屋外設置で家の監視!オススメIPカメラ3選!

家に監視カメラを設置する家庭が多くなり、一般家庭による防犯の認識も深まってきましたが、監視カメラを購入する際に選ぶ基準となるのがアナログカメラかIPカメラかの違いです。
また監視カメラを設置する際は、屋外に設置する場合がほとんどのため、今回は屋外に設置できるIPカメラについて徹底的に解説していきます。

おすすめの見守りサービス

屋外に設置できるIPカメラとは

IPカメラというのはカメラ自体がIPアドレスを持つことにより、インターネットを使用した監視ができるというカメラです。インターネットに通信できるため、スマホなどで遠隔操作することが可能です。また、録画した映像もブラウザに保存ができるため、細かいメンテナンスなどは不要です。
IPカメラは会社のオフィスや飲食店などでも使用されることが多く、室内の使用にも向いています。また配線なども従来のアナログ監視カメラに比べると、少ない配線で接することができるためマンションなどの大掛かりな工事ができない場所でも使用されます。
このため室内で使用する場合も多いですが、IPカメラは屋外に使用することも可能です。
多くのIPカメラはカメラ部分がしっかりと保護されているため、風や雨などに対する体制はバッチリで、家の近くならインターネット環境も使用できるため問題なく作動します。
しかし家が大きい場合などで、インターネットが玄関先に届かない場合などはその配慮も必要となります。

屋外用IPカメラの選び方

IPカメラの室内にも、屋外にも使用することが可能ですが、一軒家などでは屋外に使用する場合が多いです。そんな屋外にIPカメラを設置しようと考えている方か確認すべき屋外用のIPカメラの選び方を紹介します。

赤外線撮影が可能か

屋外用のIPカメラを選ぶ際に確認するポイントの1つとして、赤外線撮影が可能かどうかです。
屋外を監視すると言うことが、空き巣などの防犯用として使用する場合が多いですが、夜の撮影ができないと防犯についつはあまり意味がなくなってしまいます。
もちろん、家の中に人がいない時間帯を狙って侵入する場合もありますが、住人が寝静まった夜に侵入する空き巣も多いため、赤外線撮影ができているというのは、とても重要な項目です。
また夜間の撮影も可能であると言うことを知らせるシールや、夜間は赤いランプなどで転倒するといった機能があるものがさらにオススメです。
防犯といった効果もありますが、家の前に不審者が出た場合にも、赤外線カメラを利用すれば何か危ないものを持っていないか、なども簡単に確認することができます。
そのためIPカメラを屋外に設置する際は、赤外線撮影ができるIPカメラを選ぶことを強くオススメします。

防水か

これはIPカメラだけでなく、すべての上に入ることで屋外に設置するには防水は必須です。
もしも設置する場所に大きな屋根があったり、駐車場の中に設置したいと言う場合はそこまでの防水機能がなくても大丈夫ですが、多くの場合は雨ざらしになってしまうので防水機能があるかないかを確認する必要があります。
現在発売されているIPカメラの多くは、カメラ部分はしっかりと防護されているため、防水機能をかねそろえたものがほとんどですが、安いIPカメラの中には防水機能が付いてないものもまだまだ多いです。
屋外に設置できるIPカメラを買ったはいいものの、防水機能が弱すぎてちょっと強い雨にさらされただけですぐに壊れてしまった、台風などの影響で壊れた、といった惨事になってしまう可能性があるので、安い金額だからって言う理由で購入するのではなく、しっかりとした防水機能、または雨や風などに対する耐性があるIPカメラを購入したほうがいいです。

自宅のインターネット状況

こちらは非常に重要で、IPカメラを購入する際はインターネット環境をしっかりと確認する必要があります。
自宅にインターネット環境がない、もしくは会社としてしまった場合にインターネット環境がないとIPカメラの管理、操作ができなくなります。
スマートフォンなどを利用していれば問題ありませんが、ノートパソコン等で管理を行っている場合はポケットWi-Fiなどを持ち歩くなどの工夫をする必要があります。
また、自宅にインターネット環境が揃っていても、通信が遅かったりすると、IPカメラの送信する画像データやアクセスの際に、使用端末が熱くなってしまうといった問題もあります。
使用するWi-Fiによってもしっかりとパスワードをかけ、ロックしておくなどの工夫をしないと簡単に階から侵入ができてしまうため、まずはしっかりとしたインターネット環境の準備、そしてセキュリティーなどを万全にする必要があります。

遠隔操作

IPカメラの特徴の1つで、スマホで遠隔操作できるというものがあるので、屋外用のIPカメラを使用する場合はスマホで録画、威嚇用ランプの点灯、首振り操作などの遠隔操作が充実しているIPカメラを選ぶことをオススメします。
安いIPカメラを選んでしまうと、インターネット環境があればスマホで管理することができても、カメラの遠隔操作で行ったりができなくなります。
また不審者が現れたとき、こちらの遠隔操作や赤外線カメラに切り替えたり、ズームをしたりすることもそのIPカメラによってできるか、できないかが違うので、しっかりと確認する必要があります。

屋外にIPカメラを設置するメリット

屋外用のIPカメラを購入する際の選ぶポイントをいくつか紹介しましたが、実際に屋外にIPカメラをつけることによってどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。
もちろん防犯的な意味合いもありますが、アナログカメラを使用したり、センサーだけを使用する場合とどのような違いがあるのかなども紹介していきます。

防犯機能

まずはIPカメラを設置することによって、他の防犯カメラに比べて格段に防犯力が上がると言うことです。
こちらは非常に大きなメリットの1つで、通常のカメラの場合、遠隔操作でカメラの首振りを行ったり、不審者の顔や特徴を高画質でとらえることは難しいですが、IPカメラの場合はインターネットを介することによってそれを容易に可能にします。
また、空き巣などは防犯カメラの種類などもかなり熟知しているため、IPカメラ設置されていると分かった瞬間その家に侵入することを諦める場合も多いです。通常のアナログカメラの場合しっかりと顔隠していれば、死角に入り込むことができますし、万が一顔が写ってしまってもさほど問題がないといった場合もありますが、IPカメラは不審者が現れるとそれを通報したり、高精度な画像で撮影したりするため、防犯力は非常に高いといえます。
まだ、万が一のことがあった場合にも、通常のカメラに比べてより多くの証拠をとらえることが可能なため、泣き寝入りすると言うことも少なくなります。

配線が簡単

こちらは通常のアナログカメラに比べて、配線が非常に楽になったということです。IPカメラを利用する際は最低1本のコードのみで使用できるため、もし複数台のIPカメラを自宅に設置した場合でも、コードの量は少なく済みます。これをアナログカメラにしてしまった場合は、1つのカメラに複数のコードを必要とするため、設置費用や、労力なども変わってきます。
また、配線が楽になったと言う事は高層マンション等でも簡単に取り付けることができるため、一軒家に住んでいない方でも簡単に監視カメラを取り入れることができます。
またコードレスなIPカメラも数多く存在し、設置費用を抑えたいため自分で設置したい、高齢者の方が設置をするといった場合にも柔軟に対応できます。

オススメ屋外用IPカメラ

IPカメラにはアナログカメラにない機能がたくさん存在し、その分メリットも大きいです。
また野外にも簡単に設置することができるため、多くの一般家庭や企業で利用されてますが今回はそんな屋外用のIPカメラの中でもオススメのものを3つ紹介していきます。

Ctronics 防水カメラ

こちらも一般家庭で人気なIPカメラの一つで、500万画素での撮影ができるため、非常に鮮明な録画ができます。
このカメラの検知機能は他のカメラよりも高精度で、多くの検知機能を備えているカメラはペットの動きや、風でカーテンが動いた場合などに反応してしまいますが、このカメラの検知機能は人の動きにのみ反応するように設定されているため、誤作動を起こしにくいです。
夜間の撮影も非常に高画質で撮影でき、赤外線カメラなので不審者の顔などもバッチリ撮影できます。
こちらの値段はAmazonで7,999円となります。
値段は少し高くなりますが、どの機能とっても高性能なため、高度な監視をしたいと言う方にはオススメです。

COOAU 防犯カメラ

こちらは人気IPカメラで、一つ一つの機能が非常に高いので人気となっています。
カメラとして非常に高い性能を誇るため、防犯だけでなく見守りといった用途にも使用することができます。
200万画素で常時撮影することが可能で、夜間の撮影機能に関しては、通常の監視カメラの2倍の精度で監視することができます。
また防水機能もとても強烈なもので、他にもマイナスに達する寒さ、夏の高温、雨等による湿気にも対応することが可能です。
声かけ機能も搭載されているこのカメラでは、不審な人物をカメラが取られたり、子供や高齢者の見守りなどにも最適です。
またIPカメラの注意点でもある、セキュリティー問題ですがこのカメラでは録画された映像を数回にわたり暗号化するため、非常に強固なセキュリティを実現しています。
Amazonで5,499円で購入可能なので、IPカメラの設置を検討している方にはオススメです。

YESKAMO 防犯カメラ

3つ目のカメラはYESKAMOの防犯カメラで、値段も15,500円と高いです。
しかし、基本的な性能が非常に高く、実績も兼ね備えた監視カメラとなっています。

最大の特徴は電気代を0に抑えることができる、で、ソーラーパネルが付属されているため、長期的に利用を考えている方にも非常にオススメです。
防水機能や夜間撮影などの基本機能も非常に高精度を誇り、屋外に取り付けるのにもぴったりなため、初期費用が高くついても良いという方には一番オススメです。

まとめ

屋外に設置できるIPカメラというのはたくさんの種類があり、機能面だけを比べても様々な違いがあります。しかしIPカメラ独特の特徴や屋外に設置するという状況踏まえた上でしっかりと防犯対策ができるIPカメラを選ぶ必要があります。ちゃんとしたIPカメラを選択すれば、多少のお金が必要になりますが、長期的な利用を考えれば金額に合ったものがほとんどなので、監視カメラを設置したいと考えている方は、ぜひIPカメラを検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。