ネットワークカメラの選び方や比較方法は?

ネットワークカメラとは、カメラ本体に IP アドレスが付与されているカメラとパソコンが一体化したものです。1996年に世界で初めてアクシスコミュニケーションから発売されて以来徐々に市場でのシェアを伸ばしているカメラとなっています。注目が集まる一方でネットワークカメラメーカーは一般の消費者にとってはまだまだ距離のある業界です。家電のようにメーカーごとの比較や製品を選択しづらいという現実があります。今回はネットワークの選び方や比較方法などご紹介をしていきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

ネットワークカメラの比較何故メーカーにこだわる?

そもそもネットワークカメラとはパソコンとカメラが一体化したものになります。インターネットに繋がったパソコンのように、カメラ本体に IP アドレスが設定されていたり、ウェブブラウザで映像を確認できることから IP カメラ屋ウェブカメラと呼ばれることもあります。パソコンが内蔵されているのでネットワークカメラは精密機器になります。

内部からは分かりにくくても品質は各メーカーによって大きな差があります。ネット通販などで販売されているネットワークカメラに様々な工夫が設定されているのもそのためです。なので高額であれば安心とも限りません。しかし、安価の製品は壊れやすかったり、スマホで映像を確認するためのアプリケーションが OS のアップグレードに対応しないなどいい加減であったりと安価な商品をお勧めすることはあまりありません。安いなりの品質であるということを覚悟した方が良いでしょう。

ネットワークカメラの比較おすすめメーカー

現在品質やコストパフォーマンスに優れているお勧めの3メーカーを挙げるとすると、パナソニック、アクシスコミュニケーションズ、ハンファテックウィンです。品質が飛び抜けている、商品のラインナップが豊富で輸出とコストのバランスが良いなどそれぞれにお勧めする特徴があります。

ますネットワークカメラメーカーの「パナソニック」国内において長年ダントツのシェアを誇るおすすめのメーカーとなっています。パナソニックのセキュリティカメラ事業はアナログ時代まで遡ると1957年から始まっており、半世紀以上の歴史を持っています。パナソニックは蓄積された経験の上に、同社の AV機器や白物家電などテクノロジーを組み合わせ、他社メーカーと比較しても圧倒的な高性能を維持し続けているメーカーです。他に類を見ないために比較が困難となっています。

多くの国内メーカーがネットワークカメラの製造を縮小または撤退している中でオススメしたい国内メーカーはパナソニック一択と言える状態ではないでしょうか。 そして次にオススメするのが「アクシスコミュニケーションズ」です。こちらの会社はスウェーデンに本社を置き日本を含め世界中に拠点を持つグローバル企業となっています。2015年にはキャノンに買収をされキャノンのグループ会社となりました。

96年に世界で初めてネットワークカメラを版発売してから、長きにわたって世界のネットワークカメラ市場を牽引してきたメーカーです。アクシスコミュニケーションズの特徴はネットワークカメラメーカーというだけではなく、カメラ本体から監視サーバー、スイッチングハブ、カメラハウジング、映像解析ソフトウェアに至るまでトータルに提供できるネットワークを構築していることです。またアクシスコミュニケーションズのカメラの独自性といえば、イメージ処理チップと言えるでしょう。このイメージ処理チップには映像の圧縮技術や低消費電力化、高解像度対応ダイナミックレンジ補正などのコア技術が詰め込まれています。 そして次にオススメするのが「ハンファテックウィン」です。 2014年に防犯カメラ事業を手掛けていた Samsung techwin をハンファグループが買収して誕生した会社です。 旧サムスンテック時代から引き続きハンファテックウィンの製品は価格と品質のバランスにとても優れています。高性能で壊れにくく、その上他社と比較して低価格を実現しているため、国内の2大警備会社も採用する信頼性の高いメーカーとなっています。

性能の高さはベンチマークアワード2017でビデオ・ハードウェア部門を受賞したことからも伺えます。 ノイズのない明瞭な映像、暗い場所でもリアルな映像をモニタリングできることに加え、ジャイロセンサーの採用により建物の振動や風などの影響でカメラの揺れが発生しても安定した映像を提供することが可能です。

ネットワークカメラの比較スマホで見るにはネットワークカメラじゃないとダメなのか?

スマートフォンでカメラの映像を見る実はネットワークカメラでないとだめなのでしょうか?それを全くそのようなことはなく同軸カメラでもスマホでカメラの映像を見ることは可能です。むしろセキュリティ目的という点で比較したり、撮影や録画の安定性やコスト面から比較すると同時カメラをお勧めすることになります。

ネットワークカメラの比較WEBカメラとネットワークカメラって違うの?

これまでネットワークカメラについてご紹介してきましたが、 Webカメラというものも存在します。 Web カメラについて比較をご説明させて頂きますと、ネットワークカメラとは簡単に言うと、パソコンが一体になったビデオカメラ、一方 Web カメラはパソコンと接続し、 PC 側のソフトウェアを利用して撮影や録画を行うカメラとなっています。ネットワークカメラのように直接インターネットに接続されるわけではなく、また操作はパソコンに依存するので PC に接続しないと使えず比較の対象にはなりません。

ネットワークカメラの比較メーカー同士の互換性

ネットワークカメラで撮影や録画をするためにはカメラ本体、PoEハブ、ネットワークビデオレコーダー(NVR)が必要です。NVRは、カメラメーカーが用意する専用のものもあります。しかしコストなどの理由からカメラとMVRを別々のメーカーで準備したいという方がいらっしゃるのも事実です。そしてその互換性もお勧めする理由の一つになります。

ネットワークカメラの比較。安全面チェックポイントは?

そしてネットワークカメラを使う上で大切なことは「プライバシーやセキュリティ機能が搭載されているカメラかどうか」です。ネット接続を利用して映像を撮影するネットワークカメラは、不正アクセスが発生しやすいと言われています。そのために、 SSID を隠す「ステルス機能」や情報の保護システム「ファイアウォール」などプライバシーやセキュリティ機能を搭載している商品が良いでしょう。そしてネットワークカメラは取り付ける際に他社のプライバシー侵害に注意しなければなりません。

近年の防犯カメラは、解像度が高くて個人を特定できる近隣住民の表札や車のナンバーなど意図しない映像が映り込む可能性がありました。過去には集合住宅の共用部分に設置した防犯カメラがプライバシーを侵害しているとし、裁判に発展したケースもあります。防犯カメラを設置する際には撮影場所や範囲そして目的必要性などをきちんと考えることが大切です。 玄関や駐車場といった屋外にカメラを取り付ける時には。「近隣住民に防犯カメラ設置の許可を得ること」「個人を特定するものが写り込まないよう配慮すること」といった事前対策も忘れずに行いましょう。
そして「脆弱性のあるファームウェアが適用されていないか?」このファームウェアというのは、映像を読み込んだり、パスワードを保護したり、ハードウェアを動かすのに必要なプログラムです。脆弱性のあるファームウェアが起用されているネットワークカメラは、ウイルスに感染したり、サイバー攻撃の踏み台にされたりといった危険性が高くなります。

安全性の高いファームウェアを採用している機器を選んで最新バージョンにアップデートするようにした方が良さそうです。 そして「初期パスワードや脆弱パスワードを設定してはいないか?」ネットワークカメラは、製品の番号をネット検索することでアカウント名とパスワードを手に入れられる場合が多いです。なので初期設定のまま利用していたり簡単に推測できるような脆い弱なパスワードを設定していると、不正アクセスの原因となってしまいます。

セットアップの際は必ずパスワードを変更したほうが良いでしょう。名前や誕生日や単純な英単語は避けてエースにの大文字や小文字数字などをランダムに組み合わせた長く複雑なパスワードがおすすめです。 そして「セキュリティソフトは最新にアップデートされているか?」セキュリティソフトにはウイルスを検知して侵入や感染を防ぐ効果があります。不正な通信データを遮断し、覗き見やファイルの破損、個人情報の流出を防ぐことが可能です。

セキュリティソフトを入れていないということは、家の鍵をかけずに外出するようなもの。一空き巣や泥棒に入られてもおかしくはありません。安全を確保するためにも、定期的にアップデートされるセキュリティソフトは常に最新バージョンに更新をしておきましょう。

まとめ

さてネットワークカメラを選ぶ際の比較をさせていただきました。ネットワークカメラだからこそ、慎重に選びたくなるのではないでしょうか?メーカーなどを比較して、ご自身がベストだと思うネットワークカメラを選んで頂ければと思っています。 まず便利さも重視する方もいらっしゃるかと思いますが、外出先でもインターネットを介してスマートフォンや対応可能のほかのデバイスでも映像を確認することができる便利なネットワークカメラ。種類も多くありますので、用途に合わせて選んで行きましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。