高齢者向け住宅費用の目安とは?初期費用はいくら?月額は?

高齢者向け住宅である「サービス付き高齢者向け住宅」はご存知でしょうか?安否確認サービス、生活相談サービスなどを提供している高齢者向け施設です。サービス付き高齢者住宅の料金には注意したい点があります。それは食事サービスや介護サービスの提供は義務付けされていないので超えてサービスを利用すると基本的な金額利用料の他にお金があってするといったことがあるのです。言って具体的にどのように費用が違うのか?その他に係る別途費用はどのようなものがあるかをこちらで解説していきます。

おすすめの見守りサービス

サービス付き高齢者向け住宅の大まかな費用とは?

サービス付き高齢者向け住宅入居する際には初期費用と月額の費用がかかります。「一般型」と特定の認定を受けている「介護型」ではその金額が変わってきます。まず一般型というのが、契約形態が賃貸借契約です。初期費用は敷金として数十万円程度かかります。3月費用は家賃と管理費で約5万円から25万円くらいです。

家賃については周辺の賃貸マンションやアパートの相場に準じています。そして次に「介護型」です。こちらは契約形態は利用契約が多い、初期費用は言うと一時期として数十万円から数千万円です。磨く費用は家賃、管理費、食費として、15万円から40万円程度かかります。

サービス付き高齢者住宅の初期費用とは?

サービス付き高齢者向け住宅の初期費用は「一般型」「介護型」でそれぞれ異なります。大半を占める「一般型」では、通常の賃貸借契約と同様に敷金として数十万円かかるところが多いです。ですが0円のところもあります。礼金や更新料は不要です。

一部の事業者ではパンフレットなどに「保証金」と明記しているところもあります。俺は敷金と同じ意味合いのところが多く、退去時に居室の修繕、原状回復に充当され、残りは変換されます。施設のスタッフからは介護サービスを直接受けられる「特定施設」の指定を受けている「介護型」では、最初に入居一時金とし、数十万円から数百万円を支払うことが多いです。一定期間の家賃を前払いするという内容で、月々支払う費用は家賃部分が少なくなり、費用を低く抑えることができます。
そして入居一時金は返還金制度が設けられているのです。納めてる家賃分の期間を償却期間として、それを満たす前に退去となった場合には未償却文を返還するという内容になっています。 運営事業者は家賃を預かるという形になり、それに対して保全措置を取ることが義務付けられています。最高500万円までの補償となっているのです。

サービス付き高齢者住宅の月額費用とは?

一般型の月学費用は約5万円から25万円ほどかかってきますが、その内訳は家賃や管理費となっています。サービス付き高齢者向け住宅では安否確認や生活相談サービスが義務付けられています。そしてその費用は管理費に含まれていたり、「生活支援サービス」「基本サービス費」などの名目として別料金が設定をされているパターンもあります。食費につきましては比較的お元気な業者も多いため、お部屋がキッチンで自炊する方もいらっしゃいます。また食事の提供を受ける場合は召し上がった分を支払う方式が一般的になっています。

水道光熱費に関してもそれぞれ使用した分を支払う方式となっています。そのために「一般型」では生活支援サービスなどを多く使うことがなければ、年金の範囲内で暮らすことも可能です。 「介護型」は月額15万円~40万円程度かかりますが、内訳には家賃や管理費に加えて食費が入ってきます。介護型は特定施設の指定を受けており、これは食事サービスを受けることが前提になっているためになります。水道光熱費も内訳として含まれているケースもあります。

サービス付き高齢者住宅その他にかかる費用とは?

その他にかかる別途費用としては、本人の身体状況やライフスタイルに合わせて挙げられます。月ヶ瀬費用は本人がどんな暮らしをしたいかを想像して別途費用まで含めた金額を想定しておくことが大切になってきます。その他の費用としてはまず「医療費や薬代」です。診察費や薬代や通院にかかった交通費などを指します。

次に「消耗品費」生活に必要な日用品や衛生用品などです。そして「オプションサービス」清掃や洗濯などの家事代行や外出時の送迎など。そして「介護サービスを利用した場合の費用」や「サークル活動やアクティビティーへの参加費」です。

サービス付き高齢者向け住宅と老人ホームの違いとは?

そしてサービス付き高齢者向け住宅の一般型は有料老人ホームと比較すると初期費用を低く抑えられるというのが特徴になっています。月学費越生やってサービスの提供が少ない分低くなっています。有料老人ホームはサービスが充実している文、初期費用や月額費用ともに割高になってきます。実際はホームによる金額の差が大きくて、その根拠を十分に検討する必要があるでしょう。

サービス付き高齢者住宅の支払い方式には「月払いと前払い方式」がある

サービス付きの高齢者住宅は高齢者の住まいを安定的に確保するための「高齢者住まい法」で規定されている施設で、一般的に月払い方式住宅になります。設立にあたっては、居室の原則25㎡以上、バリアフリー構造であることなどのハード面の基準をクリアをする必要があります。して安否確認サービス、生活相談サービスの提供も登録票必須となってきます。そして居住費用の支払い方式としては「月払い方式」と「前払い方式」の2種類があります。

月払い方式は、一定額の費用を毎月負担していくもので、一般的な賃貸住宅と同様の支払方法になります。一方前払い方式は、終身に渡り、住居することを前提とした支払方法になり、入居時にかかる「前払金」と入居後にかかる月額利用料を負担します。

前払金としては賃料などの費用を事前に支払うことになるので、毎月の支払額は月払い方式に比べて安くなります。 必要な費用としては、前払い方式では入居時に将来の賃料などを前払いします。これは終身にわたって利用することを前提にして支払うことにはなりますが、その計算には「想定居住期間」が使われます。想定居住期間の設定は施設ごとに異なってくるので、入居を検討する際はその都度確認する必要があります。

そして月払い方式の場合は一般的なアパートや賃貸マンションと同様に入居時に敷金や礼金を支払うのですが、敷金または礼金として賃料の2、3ヶ月分が設定されているケースが多いです。そして保証金とは預り金として入居にかかる費用です。漫画1月額利用料が払えなくなった場合当てられる費用となっています。気学利用料に当てられた場合の返金はありませんが、月額利用料がきちんと払っている方の場合には退去時に返還されます。

サービス付き高齢者住宅をすぐ引っ越すことになったらどうするの?

もし何らかの事情で高齢者サービス住宅入居しすぐに退去しなければならない場合はどうしたらいいでしょうか?有料老人ホームの場合は入居後90日以内に退去する場合にはクーリングオフの対象となります。クーリングオフとは一定の期間ならば無条件で契約を解除できる制度であり、有料老人ホームでは入居金が返還されます。

高齢者サービス住宅も賃料などの前払い金を支払った場合で3か月以内に退去する際は支払って米原行きについて返還してもらうことが可能です。しかし全額が帰ってくるわけではなく、契約解除までの日数×日割り計算した賃料などを除いた金額のみが返ってきます。そして米原行きについては施設側に必要な保全措置を講じることが義務付けられています。

万が一施設の君がうまくいかなくなっても入居者は前払金を返還してもらえるのです。 しかし入居した高齢者サービス住宅が月払い方式で、前払金を支払っていない場合には、クーリングオフの対象にはなりません。

サービス付き高齢者住宅に入居後に毎月支払う費用は?

サービス付き高齢者住宅の費用は、賃料や管理費、共益費、水道光熱費、そして安否確認、生活相談のサービス利用料などがあります。賃料管理費共益費などは一般の賃貸住宅と同じ内容で支払額は毎月定額です。

水道光熱費は利用した分を支払うタイプが多く、北海道や東北地方などの寒冷地だと、冬場に暖房費が割高になる施設もあります。入居を検討する際にそちらは確認をしておきましょう。そしてサービス付き高齢者住宅では安否確認と生活相談は必須となっているのでそのための費用も必ず発生します。施設によって上記費用が管理費の中にあらかじめ含まれている場合もあり、管理費と一括して支払うのか、それとも別途で支払う必要があるのかを事前にチェックをしておきましょう。

そして食事の提供方法は施設ごとに異なり、多くの場合は、30日分食費として料金1日あたり1000円から1500円程度、月額3万円から5万円程が提示されています。秘密の入居者が多い施設では、居室にキッチンを完備するなどもあり性が可能なことも多く、その梅雪の食事を食べたい時にだけ予約するといったこともできます。食事のサービス内容や支払い方法などは入居の検討時に接続音に確認しておくのが良いでしょう。

まとめ

さてサービス高齢者向け住宅についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?サービス付高齢者向け住宅は初期費用は少なくて、飲み会が必要になった場合も金銭的リスクも少ないので、全体的状況に合わせた住み替えを前提として気軽に選ぶことができます。月額費用なども最低限のサービスでの設定で、ご自身の状況に合わせてカスタマイズしやすいと考えます。一人暮らしを不安に感じている方、介護の不安があるならば自分で生活できる方にとってサービス付き高齢者向け住宅を選択することは良い選択と言えるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。