安心安全!IoTを活用した見守りサービスを徹底解説

IoTと活用した見守りサービスをご存じですか。
最近では、さまざまな企業がIoTを活用した見守りサービスを提供しています。

例えば、ハローライト株式会社が提供する「Hello Light」、京セラコミュニケーションシステムが提供する「VALUECARE」、富士通株式会社が提供する「高齢者見守りサービス」などが挙げられます。
これらのサービスは、IoTを活用することで、さまざまな場面で見守りをサポートしています。

今回は、IoT技術を活用した見守りサービスをご紹介します。

おすすめの見守りサービス

IoTを活用した見守りサービスとは

IoTを活用した見守りは、IoT技術を活用することで可能にしたサービスを提供しています。
ハローライト株式会社や京セラコミュニケーションシステム、富士通株式会社やパナソニックなどの企業が主にIoT技術を活用した介護見守りサービスを提供していますが、IoT技術を活用した介護見守りサービスを提供するのは、企業だけではありません。

例えば、福岡市では「IoTを活用した子ども見守り事業」を行っています。
子どもの安全確保のために、IoT技術を活用して従来の見守り活動を補完できる環境を補完しています。
IoT技術を活用するだけでなく、より地域と密着することで見守りのネットワークを強固にし、福岡市全体で子どものみまもりを強化しています。

福岡市の子ども見守り事業では、IoT技術を活かして作成した見守り端末機を、学校を通じ、小学生全員に配布しています。
見守り端末機に必要情報を登録すると、固定の基地局ポイントや見守りアプリに登録している人の近くを小学生が通過するだけで、その小学生の位置情報が登録されます。

例えば、行方不明などのトラブルが発生した際に、警察を通じて専用窓口から位置情報等を提供することでより迅速な捜索を実現可能にします。
小学生の保護者が子どもの位置情報を確認できる有料サービスも行っています。

GPS機能に似たシステムですが、GPSは「今、現在どこにいるか」を確認するものである一方、子ども見守り事業に使われる端末機は、基地局やアプリを登録している人の近くを通過したタイミングで、通過した位置情報と時刻を記録するものです。
GPSと比べると位置情報の精度も高く、電池交換も一年に一度程度です。

福岡市は、IoTを活用して作成した見守り端末機を小学生に持たせることで、子供の見守りに対する強化を実現しています。

電球一つで見守りできるIoT

IoT技術を活用して企業が提供する見守りサービスの一つとして、ハローライト株式会社の「Hello Light」があります。
「Hello Light」は史上もっともシンプルな見守り・防犯デバイスであると言われています。
また、LEDライトのオン・オフを通信で知らせることができる、世界初のIoT電球です。

「Hello Light」の特徴は、すべてにおいてシンプルであるという点です。
利用開始する際の工事は一切不要です。電源をとるためのコンセントや、インターネットに接続するためのWi-Fi環境も一切必要ありません。
電球を交換するだけで、すぐに利用開始することができます。

簡単な見守りの設定を行うことで、1日のあいだに点灯・消灯の動きがない場合、お知らせの通知が届くようにする期間検知設定があります。
また、簡単な防犯設定では点灯をすると電球からお知らせの通知を届けてくれる点灯検知設定があります。

例えば、トイレや廊下、階段の電球を「Hello Light」に変え、期間検知設定をするだけで、遠くに離れて住む、高齢者の方の見守り介護を行えます。
自宅から離れた倉庫やビニールハウス、納屋やガレージなどの電球を「Hello Light」に変え、点灯検知設定をすることで、防犯対策に役立ちます。
設置する場所、通知の設定を変えるだけで、さまざまな用途に活用できるシステムです。

「Hello Light」は、電球内にあるSIMカードが情報を発信するため、インターネットに接続するための特別な専用機器やWi-Fiの設定は一切不要です。
「Hello Light」の電球一つひとつに製造番号が割り振られているため、どの電球から発信された情報なのか簡単に判断することが可能になっています。

ハローライト株式会社の初期製品は、2015年の6月に製品が発表されました。
日本の少子高齢化を大きな課題ととらえ、自然で安価な見守りを検討した結果製品化されたサービスです。
2018年12月に、IoT向けの通信技術であるLow Power,Wide Areaと電球の一体化に成功し、あわせてクラウド技術を取り入れることで「Hello Light」が誕生しました。
コスト面でも、従来の10分の1になり、圧倒的な価格と利便性を実現しています。

ボタンとセンサーで見守りできるIoT

京セラコミュニケーションシステムが提供するIoTを活用した見守りサービスは、「VALUECARE」です。
「VALUECARE」はボタンのスイッチと感度変更ができる加速度センサーを使用することで見守り情報をLINEやメールに通知するシステムで見守りを行うサービスです。

「VALUECARE」のシステムは、高齢者の方がボタンを押して通知をする「能動的な見守り」と、通知の意識なく行うドアの開閉を感知して通知する「受動的な見守り」を使い分けることができます。
一定期間「能動的な見守り」「受動的な見守り」による感知が行われなかった場合も、自動で通知される仕組みです。
LINEやメールで通知される情報は共有することもでき、見守りサポートは高齢者の方以外にも利用することが可能です。

一人で暮らす高齢者の方の自宅には、Wi-Fiの接続やインターネット回線が未接続になっていることも少なくありません。
そのため、「VALUECARE」はWi-Fiやインターネット回線がなくても利用できる、電池式のボタンスイッチになっています。
さらに、電池持ちがよく通信料金も大幅に削減することができる「SIGFOX」を採用しています。

「VALUECARE」はボタンスイッチを設置するだけで、LINE通知が可能な管理システム上ですぐに利用を開始することができます。
利用時に故障などのトラブルがあれば、すぐに連絡できるカスタマーサポートセンターがあるため、安心して利用し続けることができるサービスです。

24時間、365日見守りできるIoT

パナソニックが提供する「みまもり安心サービス」は、IoTとAIを活用した見守り介護ロボットで、パナソニックが保有している高齢者支援についての幅広いノウハウを生かしたデータ分析型のケアマネジメント支援ツールです。

主に介護施設などに導入されているサービスで、「みまもり安心サービス」は入居する高齢者の方の活動状況を常時モニタリングし、睡眠リズムや生活リズムにいち早く気づけるようにサポートします。
現場のケア品質の向上と同時に、業務負担の軽減も行えます。

「みまもり安心サービス」は、24時間365日、高齢者の方の居室内を見守ることができます。
夜間などは介護スタッフが手薄な時間帯ですが、システムを活用することで手薄な時間帯の見守りをサポートすることが可能です。
結果、システムでの安否確認が行えるため介護スタッフの夜間巡視への負担軽減につながります。

また、「みまもり安心サービス」は高齢者の方の個別ケアの実現もサポートします。
システムを導入することで人の目だけでは把握や判断が難しい睡眠リズム状況も正しく把握することができ、それぞれの高齢者の方に寄り添った支援計画の立案ができます。
客観的なデータが見える化されるため、管理者や医療関係者などに対し、すぐに共有することができます。

「見守り安心サービス」は、カメラ機器を使用しない見守りサービスです。
すべてセンターを用いて活動状況を検知しており、表情や動きを映像で確認したり、音声を確認したりすることはないためプライバシーの面でも安心です。

サービス利用料も一室につき月額1,700円となっており、介護施設などは必要に応じて1部屋1台からの導入が可能です。
サービス導入後も、入居者や経営状況に応じて増設ができるようになっており、不要になった場合は取り外してほかの居室へ移設することができます。
初回の必要機材や工事費、初期設定費用を除いては月額利用料のみのため、コストパフォーマンスの面でも最適なサービスといえます。

まとめ

IoTの技術を活用した見守りサービスは年々増加しています。
各企業や自治体が提供する見守りサービスは、介護を必要とする高齢者の方やそのご家族、介護スタッフをはじめさまざまな人の見守りをサポートしています。

ハローライト株式会社が提供する「Hello Light」は、電球を変えるだけですぐに見守りサービスを利用することができます。
手間のかかる初期設定も必要なく、ネット環境も不要です。
期間検知設定・点灯検知設定を使い分けることで、さまざまな場面の見守りをサポートしてくれます。

京セラコミュニケーションシステムが提供する「VALUECARE」は、ボタンのスイッチと感度変更ができる加速度センサーを使用する見守りサービスです。
「能動的な見守り」「受動的な見守り」を感知すると、自動でLINEやメールに通知が届き、遠く離れた場所にいても見守りをすることができます。
Wi-Fiの接続やインターネット回線も必要ないため、インターネット環境のない高齢者の方の自宅でも安心して利用することが可能です。

パナソニックが提供する「みまもり安心サービス」は、IoT技術とAIを活用した見守り介護ロボットです。
主に介護施設などに導入するサービスで、「みまもり安心サービス」を導入すると、24時間365日休まず、介護施設に入居する高齢者の方を見守ることができます。
人の目では判断が難しい睡眠リズムの状況などもシステムが正確に把握してくれるため、高齢者の方を見守る機能だけでなく、高齢者の方の個別ケアの実現もサポートしてくれます。

カメラを使用せずセンサー感知のみで行う見守りサービスのため、高齢者の方のプライバシーを守るという面でも安心です。
サービス利用料も一定額のため、小さな介護施設から大きな介護施設まで、入居者の方の人数や経営状況に合わせて導入することができます。

IoT技術を活用した見守りサービスを提供しているのは、企業だけではありません。
福岡市をはじめとした自治体なども、独自にIoT技術を活用した見守りサービスを提供しています。
最新技術であるIoTを見守りサービスに活用することで、より強固な見守りサービスを提供することができるようになるといえるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者の介護の問題とは?解決策はあるの?

    親の介護を誰がどのように行うかによって問題やトラブルを抱えている家庭もあるのではないでしょうか?介護は現代の日本社会が抱える大きな課題です。個々の家庭においても在宅でケアするもしくは施設に入居をさせるかなど、一つ一つの決断を待ったなしでくだしてく必要があります。親にとっても自分たち家族にとってもベストの選択するため、介護における問題点をきちんと把握していくのが良いかと思います。こちらでは高齢者の介…

  • 孤独死しない為のおすすめ対策とは?

    少子高齢化が進む中、シニアが老後を楽しくいきいきと過ごせるよう、福祉サービスやシニア向け市場が充実してきています。その一方、1人暮らしで寂しく孤独死を迎えてしまう高齢者も増えているというのが現状です。「いつか私も孤独死するのでは?」そのような不安を抱えている人は、できるだけ早く「孤独死対策」に取り組んで下さい。こちらでは、おすすめの孤独死対策についてこちらで解説をさせていただいています。あなたのラ…

  • カメラ付き玄関チャイムと監視カメラを設置して防犯対策強化を

    最近の玄関チャイムはカメラ付きのタイプが一般的ですが、チャイムの映像を見られる場所は限られています。2階でパソコンを使っている時に1回のチャイムを確認するのは面倒です。であれば、カメラを追加して場所を選ばず玄関先をチェックできるようにしてはいかがでしょうか。今回は玄関に設置する監視カメラについてご紹介の方をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 狙われる監視カメラ見れるサイトが存在する?

    インターネットを介したビデオ通話、防犯カメラ、育児やペットの見守りカメラ、まだスマホにもほぼ全てカメラが搭載されるようになっているなどの、 Web カメラは私たちの生活に非常に身近なものとなっていますが、その反面ハッキングされて生活を覗き見られるなどの事例も発生しています。そして今は監視カメラを覗き見できるサイトも存在します。ウェブカメラのハッキング問題を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょう…

  • 家庭用の監視カメラ初心者から高性能なものを紹介

    毎日のようにニュースで目にする凶悪な犯罪、大切な自宅にそのような日が日が降りかからないとは限らないかと思います。このように起こりうる危険を未然に防ぐためにも万全な方法セキュリティは欠かせません。 目で見て確認できるだけではなく証拠として残すこともできる優れものとなっています。移籍すること自体は威嚇となっており不審者をを侵入させづらくする防犯効果も期待できるのです。これまで会社や店舗で設置されること…

  • 監視カメラを導入するにあたって価格は?

    防犯対策や店舗管理などのトラブル防止するためなのに監視カメラの導入を検討していませんか?そうするにあたって監視カメラの「価格」に関して気になるのではないでしょうか?監視カメラの性能や機能を参考にして設置する目的に見合う監視カメラもを選ぶことが大切になってきます。そこで今回は監視カメラ撮っ価格相場についてご紹介をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 無料で設置できる監視カメラアプリおすすめ9選

    監視カメラのアプリを使うことで、外出先から簡単に自宅の様子を確認することができます。アプリには専用のカメラを利用するものと、古いスマホを利用するものと二つに分けられます。おすすめのアプリを参考にして、便利な監視カメラを設置してみましょう。こちらではおすすめの監視カメラアプリを紹介します。 おすすめの見守りサービス

  • 在宅介護にかかる費用の平均は?

    どのくらいの費用がかかるのでしょうか?在宅で介護をするか、老人ホームや介護施設へ入所するか比較検討する際に一般的に施設介護の方が出費が大きいと言われているのですが、いったい金額にどれほどの違いがあるのでしょうか?こちらでは在宅介護の費用についてご紹介させていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。