子供の留守番も大丈夫!カメラの使い方や特徴を徹底解説!

両親が夜まで仕事をしているなどの理由で、子供が1人で夜まで留守番をしているという過程は多くなってきましたが、子供の年齢が低ければ低いほどその心配は大きくなるばかりです。今回はそんな子供が1人で留守番していると言う過程にオススメな、家に付ける監視カメラを徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

子供の留守番時の危険

子供に1人で留守番をさせることがない人からすれば、少しの間子供に留守番してもらう位何の問題もないと考える方も多いですが、子供が1人で家にいると言うのは不審者等からしてみれば、格好の標的になりますし、子供が家で誰が事故に会うかもわかりません。そのためまずはどのような危険性があるのかを把握し、それに合わせた監視カメラの設置が必要となってきます。

不審者や空き巣

子供を1人で留守番させる際に1番心配になるのが、不審者や空き巣による犯罪に子供が巻き込まれることです。子供の防犯意識と、大人の防犯意識にはやはり大きな違いが生じてしまい、大人がどれだけ不審者何かに気をつけていても、子供は簡単に騙されてしまうといったことがよくあります。
例えば、子供が1人で鍵を開けて家に入るところを不審者が見てしまい家に侵入しようとする、日が暮れているのに子供部屋しか電気がつかないのを見計らって侵入されるなど、子供が1人で留守番してるということを他の人に知られてしまうと、様々な危険に巻き込まれてしまいます。
子供が小学生の場合、親の仕事が終わるより早くに帰ってくることが当たり前ですが、その危険性は知っておく必要があります。

怪我

子供が1人で留守番していると、ついつい外部からの危険性に目がいってしまいますが、子供が1人でいるという事は家の中での危険性も増すということです。
例えば子供が階段などで遊び怪我をしてしまう、ガスコンロ等で火遊びをしてしまうなどが容易に考えられます。またものを落として割ってしまったりと家の中は常に危険と隣り合わせていうことを忘れてはいけません。

勝手に外出する

また子供が勝手に外出する危険性も常に隣り合わせです。これは子供にしっかりと言い聞かせことによって防止することも可能ですが、親が帰ってこないと分かっていれば、どれだけ言い聞かせていても勝手に外出してしまう可能性はあります。
これはまだ日が暮れてない夕方などではあまり心配もありませんが、暗くなってくれば非常に危険です。

子供の留守番時にも便利な室内用カメラ

現在は男性と女性両方が共働きをする場合が多く、子供が生まれても仕事を続ける女性の方も多いです。
そのため、年々子供が家に1人で留守番をするという家庭は増えてきて、保護者からは1人で留守番している子供が心配といった声が多数上がっています。
そんな時に使えるのが室内または屋外に設置する

声かけ

こちらは子供の留守番用で監視カメラを使用したい場合は、必須と言える機能の1つです。
特にスマホや携帯等を持っていない子供には必要不可欠で、何かあった際に監視カメラから呼びかけることができれば、子供とのコミュニケーションが簡単に取れます。
またスマホなどを持っている場合でも、緊急事態や、スマホを近くに置いてない場合などは、すぐに連絡をとることができないため、声かけ機能は必須です。
通常の監視カメラにはついていない場合が多いので、介護用、または見守りカメラを探してみることをオススメします。

検知センサー

子供の動作を検知できるセンサーを取り付けたカメラも非常に室内向けといえます。
これは見守りカメラなどに多いですが、人の全ての動きを感知するのではなく、ドアを開けるなどの特定の動きのみを検知してお知らせしてくれるので、子供が取りそうな危険な行動のみを制御することができます。
例えば、台所に入った際、玄関を開けた時など特定の動作を登録しておくことが可能です。
この検知センサーが備え付けられていれば、家の中で起こってしまう子供の危険性は大幅に排除できるので、ぜひ取り入れたい機能の1つです。

設置の簡単さ

設置が簡単っていうのも室内用監視カメラには非常に大事な要素となってきます。室内用監視カメラは、比較的どこにでも設置が可能なため置き型タイプやなど天井に固定するといった設置方法以外も可能です。
設置方法が簡単なので、業者に設置を依頼する必要もなく、初期費用を抑えることにもつながるので、設置が簡単なカメラというのが非常に室内向けです。

子供の留守番の防犯として使う屋外用カメラ

屋内に設置する監視カメラは、主に子供が起こしてしまう事故やいたずらの防止に非常に効果的ですが、不審者などに対応するには屋外に監視カメラを設置する必要があります。
屋外に設置する監視カメラは屋内に設置するものに比べて、違って機能を必要とするため同じものを選ぶのではなく、屋外にも屋外では、室内には室内用の監視カメラを選ぶ必要があります。

防水性

屋外に設置する場合は防水性の監視カメラを購入するが必須です。防水性でなければ雨が降ればすぐに壊れてしまいます。またただの防水だけではなく、台風などの強風が来ても耐えられる仕様になっている監視カメラをオススメします。
日本は台風や地震などの自然災害が非常に多い国で安い監視カメラでは、その自然災害に耐えることができません。
雨に耐えることができても豪雨が降れば水が浸透してしまったり、強い風によって吹き飛ばされることもあります。
そのため、防水性の監視カメラを買うのは大前提ですが、その防水仕様もより強固なもので、風邪などにも耐性があるものを選ぶのはマストです。

広範囲撮影

広範囲、または長距離を作成できる監視カメラと言うのは、非常に高い防犯効果を持っています。またスマホで遠隔操作できるものや、人を検知すれば自動で追跡してくれる機能を持ち合わせた監視カメラもオススメです。
広範囲を撮影できればもし不審者等が現れても冷静に対応することができます。
またカメラを遠隔操作できたり、人を検知して自動追跡してくれるものはそれだけでも非常に高い防犯能力を発揮し、もし不審者が家の前を通っても監視カメラが追跡してくれるため、不審者もその家に近づこうとは思わなくなります。
また画質が高いものも非常にオススメで、家の前をうろうろしてる不審者を監視カメラで光形でも、画質が悪ければそれが誰なのかはよくわかりません。しかし画質の良い監視カメラを使っていれば、それが本当に不審者なのか、ただ厚着をした近所の人なのかなども見分けることができます。

警告

監視カメラの多くは、警告の代わりに赤いランプなどを人が通った際に点灯するものがあり、そのような監視カメラは防犯能力が通常のものよりも高くなります。
一般家庭に監視カメラなどついていないと思い、近づいてくる不審者などもいますが、人が近づいていけば赤いランプを点灯てくれるので、不審者にもこの家には監視カメラが付いているということを認識させることができ、不審者を近づけることを防ぎます。
こちらの警告ランプは、監視カメラを購入する際にかなり見落としがちなポイントで、警告ランプがあるかないかでは防犯能力の高さが天と地ほどの違いがあります。
いくら高性能な監視カメラを購入しても、それを不審者に警戒されなければ意味がないので、警告ランプ付きの監視カメラは非常にオススメです。

赤外線撮影

都会には比較的多くの街灯がついているため、日が沈んでも監視カメラで撮影する際に問題はありませんが、街灯が少ない地域に住んでいる方は、赤外線撮影機能が付いている監視カメラを購入するのは必須です。
不審者が出歩くのは主に夕方から夜にかけてで、その時間に子供が1人で留守番してると狙われやすくなります。
そのためいくら監視カメラを設置しても、赤外線撮影ができなければ暗闇に誰かいると言う事は分かっても、その正体は全くわからないため赤外線撮影は非常に重宝します。
また赤外線を使うことによって、洋服などに凶器を隠している場合なども見抜くことができるので、赤外線撮影機能がついたカメラは、少し値が張りますがオススメです。

人感センサー

人感センサーは、比較的多くの監視カメラについているためそこまで気にする必要はありませんが、安い監視カメラ等にはついていないので注意が必要です。
もちろん必ずついていないといけないわけではありませんが、常日頃監視カメラを見続けることができないので、人の検知があった時のみ監視カメラで子供の安全を確認することができるので、ついていることに越した事はありません。
またセンサーが付いているカメラは、自動感知すると自動で追跡してくれる能力があるので、それだけでも大きな防犯効果を発揮します。
ランスなければいけない機能ではありませんが、あると非常に有利な機能です。

まとめ

子供が1人で留守番すると言う言葉、様々な危険があると言うことをしっかり保護者が認識することがまず大切で、その危険性を少しでもなくすために監視カメラを導入すると言うのは親の務めでもあります。
監視カメラを設置するだけでにかい分からの危険性は大幅に排除できますし、家の中に監視カメラを設置すればもし子供が危険な状況に置かれたとしても、すぐに対応することができます。
カメラの他にも、家の外と中にセンサーをつけたり防犯や見守りの仕方は様々ですが、その中でもより防犯に効果的で、何かあったときに対応できるのは監視カメラ1つだけなので、ぜひ子供を1人で留守番させる機会が多い方は、監視カメラを購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。