郵便局やヤクルトレディによるみまもり訪問サービス

俺の親と離れて暮らす家族にとっては「一人で倒れていやしないか」「寂しい思いをしていないか」などと親の生活を安定ながらも忙しさや距離の問題から頻繁に訪問するのはなかなか難しいのが実態です。そんな中離れた家族が高齢者の状況を把握できるような製品・サービスが登場しています。

例えば人感センサーを備えた機器を高齢者宅に置くことで室内の人の動きがない場合に家族に安否確認を促すメールなどを送信したりスタッフが駆けつけるサービスまたは水道に取り付けた機器によって水道利用状況を収集し、活動状況や異変について家族にメールを送信するサービス。また室内の様子を映像で確認できるモニターカメラは多機能化しており、音声のやりとりができるタイプや温度センサー付きで気温差をケアできるなどもあります。

しかし公式によるサービスは家族の負担が少なく便利である一方見守られ家族にとっては「監視」されているような気持ちになることもあるのではないでしょうか?

そこで注目したいのが郵便局が始めたみまもり訪問サービスです。局への郵便局の社員などが高齢者宅に1回訪問し、30分程度の会話を通じて生活状況を確認した結果を家族に伝えるというものです。 今回はそのような郵便局やヤクルトレディによる見守り訪問サービスについてご紹介していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

郵便局やヤクルトレディによるみまもりサービスのアナログの良さ

このみまもり訪問サービスで行う生活状況のヒアリング項目には最大10項目が設定可能です。「体調の状況」「食事の規則性」「心配事なの」などの固定の7項目に家族高齢者の状況に合わせて「知り合いと交流の頻度」「不審な業者との接触の有無」「持病の状態」などから3項目を選んで追加することができます。

怒った情報はタブレット端末2端末に入力し、家族にメールで送信されます。月が降り容量が2500円さらにもしもの時に警備会社が駆けつけるオプションサービスを月額800円から3100円でつけることも可能です。

実際にサービスを利用する高齢者やその家族からの評判は上々です。高齢者と遠方の家族が互いに安心感を持てたり業者の繋がりをより強めたりする効果が上がっています。
ご利用者様から体の体調が良くないいや買い物に行けないなどのお話があった際にその旨をご家族様に報告をしたことがご家族の帰省回数が増えるきっかけになるなどご利用者様に喜んで頂いているようです。またご家族への報告書に利用者の写真を添付することでご家族の方から「元気な姿が確認できて安心した」といった声もあります。

郵便局やヤクルトレディによるみまもりの効果

またこうした人による見守りサービスがふるさと納税の返礼品となる例もあります。福島県須賀川市は今年「ヤクルトレディ」と連携して市内で暮らす高齢者の安否などを確認する「ヤクルト配達見守り訪問」サービスをふるさと納税梅肉は痛みもあります。ヤクルトレディーが就任起動指定された世帯にヤクルト製品を届けて高齢者の安否や体調の変化などの確認を行うものです。寄付額25000円で3ヶ月さすが受けられます。

同様の取り組みですと栃木県小山市でも開始されています。 恋愛時代にじんわりと注目度が上がりつつある人手によるアナログな見守りサービス。外出が容易でない高齢者もいる中、このように在宅しながら人と触れ合う機会は息抜きや悲しみの一つになりうるでしょう生命の安全という観点からも感染症やカメラなどの機器設置による常時見回りは必要な場合もありますがそこに人の繋がりによる見回りを組み合わせればより強力なセーフティネットになるでしょう。

郵便局やヤクルトレディによるみまもりサービス高齢者の単体世帯が多いから多様化

まずは高齢者世帯の実態を把握しておきましょう。内閣府がまとめた「高齢社会白書」によると高齢者のいる世帯は全世帯の約50%を占めるもので、子供の同居率は39%です。
夫婦のみもしくは単独世帯の増加が顕著です。

特に単体接待が近年増加していることがデータから伺えますが65歳以上の一人暮らし高齢者の増加は男女共に顕著であり昭和55年には男性約19万人、女性約69万人、高齢者人口に占める割合は男性4.3%、女性11.2%であったが、平成27年には男性約192万人、女性約400万、高齢者人口に占める割合は男性13.3%、女性は21.1%となっています。

郵便局やヤクルトレディが安否確認とヒアリング

地域密着型の訪問型見守りサービスです。同じ地域に住む介護スタッフがサポートしてくれるので安心です。 訪問型とは高齢者の自宅を定期的に訪れて安否確認する見守りサービスとなっています。専任のスタッフは高齢者から相談を受けたり、食事の摂取状況を聞いたりして、記録として残します。高齢者と離れて暮らす家族はスタッフから訪問記録を伝えてもらい、心身の健康状態を把握するという仕組みです。

サービスの特徴とメリットは訪問型の場合は大森郵便局や電気や水道などの会社がサービスを提供しています。職員には検査員は日頃から管轄エリアを巡回しているため、地域との関わりが深い存在です。そうした土地勘に強いスタッフを訪問させることで、地域情報の提供や犯罪防止といった「包括的な相乗効果」も期待できます。

郵便局が提供するサービスでは高齢者の自宅を訪問するサービスを提供しています。月額の費用は訪問回数に応じて変動するシステムとなっています。訪問後はその記録を家族に報告し、身元のしっかりとした場所にある局員が訪れるだけではなく、郵便局なら電話の離島や過疎地を対象としたサービスも魅力となっています。

そして、「センサー型のの見守りサービス」は 高齢者の自宅に設置されたセンサー機能の感知によって安否確認を行うのが先生方の見守りサービスです。センサーが感知すると家族のパソコンやスマートフォンなどに連絡が行きます。サービス提供者はセンサーを管理して非常にと判断した場合は高齢者の自宅まで駆けつけるタイプもあります。清楚で安否確認をするタイプには冷蔵庫や電話や魔法など家電製品、日用品にセンサーがついたものや、繊細おトイレや冷蔵庫のドアなど日常に使うものに取り付けるものなどがあります。

冷蔵庫など生活動線にセンサーを取り付けて、振動を感知しないと離れた家族に連絡が入るシステムとなっています。リーズナブルに戸建住宅以外にも導入できるサービスもありますその活用方法についてはセンサーの役割は感知だけにとどまりません。例えばセンサー機器の電源が入った状態で長い時間完治しない場合は「親の身に何かあったのかもしれない」と考えられます。

転倒や転落などでその場から動けなくなっている可能性もあるため、地震情報は常にチェックし、一定期間以上受診がない時はすぐに対応できるようにしておくことが大切です。センサー機器は、トイレや浴室などの部屋ごとに設置するのが一般的です。ここ数年は冷蔵庫などの家電製品を始め、ホームセキュリティとの連動型、ガスや照明や人体で検知するタイプも登場しています。そのためセンサー型の夫婦にサービスを提供する企業は家電メーカーやセキュリティ会社はガス会社など民間企業から選べるのが特徴です。

そしてオート電話、オートベル型の見守りサービスを利用すれば、電話もしくはメールから高齢者の健康状態を知ることができます。 「オート電話・オートメール型」とは自動配信の電話もしくはメールを通して高齢者と家族が安否確認のやり取り行えるサービスです。高齢者側の利用方法はオート電話・オートメール型では、指決められた時間にサービス提供者から電話もしくはメールが高齢者に配信されます。

その際に高齢者は健康状態や安否確認を問われます。電話の場合は複数の回答が用意されていますが、当日の健康状態に合わせてボタンを選択するだけのタイプもあるので比較的容易に利用できます。メールの場合は質問内容に返信すれば完了です。

家族側で利用する時は、高齢者から劇的に送られているらしいを確認することができます。電話の場合は高齢者が選択したプッシュボタンの内容が反映されます。メールの場合はシンプルな定型文で表示される情報から高齢者の安否を把握できるようになっています。

郵便局やヤクルトレディのみまもりサービスの料金はどれくらいかかる?

郵便局のみまもりサービスの費用相場は月一回30分の訪問で月額1980円。月一回60分の訪問ではつき額2480円程度使っています。次にセンサー型の見守りサービスの費用相場ですがセンサー型の見守りサービスを契約する場合は初回契約料、月額利用料はセットになっていて、機器等代金は別というタイプです。各料金の相場初回契約料が約15000円、月額利用料が約3000円、機器等代金が5万円から8万円程度かかります。火災の監視・ガス漏れの監視・ライフリズムの監視といったサービスを提供する企業もあります。

オート電話・オートメール型の利用時にかかる費用は、初回契約料と月額利用料です。ただし初回契約料は提供元によっては発生しないところもあります。各費用の相場は初回契約料が約2000円。つきがく利用料は固定電話が約800円、携帯電話が約1200円となります。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?郵便局、ヤクルトレディによるみまもりサービスと、その他のみまもりサービスについてご紹介させていただきました。沢山のみまもりサービスがある中、月々のランニングコストも視野に入れて、最適なサービスを検討してみると良いかと思います。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。