監視カメラを導入するにあたって価格は?

防犯対策や店舗管理などのトラブル防止するためなのに監視カメラの導入を検討していませんか?そうするにあたって監視カメラの「価格」に関して気になるのではないでしょうか?
監視カメラの性能や機能を参考にして設置する目的に見合う監視カメラもを選ぶことが大切になってきます。そこで今回は監視カメラ撮っ価格相場についてご紹介をさせていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

監視カメラの現金購入の場合の価格相場は?

監視カメラの設置する際には監視カメラの本体がなければ始まりません。監視カメラと言っても本体だけであれば監視カメラとしての役割を果たすものもあれば、他の機器と組み合わせて使うものや導入の手軽な小型の監視カメラなど、種類によって価格も仕様も大きく異なってきます。

例えば、SD カードが内蔵されている監視カメラだとどうでしょうか?
デジタルレコーダーのような録画装置を必要としない監視カメラが、「 SD カード内蔵の監視カメラ」です。 SD カードに保存された録画データは、パソコンなどで閲覧することが可能です。保存データのすべてが SD カードに集約されているため、万が一盗難によってしまうとデータをそっくりそのままになってしまうという危険があるので注意が必要となっています。

さて SD カード内蔵の監視カメラの価格相場に関してなんですが、低価格な製品で1万円以下、高価格な製品であれば8万円以上することもあるんです。必要最低限の性能や機能が保たれていてなおかつ使い勝手が良い製品であれば、15000円から20000円程と考えていいでしょう。次にネットワークカメラですこの「ネットワークカメラ」 IP監視カメラとも呼ばれる監視カメラとなっています。

各ネットワークカメラにそれぞれに割り当てられた IP アドレスを使えば IP ネットワークを介してパソコンやスマートフォンなどの機器から録画データの出力や保存、遠隔装置などさまざまな操作を行うことが可能です。 そしてネットワークカメラの価格相場に関してなのですが、デジタルレコーダーを含まないネットワークカメラから本体の価格相場に関しては「2万円前後」となっています。

相場よりも価格が低い製品は性能や機能に若干不安はあります。相場以上の価格が設定されている製品は自宅への導入よりも業務用として設置することが多いようです。

そして次に小型監視カメラです。この小型監視カメラはサイズを小さく軽量化することにより持ち運びが簡単で、設置さよりもそれほど時間がかからないことが特徴です。小型監視カメラ内に録画装置が設置されている製品があれば IP 監視カメラ同様に入っていないと交換して録画データを出力保存するような製品もあります。

小型監視カメラの使用や特徴によっては、安い価格で2000円ほど、高額な製品10万円以上するような製品もあります。持ち運びが可能な小型カメラが5000円から1万円ほどで、設置型の小型化したのであれば1万円から2万円ほどの製品が人気のようです。

費用がかかることを考慮していくと今すぐに監視カメラを導入できないという方も多いかと思いますそのような状況下ではまず「監視カメラのダミー」といったものを設置するのも方法のひとつです。この監視カメラのダミー監視の価格相場になりますが、非常に安価な製品で100円、高額な製品で2万円近くすることがあります。価格が安いほど本物の監視カメラと形を似せただけの製品であり、素人が見ただけでもダミーだと見分けがつくほどのレベルになっています。そのため監視カメラのダミーを設置する場合はできれば1万円以上の製品を購入すると安心と言えます。

監視カメラの価格4万〜6万円くらい?

防犯カメラがないとそもそも映像が写せません。販売価格としてまず、1000円からという商品はありますがすぐ壊れてしまうので取り付け工事まで責任を持って行う業者はそのような商品は売りません。なので結果3万円以上の業務用のカメラになりますが、野外に設置する場合や高所に設置する場合はある程度価格が安くて耐久性もそこそこの商品ではないと壊れるリスクも多くなり、結果工事費で損する場合がありますのでハウジングケースなども含めて6万円あたりのカメラが使われています。

防犯カメラにはアナログとフルハイビジョンあります簡単に言えばアナログは映りが悪く、ハイビジョン写りが良いです。アナログ七割りは犯人特定に結びつかないと言われています。その代わりフルハイビジョンとても高価なものになります。

監視カメラの価格レコーダーは?

防犯カメラが写した映像を記録して送り装置です。防犯カメラアナログとフルハイビジョンがあるようにレコーダーにもあります。アナログのレコーダーは3万円からという価格で販売していますがそういうものは昨日も少なかったり過去の映像一週間しかなかったり、動画がコマ送りみたいな性能でなおかつすぐに壊れてしまいます。特にレコーダーは365日24時間活動していますので部品の耐久性の差がとても現れてきます。

買ってから3ヶ月で壊れる製品もざらにあるので注意が必要です。またフルハイビジョンの映像は対応できませんので画質を綺麗に拭く保存したい場合は防犯カメラとレコーダーの両方をフルハイビジョン対応にしなければなりません。そしてフルハイビジョンのレコーダーの価格に関しましては大体8万円から12万円前後が一般的となっています。これは容量をものすごく使う為、このぐらいは必ずします。

監視カメラの価格工事費は?

防犯カメラの取り付け工事が本格的な工事になるので1台だけでも10万円前後はしてきます。だいたいどのくらいの価格がかかるかと言いますとまず出張費が約1万円から2万円、カメラを1台設置するのに約2万円、カメラの配線が約1万円から2万円、ネットワーク設定が約1万円といった最低限上記ぐらいの金額になってきます。

その他の設置箇所によっては3 M 以上の高所作業費が約1万円、穴あけ工事が約5000円等がかかってきます。 防犯カメラの販売業者=工事業者になるのでいい会社かどうかは工事がじょうずかそうでないかによって判断されます。工事費の金額をさらっと書きましたがこれよりも安い業者はあります。しかしあまりにも他社と比べて安すぎる業者は何かしらの問題がある可能性もありますので非常に悩ましいところです。

監視カメラモニターの価格

通常の防犯カメラは何か問題が起きた時に確認するケースがほとんどなので、常にライブ映像を見れる状態にしている方のほうが少ないです。ことが起こった時にパソコンのモニターで見る程度で問題はありません。もし常時監視しておきたいのであればモニターに関しては低価格モデルでも防犯カメラの性能に何らか変わってきませんで2万円以下のものでも十分です。

監視カメラ集音マイクの価格は?

赤外線やセンサーライトがカメラ内蔵のものが多いですか「音系」の機能は別商品になりますので防犯カメラの別途オプションとして人気が高い集音マイクとスピーカーですがこちらは高い商品ではありません。 両方ともほとんどが2万円以下で手に入ります。性能の良いものでも数万円で購入ができます。取り付け工事を依頼したとしてもどちらも防犯カメラ1台ぐらいです。

監視カメラの価格顔認証システムの価格

監視防犯カメラログを活用頂いてるエンドユーザーの例で言うと、小売店での導入が大多数です。顔認証システムを使うことによって不審な行動をもらっている人が店内にいたらお客様にバレないように警告アラートで教えてくれます。

また過去の映像よりかを事前に登録しておくことによりその人が再来したらアラートで教えてくれますので万引き犯や優良顧客の対応に役立ってきます顔認証システムだけであったら月額2万円ほどで導入が可能です。

そして顔認証しですでも単独で名前がついていますが本来画像解析システムというシステムの一種です。この画像解析システムをマーケティングでも役に立ちます。例えばカメラに写る範囲にあったものがなくなった時にロゴをつけて表したり、お客様の年齢や性別や動線がどうしてきてきたりといったことができます。このような本格的なものになると導入費用もかなりの価格になってきます。

監視カメラ価格リースやローンやクレジットの場合

信販会社経由の分割月学料金は、現金購入の場合の相場が基礎となっているので、防犯カメラ1台+レコーダー+工事費という例ですと約20万円になります。 この20万円にリース会社の儲けもんである利率をかけると 例えば5年間の場合は1.90%の科率になり20万円かける0.019=月額3800円となります。

ただしリースの場合はそれなりの保証はありますが日々のメンテといったものは販売会社とベッド保守契約する必要があり月額2000円程度で壊れた場合の工事費や不具合が起こった際に駆けつけメンテが無料となっています。具体的な保障内容は販売会社によって違ってくるので確認しましょう。

監視カメラのレンタルを利用した場合の価格は?

基本的に連チャンの場合ですと工事費は含まれておらず別途見積もりになります。期間は1ヶ月で防犯カメラ1台+レコーダーの場合ですと月額1万円から2万円くらいです。基本的にレンタル制度の悪い型落ちが使われますので新品同様のものや性能の良いものの場合は月3万以上になっているケースもあります。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?監視カメラの価格についてご紹介させていただきました。
「監視カメラ」「レコーダー」「工事費」がなければ、そもそもそれは監視カメラとして機能しないと言われているので、こちらの記事を参考に揃えていただけると幸いです。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。