SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

 ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。

防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。


 SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存知でしょうか。導入が気軽たため、近年では人気のあるタイプの防犯カメラになってきています。どんな防犯カメラなのかを紹介します。

おすすめの見守りサービス

SIMの防犯カメラの他にどんな防犯カメラがあるの?

 SIMとLTE回線を利用したタイプの防犯カメラの他にも有線タイプの防犯カメラとWifiを利用したワイヤレスの防犯カメラがあります。
 

有線タイプの防犯カメラ

 防犯カメラで撮影した映像をケーブルを通過させることで、データの送受信をするのが有線タイプの防犯カメラです。

有線タイプの防犯カメラで撮影した画像は映像が安定しているというメリットがあります。これは有線の防犯カメラで撮影された画像はケーブルを通過させて録画機器に送信られるため、確実に画像が送信されるためです。ケーブルを通して送られる画像はノイズが入りにくくなるため、しっかりとした画像を送信することが出来ます。


 また、有線タイプの防犯カメラでは大容量の高画質の画像を送信することも可能にしてくれます。ワイヤレスの防犯カメラよりも大容量の映像を高速で送信することが出来るのが有線タイプの防犯カメラのメリットです。ワイヤレスの防犯カメラでは難しいとされる高画質で長時間の映像も有線タイプであれば録画が可能です。映像の送信スピードが速いため、リアルタイムで映像を監視したい場合にも有線タイプの防犯カメラの方が優れます。


 有線タイプの防犯カメラは録画させた映像がケーブルを通じで送信させるため、映像の傍受がされにくいという面ではワイヤレスタイプの防犯カメラよりも安全面で優れているという特徴があります。


 一方で、有線タイプの防犯カメラにもデメリットがあり、防犯カメラを設置する際に配線工事なども必要になるため、どうしても設置にかかるコストが高くなります。また、ケーブルを置くスペースが必要になります。また、断線の危険性があります。侵入者がケーブルを切ってしまうと映像が残らなくなってしまうため、ケーブルを守るための警報装置を設置する等の対策も必要になります。

ワイヤレスタイプのWiFiを利用した防犯カメラ

 ワイヤレスの防犯カメラとは文字通り配線がいらないタイプの防犯カメラで、ケーブルを使う代わりに無線LAN等を利用して、映像の送受信を行うものとなっています。設置が簡単で、且つ価格が安いため、家庭用に設置する場合はワイヤレスの防犯カメラは人気があります。
 ワイヤレスタイプの防犯カメラのメリットとしては設置が有線タイプの防犯カメラと比べると非常に簡単であるという特徴があります。配線工事などもあまり必要ない場合も多く、置くだけやクリップ式など自力で設置できてしまうような気軽な防犯カメラなどもあります。また、設置が簡単なワイヤレスの防犯カメラを購入した場合には、設置場所を変えたい場合、防犯カメラを増設したい場合も自力で出来てしまうのもありがたいです。


 そして、ケーブルがないためにその分、設置に要するスペースも少なくなります。そして、配線工事が必要ないということはその分業者に頼らなくて済むということなので、大幅にコストを削減するということも出来てしまいます。近年は非常に低価格の防犯カメラなども多く販売されているため、全体的に導入にかかるコストが安くなるというメリットがあります。


 一方でワイヤレスタイプの防犯カメラのデメリットとしては、ワイヤレスタイプの防犯カメラは電波を送信して映像を送るため、電波がしっかり送信されないと画像の質が悪くなってしまうという問題があります。
 障害物によって電波が遮られたり、他の家電製品の電波が影響してノイズが発生してしまう可能性もあるという欠点があります。電波で送信できる情報量には限界もあるため、解析度の高い大容量のデータを送信するには向いていないという欠点はあります。


 他の弱点としてはセキュリティ対策を行わないと映像が傍受されてしまう危険性もありますが、これは購入した時の初期設定からパスワードなどを変更する等の設定を行うことで解決することは出来ます。

SIMとLTE回線を利用した防犯カメラとは?

 「TLE回線」とはLong Term Evolition (ロングタームエヴォリューション)の略称のことで、携帯電話の回線通信規格を指す言葉です。携帯電話会社が所有する基地局をアクセスポイントとして電波を飛ばしています。日本では各基地局も多く存在しているため、広範囲で安定した通信ができるといった特徴があります。このシステムを使う防犯カメラです。


 では、「格安SIM」という言葉を最近よく聞くと思うのですが、SIMとは何かご存知でしょうか。SIMとはSubscriber Identity Module Cardという英単語を短くしたものです。携帯電話などによく使われている、一見ただの金属板に見える裏側に小さな部品(CPU やメモリが一緒になったICチップ)が埋め込まれているあのアイテムです。SIMは小さなコンピューターのようなもので、あの中に色々な情報が入っているのです。


 SIMというと携帯電話に組み込まれているものと言うイメージが強いのですが、実は街中にある自動販売機にも組み込まれていて、自動販売機の中の在庫確認などにも利用されていているのです。


 つまり、この小さなコンピューターであるSIMと安定している回線であるLTE回線を利用しているタイプの防犯カメラが近年では人気を伸ばしつつあるのです。あまり場所を使わない上に、WiFiよりも安定していることもあり、街中に多くのSIMとLTE回線を活用した防犯カメラが作動しています。

SIMとLTE回線を利用した防犯カメラのメリット

 WiFiもLTEも無線を利用した通信規格と言う点では共通なのですが、WiFiは無線LANの1つで、広くてもせいぜい1施設程度の規模で用いられるネットワークとなっているため、そのため範囲が限定されるだけではなく、周波数による電波障害を受けやすいといったデメリットがあります。そして、光回線が利用できない地域では通信速度が遅くなってしまうと言うデメリットがWiFiにはあるのです。


 それに対してLTE回線は、もともと屋外で多数の携帯電話を利用することを想定して作られている通信技術であるため、屋外で利用しても電波が非常に安定していて、さらに日本国内のほぼ全ての地域をカバーしていて、専用の周波数を利用していることもあって安定した通信を可能にしてくれると言う特徴があります。


 このような理由が合って、LTE対応の監視カメラは「電源さえ確保することが出来れば設置場所を選ばない」「ネットワーク工事などの大幅な初期費用が掛からない」などといった、防止カメラを設置するにあたってのデメリットを補う効果のある優れものな仕組みを使った防犯カメラだと言えます。


 また、近年は格安SIMなども出ているため、より安定した回線を利用して、比較的低価格で防犯カメラを設置することが出来るという特徴があります。


 また、近年はSIMとLTE回線を利用した防犯カメラのサービスを提供している業者も多くあり、設置も非常に簡単なため、低価格で利用できるサービスが次々と出てきていると言う特徴もあります。ただ、防犯カメラ自体も高いものを購入する必要があり、月額料金もそこそこ高いものもあるので、色々なサービスを比較検討したうえで導入するのがおすすめです。


 また、録画を確認するための道具にパソコンやスマホ、タブレット端末などを使うことが出来るため、映像のチェックも簡単なものが多いのも特徴です。

辺鄙な場所に設置する場合にはSIMとLTE回線を利用した防犯カメラが便利!

 SIMとLTE回線を利用した防犯カメラは設置できる場所が多いという特徴があります。LTE回線は日本の各地で使えるようになっているため、ケーブルが引けない、もしくはケーブル式にしてしまうとコストが高額になりすぎてしまう場所やWiFiタイプの防犯カメラの設置が難しいところでもSIMとLTE回線を利用したタイプの防犯カメラなら設置できると言う場合が多いからです。


 特に少し辺鄙な場所であったりする場合にはこのLTE回線とSIMを利用した防犯カメラは大活躍することが出来、畑などの監視をするのにこのタイプの防犯カメラを導入されているケースもあります。

SIMとLTE回線を利用した防犯カメラのまとめ

 SIMとLTE回線を利用した防犯カメラについてご紹介してきましたが、こちらのタイプの防犯カメラでは従来よりも気軽に設置にかかる工事なども不要もしくは少なくて済むと言う特徴もあり、様々な場所への設置に向く防犯カメラであると言えます。


 インターネット環境がない場所へでも設置することが出来ると言うのは非常に大きな特徴でもあり、また、本来携帯電話用に作られているLTE回線はWiFiよりも安定した回線のため、より確実に防犯カメラで映像を録画することが出来ることになります。


 近年はSIMとLTE回線を使ったタイプの防犯カメラのサービスが増えてきていますので、色々な会社を比較検討したうえで、向いているタイプの防犯カメラを選定してみるのがおすすめです。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。