離れて暮らすひとり親の事が心配!郵便局のみまもりサービスを利用

人とのコミュニケーションが少なくなりがちだ一人暮らしの高齢者にとって定期訪問を楽しみに待つ人も多いようです。「見守り」と言うには心もとないですが、人の目だからこそ分かることもあります。今回は郵便局のを提供する「みまもりサービス」についてご紹介します。

おすすめの見守りサービス

郵便局が提供する「みまもりサービス」について

遠く離れた故郷で一人で暮らす親を見てくれるサービスには様々なものがありますが、その一つとして全国の郵便局が提供しているものをご紹介します。郵便局なら誰にとっても身近な存在ですし安心感がありますね。郵便局のみまもりサービスには「みまもり訪問サービス」「みまもりでんわサービス」の2種類があり、さらにオプションとしての「駆けつけサービス」もあります。親の様子が心配だけれどそんなに頻繁に会いには行けないという人のために、郵便局のみまもりサービスの具体的な特徴をお話ししていきます。

まず、みまもりサービスの費用に関しては、月額2500円です。支払い方法はゆうちょ銀行口座の自動払込のみとなっています。 見守りサービスの内容に関してですがまず「生活状況の把握」では毎月1回郵便局の担当職員が高齢者の自宅を直接訪問します。訪問する時間は30分間を目安としており、時間代理担当者がタブレットを使用しながら高齢者の生活状況に関する質問します。

その内容は10個設定されうち7個は固定の、体調、食事状況、睡眠、運動、外出、日常生活に支障はあるか、心配事はあるか。などです。残りの3個は飲酒・喫煙の程度、家事について。人付き合いについてなど23項目から見守る人が選んで設定します。 そして訪問終了後、高齢者の生活状況についての結果遅なると記憶にが家族にメールです報告をします。そして健康・医療・介護に関する相談に、看護師などの専門スタッフが対応する「24時間健康相談」も無料でご利用可能です。

毎月の訪問時に、訪問した社員と一緒に脳活トレーニングをお楽しみいただけることもあります。さらにパズルや体操や食事や健康生活に関わる情報などを石などが監修した本格的なコンテンツを利用者様にも提供します。また情報誌「郵便局のあんしんだより」をご利用者に手渡しでお渡しします。 そして5本のおける方には医療や介護法律や税務社会保険などに関するご相談に、でもスタッフが電話でお答えするサービスなどが無料でご利用いただけます。

郵便局のみまもりサービスには訪問の他に「みまもりでんわサービス」と「かけつけサービス」があります。新しい形のサービスとして始まった郵便局員の見守りサービスですが当初見込まれたほどの利用者はいないようです。 高齢者にはタブレット端末を焼く500万代は入るして利用してもらう計画でありましたが導入コストや利用方法を教えるための人手がかかるために送ってしまいました。当初の計画通りでは黒字化の見通しが立たず堅実な経営に舵を切ることにしたようです。

郵便局の月1訪問して生活状況を確認してくれる「みまもりサービス」

「みまもり訪問サービス」は月に1回、郵便局の社員が利用者宅へ直接訪問してくれるというものです。訪問した郵便局社員は、30分ほど利用者と話をします。そしてタブレットを使用してよく項目の質問をし、その回答を契約者であるあなたにメールか郵送で報告してくれます。利用者の生活状況を確認するために、郵便局員が質問する10項目は、「固定の基本質問7項目+選べる3項目」ですので、利用者の状況に合わせて最適なものを選べます。 利用者はこれらの質問に対して「良い、普通、悪い」といった選択肢の中から回答を選びます。

また選べる3項目は「お知り合いとの交流は一週間にどれくらいですか?」「最近不思議な業者から電話や訪問がありましたか?」「持病の状況はいかがでしょう?」といった項目の中から利用者にとって優先順位の高い項目を自由に選ぶことができるんです。
料金は月額2500円。正しいメールではなく郵送での報告を希望する場合は別途手数料として月額186円となります。

郵便局があなたのかわりに電話をかけてくれる「みまもり電話サービス」

毎日決められた時間に利用者の家に電話をかけてくれるというサービス「みまもりでんわサービス」これはかかってきた電話から自動録音メッセージが流れて、利用者はその日の体調に合わせて電話機のプッシュボタンで「元気です、いつも通りです、元気がありません」 のいずれかを選択します。その後に健康情報や暮らしの情報などの日替わりメッセージが流れます。そして利用者の回答した体調はすぐにあなたにメールで知らせてくれるんです。

料金は固定電話はつき額980円、携帯電話は月額1180円です。また電話をかけてくれる時間は7時から14時・16時から21時こちらの希望時間を指定することができます。
もし電話に出られなかった場合は1時間以内に再度かかってきます。二度とも出ない場合、その旨を家族に通知されます。

郵便局のオプションでついてくるみまもりサービスでいざというとき警備会社が駆けつけてくれる

「みまもり訪問サービス」と「みまもりでんわサービス」にはオプションとして「駆けつけサービス」といったものもあります。これにはいざという時に契約している警備会社のスタッフの方が駆けつけてくれるというものになってます。
「駆けつけサービス」にはご家族などからの要請で駆けつけるご家族向けと事前に利用者本人に聞きを渡しておいて緊急時に操作すると駆けつける「ご本人向け」の二つのプランがあります。「ご家族向けは」月額800円、「ご本人向け」月額1800円から3100円で1階の駆けつけにつき別途5000円かかります。

郵便局みまもりサービスのメリットデメリットは?

郵便局のみまもりサービスの最大のメリットはやはり郵便局がやっているという安価ではないでしょうか?琴似高齢者の方は郵便局に対して信頼度が高い方が多いので安心して利用してくれると思います。「みまもり訪問サービス」のメリットの一つはそんな安心できる郵便局員が訪問してくれるということ。特に小さな市町村などでしたら、郵便局員が既に顔見知りというケースもあるのでさらに安心です。

「一人暮らしの高齢者にも人と会う機会が持てる」こと、「郵便局なので信頼感がある」こと、「毎日同じ時間に安否確認が自動でできること」「24時間健康相談が受けられること」以上がメリットになれたと思われます。

また一人で暮らしている高齢者が寂しさを感じている人も多いので、月に1度でも尋ねて来てくれて30分巻会話ができるというのは、生活の中の楽しみになることも多いようです。
一方デメリットとしては、来てくれる郵便局員が選べないので、利用者との相性が悪いと逆に訪問がストレスになってしまう可能性もあります。それから月に一度だけの方法では突然の体調の悪化などに対応できない可能性があります。

「 おもしろ局員の指名はできないので、気のあわない人に当たることもある。」「月一度、30分の面接のみなので見守りというには少ない」「電話見守りは自動音声で味気なく継続しにくい」「駆けつけサービスは家族または本人の呼び出しが必要で意識を失った時などには対応しない」「呼び出し機器のレンタルが必要な警備会社プランは警備会社が提供しているものと同じで郵便局で申し込むメリットは特にない」
以上がデメリットになるかと思われます。

「みまもりでんわサービス」のメリットはなんといっても簡単なことと毎日の状況がわかることです。利用者は電話のプッシュボタンで回答を選ぶだけなので、負担はありません。

ただデメリットとしては電話から自動再生の音声が流れてくるだけ物で味気ない、白井に利用者も電話に出なくなる可能性もあります。そして「みまもり訪問サービス」と「みまもりでんわサービス」の気をつのデメリットとしては、医療や介護についての専門知識を持つ人が接するわけではないという点です。

いつもに対する利用者の回答が本当かどうかの判断はできず、ただ通りの回答がそのままあなたに報告されます。ですが実際には体調が悪くても心配をかけまいと思って大丈夫と答える高齢者は意外と多いです。

郵便局のみまもりサービスは郵便局窓口かインターネットでカンタンに申し込むことができます。このメリットとデメリットをよく考えた上で離れて一人で暮らす親を見守る子だとして選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

郵便局が提供する「みまもりサービス」についての評判は?

郵便局のみまもりサービスには「一人暮らしの高齢者が人とのコミュニケーションをとる機会を持つ」という意味においては良いものであります。撮影月に一度でも人と会うことは決まっていれば、家を整えたり身だしなみを気にしたりなどをいつもより緊張感のある生活が送れるきっかけになるかもしれません。

ただ「見守り」「安否確認」という面から見ると月に1回30分の面接と生活状況の聞き取りだけでは十分な見守りとは言えず、他の安否確認サービスと比較すると費用対効果が少なめになるかと思います。センサーでの日時を見守りや万一の時の安全体制の確保と合わせて利用するのに向いているでしょう。

まとめ

さて郵便局のみまもりサービスについてご紹介をさせていただきましたがいかがでしたでしょうか? 郵便局ならば誰にとっても身近な存在であるうえに安心感がありますので郵便局のみまもりサービスは安心して利用できるサービスなのではないでしょうか。 よろしければぜひ利用してみてください。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。