高齢者の孤独死が増加?社会はどうするべき?

少子化や核家族化、高齢者などが相まって、一人暮らしの高齢者が増加傾向にあります。以前はご近所づきあいなども活発に行われていましたが、最近ではこうしたつながりや家族関係ですら清なケースが都会は中止に増えてきており、孤独死の数も増加傾向にあるのが現状です。こうした状況に対して、社会はどのように対処すべきなのでしょうか。今回は高齢者の孤独死が増加する理由、社会は一体どうするべきか、リスクや対処法をご紹介していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

【高齢者の孤独死】増えている高齢者の一人暮らし

一人暮らしの高齢者は年々増加傾向にあります。
「まず一人暮らしをしている高齢者の人数の推移です」65歳以上の一人暮らしの高齢者の方は、男女ともに増加傾向にあります。内閣府の調査によりますと、1980年には男性が約19万人、女性が約69万人、高齢者人口に占める割合は男性4.3%、女性は11.2%です。2010年には、男性が約139万人、女性が約341万人、高齢者人口に占める割合は男性が11.1%、女性は20.3%と言う結果になっています。

中でも最も比率が大きいのは、配偶者と死別する確率の高い75歳以上の高齢の女性です。さらに国民の3人に1人が65歳以上になると言われている2025年には、男性が約230万人、女性が約470万人、高齢者人口に占める割合は男性が14.6%で女性は22%にまで増加する見込みです。

そして「一人暮らしの高齢者の実態について」です。 高齢者グループ活動での自主的な参加状況は、内閣府によると、1993年以降増加傾向にあり、 2013年には、60歳以上のの人の61.0%が何らかのグループ活動に参加したことがある、という結果となっています。活動内容は、「健康・スポーツ」が33.7%「趣味」が21.4%「地域行事」が19.0%といった順番になっており、特に近年「健康・スポーツ」の増加があります。

高齢者の会話の頻度は、単身世帯を除く世帯の場合「毎日」が9割以上です。しかし、単身世帯で毎日人と会話しているのは75.8%程度であり、「2日~3日に1回」が14.8%となっています。人付き合いの程度に関してでいうと、ある程度付き合っていると応えている人が女性が80.7%に対して男性73.8%となっています。男性の方が他人との交流が少なく、頼れる人がいないという傾向が読み取れます。

【高齢者の孤独死】高齢者が一人暮らしをする理由

では、何故高齢者が一人暮らしをする状況になるのでしょうか。
まず「頼れる人がいない」というのがあります。病気の時や一人ではできない日常生活に必要な作業の手伝いなどについて頼れる人の有無」という質問については、60歳以上の単身高齢者の場合、「別居の家族・親族」が66%だったのに対して「いない」と応えた人が123%も存在しています。何らかの理由で家族と別居している高齢者の中には、困ったときに頼れる人がいない人もいるのです。

「今の生活に不満がない」
高齢者の経済状況に関して、「経済的な暮らし向きに心配がない」と答えた高齢者は約7割という結果です。つまり、多くの高齢者は現状の経済的な暮らしに満足しており、このまま一人暮らしを続けても良いと感じていることがわかります。その中でも80歳以上の高齢者は80%と非常に高い割合になっています。高齢者世帯の平均年収は528.9万円となっています。

60歳以上の高齢者に対して、今度は住まいに関する質問をしたところ、高齢者の約8割が現在の住居に満足しているという結果が出ています。回答の内訳は持ち家で79.1%、賃貸住宅で56.6%であることから、自分の住まい環境に満足していている人の多くは、持ち家に住んでいることが分かります。ちなみに、65~74歳の男性で52%、女性で53.1%、75歳以上の男性で58%、女性で60.6%と年齢が上がるほど高くなり、半数以上の高齢者は現在の住居環境に不満を感じていないことが分かります。

【高齢者の孤独死】高齢者の一人暮らしが引き起こす問題とは?

高齢者の一人暮らしには認知症の進行によって引き起こされるトラブルや、孤独死などの問題がつきまといます。
まず「認知症の進行です」
一人暮らしの高齢者が認知症にかかると、地域の約束事を守れなくなり、近所の住人とトラブルになることが懸念されます。例えば、症状の悪化に伴いゴミ出しのルールを守れなくなったり、悪いことと認識できず、大声で騒ぎ、騒音の苦情が発生したりすることがあります。最悪の場合、今住んでる部屋からの退去を余儀なくされたり、犯罪に発展したりするケースもあるため、認知症高齢者を一人きりで生活させるのは問題が大きいと言えます。

「孤独死」
高齢者の一人暮らしについて考える上で、孤独死もまた避けられない大きな問題の一つです。自宅住居で亡くなった単身世帯の方は2012年には2,727人とおよそ倍にして増加をしています。

【高齢者の孤独死】高齢者の一人暮らしを支えるためには?

一人暮らしの高齢者には周囲のサポートがとても重要です。そのために、身近な家族や社会ができることはなんでしょうか。「家族ができること」状況にもよりますが、家族が出来ることの一番はやはり「一緒に暮らすこと」です。自分にも家庭があったり、仕事があったりという理由で、同居が難しい場合、公的な見守りサービスを活用すると良いでしょう。

特に認知症がある高齢者は、腐っているものを食べてしまったり、暑くてもエアコンを使わずに脱水症になってしまったりする恐れがあります。そのような事態を回避するには、介護施設や訪問介護などのサービスを利用し、介護の専門家が毎日、あるいは定期的に接触するような状態を作ることが大切です。

また、高齢者が元気に動けるうちは、働くことで社会との接点を持つことができます。身体的な事情でそれが厳しいようであれば、サークルやボランティア活動、自治体といったグループ活動に参加するよう、家族が促して上げると良いでしょう。

【高齢者の孤独死】自分らしく暮らせる高齢者住宅

地域や民間の見守りサービスには郵便や荷物の配達員が高齢者の家にも立ち寄って声かけをしてくれるものや、カメラやセンサーなどを使用して、異常事態が起きた場合に検知してくれるタイプなど様々な種類があります。しかし、こうした見守りサービスも、できることには限度があります。

一方、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅といった高齢者住宅であれば、専門の介護スタッフが常に高齢者住宅であれば、専門の介護スタッフが常に高齢者の健康管理などを行ってくれるため、孤独死というリスクを大きく下げることができるでしょう。また、レクリエーションや体操、趣味のサークル活動などを行える施設もあり、社会との接点も持ちながら、身体的にも精神的にも健全に自分らしく過ごすことができます。大切な家族が孤独死を迎えないために、選択肢の一つとして、高齢者住宅などへの入居を検討してみてはいかがでしょうか?

【高齢者の孤独死】単身世帯の高齢者が抱える問題

一人暮らしの高齢者が増えている現実、そんなシニアたちが孤立しやすい状態にあることは見えてきました。実際、単身世帯の高齢者は、どのようなリスクを抱えているのでしょう?
まず「ADL低下」生きていくために必要な食事・更衣・洗面・入浴・排泄・移動など、高齢者の日常生活動作が低下する背景には、身体機能と認知機能の低下、精神面や社会環境の影響があります。

身体機能が低下すると、以前のように動けなくなったり、疲れやすくなったりするので、外出も億劫になりますよね。また、食欲不振になれば、体力が落ち、楽しみも失われてしまいます。

「詐欺などのトラブル」
悪質な業者は、言葉巧みに高齢者の不安を煽り、親切にして、信用させ、年金や貯蓄などの大切な財産を狙ってきます。高齢者は自宅にいることが多いのでそこを狙い、電話勧誘販売や家庭訪販による消費者トラブルにあいやすいのが現状です。

「認知症やうつ病」
認知症の最大の危険因子は加齢です。日本の65歳以上の高齢者は、現在8~10%程度が認知症であると推定されています。認知症のなかでも、アルツハイマー型認知症が最も多いという説が有力で、症状が進むと時間や場所や人物などの認識ができなくなり、一人での生活が困難となります。

【高齢者の孤独死】高齢者を孤独感から遠ざける方法

健康であれば65歳を超えても働き続けたいという方は多いと思うので、社会として出来ることは高齢者も働ける環境を充実させることが大切です。また教育機関や自治体が中心となり、年齢問わず学習できる場が増えることも望まれています。高齢者が社会的な活動を行うメリットは「新しい友人を得ることが出来る」「地域に安心して生活するためのつながりができる」「社会に貢献していることで充実感が得られる」「健康維持や身だしなみにより留意するようになる」があります。

【高齢者の孤独死】高齢者向けのSNSを活用

3章でさまざまな提案をしましたが、そうはいってもこれまで地域で社会的な活動をしていなかった高齢者が、知らない人ばかりの集まりに参加するのは簡単ではないと思います。そこえ今注目されているのがコミュニケーションつーるであるSNSです。SNSは高齢者の方もよく利用しています。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?高齢者の孤独死の原因や対処方法についてご紹介をさせていただきました。大切な家族の為に今から対策立てることも考えてみてくださいね。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。