監視や見守りに最適!使い道いろいろ!会話ができるカメラ

最近の見守りカメラは会話ができることを知っていますか。
高齢者の方やお子さん、ペットの見守りや自宅の監視など、見守りカメラの使い道はさまざまです。
今回は、会話ができる見守りカメラについてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

会話ができる見守りカメラとは

会話ができる見守りカメラには、マイク・スピーカーが搭載されています。
マイク・スピーカーが搭載されている見守りカメラをネットワークに接続することで、手元にあるスマートフォンやタブレット端末、パソコンとの会話を可能にします。

見守りカメラに会話機能が搭載されていれば、遠く離れた場所に住んでいても、外出中でも、いつでも・どこでも好きなタイミングで会話を楽しむことができます。
一人で自宅にいる高齢者の方やお子さん、留守番中のペット、見守りをするご家族もみんなが安心できるアイテムであるといえます。

見守りカメラに搭載されたマイクやスピーカーは、スマートフォンやタブレット端末に搭載されている通話機能ほどの性能は持ち合わせていません。
そのため、ほとんどがトランシーバーのように交互に会話をする程度の機能になっており、スムーズな会話を行うことは難しいといえます。
見守りカメラを通して会話を行う際は、遠くに離れて暮らしている高齢者の方への声がけや、外出中に留守番しているペットへの声がけなど、短い会話に留めるようにしましょう。

また、見守りカメラの中には、スピーカーのみ搭載されているタイプもあります。
スピーカーのみが搭載されている見守りカメラは、カメラ側から会話をすることはできません。
スマートフォンやタブレット端末側からの一方的な声がけになるため、購入前にマイクとスピーカーが両方搭載されているのか、スピーカーだけの搭載なのか事前に確認しておくことが大切です。

会話機能が搭載されていない見守りカメラでも、初期設定時に声をかける言葉を登録・設定しておくことで、自動で音声として声がけを行ってくれるタイプもあります。
搭載されている機能は見守りカメラによってさまざまなので、用途にあった機能が搭載されている見守りカメラを選ぶようにしましょう。

見守りにおすすめの会話できるカメラ

ここでは、会話ができる見守りカメラのおすすめを、数ある商品の中からご紹介します。

おすすめの会話ができる見守りカメラ一つめは、自動追跡&パンチルトカメラ(SC-LC52)です。
自動追跡&パンチルトカメラは楽天市場の複数部門でランキング1位を獲得している人気の商品です。
離れていてもカメラ側・スマートフォンなどの端末側双方向から会話ができる機能を搭載していて、カメラを設置するだけで離れた場所から自宅にいるお子さんやペットに話かけることができます。

音声付きの録画機能も搭載さているため、会話機能を通して会話した内容はもちろん、自宅でのお子さんやペットの様子を音声つきで確認することが可能です。

会話機能・音声付き録画機能のほかにも、見守りカメラが動きを検知するとスマートフォンに自動で通知してくれる動体検知機能や、スマートフォンから遠隔操作でカメラの向きを切り替えることができるパンチルト機能、夜間などの暗い部屋でも鮮明に撮影することができる明暗センサーの搭載、周囲の明るさを自動認識して昼間・夜間モードに切り替えてくれる自動認識切り替え機能など、さまざまな機能が搭載されています。

おすすめの会話ができる見守りカメラ二つめは、据え置きパンダ型カメラ(SEC-003)です。
据え置きパンダ型カメラは商品名の通り、パンダをモチーフにした見た目が可愛い見守りカメラです。
マイク・スピーカーが見守りカメラに搭載されており、見守りカメラ側・スマートフォンなどの端末側双方向から会話をすることができます。
見守りカメラに通知ボタンがあり、通話ボタンを押すと会話ができる仕組みです。

会話機能のほか、日中はカラー映像・夜間は白黒映像で録画を行う暗視機能や、人や動物の動きを検知し登録したスマートフォンなどの端末にアラームメッセージを通知する高知能モーションセンサーを内蔵した動体検知機能、最大距離10mの撮影が可能な広範囲撮影機能など、見守りカメラに必要な機能が搭載されています。
パンダをモチーフにした可愛い見た目なので、見守りカメラを設置するのに見た目もこだわりたいと思っている方にもおすすめです。

おすすめの会話ができる見守りカメラ三つめは、据え置き型見守りカメラ(SEC-001)です。
据え置き型見守りカメラにもマイク・スピーカーが内蔵されていて、Wi-Fiに接続することでカメラ側・スマートフォンなどの端末側双方向から会話することが可能になります。
また、据え置き型見守りカメラは自宅だけにとどまらずスーパーマーケットやショップ、オフィスなど多くの場所で使用されています。

会話機能のほか、スマートフォンでの遠隔操作機能や、監視エリアで動体を検知すると自動で録画を開始し、警告通知をオンにすればスマートフォンにアラーム通知をしてくれる動体検知機能、355°のパノラマ撮影やディスプレイで角度操作を行える機能など、多くの機能が搭載されています。

おすすめの会話ができる見守りカメラ四つめは、「+Style ORIGINAL」です。
「+Style ORIGINAL」もまた、双方向での会話が行える見守りカメラの一つです。
リアルタイムで自宅を見守ることができ、常時録画にも対応しています。

スマートフォンでダウンロードできる「+Style」というアプリを通じて、家の中や外出先から、リアルタイムに映像や音で見守りカメラを設置した自宅の様子を確認することができます。
本体にmicroSDカードを差し込めば、映像・音を自動で録画してくれます。
置き型・巻きつけ型・壁面型と、設置は3WAY対応しており、設置場所を選ばない便利な見守りカメラです。

おすすめの会話ができる見守りカメラ五つめは、「I-O DATAネットワークカメラ」です。
「I-O DATAネットワークカメラ」はマイク・スピーカーを搭載したネットワークカメラで、microSDカードへの録画機能も搭載されています。

外出先からでもカメラ越しに会話ができる会話機能に加え、100万画素・HD画質で鮮明な映像を映し出すことができ、薄暗い部屋の様子も確認することができる暗視機能、映像の変化を検知してメール通知をしてくれる動体検知機能と、必要な機能はすべて揃っています。
初期設定は専用のスマートフォンアプリで簡単に行えるため、機械の設定や操作が苦手な方も安心して利用することができます。

各ネットショップなどで人気の会話ができる見守りカメラのほとんどは、カメラ側・スマートフォンなどの端末側双方向からの会話ができる見守りカメラです。
会話機能のついた見守りカメラは、外出先からいつでも・どこでも、見守りや監視だけでなく会話をすることでコミュニケーションが取れる魅力的なアイテムといえます。

会話ができる見守りカメラを設置するときのポイント

見守りカメラの設置方法はさまざまです。
例えば、できる限り死角をなくして広い範囲を撮影するために天井に設置することのできる見守りカメラや、テレビ台や収納棚の上に置く据え置き型の見守りカメラなどがあります。

会話ができる見守りカメラを設置するときは、できるだけ据え置き型の見守りカメラを選ぶようにしましょう。
天井に設置するタイプの見守りカメラでは、会話をする位置と見守りカメラの位置が遠くなり、会話をすること自体が難しくなり、会話の内容が聞き取れない、ノイズが入ってしまう可能性があるなどの問題点が挙げられます。

テレビ台や収納棚の上に据え置き型の見守りカメラを設置すれば、座ったときに目線の位置にくる場所に見守りカメラが設置されているだけ、双方向の会話もスムーズに行えます。
テレビ台や収納棚に置くと邪魔になる、という場合はできるだけ小型の見守りカメラを選ぶようにすれば良いでしょう。

用途は見守りだけじゃない!会話できるカメラ

今や、見守りカメラは見守りや監視のための目的だけに使われているわけではありません。
会話ができる見守りカメラであれば、一方的に見守り・監視をおこなうだけでなく、双方向で会話をすることができ、コミュニケーションを取ることができます。

留守番中のお子さんやペットに話しかけたり、遠く離れた場所に暮らす高齢者の方と会話を楽しんだり、普段なかなか時間が取れない忙しい方でも、いつでも・どこでも会話を楽しむことができます。

お子さんやペット、高齢者の方の寂しさも減り、様子を確認するだけでなく、会話を行うことで見守りを行う側には安心感も生まれます。

まとめ

会話ができる見守りカメラは、見守りや監視といった、従来の見守りカメラとしての役割だけでなく、外出先などいつでも・どこでも、見守りカメラを設置した自宅にいるお子さんやペット、高齢者の方とコミュニケーションを取ることができる便利なアイテムです。

会話ができる見守りカメラには、双方向から会話ができるもの、スマートフォンなどの端末側からのみ会話ができるもの、マイク・スピーカーが搭載されていない見守りカメラでも事前に音声を設定しておくことで声がけをしてくれるものなどさまざまです。
会話ができる見守りカメラの中で人気なのは、双方向から会話ができるタイプです。
お互いに会話をしてコミュニケーションを取りたい場合は、双方向の会話機能が搭載されている見守りカメラを選ぶようにしましょう。

また、会話機能のついた見守りカメラを設置するときは、設置場所にも注意が必要です。
見守りカメラ側から会話をする人は、カメラの近くで声を発しなければ、会話の内容がうまく伝わらなかったり、ノイズが入ってしまう可能性があります。
見守りカメラで会話を行う場合は、天井などの離れた場所に設置するタイプではなく、テレビ台や収納棚の上などに設置できる、据え置き型の見守りカメラを選ぶようにしましょう。

会話機能のついた見守りカメラを設置することで、お子さんやペット、高齢者の方の寂しさも減り、様子を確認するだけでなく、会話を行うことで見守りを行う側は安心を得ることができます。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。