高齢者でも簡単!監視カメラの設置方法を徹底解説!

泥棒対策や、いたずら対策などでご家庭に監視カメラを設置する際、設置費用等を考慮して自分で設置すると言う家庭も多いです。しかしその中には高齢者だったり、あまり体の自由がきかない方もいるため、今回は誰にでも簡単に監視カメラを設置できる方法や、もし設置工事を行うなら費用はどれくらいかかるかなどを紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

自分で設置できる監視カメラとは?

自分で設置できる監視カメラとは、主にワイヤレスのものを指します。設置工事をする際に行うので監視カメラの固定設置とワイヤー関係の配線です。その配線工事をする必要がなく、カメラを設置する場合も何の器具も使わずに設置できるものも多いためご家庭使用するにはとても便利です。
また自分で設置できる監視カメラの種類の1つとして、ダミーカメラもあります。こちらは非常に安価で購入することができ、子供のいたずらなどにはとても効果を発揮します。またカメラ自体も安く取り付けにも手間がかからないため使用用途によってはお勧めの監視カメラの1つです。

監視カメラの設置費用

監視カメラの設置費用は、設置工事をすればまとまったお金が必要になりますが、自分でつける場合は費用はかかりません。
監視カメラだけを設置するのか、何台設置するかなどによって総合的な金額が変わってきますが、1台につきの相場は100,000円からとなっています。
自宅につける場合でも玄関先に1台、裏庭に1台などと外側だけでも数台必要になることが多いので設置費用だけでかなり掛かってしまいます。
また、スマホでカメラの映像を確認する場合家専用のモニターなどを一緒に配置する場合かによっても金額は変わってきます。
一方自分でセットすれば設置費用がかからないためかなりのお金が浮くことになりますが、監視カメラの効果的な配置場所や労力などを考慮して決める必要があります。
監視カメラを配置する業者の方は、専門知識などをかね揃えているため、どこに設置すれば防犯的な効果が期待できるのか、資格がなくなるのかなどを熟知しているといったメリットもあります。

監視カメラの設置場所は?

監視カメラの設置場所で最も多いのが、人が最も出入りする玄関先です。また家の正面にあたるため、防犯などの意味合いで設置する人も玄関先に設置します。
その他では、中庭や家の中など様々な設置場所があり、各メリットデメリットが存在します。

玄関先

監視カメラ設置場所で1番多いのが玄関先です。玄関先は人の出入りを1番確認することができる場所で、不審者やイタズラなどの確認、防止などに役立ちます。基本的には玄関席の上の部分に設置をします。

中庭

監視カメラの設置場所の中で一定生人気があるのが、中庭です。玄関先よりも目立ちにくいため泥棒などが入りやすい場所の1つでもあるので、防犯の意味を兼ねてつける人が多いです。
また防犯用だけではなく、野良猫や動物などの侵入場所や糞尿などの場所を探し当てることにも役に立ちます。
また動作センサー等がついている場合は、一定の動きを感知するとセンサーによってランプが光るため動物などの対策にも使えますし、もちろん空き巣などが警戒するため非常に役に立ちます。
しかし庭の広さや状況によっては、設置しても死角ができてしまったりする場合があるので注意が必要です。

駐車場

駐車場も監視カメラを設置する場所の1つで、特にシャッター等をつけていない家庭には強くオススメです。
一般的に広く出回っている車でも車上荒らしなどにあったり、車の部品など盗まれたりしますが、高級車などは尚更その被害に遭いやすいです。また駐車場にゴミを連れて行く人や子供たちなどが、かくれんぼなどで入ってくる場合もあるので監視カメラ1つつけているだけで何か問題があったときの犯人特定や、事件事故の防止になります。

外周

玄関先や中にはなどは空き巣が入りやすい場所の1つでもありますが、一番入りやすいのは周辺の窓などの害虫です。特に玄関先などに監視カメラをつけている家庭は、それだけで安心してしまい家の周辺が近くだらけになってしまうことが多いです。そのため玄関先に1つ、家の外周に複数つけることによって、完全に死角をなくせば空き巣などの被害が格段に減ります。
しかし回収につける場合はデメリットも多く存在し、夜間などの明るさを確保するか夜間モードが付いている監視カメラを購入する必要がある、家の構造上設置することができないなどの問題があります。
しかし多くの場合はお金で解決したりポールなどを立てることによって家の外周を監視することが可能です。

家の中

こちらは一般家庭ではあまり多く利用されませんが、一部の家庭には家の中に監視カメラを設置すると言う場合もあります。
また、会社や飲食店などの店舗内などはほとんどの場合使用されています。
建物の中に設置するメリットは、もしも空き巣に入られた場合の情報収集や、被害の確認等が多いですが、建物内の人間によるいたずらや高齢者などの見守りにも使われます。
また、家庭の事情で小さな子供が家で1人でお留守番をしたりする場合にも使われます。
例えば日中は高齢者が1人で家にいる、両親が仕事をしているため夜まで小学校低学年の子供がお留守番をしている等の家庭では多く利用されています。
企業が使う場合は何の問題もありませんが、家庭で使う場合は、家族間とはいっても人に監視されていることを嫌がる人も多いので家族の了承が必要となります。

設置が簡単なおススメ監視カメラ

自分で設置することができる監視カメラは、設置も非常に簡単になっているのでオススメですが、その中でも特にオススメなカメラを3つ紹介していきます。
監視カメラを購入するときはその値段や、性能等に注目が行きがちですが、実は配置の容易さというのは大切な判断基準の1つとなります。

トレイル 防犯カメラ

この監視カメラは楽天で売っている設置が簡単な監視カメラの中でも一番が人気を誇っています。この商品は売りの1つとして設置が簡単と言う項目をあげており、ベルトで固定するだけで設置が完了するタイプ、付属のパーツで壁に固定するタイプ、そのまま置く置き型タイプの3つがあります。
何か棒状のものがあればベルトで簡単に固定することが可能で、棒状のものがない場合でも壁に固定することができます。これは力の弱い高齢者や子供でも簡単にできるものなので、非常に扱いやすいです。
また4K映像やソーラーパネルがついてることによって充電等が必要ないといったメリットもあります。機械的な操作は全く必要ないので、機械が苦手な方にもオススメな監視カメラです。
また防犯だけでなく、野鳥やペットなどの監視にも最適です。
値段は12,888円で設置工事などは必要ないので非常にお求めやすい値段となっています。また撮影範囲もとても広いため、この監視カメラ1つあれば充分監視可能です。

防犯ステーション ペットベビー自動追跡

こちらの監視カメラは防犯よりは、ペットや赤ちゃんなどの見守りに使われることが多いです。このカメラは設置が非常に簡単で、平たい場所に置くだけで設置が完了します。コンセントなども必要ないためベッドの目線に合わせて設置する事も可能です。
またペットや赤ちゃんが動けば、それを自動で追跡してくれる機能もあるため設置場所をそこまで考える必要がないといったメリットもあります。
また付属品を利用すれば、天井への取り付けも可能となっているので様々な応用が利きます。天井へ取り付ければ部屋全体を見守ることができるので、1台あれば1家で間に合います。
値段は5,280円と非常に安価で購入可能となっています。

こちらも設置が非常に楽な監視カメラの1番、ベルトでカメラを固定する事も可能、自立も可能な監視カメラとなっています。
また本体が磁石のようになっているため、磁石に反応する素材であれば勝手にくっついてくれるといったメリットもあります。
またこのカメラ専用の三脚などもあり、ベルトでの設置が難しい場所にも簡単に設置することが可能です。
また独自の検知センサーを採用していて、非常に高精度な検知をすることが可能です。
この独自のセンサーを使用することによって、不自然な動きをしている人間や不審者等のみを録画することが可能となっています。
これによって防犯だけでなく何か事件があった時の証拠としても非常に役に立ちます。
値段は19,800円と今回紹介した監視カメラの中では1番高い良いですが、それでも20,000円を切る価格帯は監視カメラの中でも安い方だといえます。かなりの高性能かつ、設置費用が不要なため長期的な利用を考えている方には非常にオススメです。

まとめ

監視カメラがその性質や機能などに注目が行きがちですが、本体価格より高くついてしまうのが設置工事の費用です。それを自分でできるとなると大幅な費用節約が可能で、なおかつ自分で簡単に設置できる監視カメラもたくさん存在するので、監視カメラを選ぶ1つの基準となりますし、カメラを選ぶところまでは終わっても設置工事の費用に驚いて諦めてしまう方も少なくないため、設置については非常に重要な項目となります。
ただ物によっては簡単に外せてしまうため、不審者様の関心には向いていなかったり、自分で設置してしまうと思わぬ死角ができてしまったりする場合があるので、ある程度のデメリットを覚悟した上で選ぶ必要があります。
しかしそのデメリットを考慮しても金銭的メリットが非常に大きいため、監視カメラの導入を考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。