月に一回の安心!郵便局の見守りサービス

家で1人で住んでいる高齢者のために見守りサービスを利用したいと考えている人は多いですか、どの見守りサービスを使えばいいのか、どの企業に頼めばいいのか迷ってしまうこともあります。
そんなときにおすすめなのが普段から使っている郵便局の見守りサービスを使うことです。
今回はそんな郵便局が提供する見守りサービスを3つ、そのサービス内容や料金、メリットデメリットまで徹底的に解説していきます

おすすめの見守りサービス

郵便局の見守りサービスとは

郵便局が提供する見守りサービスは主に3つあり、局員が訪問してくれる訪問型、電話をしてくれる電話方、何かあったときに駆けつけてくれる駆けつけ方のサービスとなります。
基本的に郵便局のサブオプション的なものなので、本格的な見守りサービスに比べれば劣るといったデメリットがありますが、普段から使っている郵便局だと知り合いの局員などが対応してくれるため非常に安心です。
また機械ではなく対人によるサービスなので、高齢者は会話などによるストレス発散が期待できます。

郵便局みまもりでんわサービス

郵便局の見守り電話サービスは、多くの人が利用する見守りサービスの1つで、そのサービス内容や料金ともに好評で、高齢者からの支持もあるサービスです。

みまもりでんわサービスとは

見守り電話サービスは毎日指定した時間単に録音メッセージを使用した電話が、郵便局からかかってきます。高齢者は「元気です」「いつも通りです」「元気がありません」のどれかをボタンで選択します。その回答を指定したメールアドレスへ連絡することにより郵便局を通した高齢者の体調確認が可能となります。
高齢者はボタンでの回答後、日替わりのメッセージを楽しむことができるため、この電話自体が業務的にならないというメリットもあります。
毎日決められた時間内に電話をし、応答がない場合は1時間以内にもう一度電話をします。それでも応答がなかった場合は、指定されたメールアドレスに不在の連絡がきます。

料金

見守り電話は2つのコースがあり、固定電話コースと携帯電話コースです。
固定電話コースは月額1,070円、携帯電話コースは月額1,280円となります。
家に固定電話がある方や、あまり外出をしない高齢者の方なら固定電話コースの方が、月額が安く済むといったメリットがありますが、不定期に出かける、家にいる時間帯が少ない、高齢者用の見守り携帯などを使用している場合には携帯電話コースをオススメします。差額が200円程度しかないので、高齢者にあった選択をオススメします。

メリット・デメリット

見守り電話サービスは、毎日の体調確認の電話をしてくれるので、高齢者と遠くに住んでいる方や近くに住んでいるけど毎日会いに行けないと言う方には非常に大きなメリットとなります。また月額も1,000円ちょっとなので、大きな出費にはなりません。
デメリットと言えば、高齢者が少し具合が悪くても気を遣って誤った回答してしまったり、携帯電話コースで契約していても高齢者が携帯を家に忘れていた、などの問題が発生すればせっかく月額払って郵便局に依頼していても意味がありません。そのため高齢者の携帯電話の利用状況などをいちど考慮したうえで検討するのがオススメです。

郵便局見守り訪問サービス

電話を利用するといった手もありますが、やはり局の人に直接確認しに来てもらいたいと言う方が多いと思います。郵便局にはそんな方にお勧めな見守り訪問サービスと言うのがあり、一定の方に利用されています。

訪問サービスとは?

訪問サービスというのは月に一度、郵便局の局員が高齢者の自宅へ健康状態等を確認しにいくというものです。その際には30分程度の雑談も可能で、高齢者にとっても非常に良いサービスとなっています。電話では高齢者自身が体調を報告するのに対し、郵便局員が見に行ってくれることで謝って回答したなどの電話見守りサービスのデメリットをカバーできます。
また、質問では
・食事
・睡眠
・体調
・運動
・外出の頻度
・心配事
・日常生活での支障
について確認してくれます。
郵便局員が健康状態を確認した後、そのデータを指定したメールアドレスに送信してくれます。
1回の訪問は30分ほどで行い、30分の間で高齢者と会話などもしてくれるため、高齢者に人気です。

料金

料金は月に1度30分の見守りで、2500円となります。また報告はメールで行ってくれましたが郵送も可能で、200円の別料金が発生します。
料金の中には訪問サービス、最大3つのメールアドレスへの報告メール、10の質問が含まれますが、月に1度のみのサービスなので、それに2,500円払えると言う人にはオススメです。

メリット・デメリット

大きなメリットは、電話ではできない詳細な健康確認ができることです。
高齢者と実際に接することで、話している内容や状態などから体調の変化があれば読み取ることが可能です。また高齢者にとっても良い話し相手となりますし郵便局となれば顔見知りの局員もたくさんいるのでストレス解消や認知症などの予防にも役立ちます。
デメリットと言えばこのサービスに依存しすぎると小さな体調の変化には気づきにくいと言うことです。郵便局員は多くの高齢者の下を回っていますし、健康確認のプロではありません。そのため大きな変化があれば気づくことができても小さな変化にも気づきにくいといったデメリットがあるので注意が必要です。
また、月にたった1度の訪問で2,500円となかなか高額なので料金の面もしっかりと考える必要があります。今月の健康状態は良かったけど、次の訪問までに何があるか分からないので他の見守りサービスを兼用するなどの工夫が必要です。

郵便局駆けつけサービス

郵便局や他の見守りサービスを受けていても、いざとなった時に高齢者が1人で入るのは不安、もしものときに対応できるようにしたいなどの不安がある方も多いです。
そんな方のために、郵便局ではもしものときの駆けつけサービスを提供しています。

駆けつけサービスとは?

駆けつけサービスとは、見守り訪問サービス、または見守り電話サービスのオプションといった位置づけになります。警備会社が提供するサービスを受けることができ、もしもの時は警備会社の隊員が駆けつけてくれます。
例えば高齢者の体調が悪くなった、転倒などの理由で自力で起き上がれない場合等に使用することができます。
警備会社はセコムかアルソックのどちらかを選ぶことができ、携帯電話1つで連絡ができ、連絡から1時間以内に自宅へ駆けつけることができます。
緊急時の利用は、自宅内専用となっているので、自宅外で何かあった場合は対象外となります。また利用者の希望によっては、各警備会社が提供している他の見守りサービスも受けることが可能です。

料金

基本料金は月額880円で、もしもの時に家族が連絡をして駆けつけてもらうコースと、専用機器を利用して高齢者本人が連絡をする2つのコースがあります。基本サービスは家族からの連絡なので880円ですが、専用機器を利用したものは月額2,200円から3,410円と少し高くなります。
また、この月額に緊急時の駆けつけ利用料は含まれていないため別で5,500円が駆けつけ料金として発生します。

メリット・デメリット

こちらが郵便局員ではなく、警備会社のプロが対応してくれるため非常に安心感があります。また連絡1つで1時間以内に駆けつけてくれると言うことでもしものことがあってもすぐに対処できます。
特に高齢者と離れて暮らしている家族には、1人で暮らしている高齢者に何かあったら不安と言う声が多いため、駆けつけサービスは非常に人気となっています。
一方で月額の高さや、駆けつけ料金が別でかかってしまうデメリットもあり、ご高齢者の方が何度も緊急連絡をしてしまえばそれだけ費用が重なるといったデメリットもあります。

郵便局の見守りサービス・評判

郵便局の見守りサービスの評判は基本的に良いものが多いです。その理由として郵便局員が直々に対応してくれる、安心感があるなどがあり郵便局が実施している見守りサービスならではのメリットです。
見守り電話は録音音声を使ったり、月1回の訪問しかないんなどのデメリットも存在しますが、それでも郵便局員が対応してくるれるだけで他よりも良いといった声が多数です。
実際に利用している高齢者は、今までよく顔を合わせていた局の人が来てくれるから安心する、高齢者の世間話にしっかりと対応してくれる、月一度の訪問が毎月の楽しみになっているなどの声が上がっています。
利用している家族からも一般企業に頼むよりも安心するといった声が多いです。
しかし中にはデメリットもあり、郵便局員は介護士と違って高齢者の扱いをわかっていない、30分の訪問は短いなどの評判もあります。

まとめ

郵便局の見守りサービスは基本的に良い評判が多く、一般的な企業に比べると安心度も信頼性も高いため、多くの方が利用しています。
また電話にするのか直接訪問してくれる見守りにするのか、高齢者にあった見守りサービスの選択ができるためオススメです。
普段の見守りだけでなく、いざとなったときの駆けつけサービスも充実しているためちょっとした健康確認から緊急時の対応まで全て郵便局が提供する見守りサービスで賄えます。
見守りサービスを利用したいがどの企業利用するか迷っていると言う方は、ぜひ郵便局の見守りサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。