高齢者の親の一人暮らし問題とは?知っておくべき解決策も

最近は高齢者の一人暮らしが増えてきて、社会問題と化している日本ですがその問題はさらに深刻化していくと言われています。高齢者が一人暮らしをする理由としては、パートナーが他界してしまった、一人暮らしに満足しているといった様々な理由があります。
深刻化していく高齢者の一人暮らし問題に対応するには、一人ひとりの認識を深めていく必要があります。
今回はそんな一人暮らしの高齢者の実態や、問題、その解決方法などを徹底的に解説していきます。

おすすめの見守りサービス

高齢者の親の一人暮らしの実態

高齢者の一人暮らしと言うのが年々増加していく一方ですが、それでも地域での交流がある方や、定期的に友人等と会っていると言う形の割合はどれぐらいいるのか、そういった一人暮らしをしている高齢者の実態を紹介していきます。

スポーツは人気

一人暮らしの高齢者にとっての楽しみの1つとなっているのが健康を考慮したスポーツです。定期的なスポーツや、エクササイズと言うのは健康に良いと言うのは誰もが周知の事実ですが、一人暮らしになり時間を持て余すことによってスポーツなどへの関心が高まっている高齢者が増えてきています。
高齢者の6割以上が何らかのグループ活動をしたことがあると言う調査結果に対し、そのうちの半数近くがスポーツをしたと言う結果になりました。
健康面を気を使ったスポーツは、人のコミニケーションがあれば精神的な安らぎにもつながるため一石二鳥です。

会話が少なくなっている

スポーツをしている高齢者が増加している一方、1日あたりの会話量については減少していっています。これは高齢者になったから会話をする量が減ったと言うわけではなく、数世帯で一緒に暮らしている、老人ホームなどで暮らしている人の会話量は高齢者の中でも非常に割合が高かったのですが、一人暮らしをしている高齢者の方が、1日に1度以上会話をすると答えた人は非常に少なかった調査があります。
スポーツをする高齢者が増えても、毎日するわけではないので、1日の会話量の低下は精神的なストレスへと直結します。

女性が多い

日本全体の高齢者の割合は女性が非常に多いですが、その中でも一人暮らしをしている高齢者の中で女性の多さが際立ちます。
これには様々な理由がありますが、基本的には女性の平均寿命が男性よりも長いことから、男性が先に他界してしまうといったケースが多いのではないかと言われています。
高齢者の一人暮らしの一言に言っても、それが男性なのか女性なのかによってその問題も変わってきます。

高齢者の親の一人暮らし問題

高齢者が一人暮らしになってしまうとどのような問題があるのか、あまり身近でない人にはわからないかもしれませんが孤独死や、認知症等の問題や、持病等の悪化が主に挙げられます。
誰かと一緒にいれば防げたものが、一人暮らしになった途端急激に悪化すると言うケースが後をたちません。

病気の進行

これはもともと持病を持っていきたい人に限らず、一人暮らしになったことによって健康への配慮がされなくなった、などの理由で不健康な生活を送ってしまい、その結果様々な病気にかかってしまう高齢者が多いです。またもともとの持病が悪化してるのに気づかず、どんどんどんどん進行していた、早くに対処していれば問題なかったのに、病気の進行に気づく人がいないため最悪の時代になってしまったと言うこともあります。
また定期的な運動をしている高齢者の方でも、食事がおろそかになってしまったりすれば不健康の元となります。
特に今まで自分で料理を作ってこなかった、あまり自分の健康を気にしたことがなかったという人は注意が必要です。

孤独死

一人暮らしをする高齢者の中で1番問題視されているのが、高齢者の孤独死です。
現在でも重要視されている社会問題の1つで、一人暮らしの高齢者が増加するにつれて孤独死をする高齢者の数も増加する一方です。
孤独死が増加する多くの原因は、周りとのコミニュケーション不足です。家族と一緒に住んでいない場合は定期的に連絡を取る、近所の方達とコミニュケーションをとる、シミ等を作り定期的に人と関わる等の簡単なことをするだけで孤独死の割合は一気に減ります。
人とコミニュケーションをとると、自分では気づきにくい体調の変化などにも準備に気づいてもらえるため、自分が最悪の事態になる前に対処をするかだけ行ってきます。
また体調が悪くなってきた場合には、周りのサポートも得られますし万が一の場合は病院などで適切な治療を受けることも可能です。

認知症

認知症は多くの高齢者に見られるものですが、一人暮らしをしている高齢者認知症が非常に厄介円なります。認知症になっていると言うことを周りが知らなければ、周りに自分が知らないうちに迷惑をかけていたり、自覚がないまま犯罪を犯してしまったりする場合もあります。多くの認知症患者は他の誰かと生活することにより、その問題行動の数々を抑えることができますが、一人暮らしをしている高齢者が認知症になってしまった場合、抑える人がいなくなるので、こちらも大きな社会問題となっています。

一人暮らしの高齢者の親の問題解決策

高齢者回一人暮らしをした際には、様々な問題がありますが、そのほとんどの問題には解決策があります。多くは家族が手助けしたり、高齢者自身が問題に取り組むことによって簡単に解決するので、いくつか問題の解決方法を紹介します。

コミュニティに入る

まずは地域のコミュニティーなどに入ることです。これは高齢者自身が行う必要がありますが、地域のコミニケーションに入ることによって人との会話から精神的な安定を得ることができ、脳も活性化するため認知症の進行を遅らすことができると言われています。また孤独感の軽減や、健康状態が悪くなった場合にも

老化防止対策をとる

チェスや将棋のようなボードゲームから頭を使う脳トレなどを行うことによって老化防止をすることも可能です。老化防止をすれば認知症などの対策にもなりますし、スポーツなどをすることによって身体的機能の老化を防ぐことができれば、家族などに介護してもらわなくても十分に生活していける身体を作ることが可能です。
またスポーツやボードゲームなどを行えば老化防止だけでなく人とのコミニュケーションをとることができるため様々な一人暮らしの問題を解決することができます。

家族と住む

家族と一緒にするのは非常に効果的な解決方法の1つで、2世帯住宅のように一緒に住むことができればほとんどの問題が解決します。
健康状態も常に家族が確認することができますし、適度な運動なども家族と一緒にいれば高齢者にとっても行いやすい環境となります。
また常に話し相手がいる、家族の団欒があると言うことが高齢者の精神面を保つ面で非常に効果的だということがわかっているのでどうしても高齢者と一緒に住むことができないといった場合を除いては、家族と一緒に住むと言う選択肢は1番のオススメです。

高齢者の親の一人暮らしが増加するワケ

孤独死や認知症の問題といった様々な問題がある中、一人暮らしの高齢者の割合は年々増していってます。また家族で住むと言う選択肢がある中あえて一人暮らしを選ぶ高齢者もいるのはどのような理由があるのでしょうか。
そんな一人暮らしの高齢者が増えていくワケを解説します。

パートナーの他界

まずはパートナーが他界してしまったことにより一人暮らしをせざるを得ない状況になった場合です。
家族も近くに住んでいないため、パートナーが他界したことにより必然的に1人で住むしかなくなっていたため仕方なく住んでいる高齢者が多くいます。
パートナーが他界したことによって一人暮らしをしている人は、一人暮らしの高齢者特有の問題を抱えている場合が多いです。
精神的なストレス、認知症、孤独死問題、健康問題など幅広く存在します。特にパートナーに依存した生活をしていた場合等はその傾向が見られます。
例えば健康管理をした食事を作っていたのはいつも自分ではなくパートナーだった、パートナーと一緒に会話をしたりゲームをしたりしていたため、認知症などの予防になっていた。
このような生活を送っていた方には、パートナーをなくして一人暮らしになった途端に生活が悪化してしまいます。
このような高齢者には、家族が一緒に住んだり高頻度で会いに行ってあげるなどのサポートが必要になってきます。

誰にも頼れない

パートナーの他界や、離婚などが原因で一人暮らしを始めたが、家族などにも頼らずにずっと一人暮らしをしている高齢者も多数います。その多くが、独り身になって自分をサポートしてくれたり介護してくれたりする人がいないということが多いです。
一人暮らしをしている高齢者の中にも、実際はしたくないが頼れる人がいないため仕方なく一人暮らしをしていると言う人は多く存在します。

まとめ

一人暮らしをしている高齢者の中には、本当は誰かと一緒に暮らしたいが、頼れる人がいなかったり、家族が遠くに住んでいたりなどで仕方なくひとりでいる方が多いです。また一人暮らしそのものにあまり嫌気がさしていないが、結果的に様々な問題に直面するといった高齢者も数多くいます。
定期的に運動したり食事に気をつけていた場合でも様々な問題が起こってしまう場合が多いので、家族のちょっとしたサポートや地域の人々との交流などを積極的に取り入れて問題解決に取り組む必要があります。
高齢者本人の問題ですが、周りがサポートすることで多くのものも解決するので人事と考えずにまずは高齢者をサポートするために何ができるか、そして高齢者自身は周りに負担をかけないために行動に移していくことが大切です。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。