自宅用監視カメラは機能性と利用用途から考えよう

今や日々の生活で欠かせなくなった監視カメラ。街角や駅などの公共場所や屋外や店舗内でもダミーを含めた設置されていない場所はないほどです。今回は 自宅用監視カメラのご紹介をしていきます。

おすすめの見守りサービス

自宅用監視カメラには様々な使い道がある

ネットワークカメラには様々な使い道があります。ネットワークカメラと言うと防犯目的で購入するケースが多いですが、それ以外にも様々な用途に活用ができます。例えば高齢者や小さい子供、他にもペットが家にいる場合、外出先から家の状況を確認することが可能です。ですが現在のネットワークカメラには様々な機能がついており、一体どういった機能があるのかを知らないと選び方すらわかりません。そこでどういった基準で選ぶのか、さらにはお勧めな商品はこちらでご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

自宅用監視カメラの選び方とは?

明日自宅用監視カメラであるネットワークカメラの選び方についてです。ネットワークカメラを選ぶには価格や機能性メーカーなど様々な判断基準があります。最適な商品を選ぶためには相場価格、どういった機能があるのかを知らなくてはいけません。ここではネットワークカメラを選ぶ上での必要な知識を身につけておきましょう。

まずは「価格」についてです。ネットワークカメラと言っても1万円以内で購入できるものから、なんと100万円以上するものまで様々です。そこでネットワークの平均的なカップを知ることで商品を選ぶ基準を明確にしておきましょう。 価格によっては担わせる角度の範囲、そしてピントを合わせるのに必要な最短撮影距離などの機能性の違いがあるので注意しましょう。しかし価格の安さが低品質につながるわけではなくあくまでも昨日の違いがあるということです。そのために価格だけで商品を選んでしまうと本来の利用用途に合わない商品を選んでしまいかねません。しっかりとどういった機能が必要なのかを考えてその中で低価格のものを選ぶことが大切です。

自宅用監視カメラの機能とは?

自宅用の監視カメラを導入する場合、様々な利用用途が考えられます。いったいどのような機能が備わっているかを判断基準にしてみてください。まずは「パン、チルト、ズーム機能」カメラを選ぶ上で広範囲の撮影が可能であることは重要です。そのため左右上下にどの程度カメラを振れるのか、パンやチルトがどの程度可能なのかを見ておくのが良いでしょう。

そしてズーム機能などがあれば詳細な確認も可能になります。どの程度のズームが可能なのかも合わせて確認しておくことが大切です。そして「暗視機能」ネットワークカメラを導入する場合、24時間稼働できることは重要です。そのためには夜間撮影が可能な暗視機能が必須だと考えてください。そこに赤外線 LED 搭載のものであれば、暗闇だったとしても長距離の撮影が可能になります。

従来は有線タイプのものが多かったネットワークカメラですが、現在はワイヤレスタイプのものが多く販売されています。これにより面倒な配線作業がなくなり、ケーブルによる設置場所の制限も少なくなりました。また設置場所を変更することも容易にできるので、できればワイヤレスタイプのものを選ぶようにしましょう。 次に「動体検知」です。カメラの撮影範囲内で動きがあった場合に撮影を行う「動体検知機能」といったものがあります。常時録画をするのであれば不要な機能ですが、データ量が多すぎて保存しきれない場合には重要な機能といえます。また上位製品では警告灯が備わっているものもあるので、より防犯レベルを高めることも可能となっています。

そして「スマホ対応」です。スマホとの連携機能が備わっているならば、外出先からリアルタイムでカメラ映像を確認することができます。他にもカメラの向きを遠隔操作することも可能であり、設定自宅にいる小さい子供や、ご年配の方を見守るようとしてもお勧めの機能です。そしてネットワークカメラの機能では音声に関しても注意しておく必要があります。カメラが捉えた音声を確認できるのであれば、映像だけでは確認できない異常を感知することが可能です。またカメラ越しに話しかけることができれば、侵入者に対して警告することも可能でより防犯レベルを向上することができます。

屋外にカメラを設置なのであれば、防水機能は欠かせません。ただ防水構造のものは高額になるため購入は慎重に行いましょう。

「NAS録画対応」カメラ内蔵のメモリーカードで録画をする場合大容量のデータを保存することは不可能です。テスラネットワーク接続可能な外付けハードディスクである NAS も利用すれば長時間録画が可能となります。

ネットワークカメラを選ぶ上で機能性を重視することが最も大切で、ですがそればかりを重視してしまうとどうしても高額なものしかなくなってしまうので注意が必要です。商品にはそれぞれ特徴があります。大切なのは自分が考えてる用途に適したものを選ぶことです。

自宅用監視カメラのおすすめメーカー

ネットワークカメラは様々なメーカーが手がけており日本だけではなく階段メーカーの製品も数多く販売されています。メーカー別に価格や耐久性や安定性や機能性などさまざまな違いがあるので、具体的にどのような違いがあるのかも理解しておきましょう。

主なメーカーは「AXIS」本社がスウェーデンにあり1996年に世界初のネットワークカメラを発明した専門メーカーになります。179カ国90000社のパートナーと連携しており、了解を常にリードしている存在です。なお AXIS のネットワークカメラは値段も安く、世界一の安定性を誇るとも言われています。

「Panasonic(パナソニック)」
日本のメーカーであるネットワークカメラを購入する場合の定番メーカーです。安定性が高く使い勝手の良い BB シリーズに、高画質なi-proシリーズなどユーザーニーズを掴んだラインナップが用意されています。特に遠隔監視をしたいと考えているのであればコストパフォーマンスに期待していいでしょう。

「CANON」世界ナンバーワンのネットワークカメラ製造企業です。更に2015年にアクセスを買収することで、業界シェアを拡大することに成功しました。可動式ネットカメラのズーム性能や耐久性に定評があります。ただし価格が少し高いイメージもあります。

「VIVOTEK」
カメラメーカーの世界シェア第4位の本社を台湾に置く会社です。低価格であり高性能というコストパフォーマンスの高さに定評があります。

「ORIENT BRAINS (オリエントブレイン)」
防爆カメラや炉内カメラなどの産業現場で利用される監視カメラに特化した日本のメーカーです。主に石油化学や発電所製紙工場などといった、産業現場の安全監視システム構築を行っています。

メーカーでネットワークカメラを選ぶとなると、どうしてもネームバリューで選んでしまいがちです。ただしメーカーごとにそれぞれの商品の強みがあります。例えば遠隔監視を考えていてコストを抑えたいならばパナソニック。耐久性を重視したいのであればキャノンといった具合です。あくまでをどういった利用用途などを考えてそれを実現されるにはどのメーカーの商品を利用するのが最適なのか是非考えてみてください。

自宅用監視カメラのベストな選び方は?

ネットワークカメラのベストな選び方はやはり昨日から選ぶ必要があります。そこでまずは基本的に必要な機能を押さえておきましょう。それを踏まえて、防犯用や見回り用などといった自分の利用目的に合った機能を持った商品を探していくことが重要となってきます。

自宅用監視カメラの基本的に必要な機能とは?

ます現在のトレンドとしてはワイヤレスやスマホ対応 NAS 録画対応は必須だと考えてください。ワイヤレス対応している商品は以前から販売されていますが、現在は価格も手ごろになってきているので購入にかかる負担も多くはありません。カメラを設置する場所はどうしても天井などの高い部分に限られてしまうので、配線の影響を受けないワイヤレスのものを選びましょう。

自宅用監視カメラ防犯用として屋外に設置する場合

ネットワークカメラの利用用途には、様々なものがありますが、防犯用に利用されることがやはり多いです。そこで夜間監視も可能なように暗視機能があるものを選んでください。

他にも音声の入出力が可能なものであれば、防犯の幅が広がります。また屋外に設置することになるので、防水性や耐久性が高いものを選ぶようにしましょう。

自宅用監視カメラペットの見守り用として

ペットの見守りようであれば、とにかくカメラの可動領域が大切になってきます。どこにいるのかわからないペットを外出先から確認するには、自分の見たいところにカメラを動かせなくてはなりません。価格の安いものだと波動領域が狭い場合もあるので注意しましょう。
またにさを自動で上げるなどのペットの世話に特化した商品もあるので併せて確認しておくと良いでしょう。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?自宅用の監視カメラについてをご紹介をさせていただきました。自宅用監視カメラを選び方としては機能性が大事になってきますが、機能性を重視するかだと言ってあらゆる機能が充実しているものを購入する場合にどうしても高価格になってしまいますので防犯に利用するのか、それともペットの身を守り利用するのか利用用途を明確にすることが大切になってくるでしょう。 そして、最低限必要な機能も把握しておくことが大切になってきます。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。