屋外にワイヤレスのWifi防犯カメラの設置は危険?

 近年、防犯カメラを家の屋外に設置するケース等もセキュリティ対策の一環としてますます一般的になってきています。その際に気になるのはどんなタイプの防犯カメラを設置すればいいのかということではないでしょうか。一般的な防犯カメラはケーブルを利用した有線タイプの防犯カメラ出はありますが、設置が有線タイプより楽なこともありWifiタイプの防犯カメラの導入を考えている人も多いのではないでしょうか?
 ここではWifiタイプの防犯カメラを屋外に設置するケースについて注意するべきことなどを紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

屋外用Wifi防犯カメラとは

  Wifiケーブルを使う代わりに無線LAN等を利用して映像の送受信を行うタイプの防犯カメラで且つ屋外対応のものを指します。他にも無線防犯カメラとも呼ばれています。以下にWifiタイプの防犯カメラの特徴について紹介します。

メリット①Wifiタイプの防犯カメラは設置が容易且つ工事が不要な場合もある

 有線タイプの防犯カメラはケーブルを配置するためのスペースなどが必要になるため、ケーブルを通すための配線工事なども必要になります。一方で、ワイヤレスタイプの防犯カメラの場合はケーブルが必要ではないため、配線工事が不要というメリットがあります。ワイヤレスのWifiタイプの防犯カメラの場合はカメラの設置場所を変更したい場合や、カメラを増設したい場合も、変更を自力で行うことが出来ると言うメリットもあります。

メリット②Wifiタイプの防犯カメラは設置に必要なスペースが小さくて済む

 ワイヤレスのWifiタイプの防犯カメラの場合は電源が必要になるのはカメラの周囲だけになるため、有線タイプの防犯カメラと比べると大幅に要するスペースを少なくすることが出来ます。場所を取らなくて済むうえに設置も有線タイプの防犯カメラよりも簡単なのは嬉しいポイントです。

メリット③Wifiタイプの防犯カメラはケーブルの配線を考えずに済む

 有線タイプの防犯カメラと違って、ケーブルがないので、ケーブルを切断されて映像が送られなくなってしまうと言う危険性がないのはワイヤレスタイプの防犯カメラの強みの一つです。ケーブルが必要ないため、配線工事をして壁に穴等をあけずにして設置できるという点も人気のある理由の1つです。

④Wifiタイプの防犯カメラは低コストで設置できることも!

 最近ではネットショップなどにも格安のワイヤレスタイプの防犯カメラが売られているため、かなり低コストで導入することも可能になりました。あまり画質などを気にせず、防犯カメラが見張ってるということで犯罪をしにくくなるという予防効果を狙う場合にはこうした低価格の防犯カメラを使うのもありです。

デメリット①ワイヤレスタイプの防犯カメラでは映像にノイズが発生する可能性がある
 ワイヤレスタイプの防犯カメラは電波を送信して映像を送るため、電波がしっかりと送信されないと画像の質が悪くなってしまう可能性があるという弱点があります。障害物に電波がさえぎられる以外にも他の家電製品の電波に影響されてノイズが発生する可能性もあります。

デメリット②ワイヤレスタイプの防犯カメラでは送信する映像の容量に制限が出てしまう可能性も

 電波で送る情報量にはどうしても容量の限外もあるため、解析度の高い大容量のデータを送信するには向いていないという弱点ががあります。あまり画質が悪いと解決することもしなくなってしまうので、本末転倒になってしまうことも。
 

デメリット③ワイヤレスタイプの防犯カメラを使用すると映像を傍受される可能性がある

 ワイヤレスタイプの防犯カメラでは映像を電波に変換して映像機器にデータを送信するため、内容によっては送信途中で第三者に傍受され、映像を傍受されると言う可能性がゼロではありません。防犯カメラの設置場所によっては第三者に映像を見られてしまう可能性があるので、セキュリティーが筒抜けになってしまうという可能性もありますので、セキュリティ設定には慎重になる必要があります。

屋外にwifi防犯カメラを設置したい人のよくある理由

 有線の防犯カメラを導入する場合は配線工事などが必要になったり、家の壁に穴をあける必要が出てくる場合があり、それを避けるためにWifiタイプの防犯カメラを設置したいと考える人が多いです。また、有線の場合はケーブルを切断されてしまうと、映像が送信されなくなってしまうので、それだと困るのでWifiタイプのものを利用したいと思う方や、なんとなく今どきな感じがするからと言った理由も多くあります。

屋外にwifi防犯カメラを置くのは危険もある?危険について解説

 前にあったような理由でWifiタイプの防犯カメラを導入したいと考える人も多いのですがWifiの防犯カメラには様々な危険性もあります。

閲覧サイトを通して映像が流出する可能性もある?

 2014年ごろから存在するロシアのInsecam(インせカム)防犯カメラの閲覧サイトによって、防犯カメラ・監視カメラの映像が生配信されるという出来事があり、2016年の1月ごろには日本でも一時期問題になりました。しっかりとセキュリティ設定をしておらず、工場から出荷された時のままのパスワードになっていた防犯カメラの映像がこの閲覧サイトで生配信されてしまったという事件でした。
 この時、日本に設置されている防犯カメラだけでも4300件のものが見られるようになっていたのです。一番多いのはアメリカの防犯カメラで多い時で8000件を超えていました。今でもこの閲覧サイトは存在しており2020年の4月でも約1250件の日本の防犯カメラの映像が世界中から閲覧可能な状態になっています。
 この閲覧サイト自体はセキュリティの甘い防犯カメラの映像を世界に生配信して困らせようと言う目的で作られたわけではなく、むしろセキュリティ対策をしっかりしないと簡単に防犯カメラの映像は盗まれてしまうから注意しないといけないよという警告をするためのものだったのですが、セキュリティ設定をしっかりとしないと、防犯カメラの映像が覗き見される危険性はあります。

Wifiジャマーという装置を使われてしまえば、防犯カメラの映像が中断される

 世の中にはジャミング装置(電波妨害装置)という秋葉原などでも簡単に手に入る装置があり、一般的には企業などが試験の際に不正を防ぐために使う装置なのですが、Wifiタイプの防犯カメラのWifiにも影響を与えることが出来るため、Wifiタイプの防犯カメラの情報を送受信を妨害することも可能にしてしまうのです。
 防犯カメラの仕組みなどにも精通しているような泥棒であれば、この装置を用いてWifiやBluetoothを無効にして、犯行に及ぶ可能性があるので、そうなると防犯カメラの映像は何も残らないことになってしまいます。これは違法行為なのですが、実際にこの装置自体は1から5万円位で買えてしまうものなのです。

壊れた時にどこが壊れたのかわかりにくいこともある

 ネットショップなどで買える格安タイプの防犯カメラだと壊れた時に何が原因かわかりにくいと言う問題があります。 

屋外にwifi防犯カメラを設置するのが向いている場合

 公道を挟んで反対側に防犯カメラを設置したい場合や河川の反対側にあるものに設置したい場合などは配線が不可能なのでWifiタイプの防犯カメラを設置することになります。ただこうした特殊なケースではない限り、防犯カメラの業者は有線タイプの防犯カメラを勧めることが多いです。

屋外にWifiタイプの防犯カメラを設置する場合に気を付けるべきこと

 これはWifiタイプだけではなく屋外に防犯カメラを設置する場合はどんなタイプのカメラでも重要になることでもありますが、以下のような注意が必要です。
 

防水防塵タイプのカメラを選ぼう

 屋外にWifiタイプの防犯カメラを設置する場合には防塵防水IP66のアイテムを必ず選ぶようにしましょう。外に置くのでもちろん雨や埃に強いタイプの方が壊れにくく、屋外の撮影には向いています。
 IP企画とは国際電気標準化会議にて定められた規格です。日本工業規格でも採用されている電子機器の防水・防塵の規格で、IP00からIP68まであり、10の位が防塵、1の位が防水機能を示しています。数字が大きければ大きいほど防塵・防水機能が強いという表示で、屋外に設置する防犯カメラとしてはIP66以上のものを選ぶようにしましょう。せっかく置いたカメラが壊れて利用不可能になっては困りますよね。

防犯カメラで撮影していますよということを知らせるステッカーをわかりやすい場所に貼ろう

 防犯カメラでの撮影をするということは被撮影者のプライバシーを侵害してしまう可能性があるため、「防犯カメラ設置しています」、「防犯カメラ作動中」などの防犯カメラで撮影しているということを告知するためのステッカーを貼るようにしましょう。あとでご近所トラブルになるのを防ぐことが出来ます。こうした告知するステッカーを貼ることで、侵入を考えていた人を威嚇する効果もあるので防犯の観点からも役に立ちます。

屋外にwifiタイプの防犯カメラの設置まとめ

 Wifiタイプの防犯カメラは手軽さはある半面でいくつかのデメリットも存在します。業者の方に相談すると有線の防犯カメラの設置も請け負う業者の場合はかなり有線の防犯カメラを勧められる可能性も高いです。メリットもデメリットも考慮したうえで、目的と用途、場合によっては予算なども考慮したうえでベストな防犯カメラを設置しましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。