ペット見守りカメラは本当に役立つ?売れ筋や選ぶポイント

外出先でもペットの様子を確認できる見守りカメラの人気が高まっています。
仕事やプライベートの用事で外出が多いと、ペットはその間自宅でお留守番する時間が長くなります。
「ちゃんとお留守番できているかな」「寂しがってないかな」「何かトラブルが起こったりしていないかな」など、不安なことも多いのではないでしょうか。
そんな悩みを抱えた人の多くが、自宅にペット用の見守りカメラを設置しています。

今回は、ペット用の見守りカメラについて、売れ筋や価格比較、選ぶポイントについてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

ペット見守りカメラは役に立つ?

ペット用の見守りカメラを自宅に設置することで得られる一番のものは、「安心感」ではないでしょうか。
ペットだけではなく、子どもや高齢者、防犯などの目的においてもインターネット接続のできる見守りカメラの需要が高まっています。
需要の高まりから、画質や機能・性能、価格帯まで幅広い商品がさまざまなメーカーが見守りカメラを販売しています。

見守りカメラを設置すれば、いつでもどこでも、気軽に自宅の様子を確認することができます。
見守りカメラのタイプによっては、動きや音、湿度や温度の変化をセンサーが感知すると、手元のスマートフォンやタブレットに通知を送ってくれるものや、マイク・スピーカーが搭載されていて、自宅にいるペットに声を掛けられるものもあります。

日中の明るい時間帯はもちろん、ナイトモード機能が搭載されている見守りカメラであれば夜間の暗い時間帯の映像も鮮明に確認することができ、ペットを自宅にお留守番させている人にとっては、何かあれば通知が届き、気軽に外出先から声をかけたり、日中・夜間問わずペットを確認することができるため、非常に便利なアイテムであるといえます。

ペット用の見守りカメラがあれば、急な残業や飲み会など、予定より帰宅時間が遅くなりそうでも、すぐにペットの様子を確認できるため、それほど心配になることはありません。
ペットの見守りに役立つことはもちろん、万一不審者の侵入や窃盗などが起こった際でも、見守りカメラを設置しておけば、防犯面でも役立つでしょう。

ペット見守りカメラの売れ筋は

ペット用の見守りカメラは、種類が多すぎてどれを選べば良いのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。
ここでは、ペット用見守りカメラの売れ筋商品をご紹介します。

ペット用見守りカメラの売れ筋商品1位は、YATWINのネットワークカメラです。
YATWINのネットワークカメラには遠隔監視機能が搭載されていて、いつでもどこでもカメラに録画された映像や、リアルタイムの映像を確認することができます。
Alexaデバイスと連動すれば音声機能を利用することもできるため、留守番中のペットに話しかけることも可能です。

カメラ撮影の範囲は水平方向に350°、垂直方向に100°となっており、近赤外線を応用したナイトモード機能も搭載されているため、夜間の暗い時間帯であっても10メートル以上の範囲で鮮明な映像を撮影することができます。
撮影範囲内で動きがあった場合は、センサーが感知し即座に専用アプリを介して通知を行います。
ペット用の見守りカメラとしてはもちろん、防犯対策・自宅の見守りカメラとしても役立ちます。

ペット用見守りカメラの売れ筋ランキング2位は、COOAUのネットワークカメラです。
COOAUのネットワークカメラは300万画素の高画質で映像を確認することができ、水平方向に350°、垂直方向に100°回転する機能も搭載しているため、非常に広範囲で自宅の撮影を行うことが可能です。

カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵しているため、映像だけでなく音声もあわせて確認することができ、外出先のスマートフォン・自宅に設置された見守りカメラ双方から会話をすることができます。
暗視撮影機能は、明るい日中と暗い夜間を自動で感知して切り替えを行ってくれるため、明るい時間帯・暗い時間帯どちらの映像も鮮明に映し出してくれます。

最近は検知機能のアップグレードや自動追尾機能が追加され、音・顔・動体検知で異常が検知されると即座にアラーム警報が起動し、手元のスマートフォンにお知らせします。
自動追尾機能では、動きまわるペットの様子も見守りカメラが自動で角度調整を行ってくれるため、見切れることなく映像を確認することができます。
動きまわるペットや赤ちゃん、防犯・監視対策としても人気の売れ筋商品です。

ペット用見守りカメラの売れ筋ランキング3位は、ieGeekのネットワークカメラです。
最近Wi-Fi強化改良版としてリニューアルされており、インターネット接続の不安定さが解消されました。
ieGeekのネットワークカメラはスマートフォンでの8倍デジタルズーム機能に対応しており、撮影された映像をより細部まで確認することができます。
見守りカメラの真後ろ以外はほとんどカバーできてしまうほどの広範囲を撮影できるため、
死角もほとんどありません。

ほかの見守りカメラ同様、遠隔監視機能や動体検知、音声機能・暗視機能がついていることはもちろん、コンパクトなデザインで机に置いて使えるサイズになっています。
検知した映像はMicroSDカードが専用のクラウドサーバーに録画・保存ができるため、いつでも過去の映像を確認することができます。

ペット見守りカメラの価格比較

ペット用見守りカメラの価格は、安いもので5,000円程度、高いもので10,000円以上のものまで、商品によって幅の広い価格帯になっています。

例えば、楽天市場の部門別でランキング1位になっている自動追跡&パンチルトカメラ(SC-LC52)は、5,831円で販売されています。
スマートフォンアプリを使用しての簡単セットアップや遠隔操作機能・映像確認機能、動体検知機能および検知通知、双方向から会話可能な音声機能、暗視機能、MicroSDカードやクラウド上への録画映像保存機能と、ペット用の見守りカメラに必要な機能はすべてそろっている商品です。

Amazonで販売されている人気のネットワークカメラMCNote Seeは3,999円で販売されています。
MCNote Seeは300万画素と2Kの画質を出力することができる見守りカメラで、200万画素が多い見守りカメラと比べると、優れた画質の商品です。

モバイルを利用したリアルタイムの監視機能、音声・動体検知機能、動体検知による警告メッセージ通知機能、MicroSDカードへの録画映像保存機能と、こちらの商品もペット用の見守りカメラとしての機能は十分備わっているといえます。

Yahoo!ショッピングで販売されている、人気キャラクター「ミニオン」デザインのペット用見守りカメラminions Flexi Camは、6,578円で販売されています。
可愛いキャラクターデザインだけではなく、見守りカメラとしての機能もしっかりしています。

自宅に設置することでスマートフォンやタブレットから自宅の様子を24時間確認することができます。
一般的なモニタリングカメラの画質に比べ、ハイビジョンの高画質を搭載しており、見た目でもわかるほどキレイな映像を確認することが可能です。

マイク機能も搭載しているため、自宅にある見守りカメラ・手元にあるスマートフォン双方からテレビ電話のように会話することができます。
さらに、見守りカメラ側からはキャラクターの声を発生することもでき、スマートフォン側からは声を変換することが可能です。
動体検知および検知したときの通知機能、赤外線による暗視機能も搭載されており、ペット用の見守りカメラとしての機能がしっかりと揃っています。

このように、ペット用見守りカメラの価格帯は幅広いですが、各大手ショップで販売されランキング上位の商品は4,000円~6,000円程度の価格でした。
搭載されている機能や重視するポイント、予算などを考えて選ぶと良いでしょう。

ペット見守りカメラを選ぶポイント

ここでは、ペット用の見守りカメラを選ぶときのポイントについてご紹介します。

まず、ペット用の見守りカメラを選ぶときは撮影範囲の広さを確認しましょう。
見守りカメラによって撮影が可能な範囲は異なりますが、できるだけ撮影範囲の広いものを選ぶことをおすすめします。
撮影する対象がペットの場合、ペットは同じ場所に居座り続けることはありません。
首振り機能が搭載されていて広範囲の撮影が可能であれば、動きまわるペットを見切れることなく確認することができます。

次に、ペット用の見守りカメラを選ぶときは赤外線センサーなどの暗視機能が搭載されているかを確認しましょう。
ペットが留守番をしているのは、日中だけではないことがほとんどではないでしょうか。
例えば仕事が長引いて残業になってしまったり、急な飲み会に行くことになってしまったりと、帰りの時間が遅くなってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、暗視機能の搭載された見守りカメラであれば夜間の暗い部屋での撮影も鮮明な映像でペットを確認することができます。
ペットを留守番させる時間が長時間に及ぶ、夕方~夜の時間帯に留守番させることが多い場合は、暗視機能の搭載された見守りカメラを購入することをおすすめします。

また、ペット用の見守りカメラを選ぶときは外出先からでもコミュニケーションが取れる音声機能が搭載されているか、エサやり機能が搭載されているかなどもポイントの一つです。

音声機能の搭載された見守りカメラであれば、外出先からペットに声をかけることができます。
双方向にマイク・スピーカーが搭載されていれば、ペットが留守番している自宅の音声も確認することができます。
外出先からもペットとコミュニケーションを取りたい、ペットに寂しい思いをさせたくないと考える人は、音声機能の搭載された見守りカメラを選ぶと良いでしょう。

スマートフォン操作でペットにエサを与えるエサやり機能がついた見守りカメラもあります。
仕事で丸一日家を空けることが多く、ペットにエサをやれない人であればこの機能は必須といえるでしょう。
エサやり機能は、決まった時間に決まった量をペットに与えることができます。

まとめ

ペットを自宅に留守番させることが多い人にとって、ペット用の見守りカメラは非常に役立つアイテムです。
外出先からでも、気軽に自宅にいるペットの様子を確認することができます。

ペット用の見守りカメラは、商品の種類が多く、搭載されている機能・性能、価格帯もさまざまです。
必要な機能や性能が搭載されているかを事前に確認し、用途にあったペット用見守りカメラを購入することをおすすめします。

見守りの最新記事8件

  • 自宅用監視カメラは機能性と利用用途から考えよう

    今や日々の生活で欠かせなくなった監視カメラ。街角や駅などの公共場所や屋外や店舗内でもダミーを含めた設置されていない場所はないほどです。今回は 自宅用監視カメラのご紹介をしていきます。 おすすめの見守りサービス

  • 忙しい時の救世主!子供の見守りにおすすめのカメラの紹介

    赤ちゃんを育てるお母さん達は赤ちゃんが様子を見ながら家事をしたり自分の時間を確保しなければなりません。そんな多忙のお母さんにおすすめなのか見守りカメラではないでしょうか。見守りカメラがあれば離れた場所から寝ている赤ちゃんの様子をモニターを通して確認することが可能です。この見守りカメラは子供や高齢者の安否確認設置しやすく扱いやすい商品などもありますのでこちらの方でご紹介をさせていただきたいと思います…

  • 高齢者の食事で気をつけることは何か?

    高齢者の方は加齢に伴い身体機能が低下してきます。そのために食事がうまく取れなくなり、食事量が徐々に減っていき食生活の影響を及ぼしてきます。まだ固いものが噛みにくくなるため、柔らかいものを好みます。こちらでは高齢者の食事で気をつける点を解説していきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 高齢者の介護の問題とは?解決策はあるの?

    親の介護を誰がどのように行うかによって問題やトラブルを抱えている家庭もあるのではないでしょうか?介護は現代の日本社会が抱える大きな課題です。個々の家庭においても在宅でケアするもしくは施設に入居をさせるかなど、一つ一つの決断を待ったなしでくだしてく必要があります。親にとっても自分たち家族にとってもベストの選択するため、介護における問題点をきちんと把握していくのが良いかと思います。こちらでは高齢者の介…

  • 孤独死しない為のおすすめ対策とは?

    少子高齢化が進む中、シニアが老後を楽しくいきいきと過ごせるよう、福祉サービスやシニア向け市場が充実してきています。その一方、1人暮らしで寂しく孤独死を迎えてしまう高齢者も増えているというのが現状です。「いつか私も孤独死するのでは?」そのような不安を抱えている人は、できるだけ早く「孤独死対策」に取り組んで下さい。こちらでは、おすすめの孤独死対策についてこちらで解説をさせていただいています。あなたのラ…

  • カメラ付き玄関チャイムと監視カメラを設置して防犯対策強化を

    最近の玄関チャイムはカメラ付きのタイプが一般的ですが、チャイムの映像を見られる場所は限られています。2階でパソコンを使っている時に1回のチャイムを確認するのは面倒です。であれば、カメラを追加して場所を選ばず玄関先をチェックできるようにしてはいかがでしょうか。今回は玄関に設置する監視カメラについてご紹介の方をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 狙われる監視カメラ見れるサイトが存在する?

    インターネットを介したビデオ通話、防犯カメラ、育児やペットの見守りカメラ、まだスマホにもほぼ全てカメラが搭載されるようになっているなどの、 Web カメラは私たちの生活に非常に身近なものとなっていますが、その反面ハッキングされて生活を覗き見られるなどの事例も発生しています。そして今は監視カメラを覗き見できるサイトも存在します。ウェブカメラのハッキング問題を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょう…

  • 家庭用の監視カメラ初心者から高性能なものを紹介

    毎日のようにニュースで目にする凶悪な犯罪、大切な自宅にそのような日が日が降りかからないとは限らないかと思います。このように起こりうる危険を未然に防ぐためにも万全な方法セキュリティは欠かせません。 目で見て確認できるだけではなく証拠として残すこともできる優れものとなっています。移籍すること自体は威嚇となっており不審者をを侵入させづらくする防犯効果も期待できるのです。これまで会社や店舗で設置されること…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。