故障予測サービスみまもり合図の評判は?

バッファローのサービス「みまもり合図」というものがあります。外付け HDD の故障を予測するそうです。そのようなことが本当に可能なのかは故障の状態によるものの、 壊れ方の前兆ならば予測は可能です。この見守りサービスってどのようなものなのかこちらでは解説していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

故障予測サービス「みまもり合図」とは

「みまもり合図」ドアパソコンに接続されている外付けハードディスクの自己診断機能「S.M.A.R.T」 情報をクラウドに蓄積し、ハードディスクの健康状態を把握することで、ハードディスクの状態判定をお知らせするというサービスです。お客様のハードディスクや SSD の健康状態を把握することでハードディスクや SSD の状態判定をお知らせするサービスです。

対応製品を接続しているパソコンにクライアントソフトウェア「みまもり合図」をインストールすることにより本サービスが提供されます。このみまもり合図を使用すると異常検知したら即お知らせしてくれます。 HDD や SSD の健康状態を把握できるため、買い替えのタイミングがわかり、故障によるデータの消失リスクが軽減されるため、大切なデータの故障リスクを下げることができます。

そしてバックアップもサポートがあるから安心なので、技術的な不安も解消します。サービスに関しては HDD が故障する前にはデータを読み取って書き込む際の異常、 HDD のハードディスクやヘッドの動作異常、長期間の稼動による経年劣化や発熱、そしてデータの読み取りや書き込みができなくなる不良セクターの発生など、いくつもの前兆があります。また SSD では SSD のデータを記録する部分であるフラッシュチップに設計上の書き換え回数があるのです。

「みまもり合図」では大切なデータを守るため「S.M.A.R.T」情報から故障の前兆検知しお知らせすることで、安心して HDDや SSD をお使いいただくことができます。そして異常の発生時には、お問い合わせのご案内を行い、 HDD や SSD の状態を確認しデータの移行などのサポート案内を実施します。

みまもり合図の評判は?2年前に購入したハードディスクの健康状態判定を通知してもらう

デスクトップパソコンにつながっている外付けHDDがバッファロー製の場合例えば購入して2年ほど経ったとします、2年間でどれくらいの劣化が進んでいるのでしょうか。
結果は2年ほどの使用ですとだいたい「Cランク」だそうです。

この C ランクというのは たくさんあっても、そろそろ買い替えも視野に入れないといけないという時期となります。健康状態の見える化は E 判定でも悪い這ってでも結果的には故障の前に気づくことができるので行ってよかったと思える機能ではないでしょうか?バッファロー製の USB ハードディスクをお使いの方は是非試してみると良いかと思います。

「みまもり合図」の評判は?クライアントソフトウェアをダウンロードする

最新の製品ならば HDD の中に「みまもり合図」クライアントソフトウェアが入っているそうです。ない場合「みまもり合図」特集ページにソフトウェアダウンロードのページリンクがあります。ダウンロードソフトウェア利用許諾契約の内容をよく読んでソフトウェアをダウンロードしましょう。

「みまもり合図」の評判は?クライアントソフトウェアをインストールする

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックし、パソコンに「みまもり合図」クライアントソフトウェアをインストールします。インストールウィザードに従って進めるだけで簡単にインストールは完了します。インストールが終わりましたらみまもり合図のクライアントソフトウェアを起動しましょう。

「みまもり合図」の評判は?健康状態判定がすぐわかる

起動したらすぐに判定が表示されます。 A B C D E F の5段階で判定されて D と F は買い換えた方が良いレベルまで劣化が進んでいるという状態のようです。
みまもり合図では PC 内の情報をクラウドに上げるのが心配など気になる方もいるかもしれませんが、ハードディスク故障してデータ消失を未然に回避できるのであればこのシステムは乳がんに受け入れる価値があるかと思われます。この参照するのはハードディスクの劣化状態に関する箇所のみで保存されているデータは参照しないとあります。外付け HDD を接続している PC にみまもり合図をインストールしていると現時点での外付け HDD の状況を診断してくれます。

こちらが電子部品の不良など突然起こる故障を保証するものではありません。そしてまたS.M.A.R.T情報の精度などにより、故障予測は100%を保証するものではありませんので予めご了承ください。

さて A からランク別の経路を調べてみるとどのような感じなのでしょうか。まず A ランクですと「製品の劣化が見付かっていません」これはハードウェアの劣化が見付かっていないことを意味します。そして B ランクですと「 ランクですと青 ランクですと製品の劣化が見付かっていません定期的なデータのバックアップをお勧めします」ハードウェアの劣化は見つかってはいませんが、稼働時間が長くなると今後の製品の劣化が進む可能性があるため、早めのデータバックアップをお勧めします。

そして C ランクですと「製品の劣化が始まっているおそれがあります。データのバックアップを強くお勧めします」のように製品の劣化が始まっている可能性があるため、まだデータのバックアップを取っていない場合は、バックアップが必要になります。そして D ランクですと「製品の劣化が進んでいます。早急にデータをバックアップしてくださいまたはみまもり合図窓口までお問い合わせください」まだ故障には至っていませんが製品の劣化が進めるためデータをバックアップしてください。

そして F ランクとなると「製品が故障する恐れがあります。みまもり合図窓口までお問い合わせください」まだ故障には至っていませんがランク D よりも製品の劣化がさらに進んでおり、 よりも製品の劣化がさらに進んでおります よりも製品の劣化がさらに進んでおり突然故障全データが参照できなくなる可能性があります。別のハードディスクなどへデータ移行か機器交換を行うことをお勧めします。

このように5段階でランク分けをしてくれます。ちなみに劣化進行にはアラート通知をされるため「お客様番号」を専用サポート窓口に連絡すれば、サポートを受けられる導線もできている模様です。

専用のサポート窓口で、バックアップの案内や新しいハードディスクへデータを移行する有償サービス提供など、データ移行をサポートしてくれるそうです。

「みまもり合図」評判新品のハードディスクだとどうなる?

そして新品のハードディスクの場合は一体どうなるのでしょうか。試しにパソコンに繋いでみた結果、やはり見事 A ランクをもらいました。 いったいこれはどこで判断するのでしょうか?「S.M.A.R.T情報」なのですがハードディスクドライブおよび SSD の障害の早期発見・故障の予測を目的としてハードディスクドライブや SSD に搭載されている機能で、各種の検査項目を診断し、その状態を数値化しています。

全ての故障を予期することはできませんが、安定した利用環境における経年劣化による故障を知るのに有効な機能となっています。 昔からついている機能であり、それを簡略化しつつバッファローのオリジナルなサービスとして提供しています。S.M.A.R.Tの情報を見て HDD 故障予測できたのなら誰も困らないけど昔から同じです。

「みまもり合図」無料で使える?評判は?

HDDのS.M.A.R.Tを知らなければ、 HDD情報の存在さえ知らないはずなので検索さえ不可能です。「みまもり合図」という分かりやすい名称や何ができるかソフトを入れて HDD へ普通に入れてくるはずな万人向けサービス無料ですので使わない理由が全くありません。なぜ無料なのでしょうか?

それは「故障しそうと知らせることで外付け HDD の買い替えを促すこと」「そしてあわよくば有料のデータ移行サービスの利用へとつなぎます」そして「この無料サービスをいつ辞めても文句言われないようにすること」これらが本当に販促や利益に繋がるのであれば、S.M.A.R.Tのデータを受け取るクラウドサーバーの維持費も出るはずなので製品が高額かするわけでもなく、もし外付け HDD 丸ごとの値上げをしようものならばI/Oデータなどの競合に負けるのでしないかと思われます。というわけで外付け HDD を買うならバッファローでしょう。

ですが、 HDD の故障を詳しく知らない方が「故障予測サービスがあるから大丈夫」と勘違いされるかもしれない諸刃の剣でもありそうなるとバックアップの重要度が落ち、ブラシなどでデータを吹き飛んだ際の痛さを味わってしまう可能性も高いです。
ハードウェアに詳しくないならば、利用しない理由はありません。正しいバックアップは今まで通りに普通に必要です。これらを理解してこそ風にデータを延命させることができるからです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?故障予測サービスの「みまもり合図」についてご紹介をさせていただきました。 このような故障予測サービスを利用することにより、故障によるデータの消失リスクが軽減することができます。 みまもり合図を正しく利用することで HDD の買い替えのタイミングも分かり、予想 しながらバックアップをとることもできます。 是非気になる方は利用してみてはいかがでしょうか?

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。