家庭用の監視カメラ初心者から高性能なものを紹介

毎日のようにニュースで目にする凶悪な犯罪、大切な自宅にそのような日が日が降りかからないとは限らないかと思います。このように起こりうる危険を未然に防ぐためにも万全な方法セキュリティは欠かせません。

目で見て確認できるだけではなく証拠として残すこともできる優れものとなっています。移籍すること自体は威嚇となっており不審者をを侵入させづらくする防犯効果も期待できるのです。これまで会社や店舗で設置されることが一般的でしたがセキュリティの需要は急上昇中です。関心を持つ方は年々急増しています。今回はオススメしたい監視カメラをご紹介します。

おすすめの見守りサービス

家庭用監視カメラを選ぶポイント

家庭用監視カメラを選ぶポイントをご紹介いたします。まずは形状です。一般的に有名なのはボックス型と呼ばれる形状で存在感のある見た目は威嚇の意味合いでも高い効果を持つスタイルです。別名、標準型防犯カメラとも呼ばれています。他にも一見すると照明器具のようにも見える半球体状のドーム型や、ロボット型、上下左右に動きズームもできてしまうPTZカメラと呼ばれるものまで、実に幅広い製品が販売されています。

屋内や屋外、ビルや戸建て、マンションなどに設置する場所に適した形状は異なります。それぞれの用途や設置場所によって向き不向きがあるので実際にどのような場所に設置したはいいかをしっかりとイメージして最終的に一番適した形状を選択することが重要になります。

家庭用監視カメラの接続方法

家に監視カメラの接続方法です wi-fi ネットワークがあれば、工事を必要としない無線接続が一番簡単に導入できる接続方法となります。しかし安定したい録画をしたいという方には断然有線接続がおすすめです。

無線接続の場合には契約しているインターネットで業者のメンテナンスであったり一時的でもネットワークが途切れてしまう可能性は少なからずあります。レアなケースかもしれませんがハッキングとして恐れもあるのがデメリットです。ただし導入のしやすさやローコストに始められるといった大きなメリットがあるので検討をされている方もいるのではないでしょうか?

有線接続は工事や配線が必要になりますが、インターネットを使うからこそ怒る心配事もなく自由度の高い設置が可能となっています。 高い防犯性を求めるのであれば検討してみましょう。

家庭用監視カメラの画角

価格とは取れる範囲を示す言葉です。画角が狭いものだとカメラの脇など死角になる部分が多く、カバーできる範囲も狭くなってしまいます。防犯カメラは広く取れるに越したことはないので、広範囲に撮影できるものを選ぶようにしてください。

一般的な設置場所でも必要とされませんが広い敷地であったり、一台のカメラで遠くまでカバーしたい場合、防炎対応のものも選択肢に入るとさらにカバーできる範囲は広くなります。

家庭用監視カメラは夜間対応しているのか?

設置したい場所が常に点灯されていたり、明るい環境であれば問題はありませんが、室内に設置するのでない限りは赤外線タイプは LEDライトが重なっているモデルがお勧めです。
このような機能がないと夜間だと真っ暗で撮影できていないという結果になり、侵入者の顔や姿を認識するのは難しくなります。
高感度な防犯カメラの方が映像が夜間であれどクリアになり、良い証拠映像をしっかり残すことができます。

家庭用監視カメラの画質の良し悪しは?

近年、カメラやインターネットの大きな成長により、無線・有線問わず200万画素以上の高画質なものが多くなってきます。よりクリアに鮮明に映像を確認したい、証拠残したいのであれば高解像度のものを選ぶのが良いでしょう。全体的に高画質化されてきているので、こだわりがなければほとんどの製品で必要十分なはずです。もしご予算に余裕があれば高解像とレンガの家ハイグレードのセンサーが育ったものを選択してください。

おすすめの家庭用監視カメラ7選

それではおすすめの家庭用監視カメラについてご紹介させていただきます。用途や場所によって適した防犯カメラが違うため、おすすめした製品別に分けて紹介する必要があります。 ポピュラーな人気を持つ屋外向けの製品から子供やペットの監視用途にも向いている屋内向けの製品、初心者の方でも導入しやすい簡単さが魅力の製品などそれぞれご紹介しています。

SecuSTATION(セキュステーション)/CX82

Wi-fi や LAN ケーブルのどちらでも接続が可能です。スマートフォンやパソコンでらくらく簡単に確認することができる高機能モデルで ledライトを備え、夜間撮影にも対応しています。導入しやすい抑えめの価格帯でこの高機能、今も継続して高い評価を獲得している人気の防犯カメラです。265広角カメラが非常にクリアで広々とした画角で決定的瞬間もしっかりと抑えることができます。また後で防犯カメラとしても本来の木が高いので SD カード対応で工事不要で録画も簡単なところが特徴です。価格は5,830円です。

Panasonic(パナソニック)/屋外バッテリーカメラKX-HC300SK

センサーカメラチャイムなど複数の機器を管理できるスマートセキュリティの決定版。操作や管理はホームユニットでワイヤレスで接続。こちらが野外バッテリーカメラとのセットとなっています。電池の寿命が約6ヶ月ほどですが推奨されている充電式電池を使用することで繰り返し使うことが可能です。コンセントの位置に影響されないので自由度の高いセカノンとは。 そして日本製でありバッテリートップで工事が要りません。スマートフォンで操作も簡単なところも魅力の一つです。 価格は21,480円です。

塚本無線/トレイルカメラ WTW-TRC2532

如何なる場所でも設置ができる強靭な防犯トレイルカメラです。防塵・防水仕様、ソーラーパネと乾電池を併用することで最長1年待機可能という非常にタフでロングバッテリーなのが特徴です。人感センサーで自動的に録画をしてくれるので、手間もかからず、深夜でもくっきりと撮影ができます。2000万画素と非常に高画質なのも注目ポイントです。ソーラーパネル対応で電気要らずな防犯カメラ。赤外線センサー付きでコンパクトで設置も簡単です。 価格は10,800円です。

Ctronics(シートロニックス)/PTZ防犯カメラ

前後左右に動き、4倍ズームまで可能なというPTZネットワークカメラです。双方向で音声通信ができるので、来客と会話することも可能です。センサーに字反応するとメールで通知もしてくれるなどのスマートな機能も嬉しいポイントとなります。スマートフォンからアプリを使い、遠隔操作もでき、家族共有も可能です。不在時の不安もこの製品で簡単に解消ができます。355°のパン角と120°までのチルト角、更に4倍ズームと広角での撮影が可能な防犯カメラとなります。 価格は13,800円です。

ACEセキュリティシステム(エースセキュリティーシステム)/防犯カメラ 全天候バレットタイプ

室外使用にも耐えうるタフさは当然のこと、赤外線LEDにより夜間撮影も可能な非常に信頼の置ける有線接続の防犯カメラです。高感度のCMSセンサーを搭載。ISO感度が高い(高感度)ほど、光を増幅できる量をも変わります。ほとんど光がない状況であっても、被写体をしっかりと撮るといったことが可能です。

137万画素と必要十分な高い画素数で、防犯カメラに求められるはっきりとした視認性を確保しています。屋外の夜間使用の場合、約3.6m程の照射距離となります。マイク付きでスマホで双方向会話が出来る防犯カメラです。このマイクを通して威嚇することも可能です。価格は40,480円です。

Lefun(レフン)/防犯カメラC12

専用アプリで遠隔操作ができる手ごろな室内防犯カメラ。広角カメラで広い視野でありながらも、350°回転できるので隙のない撮影範囲が魅力。音声双方向機能で会話することも可能です。暗い環境でもしっかりと映し出してくれる使いやすいモデルです。1080P、200万画素と画質が良く、遠隔監視と双方向通話できる防犯カメラです。
価格は4,999円です。

Panasonic/屋内スイングカメラ KX-HC600

左右に360°に上下90°とカバーできる範囲は非常に広く、ホームユニットに別売りのカメラを増設することで最大4台まで管理できます。遠隔操作であってもスムーズに動作。温度センサーを搭載し、室温も確認できます。スマート家電を連動させることで、外出先でも温度管理ができてしまうという優れモノです。満足度も高い1品になるでしょう。そして、日本メーカーの信頼性がある防犯カメラです。スウィング撮影や双方向通話が可能なのも嬉しいポイントとなります。価格は19,437円

まとめ

以上家庭用の監視カメラについてご紹介をさせていただきました。監視カメラの機能だけではなく、今はとても機能性が高いことが分かったかと思います。防犯カメラを設置したからと言っても、100%安全を補償されるわけではありません。ですが、防犯対策をするとしないというのでは、大きな差が出ますので、いつ脅かされるともわからない危険を未然に防いだり、証拠を抑えたり、ホームセキュリティとして、まず必要だとされるものが防犯カメラではないでしょうか?是非今回の商品で気に入った商品があるならば、ご自身で調べてみることをおすすめいたします。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。