室内用のおすすめ監視カメラを7選紹介

家庭用監視カメラは、不審者や空き巣対策だけではなくペットや子供の様子を監視したり留守中の様子をチェックしたりする時にも活用できます。スマホと連動できる商品を置く、どこでも手軽に確認できるとこも嬉しいポイントとなってます。こちらではおすすめ監視カメラ7選をご紹介させていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

室内用の監視カメラは用途に合わせて選ぶ

家庭用監視カメラは室内用と室外用の二つに分けることができます。室内用空き巣対策や防犯対策用としてだけではなく、えっとよ子供の会社にもおすすめです。置き型タイプの商品やスマホと連動して、リアルタイムでチェックできる商品も増えています。また玄関や駐車場や死角に使いたい屋外用の監視カメラは防水性能が高く、暗い中でも利用しやすい商品がおすすめです。このように用途に合わせて使いやすい商品を選んでみるのが良いでしょう。

室内の監視カメラはどのようにして選ぶのか?

明日は家庭用監視カメラ選び方をご紹介させていただきます「形状」や「使用する場所」、「付帯性能」をチェックすると選びやすくなります。特に目的が性能が備わっているととても使いやすくなってます。どのような点に注意したら良いのか是非参考にしてみてください。

室内用監視カメラを選ぶポイント

室内用監視カメラの場合、室内全域をできるだけカバーできる広角レンズを選びましょう。一部屋に何台も防犯カメラを設置するわけにはいきません。だからこそカバー範囲の広い商品を選ぶととても使いやすくなります。また防犯対策としてだけではなく子供やペットの見守りのために使う場合には、スマートフォンや専用アプリと連携している商品を選ぶとどこにいてもお部屋の様子をチェックすることができます。

中には動体感知をするとメールが届く商品もあります。多機能になればそのぶんコストも高くなりますが、室内用監視カメラを導入する理由などと合わせて必要な機能を選んでみてください。

室内用監視カメラの感知方法や付帯性能をチェック

しないよう監視カメラを選ぶ時には不審者を感知する方法や付帯機能をチェックしておきたいポイントになります。勝ちする方法としては動きを捉える動体検知が主流となっています。指定された範囲に動くものがうつることで、異常を感知します。他にも音検知や赤外線検知など、さまざまな検知方法を搭載し精密度をアップしている商品もあります。久賀にある検知方法だとされているかチェックしておくと使いやすくなります。

またスマホとの連動通話機能などが付いていると、使用シーンが広がります。例えば、子供が留守番中の場合には監視カメラでチェックしながら双方通話により会話を楽しむことも可能です。 このように商品によって異なる性能が搭載されているので是非チェックしてみてください。

室内用監視カメラの形状を選ぶ

室内用監視カメラには主に二つの形状があります。一つ目は「ドーム型」です。半球や玉のような形状をしており、監視カメラだと一目で判断できないところがあります。室内に設置する場合はコンパクトで部屋の壁やインテリアになじむため目立ちにくくなります。そしてまた広角レンズを使用している商品が多いので死角は少なくなるところも嬉しいポイントとなっています。

そして二つ目はカメラの形をしている「ボックスタイプ」となっています。「防犯カメラが付いている」とわかるため、防犯対策や威嚇に使いたい場合に便利となっています。またドーム型よりも画質が良いところもメリットです。一方で首振り性能がないと、撮影できる範囲が狭いところがデメリットです。監視カメラの設置台数を増やすなどの防犯性を高める必要も出てきますのでこのように使用する場所や目的に合わせて選んでいきましょう。

室内用監視カメラおすすめ7選

さてまずは、繋いで使用できる家庭用監視カメラを厳選してご紹介していきます。天井に設置する商品だけではなく、扱いやすい置き型タイプそしてペットや子供の監視におすすめの商品などもご紹介していきます。是非用途に合わせて使いやすい商品をぜひチェックしてみてください。

キャノンネットワークカメラVB-S30DMkll

「キャノンネットワークカメラVB-S30DMkll」こちらは目的に合わせて使いやすい家庭用防犯カメラとなっています。インテリジェント機能が多彩となっておりいたずら検知、悲鳴検知、置き去り検知など目的に合わせて使い分けられます。異常を感じた場合には警告灯を鳴らしたりメールで送信したりを設定した方法で伝えたところもポイントです。

また、 キヤノン独自の技術で高画質とフル HD の対応、そしてコンパクト化の全てを兼ね備えているところもポイントです。 レンズユニットとは17と変わらない大きさになっており周囲からも分かりにくくなっています。

パナソニックHDペットカメラKX-HDN205-K

「パナソニックHDペットカメラKX-HDN205-K」は 留守中のペットの様子を知りたい人にお勧めの監視カメラです。スマホで使える専用アプリをダウンロードすれば外出先からも上下左右にカメラの位置を動かすことができます。

またフルハイビジョンの200万画素カメラを搭載しており、ベッドの様子を鮮明に記録し、 さらに、赤外線センサーと動体検知センサーの2種類のセンサーが搭載されており、ペットの動きに合わせてカメラも自動的に動きます。

他にも撮影位置を設定出来たり、温度センサーが搭載されていたり、留守中のペットの様子を把握できるようになります。

LeFreshinsoftネットワークカメラ

「LeFreshinsoftネットワークカメラ」は手軽に移動させられる置き型タイプの監視カメラです。リビングや個室や玄関などで気になる場所に置けるので、防犯対策、子守用の監視カメラとしても活用することができます。

夜間は赤外線カメラが作動するので動体検知をすると10m先まで撮影をすることが可能です。マイクやスピーカーが内臓をされているので、不審者が侵入したと感知したらアラーム警報を起動させることもできます。

また、スマホやパソコン、タブレットで利用できる専用アプリをダウンロードすれば、高画質の映像を確認することが可能です。

ソニーIPELAネットワークカメラSNCーCX600W

「ソニーIPELAネットワークカメラSNCーCX600W」は、場所を取らない監視カメラを探している人にお勧めです。名刺と同じサイズ感で、防犯したい場所や監視したい場所に手軽に置けるようになっています。とてもおしゃれなデザインなので、ひと目だと監視カメラだとわからないということおポイントです。性能も高くて、最大120°までカバーできるという広角カメラを搭載しており、人感センサーだけでなく、人の肌を鮮明に認識する白色センサーも搭載しているため、映像監視にとても役立ちます。録画をした映像はmicroSDメモリーカードに蓄積されるので、管理がしやすいところもポイントになっています。

パナソニックネットワークカメラ スマ@ホーム屋内カメラキットKX-HJC200K-W

「パナソニックネットワークカメラ スマ@ホーム屋内カメラキットKX-HJC200K-W」は防犯対策としてはもちろんのこと、子供やペットの見守りとしても活用ができる監視カメラです。カメラには温度センサーと動作検知センサーと音センサーの3つが搭載されており、室内の状態を敏感に感知することができます。カメラの位置は、32分割の領域から自由に設定ができます。スマホなどにダウンロードできる専用のアプリを使用すれば異常をいち早くお知らせしてもらうことができます。 また監視カメラにはマイクも内蔵されており。双方会話も可能です。部屋にいる子供やペットに話しかけることも可能です。

マザーツール MTDE716AHD

レンズの向きが見えにくいスモークカバーを施したドーム型の防犯カメラです。不審者に撮影をしていることを悟られたくない方、1台のカメラで広い範囲をカバーしたい方におすすめです。電子感度アップ機能を搭載しているので、薄暗い室内でも人物を判別しやすい鮮明な動画を記録できます。ハイビジョン画質で録画ができるアナログのAHDカメラを搭載しているため、デジタルタイプに比べて低価格な点が魅力です。

セレン SHT-381

シンプルな形状をしているため目立ちにくい屋内用ドームカメラです。蛍光灯の近くに設置した際にい生じやすくなる「画面のちらつき」を低減し、乱れを少なくする機能を搭載しています。そのため、蛍光灯などの照明の近くに設置していても、見やすい映像を録画できます。赤外線投光器を備えているため暗い中でも映像を残せるので、夜間でも撮影できる防犯カメラをさがしている人にお勧めとなっています。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?室内で使えるおすすめの防犯カメラについてご紹介をさせていただきました。防犯カメラ選びは使用環境にあったものを探すことが重要となります。自宅、会社の防犯はもちろんのこと、家族やペットのコミュニケーションを取ることができるモデルなどの多種多様なモデルが増えています。屋内や屋外などの設置場所はもちろんのこと、スマートフォンと連動させたりなどの使い方も考慮できると良いでしょう。使用用途にあわせて、より最適なモデルを選んでいくと良いですね。安心、安全な生活に必要な室内用の防犯カメラを活用してください。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。