在宅介護はいったい費用がどれくらいかかるのか?

介護が必要になった時、「施設か自宅か」の選択に悩む方が多いそうです。
「自宅であれば費用は安いはず。しかし、施設の方がしっかりとしたサービスを受けられるなどと一人で考え込んでしまうとなかなか決められないと思います。
こちらでは両者の費用について比較します。在宅介護にかかる費用の詳細から施設入居した場合かかる一か月間の差額までしっかりと解説します。

おすすめの見守りサービス

在宅介護は費用がかかる

一般的に施設の方がお金がかかるイメージがありますが、実は在宅介護も金銭的な負担が同様にあります。在宅介護にかかる一か月あたりの費用は平均で5万円認識するよ。
その内訳は介護保険サービス費用で平均16000円、介護サービス以外では34000円となっています。認知症の有無や程度によっても介護費用変わってきます。

例えば要介護4~5、認知症重症の方は一か月あたり平均13万円の費用がかかることが分かっています。この要介護度が上がれば上がるほど、必要な費用も高くなっていきます。それはなぜかと言うと、介護度が上がれば上がるほど自立して行うことが少なくなり、介護サービスを利用しなければならない機会が増えているためとなっています。

これは認知症になった場合なども同様になります。福祉用具のレンタルや通所サービスなど、在宅介護の費用は個人ごとでかなりのばらつきがあります。

在宅介護と施設費用を比べるとどちらがかかるのか?

在宅介護の場合にかかる費用は家族と家賃や光熱費の一部、食費などですから、施設入居と比べると費用の負担を少なくなってきます7あくまでも一例ではありますが介護施設2入居と在宅介護の場合でそれぞれの月の料金を比較すると、1年間では29652円、3年間では88956円も在宅介護の方が安くなっています 。

つまり月々の差額は許容範囲内であっても、トータルで考えると在宅介護の方がコストはかなり低いと言えそうです。

在宅介護

もし少しでもコストが低いのであれば、是非住み慣れた家で介護してあげたいと考える方も少なくないでしょう。しかし24時間365日、介護をし続けるのは全体的にはメンタル的にも厳しいものです。「介護疲れ」社会問題になるほど家族への負担は大きくなっています。そのような在宅介護で心強い味方となってくれるのが介護保険が適用される各種サービスです。ほとんどの介護サービスで適用されています。

ただし申請すればすべての介護サービスの適用されるというわけではなく介護度別に利用できる限度額が決まっています。限度額の範囲内であれば自己負担は1割で済みますが、それを超えてしまうとそのぶんのかかった料金が全額負担となってしまいます。「もっとサービスを増やしたい」と思う場合には自己負担でサービスの上乗せを考えてみることをお勧めします。十割全額負担といってもケアマネージャーと相談すれば予算内で適切な介護サービスの利用計画を作成してくれるでしょう。

また自宅で介護を行う場合は別途食事の用意しなくてはいけません。1日3度の食事を用意するのはなかなか苦労しますが、高齢者向け宅食サービスも増加しています。一食につき500円から800円程度で利用ができます。中にはソフト食などといった特別食にも対応してくれる業者もあるので、週2回でも利用してみると自宅介護の負担軽減されるでしょう。

施設介護

そして介護施設に入居した場合には介護サービス費の自己負担金に加えて、居住費や食費、光熱費など、生活に必要な費用を毎月支払う必要があります。一見高額に見えたとしても前述した費用がすべて含まれていますので、在宅で生活した場合と大差はない方もいるかもしれません。

そして公的な介護施設の場合は毎月の利用料の合計は5万円から15万円くらいです。比較的低料金で利用できるのが特徴になっています。もちろん利用する市広された後にとって見学が大きく異なってまいりますが一か月の生活費と考えればするほど起きなくてはならない原因ではないでしょうか。

一方、 民間事業者が運営する施設では、月学の利用料は15万円か30万円が目安と言われています。また入居の際にしある一時期が数十万円から数千万円かかるケースが非常に多いです。最近では入居一時金が0円の施設も増えてきました。ですがその一方で数億円などといった、まるで一流高級ぶどうのような子も登場しました。規模やサービス内容にもよりますので予算との兼ね合いで検討してみてください。

介護施設でかかる費用では入居費の他にも通院した時の医療費や各種レクリエーションに参加した時の材料費など、その都度出費があります。「あのお店に買い物に行きたい」などと希望した場合、施設によっては付き添い費用などが発生するケースもありますので、雑費飲み屋も前もって聞いておくのが良さそうです。

介護施設に入居したときの1ヵ月の費用は?

1ヶ月の会費を比べるともちろん在宅介護ほうが安く済みますし場所サービスを増やして自己負担やしたとしてもせずに入居することに料金はかかりません。しかし先ほども言ったように、24時間365日体制で介護をする家族にとって、在宅介護は大きな負担がかかってきます。介護をされている高齢者も、火曜市が無理をして体を壊している姿はとてもつらいです。一人では施設入居の金銭的負担が厳しくても、例えば兄妹姉妹がいる場合、それぞれが負担し合いがが施設に入居することも可能かもしれません。誰かは無理をしながら介護するよりも介護されている者にとって良いこともあるでしょう。

そして在宅介護を選んだ場合も外部の介護サービスを積極的に利用し、負担を少なくしていくべきです。外部に頼るなんてという方もいますが、介護は確かに家族の問題ではある反面、必ずしも家族だけで解決しなくてはいけないものではありません。
介護を受ける本人の意思はもちろんのこと、家族の負担を考えベストな方法を話し合ってみてください。

在宅介護費用とメリットデメリットは?

自宅で介護生活を送る在宅介護と、老人ホームなどに入居する施設介護。どちらを選ぶかはご家庭の事情や、要介護者の方、本人の意思などを総合的に考えて決めたいところです。そしてこちらでは在宅介護のメリットデメリットを解説していきます。

メリット

まず在宅介護のメリットとしては、経済的に楽な点となります。例えば在宅介護生活を送る場合に毎月かかる介護費、お餅大会医療費などを含めても平均5万円です。有料老人ホーム入居した場合費用は月10万円以上かかることも多くあります。また、持ち家がある場合に、自宅の維持費や管理費なども含めます経済的負担も大きくなってきます。
そして、在宅介護で高齢者は生活しやすいので支度を開始する費用についても、介護保険から1割で一定以上の所得があることはいわきから3割負担でまかなえます。

家族と暮らしている場合訪問介護サービスなどを利用したとしても、 家族が介護することが多くなります。要介護者本人にとって、谷に介護されるよりは家族に介護してもらった方が安心と感じることはとても多いもの。そして住み慣れた自宅で暮らせますから環境変化によるストレスもありません。ストレスがないと認知症の進行を抑えられたり、介護予防につながることも考えられます。

デメリット

在宅介護をする上で、まず覚えておきたいのが、家族は介護のプロではないため「できること」に関して限界があるという点です。例えば日常が重症になった場合がいたきりになった場合にバトルである介護士のサポートが必要になってきます。介護の仕方ひとつにとっても未知数なことが多いものです。家族の介護をきっかけに介護の勉強を始める方もいらっしゃいますが、風呂の力が一緒に借りるに介護生活を乗り切ることを難しいと言えるでしょう。

介護費用は貯金から年金から捻出

在宅介護で必要な費用は、年金や退職金、預貯金などから支払われるのが一般的です。しかしそれで足りない場合は他の方法を考えなければなりません。例えばご本人が個人年金保険の加入や金融商品の運用などをしているならばそこから費を捻出することを検討できます。
そして、高齢者の資産の多くを占めるのが土地や家などの不動産です。

そのような手持ちの不動産を、マイホーム借り上げ制度やリバースモーゲージなどに活用するケースも増えてきています。マイホーム借り上げ制度というのは五十歳以上の高齢者の自宅を一般社団法人移住・住みかえ支援機構が借り上げて賃貸住宅とし、転貸する制度です。この制度を利用すれば、自宅を売ることなく安定した家賃収入として家族に財産を残すことが可能です。

リバースモーゲージというのは、 自宅を担保として定期的に融資を受け、15時に売却して資金を返済する制度となっています。この制度の一番のメリットとしては、死亡時に自宅で借入金を返済するため、自宅に住みながら費用を捻出できる点です。

また資産家不動産がなくどうしても資金が捻出できない場合は、民間の介護ローンやフリーローンを選択肢として挙げられます。

まとめ

さて、介護費用について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?介護費用は在宅介護の方が安いのは明らかですが、家族の力だけでは介護生活を切ることができないケースもたくさん存在します。高齢者が介護保険サービスなどを活用できるようサポートするとともに地域が介護世帯を支える仕組みづくりを進めていくことが大事です。 在宅介護がきつく感じた場合は一人で抱え込み担当のケアマネージャーの地域支援センターに相談してみましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。