カメラ付き玄関チャイムと監視カメラを設置して防犯対策強化を

最近の玄関チャイムはカメラ付きのタイプが一般的ですが、チャイムの映像を見られる場所は限られています。2階でパソコンを使っている時に1回のチャイムを確認するのは面倒です。であれば、カメラを追加して場所を選ばず玄関先をチェックできるようにしてはいかがでしょうか。今回は玄関に設置する監視カメラについてご紹介の方をさせていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

監視カメラを玄関に玄関は防犯の重要ポイント

家屋の玄関はとても重要な防犯ポイントとなっています。玄関はそこに住む人が出入りに使うのはもちろんですが、宅配便内郵便の受け取りなどにも利用します。つまり不特定多数の人との設定として機能する場所でもあります。多くの住宅には玄関付近にチャイムが設けられているのですが最近ではカメラ付きのインターホンが一般化しているので、例えば対応が面倒そうな訪問販売などの場合は訪問者の映像を見るだけではなくチャイムには応じないなどの対応が一般化しています。

これは自分の時間や生活のペースを守るという意味でとても重要なことなのです。しかし多くの場合は玄関のインターホンに応答できるのはリビングなどに取り付けた親機のみです。一階と二階の玄関のインターフォンに応答できる親機があったとしても、チャイムが鳴ればおやきの場所では歩いていかなければなりません。パソコン操作などをしているならばそれは中断手を焼きまで向かわなければならず、それまでの作業が中断します。

これは仕事関係でパソコンを使っている場合にその仕事が中断することを意味します。もしこのような場面が多く発生するのであれば玄関の外側インターホンの端末がある場所を移せる市にネットワークカメラなどを装備することをお勧めします。玄関にこのようなカメラがあるならば、チャイムが鳴った時点でパソコン画面からの訪問者を確認することができます。そしてネットワークカメラの映像を録画しておけば、留守中にチャイムがをされた場合にも誰が来たのかを確認することが可能です。

監視カメラを玄関に設置するのは?泥棒がチャイムを押して留守を確かめる

多くの場合、空き巣犯罪はその家に誰もいない時間帯を狙って行われます。その時に泥棒が 家人の存在を確認する手立ての一つとして使われるのか玄関のチャイムです。これから犯罪を犯そうとする人物はかなりの確率で玄関のチャイムを押します。そして誰もいないのを確認した後に一目の付きにくいガラスとや窓などを破って室内に侵入するというのがお決まりのパターンのようです。

つまりは玄関のチャイム周辺を録画しておくと万が一被害にあった場合にも犯人を特定しやすくなるのです。そして身元がばれるのを避けるプロの犯罪者ならば、玄関先で防犯カメラが設置されているような個人宅を侵入候補にすることは避けるでしょう。玄関先に防犯カメラを設置すると、このような犯罪効果が期待できるのです。

最近のインターホンには動画の録画機能を備えたものもありますリスが犯罪を犯そうとする人物はそれを熟知しており、インターホンのカメラに顔が写らないような角度でボタンを押したり、レンズ部を手で覆って撮影ができないようにするなどの方策を駆使してきます。インターフォンのカメラと別に玄関に防犯カメラを設置すると、このような所作を含めて来訪者の行動が全て管理することが可能です。

多くの場合は玄関の近くにはポストが設定されているはずで、玄関の防犯カメラはこのポストに対するいたずらや郵便物の盗難などにも対応できることになります。個人情報管理の必要性が叫ばれる昨今、個人情報の多くが記載されている郵便物や領収書などは最重要チェックポイントになっています。しかしこれらが届くポストは意外なほど防犯対策されていないのが現状です。玄関先に防犯カメラを設置すればこれらをまとめてチェックすることができて高い防犯意識をアピールすることが可能となります。

玄関設置に適したカメラの機種とは?

個人宅の玄関にだけカメラを設置するのであれば、ネットワークカメラと呼ばれるタイプが最適と思われます。ネットワークカメラはパソコンのネットワークに接続できる防犯カメラで、無線 LAN に対応したモデルも数多く発表されています。 玄関にカメラを設置するのであれば室内に設置した無線 LAN のルーターまではせいぜい数メートルの距離です。 この距離ならばカメラとルーターは確実に更新できます。

さらに無線 LAN に対応したカメラであれば本体に電源を供給するだけで稼働できる気軽さもあります。画像を送るためのケーブルがないので、大げさな工事の必要もありません。これは大きなメリットです。そしてネットワークカメラにはカメラ本体に SD カードを装着してそこに動画を記録できる機種もあります。このタイプだとパソコンやレコーダーで画像を記録する必要がなくなります。

本格的な防犯カメラでは24時間連続で動画を録画してますが、そのためには常時パソコンやレコーダーを起動しておく必要があるのです。しかしカメラ本体の SD カードを使うタイプならばその必要はありませんしカメラ本体のみで常時録画が可能ですのでコストを抑えつつも重要な映像をきっちりと確保することが可能です。

玄関に設置する工事不要のドアカメラとは?

ドアにかけるだけで取り付けられる、工事不要のドアカメラセットがあります。ワイヤレスドアカメラとモニター親機で構成されておりあらかじめペアリング済みのため設定は不要ですぐに使えるのが特徴なのと、インターネット環境やスマートフォンがなくても使用できる点が特徴です。

来訪者が来た時は玄関まで行かなくても、部屋にいながら親機で会話が可能です。オートロックのないマンションでも設置ができ、一人暮らしの女性の防犯対策としての使用も想定しています。また玄関の呼び出しをに連動して玄関の映像をモニター親機に自動表示する「チャイムリンク機能」を搭載。モニター親機は充電式で持ち運べるため家事や作業をしながらでも来訪者の顔を確認することが可能です。

玄関に設置するカメラは耐久性のあるものを選ぼう

屋外に設置するならば雨や風にさらされても壊れないことが最低条件です。防塵防水性能として表記されている「IP〇△」という数字をチェックして大きなものを選ぶことをお勧めします。〇に該当する数字の防塵の保護等級を、△に該当する数字が防水の保護等級を表し、それぞれ数字が大きいほど保護性能が優れていることを示しています。

なお防塵防水のどちらかの日に保護等級がついている場合は保護等級はついていない方が「x」と表示されているので屋外に設置する場合はしっかりとチェックしましょう。

米国で急増する住宅用の玄関カメラが、暮らしの“すべて”を記録する ?

米国の各地で急増している個人向けの監視カメラ。4階の住人達が玄関先にカメラ付きのドアベルを設置して防犯に役立てています。ですがカメラが捉えるのは犯罪や事故の現場だけではありませ。。カメラが撮影した日常の一コマや予期せぬ来客の神話メディアによってコンテンツ化されて拡散されているのです。全国の各地では準備等が新しいデバイスで自らのコミュニティを調査しています。ホームセキュリティ企業のリングなどが販売する「カメラ付きドアベル」 Twitter 住宅用監視デバイスが市民生活を変えつつあります。こうしたデバイスがこれまで気づかれることのなかった郊外の街のさまざまな側面を記録しています。

人々は何年も前からスマートフォンを使っていの前の様子を監視してきました。特に警察による不正行為そして暴力行為などはその対象になりやすいです。とはいっても警察にスマートフォンを向けるのは能動的な行為です。一方人は監視カメラなどを作って自動的に近隣の様子や他の住民を観察や監視するようになっています。意図的にカメラを向けて記憶をしなくても、リングのカメラが目の前で起きることを全てを撮影してくれます。そして地元の報道機関はそうした映像を喜んで報じています。

しかし報道を見るとこうしたカメラ小包の盗難よりもはるかに奇妙で不思議な出来事を映像に収めているのです。そうした出来事には必ずしも犯罪ではないですが、住民から見たらその地域に住むことに不安を抱きかねないものも含まれています。例えばブラウン管型テレビの被り物をした人が、ブラウン管型テレビを玄関先に置いていく様子、そしてフロリダ州の住宅に設置されたカメラには夜中に少女が子犬かぬいぐるみらしきものを抱えてカメラをじっと覗き込む姿を捉えていたといいます。

こうして見つけたリングの映像は大概当たり障りのないものですし、楽しい映像もありました。動画が多くには野生動物が登場し、例えばアリゾナ州デバリング製のカメラ付きドアベルを自分で流して驚くキツツキが撮影されました。ユタ州庭玄関先をこっそり動き回るピューマもいました。そしてピューマに間違えられた子鹿の動画もありました。他にもヘビやトカゲといった動物達がリングのカメラに印象的な姿を残しています。

そしてリングなどで撮影された強盗や自転車盗難の映像の報道に使われています。こうした犯罪の撮影こそ、リングの本来の使用用途であります。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?玄関に接する監視カメラについてご紹介をさせていただきました。 今では工事不要のドアカメラも出ていたりしますので手軽に監視カメラが設置できます。空き巣がまず狙うのは玄関かと思われるので、防犯カメラを設置し、対策を万全にしておいて、安心な生活を送っていきましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。