用途に合わせたシステムを使って防犯カメラの価格を抑えよう

近年ネットワークの発達に合わせて、防犯カメラに付属するシステムも様々なものが増えました。価格も、使用頻度や規模に合わせて設定できる会社が増え、需要者のニーズに細かく沿ったものを選択できるようになっています。

困るのが、防犯カメラの種類やシステムが多すぎて、選択肢が増えすぎた点です。1つ選ぶのに多くの可能性があり、結局最適なものが何だったのか選んでいるうちにわからなくなってしまうこともあるでしょう。気付けば、当初予定していた予算を大幅にオーバーしてしまった、なんてことになったら嫌ですよね。

そこで今回は、防犯カメラの価格について、細かく解説していきたいと思います。便利になったけれど、価格面で困る、ということが無いように、システムごとに価格を検討し、最適なものを選択しましょう。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラ基本システムと価格設定

防犯カメラは主に、「買う」と「借りる」2パターンのシステムがあります。
ここをどちらに選択するかで、また付属するシステムが変わっていきます。まずはこの2つにかかる費用を元に違いを検討していきましょう。

「買う場合」
買う場合にはまず、保証システムの有無、という重要なシステムを選択します。
保証なし→初期費用のみ
保証あり→初期費用+月々の保守費用

ここでのポイントは、価格を最小限に抑えるためだけに保証なしを選択しないことです。
契約の警備会社や利用するクラウドシステムなどの付属システム会社の保証はなしであっても、必ず防犯カメラ本体にメーカー保証がついているかを確認します。
基本的に、購入の場合は、防犯カメラのメーカー保証が1年間ほどついています。1度も使っていないのに壊れていた、使い始めすぐに不具合が生じた、など元々その機器に問題があった場合に備えて、このメーカー保証は重要です。

中古品やセール品には、このメーカー保証がない場合もあるので、その時は自身が加入している損害保険など、被害にあった場合の保険適応があるのか確認をしておきましょう。

価格を抑えるため、保険適応やメーカー保証が全くない状態で、防犯カメラを購入すると、故障時や犯罪に巻き込まれた際、破損・買い替えは全て自己負担になってしまうので、後々とても困ることがあります。

保証ありを選択した場合、各会社によって適応年数やシステム内容は違いますが、月々の保守費用にメンテナンス費、消耗品の交換費などが含まれている場合が大多数です。使用頻度が多い方は、メンテナンスが損だと感じることは少ないでしょう。こうした保証システムに入ると、防犯カメラに不具合が生じた場合も無料で修理が可能です。

また、犯罪の被害にあった場合、修理費や交換費に適応できる保証システムなどもあります。
例えば、盗難にあった際、防犯カメラも破損、再発防止のために再度防犯カメラ購入する場合、購入する防犯カメラの費用を補償するなど、被害時に適応できる保証システムに入るとさらに安心です。

防犯カメラを購入する際は、使用目的や頻度、その他自身の入っている保険会社などの適応を合わせて考え、保証システムを選択するようにしましょう。

続いて、「借りる場合」です。借りる場合にも保証の有無が選択できます。
保証なし→リース代の月額費用のみ
保証あり→メンテナンス込みの月額費用

ここで注目すべき点は、保証ありの防犯カメラをレンタルする場合、初期費用がかからない会社が多い、ということです。
設置費用は月々のメンテナンスサービスに含まれているため、配線工事と防犯カメラの購入費用が重なり苦しい、といった初期費用の負担がありません。

防犯カメラの使用期間が限られている場合は、この設置費用込みの月額リースがオススメです。
例えば、建設現場やリフォーム中など、完成時には防犯カメラが不要となる場所に設置する場合や海外出張で不在の時のみ自宅に防犯カメラを設置したい場合などです。

また、建物によっては建設が長期にわたることもあります。そういった長期レンタル用にコストを抑えられるプランなども、会社ごとに設定されているので用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

しかし、こうしたレンタル防犯カメラの場合は必ず月額料金が発生します。オフィスや自宅で日常的に防犯カメラを使用する方は、月々の費用をできる限り抑えたいのも確かです。そしてさらに長期にわたり防犯カメラを使用するので、初期費用はかさむが購入してしまった方が後々楽なのではないか、と思う方も多いでしょう。

それでは、防犯カメラを「買う」場合、費用を抑える方法があるのでしょうか。次の章で検討していきたいと思います。

防犯カメラの工事費で価格を抑えるシステム

防犯カメラの購入を考えているが、工事費や設置費用がかさむため、なかなかすぐに手を出せない。とお困りの方、購入した防犯カメラを設置する場合、助成金を受け取ることができるシステムがあるとご存知でしょうか。

この助成金システム、各都道府県や市町村ごとに金額や制度が異なりますが、商店街や町内会の防犯対策として助成金システムが適応できることがあります。

例えば、東京都千代田区の場合、防犯カメラに対する助成金として、設置費用の3分の2、最大600万円まで補助を受けることができます。
ただし、この助成金、個人の利益のためには適応できず、地域の防犯対策に貢献するとみなされた場合のみ適応されます。

例えば、商店街に面している店舗での設置、犯罪が多発している地域で設置する場合などです。その防犯カメラが個人以外に地域の安全に役立つ場合に適応するシステムと考えればシンプルです。

この助成金システムは国全体で統一されているものではなく、地域ごとに異なるものです。防犯カメラに伴う助成金の金額や申請については、設置を検討している地域に直接問い合わせて詳しいお話を聞きましょう。

防犯カメラを選ぶ前に、見積り計算システムで価格をテェックしよう

防犯カメラの購入を検討する際は、大まかな見積もりがあると便利です。
1から問い合わせて検討していくと、きりがなく気付けば予算を大幅に超えてしまうことはよくあります。

まずは必要とする要素を1つに絞り大まかな見積もりを出します。その価格を元に選択するシステムを検討し、さらに価格を抑える必要があるのか、予算を広げてさらに便利な機能を追加することで効率化をはかるのかなど、詳細を考えていくとスムーズです。

例えば、中央防犯センターのHPにある、見積もり計算システムは、7項目の質問事項があり、それに答えていくと見積りが計算できる簡単なものです。

設置施設の種類を選択、例えばマンションや戸建てなど
希望台数を選択、提案してほしいを選ぶことができて便利です
設置地域、都道府県別になっています
4〜7は氏名や連絡先を記入する項目となります。
この見積り計算システムは、希望条件に答えながら質問等も個別で返事を送ってもらえるので、細かい価格まで把握することができます。
そのまま、防犯カメラの機能や種類をきくこともできますし、その見積もりを他社との比較に役立てるのも良いでしょう。

中央防犯センターは対応スピードが早く、低価格で人気がある会社なので、初めのスタートラインを決める際にオススメする会社の1つです。
その他にも、HPで見積もり計算ができる会社があり、合わせて資料請求をすることもできます。自分にあった会社の見積りシステムを利用するのも良いでしょう。

購入をする前、リースをする前、システムに加入する前は必ず見積もりで価格を把握すると、予算オーバーで困る問題を回避できます。是非、各社の見積もりシステムを役立ててみてください。

価格を抑えるには、システムいらずの簡単取り付け防犯カメラ

これまでにご紹介したシステムは防犯対策を主に考えた場合が大半です。最近は防犯カメラの映像を経営や新人研修に役立てる場合や、無人化しコスト削減を狙うため防犯カメラの導入を考えるなど、防犯以外の用途が大きい方も多いでしょう。

そういった経営面でカメラを設置したい場合は、システム付きの月額プランは不要の出費となることもあります。
そこでオススメなのが、ワイヤレスのバッテリー式防犯カメラです。

例えばarloのレンタル防犯カメラ
バッテリー式なので配線工事などの初期費用が一切かかりません。Wi-Fi接続可能なので、撮影した映像をクラウドサーバーに保存することができます。
防水・防塵と故障の面でも安心できる機器で、クラウドサーバーは無料で使用可、月額359円〜と格安のプランも用意されています。

購入で検討の方は、
家庭家電でお馴染みのPanasonic から出ている「KX-HDN205-K」
左右360°上下90°の首振りが可能
子供やペットの見守りに使う方が多く、リアルタイムの映像がスマートフォンなどで再生できます。
価格は最安値で18,980円とお手軽な防犯カメラです。
もちろん購入なので、月額料金が発生することもありません。

その他、屋外設置可能なワイヤレス防犯カメラや、レジと連携できる防犯カメラなど、設置場所や用途に合わせて、様々なワイヤレス防犯カメラがあります。

厳重な防犯対策ではなく、気軽に使えるものや、単に作業の効率化のために防犯カメラを活用したいという方は、こうしたワイヤレスカメラを使用し、工事費0円からスタートすると良いでしょう。

おわりに

防犯カメラに付属するシステムは様々で、価格を抑える方法も用途によって全く違います。
まず大切なことは防犯カメラを使う一番の理由は何か、把握することなのかもしれません。軸を決めて、枝分かれ状に価格を検討していくと、さらに良い使い道も思い浮かびメリットも増えていきそうです。

防犯カメラのシステムと価格について、理解を深めることができたでしょうか。
ポイントは以下の4つです。

防犯カメラを購入するか借りるか、保証の有無で価格とシステムが違う
防犯カメラの工事費に助成金システムを活用して価格を抑える
防犯カメラを選ぶ前に見積もりシステムを使って全ての価格を把握する
手軽に防犯カメラを使用するなら、システム不要の低価格ワイヤレスカメラ

是非、このポイントを防犯カメラの価格検討にお役立て下さい。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。