wifi見守りカメラの人気商品は?購入するときのポイントや設置方法

見守りカメラは、wifiでインターネット接続することで見守りカメラで撮影した内容をスマートフォンやタブレットで確認したり、見守りカメラから通知を受け取ったりすることができます。
wifiを利用した見守りカメラはインターネット接続が簡単に行えるため、人気の商品です。

今回は、wifi見守りカメラの人気商品や、購入するときのポイント、wifi見守りカメラの設置方法についてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

wifi見守りカメラで人気のペットカメラ

wifiに接続して利用する見守りカメラとして人気なのが、「ペットカメラ(SC-LC52-b)」です。
ネット通販大手である楽天市場では、ベビーモニター部門で堂々のランキング1位の商品となっています。
外出先でもスマートフォンでかんたんに留守番中の大切なペットの様子を確認することができます。

カメラが水平・垂直に回転するため、人やペットの動きを検知して自動追跡してくれます。
家族やペットはもちろん、不審者の侵入があった場合も自動追跡機能で証拠を残してくれるため、家庭用はもちろん企業の事務所におけるセキュリティ対策にもおすすめです。

設置したカメラは、スマートフォンで簡単に操作することができ、リアルタイムで映像を確認することができます。
スマートフォンで操作するためには、専用のアプリをダウンロードする必要があります。
アプリダウンロード後、簡単な初期設定を行えば、wifiを接続した環境でカメラの設定が行えます。
例えば、スマートフォン画面上で操作をすると自宅にあるカメラが上下左右に首振りし、部屋の中の見たい場所を自由に確認することができます。
また、カメラに映った映像に動きを検知すると、スマートフォンに通知が届く仕組みです。

動体検知した際の映像も、MicroSDカードまたはクラウド上に保存することでしっかりと記録することができます。
MicroSDカードへの保存なら、最大128GBに対応しています。
クラウド録画を利用すれば、録画装置不要で録画した映像の管理や、映像の再生を行うことができます。
録画映像を保存するサーバーは日本国内のサーバーを利用しているため、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

画質は265万画素となっており、従来の見守りカメラと比べると高画質であるといえます。
夜間などの暗闇でも鮮明な録画が可能で、明るさを探知して自動でナイトモードに切り替えます。
双方向から会話ができるスピーカー・マイクも搭載されているため、外出先からペットに話しかけることも可能です。

「ペットカメラ(SC-LC52-b)」の設置は置くだけでカメラとして機能しますが、付属器具を利用して天井に設置することもできます。
天井設置であれば、部屋全体を監視することも可能です。

iPhone・Androidどちらのスマートフォンにも対応しており、最大3年の保証制度もあるため、安心して利用できる点も人気商品である理由の一つです。

子どもやペットも安心のwifi見守りカメラ

wifiに接続することで利用できるカメラを設置することで、小さな子どもや赤ちゃんのいる家庭や、ペットを飼う家庭は安心感を得ることができます。

設置するときの注意点として、物心のついた子どもがいる場合は、設置する目的を説明して理解してもらうことが大切です。
外出先などの離れた場所であっても、見守りカメラを利用していつでも自宅の様子が見られるようになっていることを説明しましょう。

見守りカメラを設置しておくことで、外出していても子どもが帰宅したことを通知で受け取ることができます。
例えば、ベビーシッターなどの赤ちゃんの世話をお願いするときなども便利なアイテムでしょう。
赤ちゃんのお世話は信頼のおけるベビーシッターに頼むのが前提ですが、見守りカメラを設置しておくことでより安心感が増します。

ペットを飼っている家庭では、ペットだけで留守番する機会も多いでしょう。
そんなときにも、見守りカメラは役立ちます。
手持ちのスマートフォンを利用してリアルタイムで自宅の様子を確認することはもちろん、スピーカーやマイクが搭載された見守りカメラであれば、外出先からペットに声をかけることも可能です。

見守りカメラを設置することで、さまざまな場面において安心感を得ることができます。
見守りカメラを初めて設置する場合は、wifi接続で簡単に利用できるものがおすすめです。

wifi見守りカメラを選ぶときのポイント

wifiで接続できる見守りカメラを選ぶときに確認するポイントとして、カメラの性能・動体検知の機能・会話ができる機能・カメラ自体の使い勝手の四つが挙げられます。

一つめのカメラの性能は、主にカメラが撮影できる範囲の広さ、明るい場所で撮影したときの画質の鮮明度、暗い場所で撮影したときの画質の鮮明度で確認することができます。
撮影できる範囲が広ければ広いほど、一台の見守りカメラ設置で撮影できる範囲、見守り・監視ができる範囲が広がります。
画質の鮮明度は、画素数が同様の見守りカメラでも商品によって鮮明度が若干異なります。
明るい場所の画質は良くても、ナイトモード機能がない見守りカメラは暗い場所の画質が大きく劣る可能性が高いので注意が必要です。

二つ目の動体機能の検知は、正しく動体検知が行われているか、動体検知による通知が行われるか、という点が重要なポイントです。
正しい動体検知がされないというのは、見守りカメラとしての性能が大きく劣るため注意が必要です。
通知が行われない商品も多くありますが、通知機能がある見守りカメラの場合は、動体検知してからどれくらいリアルタイムに近いタイムラグで通知が行われるのか、というのもポイントの一つとなります。

動体検知の性能が良いカメラの中には、動体検知をしてわずか3秒ほどで通知を行うものもあります。
通知された内容には、動体検知をした瞬間のスクリーンショットも添付されているため、すぐに見守りカメラの内容を確認することができます。

三つめの見守りカメラの確認するポイントは、会話ができる機能です。
見守りカメラの会話機能では、遠く離れた場所からでも問題なく会話が行えるか、出力される音量は大きすぎず・小さすぎず適切であるか、出力された音量が問題なく聞き取ることができる音質であるかが大切です。

会話できる機能が搭載された見守りカメラは、機能が良いものから悪いものまであります。
比較的性能が良い会話機能がついていても、スマートフォンなどの電話と比べると、スムーズに会話ができる見守りカメラはほとんどありません。
お互いに同時に話すことは難しく、音が届く速度やwifiによる通信状況の悪さから長時間の会話には適しません。
見守りカメラの会話機能は、あくまでも緊急時に呼びかける程度のものであると認識しておく必要があるでしょう。

四つめの見守りカメラの確認するべき点は、カメラ自体の使い勝手です。
見守りカメラの使い勝手とは、実際にカメラを使用するときや、購入後のセットアップのしやすさ、スマートフォンと連動したときのアプリの操作性、wifi設定や再接続のしやすさ、カメラに搭載された機能性や、通信するときの遅延があるかといった点が挙げられます。

中でも重要なのは、購入後のセットアップのしやすさと、wifiの設定・インターネット接続が切れてしまったときの再接続のしやすさであると言えます。
見守りカメラにはインターネット接続が必須となる商品が多く、インターネット接続がうまくいかないとカメラに問題があるのか、連動しているアプリに問題があるのか、自宅のwifiに問題があるのか、など何に問題があるのか解決するのに時間を要することになります。

中には購入後のセットアップだけに限らず、途中でカメラの電源を切ってしまうとまた接続設定をする必要がある商品もあります。
見守りカメラを選ぶときは、使い勝手のよさを事前に確認しておくことが大切です。

wifi見守りカメラの設置方法

ここでは、wifi見守りカメラの設置方法についてご紹介します。
wifi見守りカメラを設置するときに注意しておくべきポイントとして、部屋全体が見守りカメラから見渡せる場所に設置すること、コンセントなどの電源を必要とする見守りカメラの場合は、電源が近い場所に設置すること、wifi接続環境を安定させるために、できるだけルーターの近い場所に設置することが挙げられます。

見守りカメラを設置する場合、部屋全体を広範囲で映せる場所に設置するのがおすすめです。
見守りカメラの中には、付属部品を使用することで天井や壁など、高い位置に設置することができるものもあります。
置き型の見守りカメラの場合も、できるだけ死角ができないような位置に設置することが大切です。

wifi見守りカメラは無線LANでの接続になるため、自由な場所に設置することができます。
しかし、ある程度広い家に設置する場合、見守りカメラとルーターが離れた場所に設置されていると、wifi接続が不安定になる可能性も考えられます。
wifi接続が不安定になってしまうと見守りカメラの映像に不具合が生じてしまったり、通知などがうまくいかなくなってしまうこともあるため注意が必要です。

まとめ

数ある見守りカメラの中でも、wifi接続を行る見守りカメラは必要なインターネット接続が簡単に行えるため、人気の商品です。
wifi見守りカメラを設置しておくことで、小さな子どもがいたりペットを飼っている家庭でも安心して家を空けたり、お留守番をお願いすることができます。

wifi見守りカメラを購入するときは、事前にカメラの性能・動体検知の機能・会話ができる機能・カメラ自体の使い勝手などを確認しておくことが大切です。
wifi見守りカメラでは、インターネット接続が必須になります。
インターネット関連の知識が不安な方は、購入時のセットアップのしやすさや、見守りカメラ使用中の再接続の簡単さも確認しておくと良いでしょう。
また、用途によっては、あらかじめ必要な機能が搭載されている見守りカメラを確認しておくべきでしょう。

事前にwifi見守りカメラの性能や機能を確認しておくことで、使い勝手の良いwifi見守りカメラを手に入れることができます。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。