進化するインターホン、今時の主流は防犯になるカメラ付き

近頃は、インターホンにも用途が増え、カメラ付きの防犯対策ができるタイプが主流になってきました。ネット通販や出前サービスが盛んになり、知らない人が家を訪ねてくる機会も増えています。カメラで確認してからインターホンで応答する、この流れもお馴染みです。

普段の生活ではあまり意識はしませんが、新たに購入を検討する時は、頻繁に使うものとして、用途にあったものを選びたいものです。
いざ調べると、種類が多くて選ぶのが面倒、目的に合ったものを探し辛い。なんて思いをする方もいるでしょう。
そんなインターホン選びにお困りの方へ、用途別にインターホンの種類をまとめてみました。

おすすめの見守りサービス

カメラ付きワイヤレスインターホンで外出中も防犯対策

インターホンの買い替え時、意外と困るのが配線工事です。ベル式や音声式をモニター付きに変えたいが、面倒な配線工事や、工事費が別途でかかることを懸念して、古いタイプのまま使っている。とお悩みの方もいるでしょう。
そこでオススメなのが、Panasonicのワイヤレスドアホンです。

配線工事はもちろんなし、取り付けも古いタイプを外して新しいものを同じスペースにはめるだけ、簡単かつスムーズに作業が進みます。室内の親機は、プラスドライバー1つで取り付け可能、自分でも無理なくセットすることができるので、工事をお願いする必要もありません。

このカメラ付きワイヤレスインターホンは、電気屋、量販店、ホームセンター以外に、インターネットでも購入ができます。古いタイプのインターホンを自分で取り外すことができれば、一人で取り付けが可能です。同封された説明書やHPの説明動画を元に進むと簡単なので、一度目を通してみてください。

このインターホン、さらなる魅力は、外出先で来訪者の確認ができることです。インターホンのカメラを通じた映像がスマートフォン等に送られ、来訪者の確認、なおかつ応対することが可能です。映し出された映像は最大100件まで自動で録画するサポート機能も付属する優れものとなっています。

泥棒は留守を狙うため、初めはインターホンを鳴らし様子を伺い犯行に及ぶそうです。そういった留守中に尋ねる不審者の確認はもちろんのこと、子供の留守番、高齢者を狙った悪質セールスなどの防犯もでき、安心して外出することができます。

また、最新のインターホンには広角レンズが搭載されており、従来と同じサイズで幅広い範囲を確認できるものがあります。単なるインターホンではなく、防犯対策としてもオススメできる商品です。

防犯カメラと連動するインターホン

モニター付きインターホンで意外と不便なポイントが、親機の前まで行かないと映像の確認ができない部分です。ワンルームや部屋数の少ない物件ではそこまで気になりませんが、自宅が2階建てや2世帯住宅、オフィスと併設されている場合は、わざわざモニターの前まで行くことが手間になる時もあります。

例えば、自宅にオフィスが併設されている場合。作業中に自宅へ来訪者が来たため、モニター確認せず応答したが、仕事に関係のない面倒なセールスだった。など、些細な確認不足が仕事の邪魔になってしまうことがあります。

スマートフォンで確認できるワイヤレスインターホンを使うという手段もありますが、実際使用すると、思いの外動きが制限されることに気付きます。
掃除や洗濯の最中など生活の中で常にスマートフォンを手元に置いておくのが面倒だったり、PC作業中にスマートフォンを開くことが一手間だったりする場合です。

そういった些細な不便を解決してくれるのがネットワークカメラです。
これをインターホンと併用すると、スマートフォンはもちろんのこと、PCやタブレットなどネット接続可能な機器であればどのようなものでもOK。リアルタイムで来訪者の確認が可能です。

また、このネットワークカメラを防犯カメラとして使用するケースも多く、自宅の玄関を厳重に警備しつつ、来訪者の応対も楽になると、メリットも増えます。元々取り付けてある防犯カメラの買い替えを検討中の方も、インターホンの用途と合わせて検討すると実際の使用イメージを掴みやすいでしょう。

インターホンと連動したネットワークカメラには不審者を威嚇するなど、法人向けの厳重に防犯できるタイプもあれば、インターホンに付属するカメラをネットワークカメラに設定でき、手軽に防犯対策ができるものなど、用途によっても様々です。

ご自宅にネットワーク環境がある方は、是非一度検討してみてください。

海外で人気のインターホン型防犯カメラ

近年では、犯罪も複雑化し、防犯対策されたインターホンは、安心安全に生活を送る上で必須アイテムになってきました。しっかり防犯するのは良いのですが、やはり気になるのはデザイン面です。防犯を意識しすぎて、繊細にデザインされた外観が台無しに、ということになったら嫌ですよね。

そこでオススメなのが、欧米で人気のインターホン型防犯カメラです。デザインはシンプルかつスマートで、取り付けも簡単、サイズが小さい、バッテリー式など嬉しいメリットも多数付属しています。

例えば、Ring「Video Doorbell」

こちらの商品は、配線工事不要のバッテリータイプです。
取り付けも簡単、専用のマウントをネジで固定していくだけのシンプルな作りになっています。
さらに、人の動きを感知する、モーションセンサーが搭載されているため、不審者の侵入を防ぐなど、合わせて防犯対策をすることができます。

また、こちらの「Video Doorbell」の最新型「Video DoorbellⅡ」は同じデザインでさらに防犯システムが強化されたものになります。
「Video Doorbell」の解像度720pのHDビデオカメラに対し、最新型「Video Doorbell Ⅱ」は解像度1080pのHD広角ビデオカメラを使用、映像がさらにクリアに、そして広範囲をカバーする商品へ進化しています。

どちらも赤外線ナイトビジョン付きで、夜間にも対応しており、バッテリーも12ヶ月(約1,000件の通知)対応と長持ちします。
機能の違いを元に、玄関の広さや、防犯対策をどこまで意識するか、価格と合わせて検討すると良いでしょう。

この商品、気になるのが保証やサポートがついていない点です。購入先も、海外の通販サイトなど、日本語に対応していない点も、少々不安が残ります。
デザインは重視したいが、扱いやすいものがいい、という方にオススメなのが

BRINNO「ルスカⅡ」

こちらの取り付けは更に簡単、直接ドアの覗き穴に、付属のスコープを取り付けバルブで固定、本体を乗せて回転し安定させると設置完了となります。
賃貸マンションなど穴あけ禁止の物件に住んでいる方にもオススメです。ただし、ドアの暑さが35〜57mmで取り外し可能な覗き穴がついているドアのみ取り付け可能なので、注意が必要です。

主な機能は、モーションセンサーにより訪問者を自動録画、さらに明るさを自動調整し、明暗問わず鮮明な映像を記録します。また、映像は本体の液晶画面で確認することができます。
記録方法はSDカード、電源は単三電池4本で9000回の撮影が可能、とかなりお手軽です。

ただし、この「ルスカⅡ」、ネットワークに対応していません。アプリケーションなどと連動しないため、外出先から訪問者を確認することができません。
これ一つで安全にというよりかは、オートロックなど既に防犯対策されている所に追加できる、お手軽な防犯カメラとして使用することをオススメします。

法人用カメラ付きインターホンで厳重防犯

これまで自宅や生活、デザイン面でオススメのインターホンを紹介してきましたが、どれも個人向けの用途が大きくなってしまいます。
オフィスや工場でしっかり防犯対策をしながらンターホンを使いたいなど、法人向けで考えている方にはシステムと連動したインターホンをオススメします。

業務用インターホンには、簡単な連絡用から広範囲に対応するインターホンなど用途によって様々な機能があります。
例えば

玄関4台、室内8台まで設置可能など多数の設置場所に対応しているもの
人を感知するセンサーと連動して自動呼び出しが可能なもの
防犯カメラを接続、警備警報システムと連動させながら映像確認できるもの
インターホンのカメラ映像を確認しながら、電気錠のロックを解除することができるもの

など機能は様々です。
もともとオフィスに設置されている防犯カメラや警備システムに対応するインターホンもあります。余分な出費を重ねないため、防犯対策として設置されているものと合わせて使用できるインターホンがないか、事前に確認しておきましょう。

オフィスに警備システムが不足している場合は、インターホンの使用を検討する際に連動する防犯カメラを合わせて購入するなど、同時に防犯面を強化することができます。使用中や購入機器の用途にあわせて検討していきましょう。

おわりに

これまで防犯カメラとインターホンの用途や種類についてお話致しました。
自分にあった、インターホンを検討することはできたでしょうか。
ポイントは以下の4つです。

外出時の防犯対策にはカメラ機能付きワイヤレスインターホン
2世帯住宅や併設オフィスなど様々な場所で映像確認したい場合はネットワークに繋がる防犯カメラをインターホンと併用
デザイン性重視カメラ型インターホンは、他の防犯対策と合わせて使用
法人向けインターホンは防犯カメラに付属する警備システムなどを連携

以上を踏まえて、インターホンと合わせて防犯対策も検討していきましょう。
防犯はまとめて考えるとメリットが沢山、インターホン1つでも安心安全な生活へ変化させることができます。ぜひ、カメラやインターホンでの防犯対策、お試しください。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。