購入から何年使える?監視カメラの耐用年数を解説!

監視カメラを購入する一般家庭の方も増えてきましたが、監視カメラと言うのは一体何年使えるのか、メンテナンスの必要性はあるのかなど様々な心配事があります。今回はそんな監視カメラの耐用年数について徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

一般的な監視カメラの耐用年数は?

現在は様々な監視カメラが発売されていて、カメラの耐用年数と言うのはそのカメラによって様々です。しかし一般的に言われている耐用年数と言うものが存在し、企業で監視カメラを使用する場合には税の関係で国税庁がしっかりと耐用年数については決めているため、それらを紹介していきます。

国税庁の場合

国税庁で指定されているのは、事務機器及び通信機器なので、監視カメラの耐用年数は6年といえます。
しかし監視システムとして認識されない防犯カメラについては、5年となります。しなくても良いですが、企業などで使用する際には気をつけなければいけないポイントの1つです。

災害用の場合

災害用の場合は一般的に指定される監視カメラではなく、災害用カメラと言う項目になるため耐用年数は8年となっていて、一般的な監視下に比べて長いです。
しかしこれは規定されている数字であって、実際にはメンテナンスの頻度や設置場所等によって耐用年数が変動するため一概に災害用のカメラは一般的な監視カメラに比べて耐用年数が長いと言うわけではないことをしっかりと理解しておく必要があります。

実際

実際一般的に使用される監視カメラの寿命が、5年から8年ほどと言われていて、監視カメラ自体のグレード、耐水性や物理的な耐性、メンテナンスの頻度や、やり方等によって8年以上使えるものもあれば、5年未満で壊れてしまう場合もあります。
一般的には企業で使われている監視カメラの方が寿命が長いと言われていて、これはしっかりとした業者がメンテナンスに来てくれるからであり、一般家庭ではちゃんとしたメンテナンスを行われていないことが多い傾向にあるからです。しかし一般家庭でも基本的な掃除等のメンテナンスを行えば、5年以上監視カメラを使用することも可能です。

監視カメラの耐用年数を短くすること

監視カメラの耐用年数は5年前後ですが、中には使って1年も経っていないのに壊れてしまった、といった場合も多く存在します。
これは購入した監視カメラ自体が悪いと言った場合もありますが、中には管理の仕方が悪くて通常ならもっと使えるはずの監視カメラが壊れてしまった、といった場合もよくあるので今回は監視カメラをより長く持たせるためにやってはいけないことを、監視カメラの対応年数を短くすることを紹介します。

高温多湿

高温多湿の状況と言うのは監視カメラにとってあまり良くありません。これは監視カメラだけでなくほとんどすべての電子機器に言えることですが、寒い場所で使うよりも、暑い場所で使っている電子機器の方が壊れやすいので、日本の中でも夏は猛暑になる地域に住んでいる方は注意が必要です。
これはメンテナンスをいくらしたからといって解決できる問題ではないため、利用者にできる事は自分の住んでいる地域の特徴を考えて監視カメラが何年も使うしっかりと把握することです。
また、これはどこに住んでいても変わりませんが監視カメラに直射日光が当たってしまうのはあまり良い状況とは言えません。設置場所によっては直射日光が当たってしまうことがしょうがない場合もありますが、外に設置できる場所があるなら、直射日光はできるだけ避けた方がカメラの寿命を延ばすことに直結します。

ホコリ

ホコリは監視カメラの最大の敵で、定期的な掃除をしていなく、ホコリがカメラの上に積もっているというのは非常に危険なことです。
ホコリがあるかないかだけで監視カメラの充電は大幅に変わり、しっかりと掃除をしている人はそうでない人に比べてより監視カメラを長く使用できます。
また外に設置している場合は、ほこりだけでなく様々な汚れが付いてくるので家の中でも外でも定期的な掃除とメンテナンスは絶対に欠かせません。
監視カメラを掃除すると言うイメージがあまりなく、一般家庭でも監視カメラを設置するだけで満足してしまっている家庭は非常に多いですが、実際は監視カメラのメンテナンスはどこの企業や店舗でも行っており、一般家庭でも掃除をするのは必須です。

鳥などの動物による傷

こちらは鳥や野良猫、ネズミなどが監視カメラ本体、またはケーブル等を傷つけてしまうといった問題です。
特に鳥などは監視カメラは良い泊まり場所になってしまったり、監視カメラについているランプの、興味を示して遊ばれてしまえば、寿命を縮める原因となってしまいます。
また野良猫やネズミ等はよくケーブルをかじってしまうなどの問題が発生し、
監視カメラ自体は無傷でもそれを接続するケーブル部分がやられてしまったと言う事例は多くあります。
そのため基本的には監視カメラやケーブルを配置する場所に工夫をするのはもちろんですが、動物を寄せ付けない工夫をすることも非常に大切です。
また定期的なメンテナンスをすることによって、動物などによる被害の有無を確認することも大切になってきます。

監視カメラの耐用年数を伸ばすコツ

監視カメラと言うのは状況によって耐用年数と言うのは非常に変化しやすいものです。そのため、同じような使い方を教えても住んでいる地域によってはすぐに壊れてしまうといった場合もありますが、だからといって諦める必要はありません。監視カメラの耐用年数を少しでも伸ばすコツというのはたくさんあり、その中でも効果的なものを3つ紹介します。

カメラのメンテナンス

まずはカメラ自体のメンテナンスをすることが非常に大切になってきます。しっかりとカバーされている監視カメラならさほど問題はありませんが、カメラ自体がむき出しになっているタイプを使用してる場合は、カメラを点検したり掃除したりするのは必須となります。
監視カメラだけじゃなくカメラと言うのはホコリに非常に弱いため、多少ホコリが被ってしまうだけでも監視カメラの寿命を短くする原因となります。
また梅雨の時期などは、雨ざらしになってしまう事で寿命が縮んだり、夏の蒸し暑さと雨が続けばカビの原因になったりするので、定期的に掃除などをする必要があります。
掃除の目安は1ヵ月に1階は必ずしたいところですが、できる人は1、2週間に1度は簡単な掃除を行うことをオススメします。
また1ヵ月に1階も表示できないと言う人は、最低でも3ヶ月に1度はしっかりと点検と掃除をすることによって、監視カメラの寿命を大幅に伸ばすことができます。

ケーブルのメンテナンス

コードレスの監視カメラを利用している方には不要ですが、コードまたはケーブルを使用している方がそのメンテナンスも必要となってきます。こちらは野良猫やネズミなどの被害に会うことが多く、たとえしっかりと保護されていてもその保護されているものが劣化していたりする場合もあるので、やはり定期的なチェックが必要です。もちろん野良猫やネズミなどを寄せ付けないと言うことが最善策になりますが、完璧にすることは難しいので3ヶ月に1度ほどは定期的にケーブルに傷がついていないか、野良猫休みなのに現れていないかと言うことをチェックすることをオススメします。
もしも何か傷等があればケーブル自体を保護したり、野良猫を寄せ付けないための工夫をしたりすることによって、監視カメラを寿命延ばすことにつながります。

モニターのメンテナンス

最後に必要なのはモニターのメンテナンス。これはスマホやパソコンを使用している人にも言えることで、いくらカメラやケーブルが正常に作動していても、モニターがうまく作動しないければしっかりと管理することができません。監視カメラで不審者等を捉えてもモニターが正常に動作してなければ、それを見過ごすことになってしまうので、モニターの定期的なメンテナンスも必須です。
正常に作動しているかはもちろんですが、動作が鈍くなっていないから、時間ズレはあるか等のチェック、またモニターに映像を保存しているって言う方は、それも動作が遅くなったりする原因の1つとなるので、いらないと判断した録画映像についても定期的に削除することをオススメします。
モニターのメンテナンスというのは、ほとんどの人ができていないため、カメラ自体のメンテナンス、ケーブルのメンテナンス終わった後に、しっかりとモニター自体のメンテナンスをすることもお勧めします。またモニターと言うのは常につけっぱなしだと非常に高温になってしまい、モニター自体にも悪ですし、冬などは害虫等の良い住処になってしまうためこちらも注意が必要です。

まとめ

監視カメラを利用するにあたって、しっかりとメンテナンスを行えば5年から6年は何もなく使用することが可能ですが、使用する地域が非常に高温であったり、雨が多い地域なのでバスの寿命が縮んでしまったり、メンテナンスを怠ればその分寿命も縮んでしまいます。
またセキュリティー会社等に依頼しても、壊れてしまったカメラについては再度購入する必要があったり、無料で交換してくれる場合など様々なので、そこはしっかりと確認する必要があります。
どんな状況であれ監視カメラと言うのは、使用していれば寿命というものが来るのでそれをしっかりと踏まえた上で使用することが非常に大切になってきて、そろそろ寿命かなという年数利用すれば、その寿命が来る前に買い換えることをオススメします。
監視カメラとしての役割を常にキープするには、定期的なメンテナンスと買い替えと言うのは必須なので、監視カメラを使っている方はぜひ参考にしてみてください。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。