離れて暮らす親を介護?その時どうしたらいい?

遠距離介護の悩みは、在宅介護の悩みとは異なることが多いのではないでしょうか?日常的な身体介護は伴わないので、家族の悩みが周囲に理解をされなかったり、具体的な解決方法や支援が得られにくいという傾向があります。今回は別居介護(遠距離介護)いざ介護が始まって困ることなどをご紹介させていただきます。「うちの両親のこともそろそろ考えておかないと」という方も「今まさに困っている」という方も是非参考にしてみてください。

おすすめの見守りサービス

離れて暮らす親を介護することに?介護は突然に

親が病院に運ばれたり、転倒して骨折して身動きがとれなくなったり、突然の電話から始まる介護というものもあれば、「お母さん最近同じようなことを言うけれど、ひょっとして認知症?」といったようにじわじわと始まる介護があります。これまで、たまにしか、連絡を取らなかった親に介護が必要な事態になると、子にとっては「介護責任」という重い負担が突然襲ってきたように感じます。

そうして、介護がいざはじまってしまい、困ってしまうのは「親がどうしたいのか。子がどうしたいのか」といったお互いの気持ちが確認できておらず、介護方針を決められない場合です。「そろそろうちの親の介護の事も考えないと」と気になってはいても、いざ帰省をするとついつい介護の話題を出しそびれていませんか?そういったことが確認できていないと、いざ介護が始まってから慌ててしまいます。「どうするのか」という意思表示決定をするのは、親本人と家族の役割になってきます。

ケアマネージャーさんは情報提供や介護プランの提案はしてくれます。しかし「これからどうするのか」といったことを勝手には決められないのです。そして、医療保険、介護保険で大きく違うのは、介護保険がすべて契約に基づいているということでしょう。

なので、意思決定をしないことには先へは進まないのです。例えるならば、親が意識不明で救急車で運ばれたとします。そして運ばれた病院先では家族に連絡が着かなくても医療処置は進められます。そして、介護保険は契約ありきなので、介護事業所と契約をし、介護の計画をたて双方の合意のもとに初めて介護サービスがスタートします。つまり「どうするか」決めないことには先に進めないのです。

離れて暮らす親を介護する時は家族の気持ちを確認しよう

離れて暮らす親を介護する時には家族の気持ちを確認しておくことがとても大切です。いざ、介護が始まってから困らないためにも、あらかじめ家族の気持ちを考えておきましょう。どのようなものがあるかといいますと「親の希望を知っておくこと」「親のお金を知っておくこと」「兄弟姉妹の希望を知っておくこと」「自分はどうしたらいいか考えておくこと」この4つになります。おおげさに考えずにシンプルに考えることが大切になってきます。細かく決める必要はありませんので、ざっくりでも良いのであらかじめ確認をしておきましょう。

大枠を知っておくことで、漠然とした不安も軽くなりますし、心構えもできるようになってきます。なぜざっくりとでも良いのかといいますと、親の気持ちも子の気持ちも介護度が重くなるにつれて変わっていくことが多々あるからです。
例えば「子供に迷惑をかけたくない」と言っていた親も、体が不自由になり気弱になると「地元に戻ってきてほしい、一緒に暮らしてほしい」などと言い出す場合もあります。

介護が始まる前にあまり細かく考えすぎると「こんなはずではなかったのに!」「あの時にはああ言ったじゃないか!といったストレスを抱えることにもなりますので、最初はざざっくりでも構わないのです。そして、「家で暮らせなくなったらどうしたい?地元の施設に入る?私の家の近くに引っ越す?」「介護に必要なお金を工面するには?」「ご飯が食べられなくなったら胃ろうという方法もあるけれど、お父さんはどう思う?」

このように、何気ない会話の中から聞いてみることがスムーズに話を進める秘訣となります。こういった場合に「親の要望が現実的であるのか?希望を叶えてあげられるのか」ということはひとまず横においておきましょう。まずは共感しあいづちをうって聞いてあげるのがまずはポイントです。

まず「親の気持ちを知っておく」ということそうして、「介護の話題」をテーブルに乗せやすくすることこれが最初のミッションとなります。ここで下手に議論を戦わせてしまって、親にへそを曲げられてしまうのは避けたいでしょう。こうしてたまにしか帰省できないからこそ、そのチャンスを逃さずに少しずつでもお互いの気持ちを確認しておきましょう。

離れて暮らす親を介護するために「親の介護の犠牲になった」とは考えないで!

もっとも大切なのは実を言うと「自分はどうしたいのか正直に考える」といったことにあります。介護はシビアな現実であり、綺麗ごとではありません。「親は大事」親孝行したいし、いい息子や娘でありたい。それはもちろんわかるんですが、そういった気持ちはしっかり抱きつつで構いません。

「自分の暮らしをしっかりと守ること、その為にはどこまで親の介護と労力にお金をかけられるのか」ということを、自分の気持ちに正直に考えてみることが大切です。「どこまで親の介護をできるのか?」といったことを考えるのはメンタル的にもしんどい作業かと思われます。どのように介護が大変であっても、自分の暮らしを手放さなくてよかったと考えること、「親の介護の犠牲になった」と子に悔やまれる事は親を悲しませることになりかねません。

離れて暮らす親を介護する必要があれば地域包括センターを利用しよう

親の希望を聞き、親のお金も大体わかった。自分の気持ちにも向き合った、それでも、いざ介護がはじまってしまうと分からないことだらけです。でも大丈夫です。分からないことがあって当たり前です。分からないことを聞くために介護の専門家がいます。みなさんの介護の最初の相談窓口になる専門家は、地域包括支援センターです。

親御さんの住む地域に必ずあり、どなたでも無料で利用することができます。担当区域が住所ごとに分かれていますので、親が暮らす地域の役所に問い合わせるか、ホームページなどで調べておくと良いでしょう。

離れて暮らす親を介護する為には要望は明確に伝える必要があり

例えて言うならば超大型の家電量販店で、電化製品を選ぶようなものなので、なん十種類ものずらりと並んだ機種を目の前にし、どれがどう違うのか分からなかったといった経験はなかったでしょうか?

なので要望をできるだけ具体的に伝え、条件に合うものをピックアップしてもらうのが効果的でしょう。このように要望がはっきりしているほど介護サービスは選びやすいのです。
介護保険サービスには沢山の種類があり、利用方法も複雑です。要望がはっきりしている方が思い描く介護にたどりつけるので、聞きたいことはしっかりと聞いて頼るとよいでしょう。

離れて暮らす親を介護する為に家族にしか出来ないこと、家族以外に頼むことは分けよう

一方介護保険があるからといって、親の介護をすべて任せきりにはできません。家族にしかできない役割があるからです。家族に期待される介護役割を「身元保証」「労働力」の2つに分けて考えます。身元保証という側面は家族にしかできません。介護保険は決められた範囲や時間でしか利用する事はできませんので、介護保険でまかなえないものは保険外サービスを使うか家族が賄うしかありません。

離れて暮らす親を介護するために遠距離介護の決断と準備とは?

子供はいつまでも親のことを大切に思うものです。ただし、遠距離介護を決断せざるを得ない場合に準備、理由について考えてみましょう。

遠距離介護を選択する理由

まずは、「親が住み慣れた土地の方が過ごしやすいということ」「介護をする側にも社会的な立場がある」といったことがあります。住み慣れた土地を離れるというのはとても勇気が必要です。これまでその土地で築いた人間関係や、かかりつけの病院、これらを捨てて、知っている人の少ない場所へ生活の拠点を動かすというのが不安なのは仕方がありませんし、高齢者の中には環境の変化というのにうまく対応することができず、住む場所が変わると認知症を発症したり、症状が悪化したりする人もあります。

両親が介護を必要とする年齢になる頃には、子供は管理職など社会的に高い地位を得ていたり、妻と子がいて休日は家族との時間を大切にしていたりなど、現在の場所で生活の拠点を築いていることがほどんどです。その為現在の生活拠点を離れ、地元に帰省して親の介護だけに専念するというのは難しいでしょう。

離れて暮らす親を介護する為には周囲の協力が必要

被介護者である両親と毎日関わることができないからこそ、周囲の人々の目と手を借りるのが遠距離介護を成功させるポイントです。協力をお願いしたい人と信頼関係を築きましょう。コミュニケーションを積極的に図っていくことが大切になってきます。介護はお金の問題が密接に絡んでくるため、介護サービスを受ける場合には、助成金、割引などを最大限に活用しましょう。少しでも負担額を減らせるように工夫をするということが大切です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?離れて暮らす親の介護について色々とご紹介させていただきました。子と親の事情はそれぞれだと思うので離れて暮らす親の介護について考える方はたくさんいらっしゃるかと思います。多くの高齢者の方は自宅で過ごすことを希望している人も多いかと思いますので、本人の意向を確かめながら、最善の形を検討していくのが良いでしょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。