設置すれば外出中も安心!犬のための見守りカメラ

可愛いペットである犬の見守りができるカメラをご存じですか。
外出したとき、家に留守番させている犬が心配になることもあるでしょう。
最近は、外出先からでも手軽に犬を見守りできる「ペットカメラ」を設置する人が増えています。

犬の見守りに最適なペットカメラはどういうものでしょうか?
今回は、犬の見守りに設置する最適なカメラや、ペットカメラの性能、ペットカメラの売れ筋などをご紹介します。

おすすめの見守りサービス

犬の見守りに最適なカメラとは

犬の見守りにペットカメラを設置しようと思ったとき、どのようなカメラが最適なのか悩む人も多いのではないでしょうか。

犬の見守りに最適なカメラの一つめの条件は、使い勝手のよさです。
実際にペットカメラを使用しようとおもったとき、初期設定に手間をとってしまったり、インターネット接続や設置がうまくいかないと困ります。
特に、最近のペットカメラはインターネット接続が必須となるタイプの商品が多いため、セットアップの簡易性や、カメラと連動するアプリの操作性、インターネットへの再接続のしやすさなどはとても重要です。

購入して実際に使用してみないと細かい部分はわからないこともありますが、インターネット接続や操作性、設置のしやすさなどは各商品の口コミなどでも確認できるものが多くあります。
犬の見守りカメラを購入する前に、使い勝手の良さについては事前に口コミなどを確認しておくと良いでしょう。

犬の見守りに最適なカメラの二つめの条件は、ペットカメラの性能です。
ペットカメラの性能は、商品によってさまざまです。
確認しておく性能としては、主に撮影範囲の広さ、明るい場所における映像の鮮明度、暗い場所における映像の鮮明度が挙げられます。

ペットカメラによっては、首振り機能などが搭載されもともと可動域の広いものもありますが、撮影範囲の広さは、定点設置したときの撮影範囲を基準にしたほうが良いでしょう。
明るい場所や暗い場所での映像の鮮明度は、人の顔が認識できるか、文字などが認識できるかが一定の基準となります。
商品の説明を見れば、画素数や明るい場所・暗い場所での映像鮮明度などが説明されている場合がほとんどです。
購入前に商品の説明や口コミで、カメラの性能について確認しておくのが良いでしょう。

犬の見守りに最適なカメラの三つめの条件は、ペットカメラに搭載された呼びかけ機能です。
ペットカメラの多くに、呼びかけ機能が搭載されています。
呼びかけ機能があれば、遠く離れた外出先からでも自宅にいるペットに対して声をかけることができます。

呼びかけ機能における重要なポイントは、呼びかけられたペットが「飼い主の声として認識できるか」という点です。
ペットが飼い主の声であると認識するには、呼びかけの声が途切れていないか、ノイズが混じることによって聞き取りずらくないか、飼い主の肉声に近い声が聞こえているかという点が大切です。

呼びかけ機能が搭載されたペットカメラを購入する場合は、事前に確認しておくべき項目になります。

犬の見守りカメラを購入する際、最適なカメラを選ぶためにはいくつかのポイントを事前に確認しておくことが大切です。
事前の確認を行っておくことで、最適なカメラ選びが実現するでしょう。

犬の見守りに使うカメラの性能

犬の見守りカメラには、たくさんの性能があります。
また、商品によってそれぞれの性能の良し悪しもさまざまです。
ここでは、犬の見守りカメラの性能についてご紹介します。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の一つが、ペットカメラの画質です。
例えば、ペットカメラでもより鮮明な映像で自分のペットを確認したい、ペットカメラの映像を確認することで癒されたいという場合は、フルHD画質のあるペットカメラを選ぶと良いでしょう。

画質の確認には、各商品の画素数も一つの目安になりますが、同じ画素数でも商品により、鮮明度や映像の明るさ・暗さ、色味などが若干異なります。
画素数の確認と合わせて、細かい部分は口コミなども確認しておきましょう。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の二つめが、夜間や電気がついていない暗闇の中でも撮影ができるナイトモード機能が搭載されているかどうかです。
ナイトモードが搭載されたペットカメラであれば、ペットのいる部屋の中が暗くても撮影することができます。
例えば、急な残業や飲み会で帰りが遅くなってしまっても、問題なくペットの様子をペットカメラで確認することができます。

ナイトモードの機能には、2つの種類があります。
一つは、暗視タイプのナイトモードが搭載されたペットカメラです。
暗視タイプの場合、完全な暗闇の中では撮影することができませんが、少しでも光がある場所であればカラーで映像を撮影することができます。

二つめは、赤外線タイプのナイトモードが搭載されたペットカメラです。
赤外線タイプの場合、暗視タイプとは異なり完全な暗闇の中でも撮影することが可能です。
ただし、カラー映像ではなくモノクロ映像としての撮影となるため、注意が必要となります。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の三つめが、首振り機能の搭載です。
留守番中のペットは、自由に室内を動きまわることができるため行動範囲が広くなります。
そんなとき、室内を広範囲で撮影することができるのが、首振り機能が搭載されたペットカメラです。

商品によっては、スマートフォンにダウンロードしたアプリ上から、設置したカメラを上下左右に動かせる機能がついているものもあります。
広範囲で撮影できる機能が搭載されたカメラを選ぶことで、より広範囲をカバーでき、動きまわるペットの確認もよりしやすくなります。

犬の見守りカメラの売れ筋商品をご紹介

犬の見守りカメラには、さまざまな機能が搭載されたタイプがあり、良し悪しもさまざまです。
ここでは、犬の見守りカメラの売れ筋商品をご紹介します。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の一つめは、「Wooxスマートカメラ」です。
「Wooxスマートカメラ」はAlexa端末と連携することで音声での操作機能を追加することができます。
高フレームレートのハイエンドチップを使用している商品で、専用のアプリをダウンロードすれば、手元のスマートフォン上でキレイな画像を表示することができます。

カメラは水平355°・垂直110°という広い範囲で撮影することができ、死角もほとんどありません。
「Wooxスマートカメラ」はさらに、ナイトモード機能も搭載しており夜間になり部屋が暗くなると自動で暗視モードに切り替わります。
飼い主側・ペット側の双方にマイクとスピーカーも内蔵しているため、外出先から気軽にペットに話かけることができます。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の二つめは、「I-O DATA ネットワークカメラ Qwatch TS-WLC2」です。
「I-O DATA ネットワークカメラ Qwatch TS-WLC2」はマイクとスピーカーを搭載したネットワークカメラで、専用のアプリをインストールすることでスマートフォンから自由にカメラ映像をチェックすることができます。

カメラはLANケーブルで有線接続を行うかWPSボタンでWi-Fi接続を行うことで使用が可能になります。
カメラを接続した上でスマートフォンにアプリをダウンロードし、商品に添付されているQRコードを読み取るだけで設定が完了するシンプルな初期設定方法を採用しているため、ネット接続の知識が疎い人でも、簡単に設定することができます。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の三つめは、「TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ」です。
「TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ」は水面方向で360°撮影することができ、撮影範囲を広範囲でカバーできる商品です。
Alexa端末と連携することで、音声でのコントロールを追加することもできます。

また、スマートフォンで利用するアプリには最大32台のカメラを登録することができため、カメラを複数設置することを考えている人にもおすすめです。

犬の見守りカメラのオプション

犬の見守りカメラにはさまざまなオプションがあります。
ペットカメラだけでは利用できない機能も、スマートフォンと連動させたり、ほかのインターネット端末に接続することでさまざまなオプションが使用できます。

例えば、スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで設置されたペットカメラの撮影方向を上下左右に動かすことができます。
一部の商品では、Alexa端末と連動させることで、音声でコントロールする機能を利用することができます。

もともとペットカメラにさまざまな機能が搭載されているタイプもありますが、機能が搭載されていないタイプでも、オプションを利用することで追加機能を搭載させることも可能です。
ペットカメラにかけられるコストも考え、ぴったりのペットカメラを見つけると良いでしょう。

まとめ

犬の見守りカメラとして、最適なペットカメラを見つけるためには、使い勝手のよさ、ペットカメラ自体の性能、ペットカメラに搭載された呼びかけ機能の性能について事前に商品紹介や口コミなどで確認しておくことが大切です。
事前に確認しておくことで、初期設定がスムーズな商品が見つかったり、目的に合うピッタリな性能を搭載したペットカメラを見つけることができます。

また、ペットカメラの性能も目的に応じて確認しておくことが必要です。
主に、画質やナイトモード機能、カメラの首振り機能などが挙げられます。
画質が良く鮮明な映像を確認することができれば、外出先でもペットの状況を鮮明に確認することができますし、かわいいペットに癒されることもできます。

ナイトモードが搭載されているペットカメラであれば、急な残業や飲み会で帰りが遅くなっても自宅で留守番するペットを鮮明な映像で確認することができます。
カメラの首振り機能は広範囲な撮影を可能にするため、自由に家の中を動き回るペット用のカメラの場合、必須の機能ともいえるでしょう。

ペットカメラの性能は、商品によりさまざまです。
犬の見守りに使用するペットカメラを手に入れる際は、事前に商品説明や口コミを確認することで最適のペットカメラを手に入れることができるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。