各企業が提供する介護見守りシステムのサービスや商品

介護における見守りシステムを、さまざまな企業が提供しています。
介護見守りシステムは、利用することによって利用者である高齢者の方の安全を守るほか、介護現場で働く介護スタッフの方の業務効率化などのサポートにも貢献しています。

今回は、各企業が提供する介護見守りシステムのサービスや商品についてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

日立システムズの介護施設向けの見守りシステム

日立システムズは、介護施設向けの見守りシステムとして「福祉の森 介護施設向け 見守りシステム」を提供しています。
少子高齢化が進み高齢者の方が増えることで、介護の現場で働くスタッフの業務量は大幅に増大しています。
介護スタッフの業務量の一部を軽減し、働きやすい環境をつくること、そして施設を利用する高齢者の方には、より質の高いサービスを受けられるようにすることが、「福祉の森 介護施設向け 見守りシステム」の目的です。

「福祉の森 介護施設向け 見守りシステム」は、赤外線センサーやマット型の生体センサーなど各居室に設置された複数のセンサーの情報を自動的に収集させ、スタッフルームそなえつけのスマートフォンやタブレット、パソコンにある管理画面に一括で表示されるようになっています。
管理画面を確認すれば、各センサーから受信した入居者の方の呼吸や脈拍データなどの情報を把握することができます。
ほぼリアルタイムで確認できるため、介護スタッフは入居者に対してより効果的な介護を行うことができます。

赤外線センターでは、主に居室やベッド周りで発生する、転倒やうずくまり、入退室などの体動や挙動をリアルタイムで受信することができます。
異常を受信した場合はアラートとシルエット画像が管理画面に転送されるため、即座に状況を確認することが可能です。

マットセンサーは、ベッドマットの下に敷かれています。
重荷などの変化をとらえ、入居者がベッドを離れたタイミングがわかるほか、脈拍や呼吸数まで受信します。

その他にもマイクロ波センサーやバイタル測定機器などがあり、さまざまなセンサーの情報が管理画面に一括させることで、見守りを実現することができます。
また、バイタルや体動情報など、日常の生活記録を時系列に連携してくれるため、入居者の方のケア状況を介護スタッフは素早く確認することができます。
同時にケア状況の記録漏れがなくなり、介護スタッフ同士の申し送りも最低限で済むため、介護スタッフの業務の効率化にもつながります。

日立システムズが提供する介護施設用の見守りシステム「福祉の森 介護施設向け 見守りシステム」は、施設を利用する高齢者の方にとっても、介護施設で働く介護スタッフにとっても、便利なシステムであるといえます。

ワイズマンの介護見守りシステム連携オプション

ワイズマンは、介護ソフト業界トップシェアを誇っており、導入実績は44,000件以上にものぼります。
居宅介護支援事業所向けの介護ソフトや、訪問看護事業所向けの介護ソフト、介護老人保健施設向け介護ソフトなど、多くのサービスを提供しています。

ワイズマンの提供するソフトを導入することで、タブレットからケア記録の入力を可能にしたりと、スタッフの負担を減らすことができます。
また、規模や目的に応じて料金プランを選択することができます。

ワイズマンの介護見守りシステムの一つが、「ライフリズムナビ+Dr.」です。
「ライフリズムナビ+Dr.」はベッドセンサーや人感センサー、除湿度センサー、ドアセンサーなどの豊富な種類の各種センターからデータを計測し、利用者様の状態を確認できるサービスです。

もう一つのシステムが、「ケアデータコネクト」です。
「ケアデータコネクト」ではベッドセンサーから寝返り、呼吸、心拍などを検出し、睡眠や覚醒、起き上がりなどの状態を確認することができます。
「ケアデータコネクト」はナースコールと連携しており、その情報をリアルタイムで受け取ることができます。

介護の見守りシステムについてはオプションサービスも豊富に準備されており、計測結果を自動的に取り込む機能で業務時間を短縮したり、バイタル記録を一覧で確認できる機能で計測漏れを防止したり、計測データをタイムリーに共有する機能でデータをすぐに共有することができたりと、ソフトおよびオプションを利用することで介護スタッフにさまざまなメリットが生まれます。

ワイズマンは、施設のニーズにあわせてサービスの提案を行ってくれます。
導入計画から導入支援までのフォローを行ってくれるのはもちろん、導入後でもサポート体制が整っているため、操作方法がわからない場合やトラブルが発生した場合にも、スピーディーで丁寧なサポートで対応してくれます。

テクノスジャパンの介護見守りシステム

テクノスジャパンは、高齢者の方が普段の行動範囲を超えたときに居場所を報告してくれる「お散歩コール」や、高齢者の方が屋外に出るとメールで居場所を知らせてくれる「徘徊ナビ・GP」、体動などのライブ信号を24時間見守ってくれる「見守センサー」などさまざまなサービスを提供しています。

見守り介護ロボットの「ケアロボ」もテクノスジャパンが提供する介護見守りシステムの一つです。
「ケアロボ」は、」平成26年度・経済産業省「ロボット介護機器導入実証事業」のロボット介護推進プロジェクトで採択された、重要分野とされる見守り支援の介護ロボットです。

ケアロボは見守りシステムのプラットホームとなっており、カメラやスピーカー・マイク、室温センサー、携帯電話モジュール、受信機・送信器を内蔵しています。
テクノスジャパンが提供する、徘徊センサーや高機能離床センサー、点滴センサーなどほかのケア製品を合わせて使用することで、在宅自の高齢者の方を見守ることができます。
見守り時にケアロボが受信した情報は、メールや画像、会話として訪問介護や看護を行うナースヘルパーやスタッフに携帯電話回線を通じて通知されます。

「お散歩コール」は、高齢者の方が愛用するカバンに入れたり、杖や歩行器に取り付けることで利用することができます。
1回の充電で約1か月間の長期使用が可能で、取り付けた杖などを持ち出すと取り付けた「お散歩タグ」からアラーム信号が送信されます。
送信されたアラーム信号は、家族のもつスマートフォンや携帯電話にメールで通知されます。
オプションとして、取り付ける「お散歩タグ」にGPS機能を付加することもできます。

「徘徊ナビGP」は、1日1回の「あんしんメール」で高齢者の方の安全を知らせてくれます。
徘徊時はアラームと当時に居場所情報の地図も通知してくれるため、すぐに高齢者の方の居場所を特定することができます。
徘徊時だけでなく、高齢者の方に動きがなくなった場合もアラームで通知してくれます。
使用するGPSタグは充電器に置くだけで充電し、1回の充電で約1カ月使用することができます。

「見守りセンター」は、高齢者の方の身体のライブ信号を検知し、24時間見守ってくれるサービスです。
「ケアロボ」と連動することで、携帯電話・スマートフォンにアラーム通知を行ってくれます。

「ケアロボ」を含むテクノスジャパンのサービスは、高齢者のケアを包括的に支援し、特に24時間対応の定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスにたいして機能を最大限に発揮してくれます。

リコーの介護見守りシステム

リコーが提供するサービスは「みまもりベッドセンサーシステム」です。
「みまもりベッドセンサーシステム」は、ベッド上にいる高齢者の方の動きを検知・解析し、状態を8種類に分けて表示します。
「みまもりベッドセンサーシステム」を利用する方の生活リズムを24時間把握することで、安心・快適・効率的な介護サービスに貢献することが、このサービスの目的です。

高齢者の方の動きは「安静」「ベッド端」「起き上がり」など、8種類に分けられた状態で検知されます。
数秒で動きを検知するため、ほぼリアルタイムで高齢者の方の動きを把握することができます。
また、高齢者の方の状況に合わせてその状態を「通常」「注意」「警告」の三段階で通知してくれます。
併せて、体重変化の把握も行ってくれるため、変化に合わせた健康支援も可能になります。

「みまもりベッドセンサーシステム」は、最大20床を同時に表示することが可能です。
夜間などの介護スタッフが少ない時間帯でも、それぞれの状態を効率的に確認することができます。
状態を一目で確認できるよう注意や警告の場合は、わかりやすい色で強調してくれる機能もあるため、介護スタッフの業務効率化もサポートしています。

まとめ

日立システムズやワイズマン、テクノスジャパンやリコーが提供する介護用見守りシステムは、介護を必要とする高齢者の方はもちろん、介護現場で働く介護スタッフの業務をサポートするのに必要なサービスです。

日立システムズは「福祉の森 介護施設向け 見守りシステム」を提供することで、介護施設に入居されている高齢者の方はもちろん、現場で働く介護スタッフのサポートを行います。
ワイズマンのソフトは多くの事業所で導入実績があり、事業所の規模やニーズに応じて適切な提案を行ってくれます。
また、介護システムの連携オプションも充実しているため、システムを導入する事業所のニーズに合わせて、さまざまなカスタマイズが可能です。

テクノスジャパンは、介護見守りシステムのプラットホームとなる「ケアロボ」をはじめ、さまざまなサービスを提供しています。
介護施設に入居する高齢者の方はもちろん、自宅で介護を必要とする高齢者の方へのサービスも充実しています。

リコーが提供する「みまもりベッドセンサーシステム」は、ベッドにセンサーを設置することで一度に多くの利用者の状況を把握することができ、高齢者の方の状態を即座に確認することで安全を守ることのほか、夜間に少ない人員で対応している介護スタッフの業務サポートにも役立っています。

介護用の見守りシステムは、介護現場を裏から支える重要な役割を担っているといえるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。