店舗に防犯カメラを設置する意味とは

 店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。

おすすめの見守りサービス

店舗に防犯カメラを設置することで万引き・内引き防止

 店舗で発生するトラブルでやはり上位に来るのは万引きと、従業員がお店の商品を盗んでしまう内引きなどがあります。これは9年前の調査の報告になりますが、日本の店舗ロスの6パーセントは従業員の内引きによるものと言われています。約64億円分もの商品が従業員によって盗まれることで無くなっていると思うとかなりの被害額です。ただ、内引きとして発覚してる被害額が64億円だっただけで実情はもっとあるとも言われています。


 内引きが発生しないようにするためには、やはりしっかりと対策をする必要があります。簡単に内引きできると思うと、商品の内引きが簡単にできると思うと繰り替えられてしまう可能性が高いので、しっかりと対策する必要だあります。人の目で対応するだけでは難しいので、防犯カメラを設置して対策を取ることが効果的です。


 防犯カメラを設置することで、従業員は防犯カメラに映って内引きがばれることを恐れて、内引きをしにくくなります。また、万引きの被害も多くのお店で発生しています。防犯カメラがあることで万引きが発生した時に、その証拠となりますので設置をすることが重要となりますし、防犯カメラに気が付くことで万引きの発生を防ぐことも出来ます。

店舗に防犯カメラを設置することで金銭授受のトラブル防止

 防犯カメラを設置する理由は犯罪を防止するためだけではありません、金銭授受のトラブルが発生した際にも役に立ちます。お釣りの受け渡しミスや、クレジットカードの置き忘れ、お客様の勘違いなどで何らかのトラブルが発生した場合にも、防犯カメラで撮影をしていれば、その時何が起きていたのかや、事実関係をはっきりさせることが出来ます。


 金銭授受のトラブル関連を防ぐために防犯カメラを設置する場合は、音声の証拠も残った方が何かと便利なので、マイク付きの録音機能のついている防犯カメラを設置するのがおすすめです。確実性の高いデータを残すことが出来ます。

店舗に防犯カメラを設置することでお客入りの確認

 店舗では多くのアルバイトスタッフを採用していることが多いです。店舗のバイトスタッフのお客様の多さが適合していかどうかなどという点も防犯カメラで確認することが出来るため、適正な人員での運営を考えることにも役立ちます。スタッフが足りない時間帯があることがわかれば、もう少し多く人員を動員することも出来ますし、バランスが悪ければ人員を減らすことも出来ます。店舗を効率的に回すのにも役に立ちます。


 また、手じでの対応などを見直すことにも役立ちます。良い対応があればスタッフと共有をしたりなど、人材育成にも防犯カメラの映像を活用することが出来たという事例もあります。

店舗に防犯カメラを設置することで食の安全性をアピール

 これは飲食店での防犯カメラの設置の重要性の話になりますが、食べ物への異物混入がかなり話題になった時期もあり、飲食店内での遺物今夕の防止対策、安全性の証明が求められるようになってきています。

万が一お客様から指摘があった場合に映像を確認をすることも出来ますし、「防犯カメラでしっかり撮影しています」と告知するということが、お客様への安全性へのアピールにもつながります。

店舗に防犯カメラを設置することで駐車場のトラブルも解決

 店舗に防犯カメラというと、店内だけの撮影に気が行きがちになりますが、意外に店舗の防犯対策で重要になるのが、駐車場などの外の監視をすることです。営業時間内だけではなく、空き巣などの犯罪を行う人は犯罪の前に下見を行います。そして、夜間や定休日の時間だのは下見も自由にすることが出来ます。また、食事中や買い物中、美容院に言っている最中は、お客様が車から少し離れる時間があることになります。


 夜間などは特に車上荒らしの被害に遭ってしまう可能性もあります。防犯カメラを設置して、防犯カメラが作動しているということを告知するだけでも車上荒らしの防止にもつながります。


 防犯カメラが駐車場に近付いてくる不審な人物を撮影することが可能です。犯人は「捕まらない事」を第一目的にしているため、下見をした際に防犯カメラがあったら、「このお店は防犯に気を使っているお店なんだ」ということで、その店舗を犯行をするターゲットから外します。

店舗に防犯カメラを設置することで夜間の空き巣を防止

 店舗に防犯カメラを設置することで夜間に来る空き巣を防止することが出来ます。店舗には転売できるような品も多くあります。そのため夜間に店舗に入られてしまう可能性もあります。

店舗に防犯カメラを設置することで顧客を分析

 
 テーマパークに行くと絶対に発生してしまうのがアトラクションの待ち時間です。多くの人が待ち時間の長さが辛いなと感じたり、効率的に回りたいなと思い、計画を立てる人も多くいます。近年では、アトラクションの待ち時間の長さを表示したりしている場所や、スマートフォンのアプリで待ち時間をリアルに見ることが出来るサービスなんかも出てきています。そうしたサービスを作り出すにも防犯カメラの映像は役に立ちます。


 例えば、各アトラクションの入り口付近に防犯カメラを取り付けたら、本部のモニターで集中管理を行うことによって、一括してカメラの映像を確認できるようになるため、そのモニターから込み具合が把握できるようになります。防犯カメラの映像を活用してアプリや電光掲示板などのツールでその時の待ち時間をお客さんにその情報の共有が出来れば、お客様の満足度を高めるサービスにもつながります。


 カメラ映像のデータを取ることで人気アトラクションの混雑時間や、年齢層、混雑時の気象条件など、必要に応じて様々な統計を取ることが出来るようになり、そのデータをもとに顧客分析を行って、経営戦略を考えたり、人気アトラクションの研究開発材料にもなります。防犯カメラは活用次第で防犯効果だけでなく、顧客満足度を高める販促ツールとして色々な方面で活用することも出来ます。

店舗に防犯カメラを設置する場合におすすめのタイプのカメラ

 店舗に防犯カメラを設置する場合は設置場所や目的別に防犯カメラのタイプを変えましょう。設置する防犯カメラのタイプはニーズに合わせて、場所ごとに変えることで威力をより発揮することが出来ます。

店舗の中に防犯カメラを設置する場合

 店内に防犯カメラを設置する場合でも、シチュエーション別で設置する防犯カメラを変える必要があります。犯罪を防ぐ目的なのか、威嚇する必要があるのかなどによって設置する防犯カメラのタイプを切り替えることで、店員が緊張感を持って働くことにつながったり、お客さんにリラックスした状態でサービスを受けてもらえたりなどの差が出てきます。


 例えば、美容室の店内に防犯カメラを設置する場合を考えると、髪の手入れに来たお客様にとってあまり防犯カメラがあると監視される感じがないため、リラックスしてサービスを受けることが出来ます。例えば、ドーム型の防犯カメラなどは威圧感が少ないので、美容室などに設置する場合は向いています。


 一方で万引きや内引きなどを防止するために設置する防犯カメラは、威嚇効果の高いタイプの防犯カメラを設置する必要があります。

店舗の外に防犯カメラを設置する場合

 店舗の外に防犯カメラを設置する場合には夜間対応のものを購入するようにしましょう。空き巣や駐車場の犯罪の被害は夜間に発生することが多いので、夜間に対応するものがいいでしょう。


 例えば駐車場では全体を見渡せるような防犯カメラを設置する必要があります。暗闇でも白黒映像で撮影が可能な赤外線カメラを設置する。威嚇効果の高いパレット型カメラやハウジング型カメラを導入し、車上荒らしへの威嚇を行うことも出来ます。


 実際に防犯カメラを設置したことで、以前は不審者が来ているようなところでも、不審者が来なくなるなどの効果が出たりもしています。


 また、特に自転車となると他の野茂よりもかなり軽い気持ちで盗むことが出来ます。そこで駐輪場で威嚇効果の高い防犯カメラを設置することで、軽い気持ちで自転車を盗む人が激変したというケースもあります。また防犯カメラを設置することによって、以前よりも自転車が整列されてマナーも向上したという他の効果も出ました。


 お客様からもこういう場所に防犯カメラを設置することで、その店舗に来ているお客様からも安心して利用することが出来るようになったという声もあるため、屋外には威嚇効果のあるタイプがおすすめです。

店舗に防犯カメラを設置のまとめ

 店舗に防犯カメラを設置することで、空き巣や万引き、内引きなどの犯罪を防止するだけではなく、お店のサービスを改善するためにも大きく役に立ちます。


 防犯カメラを設置することで、商品が盗まれてしまうことによる損失を大きく防ぐことも出来ると同時に、従業員の労働態度の向上にもつなげることが出来ます。また、サービスを向上するためにも防犯カメラの映像は大いに役立ちます。お客さんが欲しいと思うようなサービスを防犯カメラの映像を見ることで取り入れることが出来ます。


 店舗に防犯カメラを設置する際も、どんな目的と使用用途を検討したうえで、防犯カメラの機種を選ぶようにしましょう。
 
 

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。