高齢者の家庭内事故を防ごう!原因を解明しよう

「家庭内事故」が多いというのは知っていますか?「家庭内事故」というと、火災や地震などの天災が原因の家庭内事故を連想する方が多いかもしれませんが、家庭内事故というのは転倒や転落や溺死など身近な要因がとても多いのです。その死亡者数も交通事故による死亡者数よりも多いのです。今回は高齢者の家庭内事故を防ぐために家庭内事故の原因を解明していきましょう。

おすすめの見守りサービス

高齢者の家庭内事故を防止し、軽減するために必要なこと


65歳以上の高齢者がいる世帯には全世界の半分近くと言われています。そしてそれに伴い一人暮らしをする高齢者の数も増加をしています。このような中、厚生労働省が発表しているデータから、家庭内での不慮の事故による死亡者数を見ると、65歳以上の方が多く、全体の8割以上を占めています。

高齢者の方がお住まいの自宅ではちょっとしたことが原因の実行になりかねないので、どのような原因で高齢者の家庭内事故が起きるのか、その対策法にはどのようなものがあるのかを是非ご確認してみると良いでしょう。まずは「浴室での溺水・転倒を防ぐ」浴室での溺死は4時の場合もありますが、シニア層や高齢者が圧倒的に多くなっています。冬に多いのは入浴の際の急激な温度差によって、血圧や血流が急変するためと考えられています。

浴室は滑りやすい上になったり座ったりの動作や浴槽への出入りが伴うために転倒による事故が起こりがちになります。 そして転倒の際にドアのガラスを割って怪我をするパターンもあります。まず対策としましては、浴室と脱衣場の温度差を少なくするために、冬場は脱衣場にも乱暴するなどの工夫が必要です。

そして転倒を防ぐために脱衣所と洗い場の間に段差のない設計や滑りにくい仕上げ材を選ぶのがポイントとなってきます。そして床のタイルはできるだけ滑りにくい素材も変えましょう。手すりは出入り口から浴槽への動線に沿って3箇所ぐらいあるのが理想的です。浴槽のまたぎ高さが40cmぐらいの埋め込み式、広すぎず、深すぎない浴槽が安全になります。

握りやすい幅にして、腰掛けられるスペースがあるとより安心です。そして、湯温は41°C以下にして、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。ドアのガラスは割れにくい強化ガラスや防犯合わせガラスに変えれば安全です。そしてトイレでの突然死も少なくはありません。それは浴室同様に冬場の寒暖の差による血圧の急変などが原因とみられています。転倒やや身体の急変に備えましょう。

このように体調が急変した時は家族の介助が必要になりますので、解除しやすい構造にする必要があります。ドアは外開きにし、立ち上がる際に使われる手すりバーを取り付けましょう。

高齢者に多い家庭内の事故とは?

高齢者に多い家庭内の事故の中には階段やベッドからの転落、カーペットなどの敷物や電化製品のコードなどに足を取られて転倒するなど、庭木の手入れ中に脚立から転落。屋根の雪下ろしをしていてはしごから転落したといったパターン。そしてうがい薬と間違って漂白剤を口に入れてしまったり孫が作ったスライムを食べてしまったり、薬をシートごとを飲み込んでしまったり、お餅や団子などを食べて誤嚥してしまったりなどがあります。

後は古いもしくはリコール対象の電化製品からの発火。ガスコンロの火や仏壇のろうそくの火が衣服に引火するといったこともあります。そしてエアコンの冷暖房のスイッチを間違えてエアコンが故障した場合に熱中症の危険もあります。

家庭内事故に繋がる高齢者とは?

高齢者の事故は、加齢や病気などの影響による心肺機能の低下が主な原因です筋力や視力、触覚、反射神経、嚥下能力などが弱くなるため、動作がゆっくりになったり、反応が遅くなったりします。このような変化を十分に自覚していないことで長年の経験や生活習慣からくる思い込みなどが影響し判断ミスが起こりやすくなるので注意しましょう。

高齢者の家庭内事故を防止するために階段からの転落を回避すること

家庭内事故を回避するためには、階段の場合は手すりがついていない場合はまず手すりを取り付けることが必要です。一つ捕まるところがあるだけで事故要因の軽減になります。昔のお宅の階段は急勾配の階段が多く、手すりがあっても危険なことが多いです。その場合は掛け替えをおすすめします。段数を増やして、勾配を適切な勾配にします。そしてこれは1階をメインとして生活できる間取りやスペースがあれば叶うことでありますが、思い切ることができるならば、リフォームするという手段もあります。

高齢者の家庭内事故を防止するために段差での転倒防止、浴室内の溺死回避

そして次に段差でのつまずき転倒や浴室内での溺死の回避方法についてご紹介します。低コストでホームセンターで購入しやすく取り付けられるのが「つまずき防止スロープ」です。まずは段差スロープで段差の回避ができます。素材も幅や高さもいくつかあります。それぞれのお宅の段差に合わせて購入ができます。

主に車椅子の方向けになりますが段差が大きくてスロープでは解除できない場合テーブルが上下する「段差解消機」が有効になってきます。ダンスのある所でスロープがつけられない、もしくはつけない場合は手すり一本あるだけでも違ってきます。手すりにつかまって踏ん張ることができるのであれば手すり取り付けも段差によってはつまずき転倒対策の一つになります。滑りやすい浴室入口あまりにも転倒防止に手すり取り付けをお勧めします。

高齢者の家庭内事故を防止するために温度差によるヒートショックの回避方法

そして温度差によるヒートショックの回避方法ですが、トイレや洗面脱衣室用にコンセントにつなぐだけのお手軽なセラミックヒーターなどもよく見かけます。火事の心配もないですし、一型センサーやタイマーの付いたものもあるのでつけっぱなしでもったいないという人にもおすすめです。浴室の換気扇を暖房付き換気扇に変えるだけで冬でもポカポカあったか、ヒートショックの心配も軽減されます。タイルの冷たいお風呂や温度差のある脱衣場リフォームし、システムバスを入れて脱衣所の断熱材もしっかり入れてポカポカ入浴タイムを過ごしましょう。安心して脱ぎ着できて、お風呂に入ることができます。

高齢者の家庭内事故「転倒の危険性」について

本当は若い人であれば軽い怪我で済んでも、高齢者にとって大きな事故につながることがあります。高齢者にとって転倒の危険性についてお伝えすると、高齢者が「要介護」となる主な原因は、脳血管疾患いわゆる脳卒中、認知症、高齢による衰弱と続いて、「骨折・転倒」は全体の12.2%を占めています。

そして全体の4位です。そして内閣府の「平成22年度高齢者の自宅と生活環境に関する意識調査結果」によると、自宅内で転倒したことがある男性が6.8%なのに対して女性は11.8%となっています。これを見ると男性よりも女性が転倒をしやすいという結果になっています。転倒によって動けない状態が長く続いてしまうと、歩行機能が衰え「要介護」となる可能性があります。

若い人ならば少しくらい怪我をしたり病気にかかったりしても安静にして寝ていれば大抵は治りますが高齢者にとって過度の安静は筋力や心肺機能の衰えを招いて症状を悪化させる要因にもなります。中でも転倒が原因で起こりやすい大腿骨の骨折は歩けるようになるまでに時間がかかりかかるため、そのまま寝たきりになることも少なくありません。

骨折や怪我がなかったとしても、転倒により自信を失ったり、自力で動くことに対して恐怖心を持ったりすると、体を犯さなくなり筋力が次第に衰え始めて身体機能の低下を招くことになってしまいます。このように転倒というのは高齢者の生活に大きく影響することがあるため十分な対策をとる必要があるのです。

高齢者の家庭内事故「転倒が多い場所」とは?

高齢者の転倒事故は屋外だけではなく、自宅でも多く発生しています。高齢者が転倒しやすい場所を確認しておきましょう。自宅の転倒は「庭」より、「室内全般」が多いです。転倒した自宅の場所では「庭」というのが最も多く、次に「居間・茶の間・リビング」「玄関・ホール・ポーチ」「階段」「寝室」と続きます。転倒場所を「庭」と「室内」に分けると、「庭」というよりは「室内」での転倒が多くて高齢者にとっては安全と思われる室内にも危険が潜んでいることが分かります。

次に室内転倒の場所はどこなのでしょうか?上記のように、室内の転倒場所では「居間・茶の間・リビング」の割合が20.5%と最も多く、次いで「玄関・ホール・ポーチ」が17.4%「階段」13.8%、「寝室」10.3%、「廊下」8.2%、「浴室」6.2%の順となっています。身体機能の低下によってすり足で歩きがちな高齢者は、カーペットや敷居などのちょっとした段差でも足を取られ、転倒することがありますので、居間などの居室も注意が必要となってきます。

時には段差のない廊下やフローリングで足を滑らせることもあります。そうして、足を踏み外しやすい階段や玄関や浴室などでは重傷を負う恐れもあります。高齢者がいる家庭では至る所にまず手すりを取り付けることで転倒予防をすることが大切になってきます。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?高齢者の家庭内事故と家庭内事故を防ぐ方法についてご紹介させていただきました。年齢一人暮らしの高齢者が増えていますので、早いうちから危険回避して何かしら対策を立てておくことが大切です。もしものことがあった後だと交換してしまいますのでまずは家の中の危険な場所をチェックすることから始めてみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。