アルソックでニーズに合った防犯カメラを選ぼう

アルソックの豊富な防犯カメラを徹底解明。
「♩ホームセキュリティーのアルソック」思わず口ずさみたくなるあのCM、誰もが一度は「ホームセキュリティー」と耳にしたことがあるのではないでしょうか。今の時代、マンションや一軒家の警備システムをはじめ、介護や育児、ペットに向けてのサポートシステムなど、ホームセキュリティーも様々なかたちへと変化しています。
泥棒やプライバシー対策、車上荒らし防止など、家庭の警備システムでお馴染みのアルソックですが、実は一般家庭向けの防犯カメラも種類が豊富にあるのはご存知でしょうか。
ここでは、アルソックの防犯カメラを徹底解明。用途によって、最適な防犯カメラを選べるよう、法人向けと合わせて項目別にまとめていきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

個人でアルソックの防犯カメラを使用する場合

個人で防犯カメラを使用する際、やはり気になるのは毎月あたりの金額です。
一概に家庭向けの防犯カメラと聞いても、どういった用途でどのような種類があるのか、今一つ明確な想像が付きません。
「具体的なイメージが湧かないため、防犯カメラが必要と感じているが購入できずにいる」そんな方のために、まずは、わかりやすく大きくカメラの種類を3つに分けて、月々の費用を検討していきましょう。

①最安値、IPC-06HDセンサー付きカメラ月額2,200円(機器分割費込み)
→置き型、天井設置不可
②IPC-07Wセンサー付きカメラ月額2,750円(機器分割費込み)
→スマートフォン等から遠隔操作。上下90°左右180°カバー、天井設置の場合は180°回転可能
③IPC-08FHDzセンサー付きカメラ月額2,750円(機器分割費込み)
→スマートフォン等から遠隔操作。上下130°左右340°の広範囲をカバー、天井設置の場合は180°回転可能

使用目的の範囲はどのくらいか、用途に合わせて機器を検討していきましょう。広範囲に1台で考えている場合は、②や③の機種をオススメします。ただし、③のIOT機器は別売りとなります。初期月額料金は②より高くなる場合があるのでご注意ください。

広範囲の防犯カメラは必要ないが、死角を考慮したいという方は①を2台設置するのも良いでしょう。
また、ペットの様子を見るなど、特定のものを把握できるようにしたいが価格をできる限り抑えたいという方は、画素数の低いカメラを選ぶと機器の値段が下がり、月々の料金を抑えていくことができます。

一般的な防犯カメラの画素数は200万画素、顔など細部までクリアに映るもので800万画素、アナログカメラなど価格の低いものだと27〜60万画素となります。
27~60万画素のものは、ぼんやりとした映像となりますが、特定の動きや様子を把握するには充分です。

その他、小型カメラや簡易接続IPカメラなど、パソコンをつなげて遠隔操作や録画ができる防犯カメラなどもあります。

その他、スピーカー機能が内蔵されているものや温度感知機能が付属しているものなど、用途によって様々な防犯カメラがあります。
例えば、介護や育児などに防犯カメラを使用したい方は、温度感知機能が付いたものを選ぶと、部屋の温度測定ができるため、様子を把握しながら熱中症対策をすることができます。

そこまで厳重な警備を必要としていない方には、小型カメラや簡易接続IPカメラなどもおすすめです。どちらも、パソコンをつなげて遠隔操作や録画をすることができます。

カメラのみ購入も可能なので、用途に合わせて資料請求を行い、詳しい金額を元に防犯カメラの使用を検討してみましょう。

アルソック法人向け防犯カメラのメリット

昔から銀行警備などで知られるアルソック、全国に事業所があり24時間体制で警備をお願いできるイメージから、高額な費用がかかり大企業でないと法人で頼めないのではないか、と心配をする方もいるのではないでしょうか。

アルソックには金メダリストがいるなど、柔道をはじめ独自の護身術が発達しており、常駐警備に優れた利点が沢山あります。
法人で考えると厳重な警備を想像し難しく考えてしまいますが、実はアルソックでは防犯カメラと合わせて様々なサービスを受けることができます。法人ならではのメリットを知り、上手く防犯カメラを活用しましょう。

法人向けの防犯カメラは多種多様、スタンダードなボックスカメラや暗部・逆光などに対応したデイナイトボックスカメラ、存在感を抑え尚且つ広範囲を映すドームカメラなど、様々な用途に合わせてカメラの種類があります。
どの機器も、モノクロだけでなくカラーもあり、更に高画質へとレンズの変更が可能なタイプや、ドーム型でも防水タイプのものなど、比較的低価格で高品質なものが揃っています。

法人として防犯カメラを購入すると、保証期間中は何度でも修理可能な5年保証や、延長保証サービスなどが付属しています。
高画質の多機能カメラを購入したが、数年で不具合が発生し、防犯カメラが使用できないのに機器の分割料金を支払い続けている、など購入後に困ることがないように受けることができる無料サービスです。

その他、24時間365日の監視と緊急時対応のオンラインサービスやレコーダーが不要なクラウドサービスなど、防犯カメラと合わせて受けることができるプランが豊富にあり、ニーズに合わせて自由にプランを決めることができます。

記録方法を把握してアルソックの防犯カメラを上手く使おう

意外と見落としてしまうのが、記録方法です。
購入直前で迷ってしまい予算を考え直したり、レコーダーなどの思わぬ出費に困ったりしないように、事前に把握しておきましょう。

SDカード
→カメラ内のSDカードに直接データを記録
カメラは問題なくても、SDカードのデータが破損する場合があるため、雨風がない屋内での使用をおすすめします。
PC
→PCにデータを記録
PCを使った遠隔操作と合わせて、動画の再生やデータコピーなどができます。
遠隔操作や外出時のみの防犯カメラを検討している方におすすめです。
レコーダー
→防犯カメラ用のレコーダーにデータを記録
他のデータと混ざることがなく、一度に確認ができるため、レジ周りのみなど限られた用途で使用する際便利です。また、すでにレコーダーを持っている方などは、カメラのみの買い替えで済むので費用を抑えることができます。
NAS
→ネットワーク上のハードディスクにデータを記録
高画質の防犯カメラや、24時間作動させる場合など、大きな容量を必要とする場合におすすめです。
クラウド
→データセンターなどに保管
管理者が個人ではなく法人や不特定多数の場合、データの保管係を設ける必要がないので便利です。また、法人向けにはクラウドサービスが含まれたプランなどがあるので、合わせて検討すると良いでしょう。

ホームアルソックプレミアムに付属する防犯カメラが上手く使おう

防犯カメラを買って、さあこれから安心安全と思いきや、いざ使うとなると映像を確認するのが面倒だったり、問題が起きたという時に肝心なデータバックアップがなく問題の映像を見つけ出すのに苦労したり、後々不便に気づきます。面倒な結果あまり上手く防犯カメラを活用できていない、なんていう意外な落とし穴に困らないよう、オススメなのがホームアルソックプレミアム。

このホームアルソックプレミアム、エリアごとにON・OFFの設定ができ、二世帯住宅や店舗、併設された事務所や施設なども、1つのシステムで警備することができます。
ピッキングや窓ガラスを破って侵入する犯罪防止はもちろんのこと、急病や過度なセールス対応に困った時にボタン一つで通報できる非常通報システムや、高温や煙を感知する火災感知システムなど24時間365日体制で徹底的に警備をしてくれる基本サービスがある上、防犯カメラとの連携も取れるという優れたサービスです。

例えば、野外に設置した防犯カメラ、このホームアルソックプレミアムに含まれるセンサーも合わせて利用して、不審者の侵入を監視することができます。
外出中に異常を感知した時は、アルソックのガードセンターが現場の状況をリアルタイムで確認、自身は防犯カメラを使ってスマートフォンやPCで状況を確認する、といった連携を取ることができます。

24時間の警備と聞くと気になるのはやはり、プライベートの保護です。
防犯カメラを家にセットして、警備システムと連携をするのは良いが、プライベートまで流出してしまうのではないか、と心配になる方も多いでしょう。
このホームアルソックプレミアムでは、エリアごとに警備ができるので、プライベートをしっかり守りながら、緊急事態の時は助けになる、というシステムなので安心です。
例えば二世帯住宅で防犯カメラの使用を検討する場合、それぞれ個別で設定が必要で費用がかさみ困る、防犯カメラや警備も別々で設定するため管理が不便、といった問題をこのホームアルソックプレミアムで解決することができます。
自身の住宅と高齢化した両親の家をまとめて警備、防犯カメラなども合わせて設定してもらい、簡単かつ、料金を抑えることができるなど、嬉しいメリットがたくさんあります。

料金も初期費用0円から始められるプランや、長く利用する方は月額費用が安くなるお買い上げプラン4,730円、一時的な利用で考えている方は12,815円、など用途によってプランを選ぶことも可能です。

まとめ

このように、アルソックの防犯カメラや警備システムを詳しく知ると、様々な用途の防犯カメラがあることがわかります。
ポイントは以下4点です。

・個人で防犯カメラを選ぶ→用途を細かく分析し最適な防犯カメラを選択
・法人で防犯カメラを選ぶ→アルソックの法人プランを活用し、使用防犯カメラに適したサービスを受ける
・防犯カメラを選ぶ時は、用途に適した記録方法を忘れずに把握しておく
・ホームアルソックプレミアムなど、警備システムと合わせて防犯カメラを使用するとさらに安心

アルソックでは詳しい金額やシステムやカメラ導入時の詳しい流れについてなど、目的に応じて資料請求ができます。ホームページ、もしくはフリーダイヤルにて問い合わせて、詳しいお話を聞いてみましょう。

以上、アルソックの防犯カメラについてでした。
皆様も是非一度、オリジナルの、安心安全な快適空間をつくってみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。