自宅介護も可!親の介護費用を徹底解説!

親が高齢になってくると必要になってくるのが介護です。中には歳をとっても健康的で介護とは程遠いような方もいらっしゃいますが、多くの方が必ず必要になってきます。
もし自分の親に介護の必要が出てきたら気になってしまうのがその介護費用です。
介護施設に入れたらいくらかかってしまうのか、自宅で介護できるが、見守りサービスなどを利用した場合はどうなるのかなど医療に関する悩みは様々です。
今回はそんな介護の費用について徹底的に解説していきます。

おすすめの見守りサービス

親の介護にかかる費用

親の介護にかかる費用は主に3つの場合に分けられます。1つ目は自宅介護の場合、2つ目は介護施設に入れた場合、3つ目は老人ホームに入れた場合です。
介護施設と老人ホームを一緒に考えてしまう方も多いですが、実はサービスの内容や料金などもかなり違ってくるため注意が必要です。
また自宅介護の場合は無料でできることもありますが、見守りサービスなどを使った方が効率も良く負担も軽減できるため、少し費用がかかることが多いです。

自宅介護の場合

自宅介護の場合は基本的に費用はかかりません。しかし費用がかからない分、介護をする人間の負担が非常に大きくなります。
介護される高齢者の状態によって様々ですが、寝たきり状態の人の介護を1人で行うのは相当な負担がかかりますが、サポート等がなくても1人で全てできる高齢者などはあまり負担がかかりません。
自宅介護をする場合に負担を少しでも減らすには見守りサービスを使うのが必須ですが、その見守りサービスもサービス内容によって値段がかなり違ってきます。代表的なものは見守りカメラ、見守りセンサー、時間制のヘルパー、セキュリティー会社などがあります。
カメラやセンサー等は企業と契約するのか、スマホ等と接続して自分で全てを管理するかによって変わってきますが、平均的に月額2,000円から5,000円程度です。
しかしセキュリティー会社などに頼むと、月額で8,000円程度かかってしまう場合もあるので、どんな見守りサービスが必要なのかをしっかりと見極める必要があります。
例えば常に高齢者と一緒にいる方が、見守りカメラなどをつけてもあまり役に立たないことが多いです。しかし外出時に見守れるサービスを使用するなどで効率の良い使い方ができます。
見守りサービスの内容をしっかりと確認し高齢者に合っているのかを見極められたら、介護の中でも1番安く済ませることができます。

介護施設の場合

介護施設を使用する場合は、認知症の有無や介護の必要性の段階など、そのランクによって値段もばらつきがありますが老人ホームに比べれば値段が高くなることが多いです。
民間か公的かによって値段のばらつきはありますが、月額は12,000円から30,000円程度が相場となっています。多くの場合は食事、入浴、介護サービスなどが料金に含まれているので、月額を負担できるだけの経済的余裕がある方は、介護施設に入れるのも一つの手です。
しかし入居条件には介護が必要だと判断された方のみの場合が多く、入居待ちもかなりあるので、すぐに入居できるというわけではないことを理解しておく必要があります。

老人ホームの場合

老人ホームの場合は介護施設と違って、しっかりと自立している高齢者の方や、中での介護が必要でない方などを対象にしている場合が多く、介護施設に比べ温泉やプール、スポーツジム等を管理している場合も多く、立地条件になれば月額500,000円ほどかかる場合もありますが、安いところだと50,000円ほどで済む場合もあるので、様々な見守りサービスなどを使用して自宅で介護することを考えると、その労力などを考慮すれば老人ホームに入居した方が良い場合も多いです。

親の介護費用問題

自宅で介護するにしろ、介護施設や老人ホームに入れるにしろ介護費用がかかってしまうのは事実ですが、その介護費用をめぐって、誰が払うかといった問題がよく発生します。
まずは親に負担してもらうのか家族が払うのか、兄弟がいる場合は誰が面倒を見て誰がお金を払うかなどそういった問題に直面するため、あらかじめお金のことについては話し合う必要があります。

親が負担しない

親を介護するにあたって1番問題視されるのが、親自身が全く経済的負担を背負わないということです。
自宅介護で見守りサービスを契約する場合でも、月々の支払いは家族が行ったり、老人ホームや介護施設に入ったはいいものの、貯金がほとんどなく家族が毎月の出費を補っているといった問題があります。
そのため、あらかじめ親の貯金等の有無や介護を行う場合に経済的負担ができるのかどうかを確認する必要があります。
一般的には、介護費用は高齢者本人が自腹で支払うものなので、家族が無理に払う必要はありません。
高齢者に支払いの能力がない、全額負担をするのは難しいといった場合のみ家族がサポートするといった形を取るのがベストです。

兄弟が負担しない

親の介護をするときに、自分の兄弟が全く費用の負担をしないと言うのも介護の費用問題の1つです。基本的には親が自分の介護費用を負担するのが一般的ですが、それが不可能な場合のみ家族のサポートが必要となります。そういった場合でも兄弟がいる場合はその兄弟で分けるのが一般的ですが、所得の高さや、家の事情なども関わってくるので誰が負担すべきと言うのはありません。
例えば兄と弟の2人兄弟だとして、兄が年収1,000万円を超える高所得者で弟は年収300万円の低所得者だった場合は、兄が全額負担するか半分以上を負担するのが一般的といえます。
また、兄は一般の公立校に通っていたが、弟は留学経験までさせてもらったなどという場合にも、弟が多く支払うのが一般的です。
兄弟の関係性、親との関係性、所得なども含めて兄弟でどのように負担するかを介護が必要になる前に話し合う必要があります。

親の介護費用が出せない場合

親が何らかの理由で介護費用を負担することができない、自分も姉妹も負担ができないといった場合には、2つの解決方法があります。
1つ目は親が既に介護の必要がある場合は自宅で自分たちで介護をするといったものです。
もしくは保険に入るといった方法もありますが、適正な審査や1部費用の負担等があるなどのデメリットもあるため、費用を抑えながら介護をする方法を3つ紹介していきます。

自宅で行う

自宅で介護を行う場合、介護や見守りサービスを使用しなければ無料で行うことができます。
自宅で行う場合は、今までずっと生活を共にしてきた家族に介護をしてもらえるため、高齢者にとっても介護施設やヘルパーさんなどにしてもらうよりも精神的な負担が少なく済みますし、介護する側にとっても大きな出費がないのでそこはメリットといえます。
しかし自宅で介護するとなれば1日の大半を介護活動に費やす必要があり、もちろんその労力は計り知れません。また高齢者の状況にもよりますがトイレやお風呂等も1人でできない場合は、寝たきり状態の高齢者の場合はさらに介護する側の負担は大きくなります。
そのためまずは高齢者の介護はどれくらい必要なのかをしっかりと見極め、家族で誰がどのように介護するかと言うことをしっかりと話し合うことによってトラブルも少なくなります。

市販品を代用する

2つ目は自宅で介護する方法の1つですが、様々な市販品や見守りサービスなどを駆使して費用を安く抑えながら自宅で負担のかからない介護をすると言うものです。
例えば見守りカメラを設置するのも良いですが、月額が高い場合もあります。そこで防犯用の安いカメラを1つ購入し、室内に設置することで高齢者を常に見守ることが可能です。
また電子機器が使えない高齢者のために、トランシーバーなどを安く購入すれば、何かあったときにすぐに対応することもできます。
見守りサービスを受けたり、見守りような商品を買ったりすれば月額が発生してしまったり商品そのものが高額になってしまう可能性が高いですが、身近に売っているものを工夫すれば見守りサービスの代わりにもなりますし、費用も抑えることができるので非常にオススメです。
しかし中には認知症を患っている高齢者の方や、物忘れが激しい方、月きれいの介護が必要な方など高齢者のタイプは様々なので、介護する高齢者のタイプを見極める必要があります。

数世帯で住む

こちらは離れて暮らしている方にオススメな方法で、介護施設に入ったりする経済的余裕がない場合は、1つの家に数世代で済んだ方が経済的にも余裕が出てきます。
また2世代、3世代で一緒に住むと言う事は、それだけ介護をしてくれる人の人数が増えることにつながり、結果的に1人1人が負担する労力が分散されて行きます。
そうすれば介護する側のストレスや負担も大幅に減りますし、一緒に住むことによって別れて住んでいた頃に比べれば比較的経済的な余裕も生まれます。また高齢者側も常に家族と一緒にいられることの安心感や、介護をしてくれる人がたくさんいると言う事は精神的な安定にもつながるため、非常にオススメです。

まとめ

親が高齢になってくると必ず必要になってくる介護ですが、介護施設やその他の介護サービス等を使用すると初期費用から月額までかなりの費用が必要となってきます。ご自身に経済的余裕がある方や、高齢者本人が衣服の場合は問題ありませんが、そのような過程は少なく、多くの方が費用の問題に直面します。自宅介護等をすれば費用的な問題は解決できますが、その分大きな負担が家族にかかってしまい、それを察知した高齢者の方もまた同じように精神的な負担を負うことになります。そのようなことがないようにも少ない費用を使って介護する側、される側両方の負担を減らすような工夫が大切になってきます。
また、介護施設に入れる場合にも様々なコースもありますし、保険等が効く場合があるので、1番大切なのはどの段階でどのような選択肢を取るかというのを高齢者本人としっかりと話し合うことです。
介護と言うのはとてもデリケートな問題の為、いざと言う時に備えるために、しっかりと話し合いをすることをオススメします。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。