置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

 置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。

おすすめの見守りサービス

置き引きを防犯カメラで防ぐとは?

 防犯カメラにはどんな効果があるかご存知でしょうか。防犯カメラはカメラなので、何か問題が発生した際に録画した映像が決め手となって犯人特定の手掛かりになることがあります。しかし、防犯カメラの映像も大事なのですが、防犯カメラが設置されていること自体に犯罪を未然に防ぐ効果があるのです。
 例えば、色々なお店などに行った際に防犯カメラが作動しているということを周知させるためのステッカーを見掛けたりすることや、防犯カメラを見掛けるようなことはありませんか。防犯カメラが置いてあるという表示があることで少し、安心感はありませんか。そして、絶対に犯罪をしたと勘違いされるような行動はしないぞという風に感じたり、少し緊張感を感じませんか。
 そういうことなんです。防犯カメラが置かれていることで犯罪を起こしにくくなるのです。防犯カメラを設置したことで被害自体が減るという効果があるのです。

置き引き防止のためにショッピングセンターに防犯カメラを設置

 ショッピングセンターなどにも防犯カメラは多く設置されていますよね。ショッピングセンターも買い物に夢中になっている間や、買い物の休憩時にベンチなどに荷物を置いている間に置き引きに遭ってしまうことや、お手洗いなどでうっかり忘れ物をして置き引きに遭ってしまうこと等もあります。
 同じ場所で置き引きを繰り返していて、防犯カメラに置き引きの証拠が映っていて、後日犯人を特定できたために逮捕に至ったケースもあります。やはり治安の悪いショッピングセンターだと思われてしまうと、周りからの評判も良くなくなってしまうため、ショッピングセンターでの防犯カメラの設置は非常に大事になっています。

置き引き防止のためにパチンコ店に防犯カメラを設置

 よく置き引きが発生する場所の1つにパチンコ店があります。パチンコは熱中してしまいますので、どうしても自分の大事な貴重品の存在を忘れてしまいがちになってしまいます。また、たまに行くトイレ休憩の際にトイレに貴重品を持って行き、そのままトイレに貴重品を置き忘れてしまい。その後置き引きに会ってしまうケースも多くあります。
 しかし、そういったケースでも防犯カメラの映像が残っていて、後日逮捕に至ることもあります。やはり防犯カメラの有無が犯人検挙に大きく関わることは多いようです。

置き引きを防ぐために防犯カメラをゲームセンターに設置

 置き引きがよく発生する場所の1つにゲームセンターがあります。ゲームセンターでは様々な面白いゲームがあり、ゲームに熱中してしまうと遊んでいる人はバッグのことを忘れてゲームに夢中になってしまう人が多いです。またバッグなどを置いてプレイすることも多いですよね。ゲームで遊ぶのに夢中になっている間に置いてあるバッグから貴重品を取っていってしまう人がいます。


 防犯カメラがゲームセンターに置いてあることで、安心して人が遊ぶことが出来るという効果があります。一度ゲームセンターでそういう被害に遭ってしまうと近付くのが怖くなってしまう客もいます。そしてゲームセンターはどうしても治安が悪くなりやすい場所の一つにもなっていますが、学生さんや若者にも人気のあるスポットなので、ゲームセンターの治安を守ることはかなり重要になってきます。


 またゲームセンターに防犯カメラを設置するのは置き引きを防ぐことや、防犯カメラが置き引きを起きた時に証拠となる映像を残すだけではありません。女子高生などに今もなお人気のあるプリクラブースなどでも置き引きが発生しやすいだけではなく、死角になりやすいので犯罪も置きやすい場所の1つでもあります。他の犯罪の手掛かりを掴む手段にもなりますし、ゲームセンターは絶対に防犯カメラを置く場所の一つです。


 防犯カメラを設置して犯罪が起きにくくすることで、長く遊んでくれる客を作ることが出来ますし、何よりお客さんに楽しく快適に過ごしてもらうことが出来ます。

置き引きを防ぐために防犯カメラを病院に設置

 病院で置き引きなんて起こるんですか?と思う方も少なくないのではないのでしょうか。しかし、病院内で発生する事件の中でも一番多いのが置き引き事件なのです。置き引きとは単純においてあるものを他人が持ち去ることを総称です。置き引きは他人が自分の所有物を持ち出すことで発生してしまうのですが、本人が撮られたと勘違いしているというケースも良くあります。


 もしも自分の大事なものをなくしてしまい、それをいつ失くしてしまったのかがわからない場合、一日の行動を振り返ってみますよね。その中で不特定多数の人が来る病院に立ち寄っていたとしたら、病院で盗られたか失くしたかもしれないと考えて、きっとその時に利用をした病院に電話をかけてきます。もしも病院に防犯カメラがあれば、盗られていれも盗られてなくても映像が防犯カメラに残っているはずです。


 その際に防犯カメラがないとトラブルの解決に時間がかかってしまいます。そういったトラブルに遭遇した病院が防犯カメラの設置を検討するケースが多いです。病院内で起きた窃盗事件や紛失などは病院側には関係ない事ではありますが、病院のイメージが悪くなってしまうので、防犯カメラを漬けたいと思う病院もあります。


 病院絵は老若男女、不特定な人間の行き来がある場所であり、関係のある人もない人も様々な人間が出入りする場補です。特に、ご年配の来院者が多い病院では置き引き事件の対策が特に必要となります。ご年配の方はお金を持っていることも多いですし、うっかり置き忘れてしまうようなことも少なくありません。そして、病院の待合室では実際に置き引きの事件が発生しています。


 病院の待合室では椅子に腰を掛けて、バッグも椅子の上に置きます。長い待ち時間の間に疲れて居眠りをしている間に盗難の被害に遭ってしまったり、トイレに行く間の少しの間にバッグを置いたままにして盗難に遭ったり、隣の人と話に盛り上がっている間にバッグのものが盗られたりというケースが想定されます。入院中の病室でも少し席を外した間に貴重品が無くなってしまったという非件も起きています。
 病院は多くの人がいて、しかも多くのスタッフがいるために気が緩んで物を盗ませることを許してしまう隙を作ってしまいがちなのです。色々な場面で気を緩めてしまい、その間に被害に遭ってしまうケースがいるのです。
 ぼーっとしている本人の気のゆるみが原因だとは言え、悪いのは他人の所有物を盗んでいしまう人間ですよね。そして、いくら盗まれないように注意を払っていても、それでも犯人と言うものは近付いてきてしまうのです。特に病院では具合が悪くて意識が遠のきかけてしまっている方、病気のことで頭がいっぱいの方もいるので、そんな荷物が盗まれてしまう可能性があることなんて考えられないですよね。
 病院には多くのスタッフはいますが、病院のスタッフは仕事で忙しいため、人の荷物まで監視する余裕なんてありません。人間の力でこうした犯罪を防ぐということは難しいので、そこで防犯カメラの出番が出てくるのです。


 防犯カメラは24時間365日休まず電気の力だけを使って監視をしてくれます。また、人の記憶ほどあいまいではなく証拠となる画像を映像として記録してくれます。そんなことで、病院に防犯カメラを置くことは重要になってきています。

置き引きが発生する場所に防犯カメラを設置しないことで発生するリスクとは?

 置き引きが発生する可能性のある場所に防犯カメラがないと、人が安心して活動できないために寄り付きにくくなってしまうと言う可能性があります。防犯カメラがあるから安全していける場所にやはり行きたいなと思いますよね。防犯カメラを設置することでお客さんの信用を得られますので、置いておくのがおすすめです。


 また置き引きなどの証拠が残るだけではなく、店舗やその施設の経営に関わるような被害を受けると言う可能性もあります。備品が破壊されてしまったり、施設の備品が盗まれてしまう可能性もあります。そうした被害を防ぐためにも防犯カメラは大きな役割を果たしてくれます。

置き引き防止対策としての防犯カメラまとめ

 置き引きの犯罪被害を防ぐために防犯カメラの設置は重要になってきています。防犯カメラを設置してあるという表示があったり、わかりやすい場所に防犯カメラを設置することにより、置き引きという犯罪に手を出す気がしなくなりますので、治安の良い環境を創り出すことが出来ます。


 置き引きなどの犯罪が発生してしまうと、そのことは結構地域の人などに口コミなどで広がってしまう上に、近年ではインターネットを通じて広まってしまうこともありますので、人が安心して来やすくするためには防犯カメラを設置するのはかなり効果があります。


 置き引きの検挙率が比較的高いのはスタッフが見ていたということもありますが、防犯カメラの普及と言うのもかなりあり、その日には見付からなくても、数週間後に逮捕に至るケースなどもあります。犯人逮捕に至ることもあれば、防犯カメラの存在自体が置き引きを防ぐケースもありますので、防犯カメラの設置はかなり重要になってきています。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。