁に設置されていると偽物だと気付かれてしまいます。

例えば、バッテリー式の防犯カメラ。比較的電源交換がしやすい場所に設置します。配線がないダミーカメラが異常に高い場所に設置されていると不自然で、ダミーと気付かれてしまう場合があります。配線が必要とする防犯カメラのダミーの場合は、偽物のコードでカモフラージュする必要があり、取り付けは少々不便です。

これらの注意点の他、防犯カメラには撮影範囲や距離が決まっています。広角レンズを搭載した高機能カメラなどもありますが、基本的にダミーカメラは一般的なタイプのデザインを元に作られているため、4m前後の高さで設置していないと不自然に見えてしまいます。

本物の防犯カメラを設置するのと同じ要領で、ダミーカメラを設置しましょう。

威嚇効果の高いダミー防犯カメラとは

これまでダミー防犯カメラの効果や特徴、注意点などを解説してきました。
基本的なことをしっかり把握すれば、気軽に始まることができる防犯対策だということが分かったと思います。
要点を抑えた上で、さらに威嚇効果の高いダミーカメラを選ぼう、と考える方もいるでしょう。例えば、より本物に近く見せるために、赤いLEDを点滅させているダミー防犯カメラがなどです。
しかし、ここには意外な落とし穴があります。
赤い点滅機能のついたダミーカメラは、一見、昼夜問わず存在感を与え威嚇効果が高いように感じますが、一般的には赤い点滅サインがでる防犯カメラは普及していません。過剰な演出があると逆に偽物と判断するきっかけをあたえてしまうので注意が必要です。
もし、威嚇効果の高いダミーカメラを設置したいと思うのであれば、極力本物と見分けがつかないものを選ぶことが重要になります。
例えば、本物と同じようにブラケットやハウジングケースのついたボックス型ダミーカメラなどです。重量感や質感も本物と同じようなものを選ぶとさらに良いでしょう。
ボックス型防犯カメラは元々、威嚇効果の高い防犯カメラとされています。
この防犯カメラと見分けのつかないダミーカメラを使用すれば、充分な威嚇効果を期待することができそうです。
本物の防犯カメラが持つ威嚇効果を把握して、できる限り見分けのつかないダミーカメラを選択することで、安心安全な防犯対策とつながっていくでしょう。
その他、警備システムや本物の防犯カメラと合わせてダミーカメラを使用することでセキュリティーを強化することができます。

例えば、店舗での場合、レジ付近には本物の防犯カメラを設置し、陳列棚付近にはダミー防犯カメラを設置し万引きなどの犯罪を防ぐなど工夫をして使用すると良いでしょう。
用途にあった工夫をして、ダミー防犯カメラを活用していきましょう。

おわりに

ダミー防犯カメラの使い方、詳しいイメージはわきましたか。
正しい設置場所や特徴を把握して、ダミー防犯カメラの効果を最大限に引き出しましょう。
ポイントは以下の4つです。
・ダミー防犯カメラには威嚇効果などの防犯効果がある
・コスト削減ばかり意識しないようダミー防犯カメラを選択する
・本物の特徴をイメージしてダミー防犯カメラを設置する
・過剰演出ではなく、本物と近づけることでダミー防犯カメラの効果を上げる

ダミー防犯カメラは、これらのポイントをしっかり抑えれば扱いやすい防犯機器です。コスト削減にこだわりすぎず、適切にダミー防犯カメラを使用しましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。