在宅介護にかかる費用の平均は?

どのくらいの費用がかかるのでしょうか?在宅で介護をするか、老人ホームや介護施設へ入所するか比較検討する際に一般的に施設介護の方が出費が大きいと言われているのですが、いったい金額にどれほどの違いがあるのでしょうか?こちらでは在宅介護の費用についてご紹介させていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

在宅介護の費用その平均は?

生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査」によると自宅での介護を始める際に係る一時的な費用の平均は69万円、月額費用の平均は約7.8万円と報告をされています。在宅の場合は一時的費用の内訳は主に自宅で介護しやすいようにリフォームする費用そしてベッドや車椅子などの介護用品を購入費用となっています。介護用品の購入や又は住宅の改修工事をする際に介護保険から入って金額の給付を受けることができます。

月額費用はお守り訪問介護やヘルパーさんを利用したりデイサービスなど介護施設へ通う費用が考えられますですが、あくまでもこれは平均の話です。介護者が100人いれば百通りの介護があると言われていまますが、同じく在宅介護にかかる費用法ケースに合わせて様々となっています。最後にかかる主な費用は下記の要因で金額に違いがあります。

まず 「介護される方の状態で費用は異なる」ことです。介護度が重くなるにつれて多くのサービスが必要になってきますので、介護にかかる費用は上がっていくでしょう。在宅介護にかかる費用の大半は介護保険による介護サービス利用額の自己負担額です。 負担額は介護度にかかわらず全額の原則1割負担です。一般的に買い物が重ければ重いほど利用するサービスも多くなりますので、この自己負担額は介護度に比例して上がっていく可能性が高いのです。介護保険サービスの利用限度額を見るとわかりやすいかと思います。介護によっては介護保険利用限度額が定められており、 限度を超えた場合は10割負担となります。

居宅介護サービスを利用した限度額のうち、一番軽い要支援1の場合はあまり介護サービスが使われないことを見越して1割負担の場合5032円となっていますが一番重い要介護5の場合はサービスを送りをすることが見込まれて限度額は36217円程度となっています。

次に「介護する家族がいるかどうかそしている場合どれだけ介護に時間を割けるか」この場合ですと在宅介護にかかる費用の多くは家族など介護をしてくれる人の有無が大きく関わってきます。介護の状態が重いほど自分でできることが少なくなり、その後5台か2になってもらうことで生活が維持されます。その「誰か」が家族なのか、お金を払ってきてもらうサービス事業者なのかということです。

一人暮らしで介護に関わる家族がいない場合、食事や入浴や洗濯や住まいのの清潔、体のケアなどの生活のあらゆることに対し介護サービスを利用しなければならなくなりそのお金がかかってきます。

そして、「老人ホームへの入居と在宅介護。費用をシュミレーションして比較」同居をしていた家族に介護が必要になった場合にそのまま在宅介護をする場合と老人ホームに入居させる場合とで介護度別にシュミレーションを行いましょう。例えば「要介護3」の場合ですと在宅介護と比較をすると特別養護老人ホームは7万3,232円高く、介護付き有料老人ホームは23万5,082円高いです。

在宅で介護を続けた場合には、介護そのものに掛かるお金が上乗せされるだけと考えます。
「その他」という項目はおむつや配食サービス、介護食などの介護関連品の購入用や医療費、医療機関への交通費などが含まれます。

食費や住居費は介護が始まる前から費用がかかっていたため、住宅でもリフォームが必要であれば、その分の支出が一時的に発生します。一方介護施設へ入所する場合、介護にかかる費用とともに、住居費や食費が加わります。仮に夫婦2人暮らしの高齢者のケースでは夫婦どちらかが施設で介護を受けることになると住居費が二重に必要になるということとなります。住宅ローンの返済が完了をしていたとしても、自宅の維持管理費などはかかりますし、賃貸住宅に住んでいる場合も同様となります。

そして、1人暮らしの方で、施設に入所ししてそれまで住んでいた自宅が空き家になってしまう場合も空き家の維持管理費は支払うこととなりますので、この場合も二重となります。

在宅介護にかかる費用月平均5万

在宅介護にかかる費用は2種類に分けられるといいます。デイケアやデイサービスホームヘルパー利用にかかる「介護サービス利用料」そしておむつ代や介護リフォームなどにかかる「介護サービス以外の費用」です。好き好きに在宅介護にかかる費用は平均5万円と言われています。

その5万円のうち「介護サービス利用料」は16000円程「介護サービス以外の費用」は34000円程です。しかしもちろんこの金額は要介護によりかわってくるのです。 要介護度が高くなるにつれて費用が高くなる傾向があります特に興味深いのは要介護3から要介護4になると全体の費用は変わらないものの「介護サービス以外の支出」の割合が高くなっているものです。介護保険は要介護度別に月額の支給限度額が決められているので限度額の範囲内でしたら介護サービスの自己負担は1割となります。

しかし限度額を超えた場合は全額自己負担となります。 そして要介護度4・5になると大きく支出が増えていきます。特に「介護用品」 の割合は大きくなっており、特に介護用品に関しては、助成・還付を行っている自治体もあります。

在宅介護の費用介護期間は平均して5年〜10年

介護期間の平均は54.5ヶ月(4年7カ月)となっています。 あくまで要介護度や認知症の有無などを考慮しない全体的に平均も考えると5万円かけるの54.5ヶ月= 272.5万円となります。しかしこの結果は現在の介護を継続している人のデータも含まれているためこの数字はもっと高くなってくるでしょう。そして現在は平均寿命が延びているものの、健康寿命を大きく変化はありません。現実的な計算方法として平均寿命と健康寿命のさから導くという方法があります。

在宅介護の費用は老人ホームと比較するとどちらが良い?

在宅介護と高齢者福祉施設の費用の差についてはどちらが良いのでしょうか?老人ホームは月々にかかる費用とは別に入国の際に入金という費用が発生する施設が多いため留意しておくのが良いでしょう。まず「有料老人ホーム」です。有料老人ホームには「介護付」「健康型」の3種類があります。入金は有料老人ホームの設備によって数十万円から数百万円かかる場合が多いので、高級有料老人ホームともなると数千万円から数億円かかることもあります。ですが最近は入居金ゼロ円の施設も増えてきてます。月学料金が家賃や食費を込めると平均して20から25万ほどとなっています。

そして「特別養護老人ホーム」の場合ですと、特別有料老人ホームは有料老人ホームよりも安価で利用できることで高い人気を誇っています。そのため入居には一定の条件が設けられて入居待ちの方も多くなく月額は7万円から15万円程と有料老人ホームよりも安価となっています。 そして「サービス付き高齢者向け住宅」高齢者に向けてバリアフリーなどに対応し高齢者が住みやすい賃貸住宅がサービス付き高齢者向け住宅です。入金は0円から数百万円と施設によって大きく差が出てきます。月学料金は家賃や管理費を含め15万円から20万円程になります。外部の介護サービスを利用することになるため、要介護度が上がると対応しきれないケースもあるので注意してください。

介護の費用の平均経済的なコストだけを考えないこと

介護はケースバイケースで大きく変化していきます。今回は要介護度、認知症の有無を検討せずに家で在宅介護老人ホームの費用を比較していきました。ですがこの数字だけ見ると在宅介護の方が圧倒的に費用を抑えられると感じられるのかもしれません。ですがもし高齢者施設を利用するお金ある場合には卵にかかる費用だけを考えるのは控えるようにしましょう。2年から9年以上にも渡って家族の介護を続ける場合は休日などの時間的拘束やストレスも大きなものとなります。

時間の制約やストレスに耐えきれずに介護離職をしてしまう可能性もゼロではありません。親子共倒れ、夫婦共倒れといういた今一番防がなければいけないことです。そのため在宅介護について考えるときは金銭的コストだけにこだわらずに時間的や精神的コストをかけて判断するようにしましょう。

介護費用の平均基本は要介護者の貯金や年金を切り崩す

介護にかかるお金は基本的には要介護者の貯金や年金から捻出するようにしましょう。 介護者は、足りない場合のみ出せば大丈夫です。もしかすると親の口座に手をつけることに罪悪感を覚える方もいるかもしれませんが、この「介護にかかる費用」も踏まえても貯金や年金のはずです。介護者が時間的にも経済的にも過度な負担を感じてしまうと、必ず苦しくなります。無理のない介護を続けるために少しでも経済面の負担を減らすよう意識しましょう。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?介護費用の平均について分かりましたか?介護はどのような状態でいつまで続くのか見通しが立たずに不安になることも多いかと思います。また、お金のかかり具合なども判断することはとても難しいです。そのようなときは、関係者やケアマネージャーと相談をしながら進めていくことが良いかと思われます。お金が足りないといったときはセーフティネットなども揃っていますので、お金のかかり具合を最優先にせずに、在宅介護か施設介護かを決めていくと良いでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。