これで家の防犯はばっちり!監視カメラを種類別に6選を紹介!

地域の治安にかかわらず、家の防犯対策として防犯カメラを利用する過程も多くなってきました。防犯カメラといっても、様々な形や通信方法が存在し、家の状態や防犯目的などによって使う種類も様々です。
今回はそんな家の防犯ように監視カメラを利用する過程に向けた、種類別の監視カメラを6選紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

監視カメラの種類6選

公共の場や、建物内にある一般的な監視カメラはドーム型やボックス型と言われるものですが、監視カメラの中にはその他に様々な種類が存在します。一口に監視カメラといっても後半4見渡せるもの、画像制度が鮮明なもの、または防犯的な意味ではなくいたずらの犯人を捕まえるための隠しカメラなど様々なタイプが存在します。今回はそんな監視カメラの種類を6種類タイプ別に紹介していきます。

ボックス型

ボックス型は一般的に見られる監視カメラの1つで、立方体の形をしています。このボックス型の監視カメラはレンズを付け替えることで常に鮮明な画像精度を誇ることができますし、角度をを変更すれば幅広い範囲を監視することができます。 夜間に強いタイプや、逆光に強いタイプ、数百メートル先も撮影できるタイプもあり、どの能力も平均的に備わっています。
多くの建物や公園、ショッピングセンターなどで使われている場合が多く、一般的に見る代表的な監視カメラの1つです。

ドーム型

ドーム型の監視カメラが、その名の通ドームの形をした監視カメラです。しかし360度感謝できると言うわけではなく、ドームの中に小型のカメラが仕込まれているという仕組みです。
ドームの中に仕込まれているので、カメラ自体の防水機能などは非常に優れています。
監視カメラの中では、ボックス型とドーム型が一般的に広まっていますが、ボックス型が外に掃除されているのに対しドーム型は比較的に室内に設置されている場合が多いです。オフィスや、役所などの室内には多く使用されています。

ダミー型

ダミー型のカメラは、監視カメラの形をしているだけで実際には録画機能が備わっていない威嚇用のカメラです。
こちらも非常に安価で購入できると言うメリットがあり、録画機能が備わってなくても空き巣などの犯罪を防止する効果も非常に高いので金銭面を重視する人はこのダミー型監視カメラを使用する方が多いです。
このダミー型監視カメラは、ドーム型のものやボックス型のものなど様々で、録画していると見せるために赤いランプがつくもの、人が通るとライトを照らしてくれるものなど高性能なものも多いです。しかし何かあった場合には、録画されていないので証拠がないといったデメリットもあります。

赤外線カメラ

赤外線カメラは、赤外線を使用して撮影をする監視カメラです。赤外線を利用するため、夜や早朝などの明かりがない時なども鮮明に撮影を行うことができます。そのため夜間に犯罪が起こった場合でも、しっかりと証拠に残すことができるのが大きなメリットです。
また外の風景と同化して映像は取れていても、犯人の導線などがよくわからないといった問題も解決することができます。赤外線を利用するのは夜間の撮影だけではなく、どんな状況でも安心の動作をしっかりととらえることができるといったメリットがあり、セキュリティー会社などでも採用しています。

コードレスカメラ

コードレスカメラは屋外用も屋内用も存在し、専用のコードを設置する必要がないため、個人的にインターネットで買って自分で設置できるカメラとなります。
こちらのタイプのカメラは、工事費用がかからないため初期費用を非常に安く抑えることができますが、自分で設置できる分設置が甘かったり、強い雨風には弱いといったデメリットがあるので注意が必要です。
また配線を斬られて映像が映っていなかったなどといった心配もなくなるので、使い方によっては非常に防犯性の高いものになります。
しかしものによっては、ダミー型のカメラと間違われることもあるので犯人を捕まえるためには良いですが、犯罪を予防するのには向かない場合があります。

隠しカメラ

隠しカメラは、超小型のカメラで主に室内で利用されます。大きな時計台や鏡内などに設置して撮影します。
使用は、屋内が多いですが屋外用の隠しカメラも存在し鏡に見せたもの、スプリンクラーに見せたものなどその形は様々です。このタイプのカメラは、威嚇効果はゼロで何度もいたずらに遭っている、万引きが絶えないなどと言った際に利用されます。
隠しカメラはその性質上、超小型のものが多く、屋外につける場合は防水対策をする必要がある等の手間もあります。

監視カメラの種類別の注意点

監視カメラは威嚇用や、犯人を検挙するための証拠集めなどその目的は様々ですが各監視カメラの注意点を理解していないと、こんなはずじゃなかったということになりかねないので使用の際には注意が必要です。

威嚇・防犯型カメラ

威嚇や防犯型のカメラは一般的に使用される、
ボックス型やドーム型の監視カメラです。また赤外線の監視カメラもこの部類に入り、監視カメラの存在を伝えることで犯罪者に対する警告をし犯罪を予防するという効果があり、もしも犯罪が起こってしまった場合はその犯罪の一部始終をとらえることができるものです。
こちらの注意点は、防犯カメラの存在をあらわにしているので強されやすいと言うことです。高い位置に設置する、物理的な体制があるものを使用するなどの対策をとらないと簡単に破壊されてしまうので注意が必要です。

隠しカメラ

隠しカメラは家庭などの室内につける場合はあまり問題ありませんが、様々な人が出入りする場所や屋外などに付けてしまうとイタズラな犯人を見つけるため、などと言う目的があったとしても知らないうちに撮影されていたということで嫌悪感を抱く人が多いです。
通常の監視カメラの場合は、その存在があらわになっているので隠れて撮影されていたと感じる人が少ないですが、隠しカメラの場合はその性質上多くの人を隠しとってしまうので使用の際には十分な注意が必要です。

ダミー型カメラ

~のカメラの最大のデメリットは、それがためにだとばれてしまうことです。ダミーだと見破られなければ犯罪を予防するには強力な効力を発揮しますが、プロの空き巣などがよく観察をすればダミーだとばれてしまうものが多く、値段も安いものが多いので安いからと言う理由で買ってしまうと防犯の意味がなくなってしまうといったデメリットがあるので注意が必要です。

監視カメラの種類別のメリット

監視カメラのメリットとしては犯罪を予防できる、合っていて被害の証拠を掴むことができるといった犯罪に関するものが多いですが一つ一つの種類を見てみるとその特徴がよく出ています。そんな各監視カメラの種類別のメリットを紹介していきます。

威嚇・防犯カメラ

ドーム型、ボックス型、赤外線型を含む一般的な感じカメラのメリットは犯罪の予防と消耗を撮影するといった2つの機能が備わっていることです。また撮影版や撮影の制度、防犯的な機能まで全てが備わっているのがこのカメラの特徴です。そのため1台設置しているだけで犯罪の予防から証拠集めまで様々な役割を果たしてくれます。またこのような監視カメラは、セキュリティー会社も利用していたり、大きなショッピングセンターやビルなどでも使用しているのでその信頼性の高さも大きなメリットといえます。

隠しカメラ

隠しカメラの最大のメリットは犯罪の証拠を集めることができることです。特に家庭では勝手にゴミを捨てられたり、車にいたずらをされたり、小学生などもよくやるピンポンダッシュなどが大きな問題となります。またショッピングセンターなどでも店員による不正行為や防犯カメラの死角どうなってしまう場所での万引きなどがあり、一般の防犯カメラだけでは防ぎようのない事件が多々あります。そういったもの消耗集めるのには非常に大きな効果を果たします。

ダミー型カメラ

ダミー型監視カメラの最大のメリットは、その価格の安さです。ダミーなので、実際に撮影する必要はなく工事費なども入らないため非常に安価で購入が可能です。インターネット等でも気軽に購入できるため使用者が非常に多く、ご家庭でも使用している方が多いです。
また値段も非常に安いものから高いものまでピンキリなので、ご家庭の経済状況に合わせた選択が可能となっています。

監視カメラの種類別のデメリット

監視カメラにはメリットが多く存在している反面、デメリットも少なからず存在しています。私別に見てみるとこっちの監視カメラではメリットなのに、違う監視カメラならデメリットになってしまうといったこともあるので、しっかりとした理解が必要となります。

威嚇・防犯カメラ

威嚇、防犯の効果を持つ監視カメラはその費用の高さや、初期費用の高さが大きなデメリットになります。多くの機能が備わっているため価格も高くなる傾向にありますが、初期費用として工事費などもかかってしまうためより高額になります。 
またプロの空き巣などにとっては、監視カメラの資格と言うものを簡単に見破られてしまうためセキュリティー会社などのプロに設置場所を考えてもらうなどの手間もかかってしまいます。

隠しカメラ

隠しカメラの最大のその性質故に、盗撮されていると勘違いされる方が多いということです。
隠しカメラを設置している本人にとっては、
盗撮のつもりはなくても、カメラの存在をバレないように設置しているため周りの人からしたら盗撮に思われても仕方がないのです。
そういったデメリットもあるため、隠しカメラを使用するのは最終手段と理解しておくのをオススメしますし、隠しカメラのことを指摘された際にどう対処するのかを事前に考えておく必要があります。

ダミー型カメラ

ダミー型のカメラは、その安さ上に取り付けても簡単に外れてしまう場合や、プロの空き巣にとっては簡単に見破れるといったデメリットがあります。中には非常に高額なダミーカメラも存在し、こちらの場合はプロでも見分けがつかない場合もありますが、多くのダミーカメラは監視カメラの知識が低い人には効果的ですがある程度の監視カメラの知識がある人には効果が薄いので、使用用途をしっかりと考えた上で使用する必要があります。

まとめ

監視カメラは犯罪を予防したり犯罪者を捕まえるための証拠を集めたりと様々な活用方法があり、身の回りの危険から身を守る手段としてでも非常に有効ですが、使用用途や各種類のメリットデメリット、特徴をしっかりと把握した上で使用することを強くお勧めします。
その特徴をしっかりと理解することができれば、強力な防犯の見方となることは間違いなしです。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。