設置すれば外出中も安心!犬のための見守りカメラ

可愛いペットである犬の見守りができるカメラをご存じですか。
外出したとき、家に留守番させている犬が心配になることもあるでしょう。
最近は、外出先からでも手軽に犬を見守りできる「ペットカメラ」を設置する人が増えています。

犬の見守りに最適なペットカメラはどういうものでしょうか?
今回は、犬の見守りに設置する最適なカメラや、ペットカメラの性能、ペットカメラの売れ筋などをご紹介します。

犬の見守りに最適なカメラとは

犬の見守りにペットカメラを設置しようと思ったとき、どのようなカメラが最適なのか悩む人も多いのではないでしょうか。

犬の見守りに最適なカメラの一つめの条件は、使い勝手のよさです。
実際にペットカメラを使用しようとおもったとき、初期設定に手間をとってしまったり、インターネット接続や設置がうまくいかないと困ります。
特に、最近のペットカメラはインターネット接続が必須となるタイプの商品が多いため、セットアップの簡易性や、カメラと連動するアプリの操作性、インターネットへの再接続のしやすさなどはとても重要です。

購入して実際に使用してみないと細かい部分はわからないこともありますが、インターネット接続や操作性、設置のしやすさなどは各商品の口コミなどでも確認できるものが多くあります。
犬の見守りカメラを購入する前に、使い勝手の良さについては事前に口コミなどを確認しておくと良いでしょう。

犬の見守りに最適なカメラの二つめの条件は、ペットカメラの性能です。
ペットカメラの性能は、商品によってさまざまです。
確認しておく性能としては、主に撮影範囲の広さ、明るい場所における映像の鮮明度、暗い場所における映像の鮮明度が挙げられます。

ペットカメラによっては、首振り機能などが搭載されもともと可動域の広いものもありますが、撮影範囲の広さは、定点設置したときの撮影範囲を基準にしたほうが良いでしょう。
明るい場所や暗い場所での映像の鮮明度は、人の顔が認識できるか、文字などが認識できるかが一定の基準となります。
商品の説明を見れば、画素数や明るい場所・暗い場所での映像鮮明度などが説明されている場合がほとんどです。
購入前に商品の説明や口コミで、カメラの性能について確認しておくのが良いでしょう。

犬の見守りに最適なカメラの三つめの条件は、ペットカメラに搭載された呼びかけ機能です。
ペットカメラの多くに、呼びかけ機能が搭載されています。
呼びかけ機能があれば、遠く離れた外出先からでも自宅にいるペットに対して声をかけることができます。

呼びかけ機能における重要なポイントは、呼びかけられたペットが「飼い主の声として認識できるか」という点です。
ペットが飼い主の声であると認識するには、呼びかけの声が途切れていないか、ノイズが混じることによって聞き取りずらくないか、飼い主の肉声に近い声が聞こえているかという点が大切です。

呼びかけ機能が搭載されたペットカメラを購入する場合は、事前に確認しておくべき項目になります。

犬の見守りカメラを購入する際、最適なカメラを選ぶためにはいくつかのポイントを事前に確認しておくことが大切です。
事前の確認を行っておくことで、最適なカメラ選びが実現するでしょう。

犬の見守りに使うカメラの性能

犬の見守りカメラには、たくさんの性能があります。
また、商品によってそれぞれの性能の良し悪しもさまざまです。
ここでは、犬の見守りカメラの性能についてご紹介します。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の一つが、ペットカメラの画質です。
例えば、ペットカメラでもより鮮明な映像で自分のペットを確認したい、ペットカメラの映像を確認することで癒されたいという場合は、フルHD画質のあるペットカメラを選ぶと良いでしょう。

画質の確認には、各商品の画素数も一つの目安になりますが、同じ画素数でも商品により、鮮明度や映像の明るさ・暗さ、色味などが若干異なります。
画素数の確認と合わせて、細かい部分は口コミなども確認しておきましょう。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の二つめが、夜間や電気がついていない暗闇の中でも撮影ができるナイトモード機能が搭載されているかどうかです。
ナイトモードが搭載されたペットカメラであれば、ペットのいる部屋の中が暗くても撮影することができます。
例えば、急な残業や飲み会で帰りが遅くなってしまっても、問題なくペットの様子をペットカメラで確認することができます。

ナイトモードの機能には、2つの種類があります。
一つは、暗視タイプのナイトモードが搭載されたペットカメラです。
暗視タイプの場合、完全な暗闇の中では撮影することができませんが、少しでも光がある場所であればカラーで映像を撮影することができます。

二つめは、赤外線タイプのナイトモードが搭載されたペットカメラです。
赤外線タイプの場合、暗視タイプとは異なり完全な暗闇の中でも撮影することが可能です。
ただし、カラー映像ではなくモノクロ映像としての撮影となるため、注意が必要となります。

犬の見守りに使用するペットカメラの重要な性能の三つめが、首振り機能の搭載です。
留守番中のペットは、自由に室内を動きまわることができるため行動範囲が広くなります。
そんなとき、室内を広範囲で撮影することができるのが、首振り機能が搭載されたペットカメラです。

商品によっては、スマートフォンにダウンロードしたアプリ上から、設置したカメラを上下左右に動かせる機能がついているものもあります。
広範囲で撮影できる機能が搭載されたカメラを選ぶことで、より広範囲をカバーでき、動きまわるペットの確認もよりしやすくなります。

犬の見守りカメラの売れ筋商品をご紹介

犬の見守りカメラには、さまざまな機能が搭載されたタイプがあり、良し悪しもさまざまです。
ここでは、犬の見守りカメラの売れ筋商品をご紹介します。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の一つめは、「Wooxスマートカメラ」です。
「Wooxスマートカメラ」はAlexa端末と連携することで音声での操作機能を追加することができます。
高フレームレートのハイエンドチップを使用している商品で、専用のアプリをダウンロードすれば、手元のスマートフォン上でキレイな画像を表示することができます。

カメラは水平355°・垂直110°という広い範囲で撮影することができ、死角もほとんどありません。
「Wooxスマートカメラ」はさらに、ナイトモード機能も搭載しており夜間になり部屋が暗くなると自動で暗視モードに切り替わります。
飼い主側・ペット側の双方にマイクとスピーカーも内蔵しているため、外出先から気軽にペットに話かけることができます。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の二つめは、「I-O DATA ネットワークカメラ Qwatch TS-WLC2」です。
「I-O DATA ネットワークカメラ Qwatch TS-WLC2」はマイクとスピーカーを搭載したネットワークカメラで、専用のアプリをインストールすることでスマートフォンから自由にカメラ映像をチェックすることができます。

カメラはLANケーブルで有線接続を行うかWPSボタンでWi-Fi接続を行うことで使用が可能になります。
カメラを接続した上でスマートフォンにアプリをダウンロードし、商品に添付されているQRコードを読み取るだけで設定が完了するシンプルな初期設定方法を採用しているため、ネット接続の知識が疎い人でも、簡単に設定することができます。

犬の見守りカメラの売れ筋商品の三つめは、「TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ」です。
「TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ」は水面方向で360°撮影することができ、撮影範囲を広範囲でカバーできる商品です。
Alexa端末と連携することで、音声でのコントロールを追加することもできます。

また、スマートフォンで利用するアプリには最大32台のカメラを登録することができため、カメラを複数設置することを考えている人にもおすすめです。

犬の見守りカメラのオプション

犬の見守りカメラにはさまざまなオプションがあります。
ペットカメラだけでは利用できない機能も、スマートフォンと連動させたり、ほかのインターネット端末に接続することでさまざまなオプションが使用できます。

例えば、スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで設置されたペットカメラの撮影方向を上下左右に動かすことができます。
一部の商品では、Alexa端末と連動させることで、音声でコントロールする機能を利用することができます。

もともとペットカメラにさまざまな機能が搭載されているタイプもありますが、機能が搭載されていないタイプでも、オプションを利用することで追加機能を搭載させることも可能です。
ペットカメラにかけられるコストも考え、ぴったりのペットカメラを見つけると良いでしょう。

まとめ

犬の見守りカメラとして、最適なペットカメラを見つけるためには、使い勝手のよさ、ペットカメラ自体の性能、ペットカメラに搭載された呼びかけ機能の性能について事前に商品紹介や口コミなどで確認しておくことが大切です。
事前に確認しておくことで、初期設定がスムーズな商品が見つかったり、目的に合うピッタリな性能を搭載したペットカメラを見つけることができます。

また、ペットカメラの性能も目的に応じて確認しておくことが必要です。
主に、画質やナイトモード機能、カメラの首振り機能などが挙げられます。
画質が良く鮮明な映像を確認することができれば、外出先でもペットの状況を鮮明に確認することができますし、かわいいペットに癒されることもできます。

ナイトモードが搭載されているペットカメラであれば、急な残業や飲み会で帰りが遅くなっても自宅で留守番するペットを鮮明な映像で確認することができます。
カメラの首振り機能は広範囲な撮影を可能にするため、自由に家の中を動き回るペット用のカメラの場合、必須の機能ともいえるでしょう。

ペットカメラの性能は、商品によりさまざまです。
犬の見守りに使用するペットカメラを手に入れる際は、事前に商品説明や口コミを確認することで最適のペットカメラを手に入れることができるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • セコムの見積もりに関して。値引くことはできる?

    家電の購入や引っ越しの時には積極的に値引きをトライする方もいるとは思いますが、実はホームセキュリティにも値引きは可能であるということをご存知でしたでしょうか?資料請求をすると装置やセンサーの数によって料金がシステマチックに管理されている印象を受けてしまい、知らないと定額だと思い込んでしまいます。 セコムは見積もり時に値引き交渉を受け付けてくれます。数回電話やメールをするだけで数万円の値引きが期待で…

  • スマートフォンでホームセキュリティができるのか?

    企業におけるワークスタイル変革や、事業継続、生産性向上などの観点から、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスを業務に活用するシーンが増えています。一方、スマートデバイスはまだ発展段階にあり、解決しなければならない課題も存在します。今回は、このような、「スマートセキュリティ」について一体どのようなものがあるかなどをこちらでご紹介させていただきたいと思います。 目次 1 スマートセ…

  • アルソックホームセキュリティの料金や使い方は?

    アルソックといえば、ユニークなCMが特徴的だというイメージがあるのではないでしょうか?国内のホームセキュリティ業界では第2位だと言われているアルソックですが、料金や利用の仕方などはどのようなものなのでしょうか?こちらはホームセキュリティ会社アルソックについてご紹介をさせていただきます。 目次 1 【アルソックの料金】アルソックとは? 2 【アルソックの料金】 総合警備保証会社について 3 【アルソ…

  • ipカメラとネットワークカメラの違いは?仕組みを解説

    家を開けるとき、自宅の防犯対策が気になるのではないでしょうか?特に長期休暇シーズンなどは空き巣の被害が増える時期です。塀が低かったり、窓が多い戸建て住宅ですと、賃貸マンションや団地に比べると空き巣や泥棒被害などに遭いやすいと言われています。留守の間も安心して旅行を満喫するためには防犯対策が必ず必要になってきます。 WEBカメラやアナログカメラなど数ある中でもお勧めなのは、離れた場所から自宅の様子を…

  • GPS付きみまもりケータイau docomo SoftBankだとどれがおすすめ?

    ママが一人で外出する機会が多くなると安全のためにお子様用携帯を持たせておきたいですよね。万が一のために子供と連絡取れるようにしたい。ですが「そもそも子様用携帯って必要なんだろうか?」「どこの会社のお子様用携帯が安いの?」といった悩みもあるかと思います。 そういった方の為にこちらでは au の見守りケータイはじめ、他社のキッズ携帯の必要性やできることや各キャリアでのキッズ携帯の本体代金や月々の料金の…

  • auのGPS居場所検索「安心ナビ」でみまもり携帯マモリーノを見守る

    小学生のお子様を持つご両親にとって携帯をいつ持たせるべきかは悩ましい問題ですよね。新たに習い事を始めたり学童をやめて留守番をするようになったりと子供が一人で行動する機会が出てくると様々な心配事が頭をよぎるもの。そこで au のみまもりケータイマモリーノはそんな心配を抱えるお母様たちの声を聞いて進化してきた子供向け携帯です。それには安心ナビという GPS で居場所を検索できるサービスがあります。今回…

  • alsok見守りサポート?高齢者でも使いやすいシンプルな機器

    alsokのみまもりサポートは高齢者の生活サポートするためのプランになります。高齢者のみで生活する世帯は年々増え続けており、この20年間で倍近くの数に膨れ上がっているので、もし自宅に65歳以上の人しかいない場合は緊急時にとっさの対応を取れないことが心配になります。実際に高齢者が怪我をするケースの半数以上が自宅内で起こっているというデータもあります。 「alsokのみまもりサポート」は、もしもの時に…

  • 介護は見守りサービスを使えば安心!

    介護において、見守りは高齢者の方の安全を守る重要な役割を担っています。家族はその安全を守るため日々見守りをしていますが、気を抜くことなく見守り介護を続けることは難しいといえます。家族による介護の見守りが手薄になれば、高齢者の方の安全を守ることはできません。しかし、365日休まずに見守り介護を続けることは、家族にとっても簡単なことではなく、場合によっては十分な睡眠をとる時間すら奪ってしまいます。 そ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。