おすすめや選び方は?家庭で使える簡易防犯カメラ

家庭用として簡単に使える、簡易防犯カメラをご存じですか。
最近、防犯上に簡易防犯カメラを取り入れたりするのはもちろん、子どもやペットの留守番を見守る場合など、簡易防犯カメラの用途が増加しています。
簡易防犯カメラは価格帯もお手頃で、工事などの面倒な作業も不要なので、気軽に自宅の屋内や屋外に設置することができます。

今回は簡易防犯カメラについて、選ぶポイントやおすすめ商品についてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

かんたん!自分で設置できる簡易防犯カメラ

防犯カメラの設置と言われると、難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
昔は防犯カメラの設置には工事が必要で、防犯カメラ自体の値段も高価なため、家族の安全を守るために防犯カメラを購入して設置したいと思っても、なかなか手が出せなかった人もいるでしょう。

しかし、最近では簡単に設置できる家庭用の簡易防犯カメラが増加しています。
スマートフォンやタブレット、パソコンなどインターネットを活用することで、工事をすることなく、設置費用を抑えて家庭用の簡易防犯カメラを設置することができます。
カメラにある映像データをワイヤレスで送ることができる簡易防犯カメラには、配線も必要ありません。
また、設置するカメラ自体に大容量のバッテリーが搭載されているものもあり、バッテリーの定期的な交換さえすれば、電源を使用する必要もありません。

例えば、Arloの「Arlo Pro2」は、バッテリーを搭載しているため電源を使用する必要がなく、完全ワイヤレスの家庭用の小型簡易防犯カメラです。
「Arlo Pro2」で録画した映像は、Wi-Fiを利用することでインターネット上にあるクラウドのサーバーに保存することができます。
Wi-Fiの接続は必須になりますが、Wi-Fi接続さえしておけばいつでも、どこでもカメラの映像を確認することができます。
防水や防塵にも対応しており、屋内のみならず屋外での使用も可能な商品になっています。

マスプロの「WHC7M」は、赤外線カメラを搭載する完全ワイヤレスな簡易防犯カメラです。
カメラとモニターがセットになっているタイプの商品で、カメラの映像をモニターに送る際は、完全ワイヤレスで行うことができます。
赤外線カメラがついているため、夜間の撮影も可能です。
カメラで撮影した映像は、有線LANが必要になりますが、スマートフォンでの確認もでき、カメラだけを単体購入することで、モニター一台でもカメラの設置台数を増やすことができるため、複数個所にカメラを設置したいと思っている方にもおすすめです。

パナソニックの「KX-HDN205-K」は、左右に360°の首振りができる屋内用の簡易防犯カメラです。
左右だけでなく、上下にも90°の首振りが可能となっており、広範囲のカメラ撮影ができる商品です。
スマートフォンやタブレットを使用してリアルタイム映像を確認することがメインですが、別売りの「おうちクラウドディーガ」を利用することで録画を行うこともできます。
防犯用として設置するほか、留守番中の子どもやペットの見守りにもおすすめです。

このように、簡単に設置できる家庭用の簡易防犯カメラをさまざまなメーカーが販売・提供しています。

簡易防犯カメラの選び方とは

簡易防犯カメラを選ぶ上で、手軽さやコストは重要です。
手軽さやコストを考慮し、目的に応じて簡易防犯カメラのタイプを選ぶと良いでしょう。
家庭用の簡易防犯カメラには、大きく分けて2種類のタイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットをしっかりと認識し、購入するのがオススメです。

簡易防犯カメラのタイプの一つは、利用前の設定が必要なく手軽に使い始めることができる専用モニタータイプです。
専用モニタータイプの簡易防犯カメラは、カメラと専用モニターがセットになっています。
設定は一切不要で、電源コードをさして本体のスイッチを入れるだけで使いはじめることができます。

さらに、モニターをインターネットに接続することで、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末からカメラの映像を確認することができます。
モニターは外付けタイプのHDDや外部モニターに接続可能な商品も多いため、長時間にわたる録画や、カメラに録画した映像を自宅のテレビなどの画面に出力して確認することもできます。

デメリットとしては、専用モニタータイプの簡易防犯カメラの商品の多くが比較的高価であることが挙げられます。
購入時にコストを気にする場合は、注意が必要です。

簡易防犯カメラのタイプのもう一つは、導入する際のコストを抑えることができるアプリタイプです。
専用モニタータイプとは異なり、アプリタイプの簡易防犯カメラはカメラ単体で販売されています。
カメラを単体で購入後、スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすることで、カメラの映像を確認することができます。

アプリタイプの商品によって仕様は異なりますが、中にはアプリを操作することで設置されたカメラの角度を調整することができる商品もあります。
アプリによるリアルタイムの見守りだけでなく、クラウド録画などを行うことで録画したカメラの映像を確認することもできます。

アプリタイプの簡易防犯カメラのデメリットは、ネットワークを利用した環境が必須になることや、利用開始時の初期設定や接続にある程度の時間がかかることが挙げられます。
ルーターとの接続やWi-Fi設定など、ネット接続の知識があまりない方にとっては、面倒な作業になる可能性が高いといえます。

簡易防犯カメラの屋内用・屋外用の違い

簡易防犯カメラは屋内に設置しようと購入する人が多いですが、なかには屋外に設置を考えている人もいるでしょう。
簡易防犯カメラは屋外に対応していないタイプもあるため、購入時は注意が必要です。
一方、屋内に設置しようと思っている人は、それほど注意は必要ないため使用目的や設置場所に応じて、ピッタリな商品を選ぶと良いでしょう。

屋外に簡易防犯カメラを設置しようと考えている場合、防水・防塵の性能がついているものを購入する必要があります。
防水・防塵性能のない簡易防犯カメラを屋外で利用すると、雨や風の影響を受け、破損や故障の原因になります。

防水・防塵性能のある簡易防犯カメラの目安として、IP値が挙げられます。
IP値は、IP+2桁の数字で構成されており、1桁目は防塵に対する性能、2桁目は防水に対する性能の高さを示しています。
防塵は0~6の数字、防水は0~8の数字で表示されており、ともに数値が高ければ高いほど防水・防塵に対する性能は高いことがわかります。
屋外に簡易防犯カメラを設置する場合は、できるだけIP値の高い商品を選ぶようにしましょう。

簡易防犯カメラのおすすめは

家庭用の簡易防犯カメラおすすめ1位は、IODATEの「Qwatch」です。
電源を入れるにはコンセントが必要で、接続にはWi-Fiが必須となります。
防水・防塵性能もあり(IP65)、屋内・屋外での使用が可能な商品です。

インターネット接続になれない方は最初の接続が面倒になることもありますが、一度接続してしまえばWi-Fi環境で快適に利用することができます。
画質は200万画素で、明るい場所の撮影では問題なく鮮明な映像を確認することができます。
夜間などの暗い場所においては、明るい場所ほどの鮮明度はないもののある程度は確認ができるため、24時間活用できる簡易防犯カメラです。

家庭用の簡易防犯カメラおすすめ2位はCOOAUの「防犯カメラ」です。
「Qwatch」と同様、電源を入れるにはコンセントが必要で、接続にはWi-Fiが必須の商品で、屋内・屋外対応(IP65)もしており、画質も200万画素です。
撮影範囲が広く、画質が非常に良いのが特徴ではありますが、夜間などの暗い場所での撮影は映像の鮮明度が劣るため、夜間の撮影をメインにされたい場合は注意が必要です。

家庭用の簡易防犯カメラおすすめ3位は日本アンテナの「ドコでもeye Security FHD」です。
カメラとモニターのセットタイプとなっており、カメラの電源を入れるにはコンセントが必要になりますが、電源を入れるだけでモニターとカメラを接続することができます。
接続方法は完全ワイヤレスで画質は200万画素、防水・防塵性能(IP66)もあるため屋内・屋外で使用が可能な商品です。

日中などの明るい場所での映像は鮮明に確認することができますが、夜間などの暗い場所での撮影の映像は他の簡易防犯カメラに比べると、鮮明に確認できない結果となっています。
夜間などの暗い時間帯にメインで利用を考えている方は、避けたほうが良いでしょう。

家庭用の簡易防犯カメラおすすめ4位は、塚本無線の「WTW 亀ソーラー」です。
「亀ソーラー」という商品名の通り、ソーラーパネルの部分が亀の甲羅のようになっており、亀のようなフォルムをしています。
電源を入れるにはコンセントを利用することもできますが、ソーラーパネルを利用して稼働することも可能です。
接続はWi-Fi環境が必須で、接続がうまくいかないといった声もあったため、インターネット接続に苦手意識のある方は、注意が必要です。

画質は265万画素で、防水・防塵性能(IP66)もついているため、屋内・屋外ともに利用することができる商品です。
撮影できる範囲の広さが評価されており、カメラ映像の鮮明度も良く、明るい場所の映像は問題なく確認することができます。
夜間などの暗い場所での映像は明るい場所での映像に比べるとやや劣るものの、他の簡易防犯カメラと比べると健闘している結果となりました。

簡易防犯カメラのおすすめをご紹介しましたが、それぞれの商品に強みや弱みがあることがわかります。
簡易防犯カメラを設置する目的に応じて、必要な性能を備えているものを購入するとよいでしょう。

まとめ

簡易防犯カメラは、家庭用の防犯カメラとして簡単に設置することができます。
従来の防犯カメラとは異なり、設置に工事は必要なく、Wi-Fi接続や完全ワイヤレスの商品を選べば、配線の心配もありません。
バッテリーが内蔵されているものを選べば、コンセントの用意も必要ないため、好きな場所に設置することができます。

簡易防犯カメラは、大きく分けて専用モニタータイプとアプリタイプの二つに分けられます。
どちらにもメリット・デメリットがありますが、目的に合わせて選ぶことが大切です。
屋外で簡易防犯カメラの利用を考えている場合は、IP値

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。