外出時も安心!GPSを使って高齢者を見守る

高齢者になってくると、1日の中で散歩に出かけたり地域の方々とのコミニュケーションのためにお出かけをする事は多々あると思います。そこまで遠出をするわけではないので心配する必要は無いかもしれませんが、ある程度の年齢だったり、体が弱ってきている高齢者が外出する際は心配になるものです。
今回はそんな高齢者が外出する際にも安心できる、GPSを使った見守りサービスを紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

GPSで外出時の高齢者を見守る

高齢者を対象として見守りサービスと言うのは非常にたくさんありますが、そのほとんどが室内で高齢者を見守りといったものです。室内にいる時はいつであろうとも高齢者の異変に気づき、すぐに対応することが可能ですが、外出している場合はそうはいきません。
そんなGPSを使った見守りの方法を紹介します。

外出時に怪我

GPSを使う目的の1つ目は高齢者が外出時に何かあったときに迅速に対応するためです。
見守りサービスは高齢者を自宅の中で見守るサービスが充実していますが、外出時に見守りサービスはGPS位しかありません。GPSを使うことによって外出時に怪我をしてしまったり、持病等で倒れてしまった場合に対応することが可能になります。
公園などでGPSが止まってもあまり不思議はありませんが、玄関先でずっとGPSが止まっていたり、道路の脇でGPSの動きがない場合には高齢者の身に何かあったと推測することが容易にでき、高齢者に連絡を取ったり駆けつけることによって救出をすることができます。
特に体が弱い高齢者がいる場合に、このGPSの見守りが使われ、実際に足をくじいて動けなかったところ、GPSのおかげですぐに発見できたなどといった例も存在し、その実用性の高さが伺えます。

日々の見守り

これは毎朝散歩に出かける人や、定期的にお出かけをする人等の日常的な見守りをするのにもGPSが使えます。
毎日8時に散歩に出かける人が急に散歩に行かなくなれば、何かあったのかと考えることができますし、1週間に1度はお出かけをしていた高齢者が1ヵ月どこにも行かない場合は、健康状態が悪いのかもしれない、などといった推測が可能となります。
このように外出時の見守りだけでなくGPSによってその人がいつどこに行ったのかを把握できれば、日常的な見守りにも使用することができます。

高齢者用のGPS・タイプ別

GPSは様々なタイプが存在しますが、高齢者には持ち歩くの忘れないように様々な工夫を施されたGPSが存在します。それぞれのタイプのメリットやデメリットを解説していきます。

ノーマルタイプ

ノーマルタイプはGPSの機能が付いた専用器具を持ち歩くタイプのことです。
高齢者用のGPSの中でも非常に風が多く、様々な企業が販売しています。
高齢者がする事は充電と外出時に持ち歩くだけなので非常に楽で、大きさもポケットサイズのものが多いため持ち歩きも簡単です。
しかし、ついつい持ち運ぶのを忘れてしまったり、どこかへ置き忘れるといったことが頻繁に起こってしまうのが大きなデメリットです。GPSを使って見守っている側は、GPSの重要さを理解しますが高齢者はそこまで重要していない場合も多いので、持ち歩きをしっかりと習慣化してもらう必要があります。

首にかけるタイプ

基本的な機能はノーマルタイプのGPSは変わりませんが、こちらが首にかけることができるタイプのGPSで、高齢者が常に首にかけていれば持ち歩く必要性は全くありません。また首にかけることによって高齢者が外されしない限りはどこかへ置き忘れたりなくしたりする心配もないため非常に便利ですが、充電をして忘れてしまうといったデメリットがあります。
首にかけるタイプの多くは、外出時に首にかけて、外すときはお風呂に入る時などで、充電を忘れるケースが多いのがデメリットといえます。
また首にかけていると高齢者が変な違和感を感じたり、1日中首にかけていれば重さも感じてしまうため、常に持ち歩くことができるという見守る側のメリットは大きいですが、使用する高齢者が多いのでメリットも大きいです。

ベルトにつけるタイプ

ベルトにつけるタイプは、ノーマルタイプのGPS機能面はさほどさはありませんが、ベルトなどに装着することが出来ます。
ベルトにつけるタイプの大きなメリットは、高齢者にとってあまり負担にならないことです。
また、外出時にはベルトなどを着用する方が多いため、GPSをつけ忘れるといった心配もノーマル方に比べれば減りますが、その日の格好によっては装着できない場合があるため少しデメリットといえます。
また装着具合が甘ければ、歩いている拍子に落ちてしまったりすることもあるのでしっかりと装着することが大前提となります。

スマホのGPS

最後はスマホに内蔵されているGPSを使って外出時の見守りをするということです。iPhoneを始めとした多くのスマホにはGPS機能がもともと備わっており、備わっていないスマホにもアプリなので簡単にダウンロードすることが可能です。こちらはGPSをダウンロードしたスマホと見守る側のスマホをつなげることによって簡単に見守りが可能となります。
スマホのGPSと言うのは使う人によってメリットデメリットが大きく分かれるのが特徴で、常にスマホを持ち歩いているような人には大きなメリットになります。
高齢者もスマホを持ち忘れるといったことも少なくなりますし、充電が切れてしまったと言 いうことも少なくなります。
しかしスマホを普段あまり使わない人にとっては、外出時にスマホ持ち歩く習慣がなかったり、電池の残り残量が少ない状態で外出してしまったため、途中で電池が切れてしまったりといったことが頻繁に起こってしまいます。
そのため電子機器に強い高齢者の方には非常に大きなメリットがありますが、電子機器に弱い高齢者の方にはデメリットの方が大きいといえます。

高齢者用GPSのデメリット

高齢者が外出している時でも言われるGPSは非常に高性能な場合が多いですが、どれだけ高性能なGPSにもデメリットがあります。様々なタイプのGPSがありそれぞれのデメリットもありますが、今回は多くのGPSに共通するデメリットを紹介していきます。

持ち歩かない

まず大前提としてGPSと言えば高齢者と一緒にいるからこそ、その性能を発揮するのであって、高齢者が家に忘れてしまったりすれば全く意味がありません。首からかけるタイプのGPSや、ベルトに固定できるGPSなども存在しますが、外出前に着替えてしまったり何かの拍子に外してしまったということが十分に考えられます。
また、GPSの存在自体を忘れてしまい使用しないで何日も家に置いてある状態では、見守っている側も何かあったのではないかと勘違いでしまいます。
そのためGPSを使っていても持ち歩かないため外出時の見守りができないといった致命的なデメリットがあります。

落としてしまう

GPSを持ち歩くのは良いですが、運動しに外出した場合や、自転車に乗っていた場合などはGPS自体を落としてしまう可能性も十分にあります。また公園で休んだ時などにもベンチの上に置き忘れてしまったりとGPSを持ってきたはいいものの、落としてしまう可能性があります。
GPSを落としてしまえば長時間外にいると勘違いしてしまうため、外で事故に遭ってしまった、怪我などで動けないでいると勘違いされる可能性が非常に高くなっています。
 GPSの異常を発見してご家族がすぐに駆けつけたらGPSが落ちているだけで、高齢者本人は家でくつろいでいたなんてこともよくあることなので、それもデメリットの1つといえます。

電池が入ってない

GPSではその性質上、電池がなければ全く機能しません。電池が切れているGPSを常日頃持ち歩いていて、家族が高齢者の居場所を確認しようとスマホアプリなどを開いても、GPSが全く表示されないことがあります。
GPSというのはその性質上、高齢者はただ持ち歩いているだけで良いため、電池が切れていても気づかないことが多いです。
またGPSの仕組み自体しっかりと理解している高齢者が少ないため、電池が切れているからGPSが作動しないということを理解できない場合も多いです。
高齢者にとっては少し難しい作業であっても、見守る側が毎回電池があるかの確認をするのも容易なことでは無いので高齢者と見守る側の間でトラブルに発展しやすいです。

まとめ

GPSという言葉はアクション映画や、スパイ映画の中でもよく使われるため、あまりイメージを持っていない方も多いですが、高齢者の見守りだけでなく子供の見守りなんかにもよく使われています。
日常的な高齢者の行動を見守ったり、外出時用の見守りとして非常に高い性能を誇るこのGPエスは、難しい操作は何の必要もなく、高齢者は持ち歩くだけ、見守る側はアプリなどを利用すれば簡単に高齢者の現在地を把握することができます。
しかし高齢者がGPSを落としてしまったり、持ち歩かないといった場合もあり、そのような場合はGPS本来の機能が生かされないといったデメリットもありますが、高齢者が持ち歩きを習慣にすることができれば、非常に心強い外出時の見守りになります。
体が弱くなっていく高齢者は、 外で何かあった場合自力で対応することが難しくなってくるので、高齢者の見守りサービスとしてGPSを利用していない方は、ぜひGPSの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。