高齢者にスマートウォッチ?スマートウォッチはシニア世代に広がる?

スマートウォッチが高齢者の方の中で人気だということは知っていますか? 最近のテクノロジーに違和感を覚えるシニアの方も多いのですが、時計型で比較的身に着けやすいスマートウォッチは、時計として着用させることもできるので、便利な機能を搭載したスマートウォッチを取り入れている方も多いようです。特にシニアの方は健康を気にされる方も多いですものね。こちらでは高齢者の方のためのスマートウォッチの使い方、機能等をご紹介していきます。

おすすめの見守りサービス

高齢者にスマートウォッチが大流行!?

米国におけるスマートウォッチの売り上げは2017年11月から2018年11月の1年間で51%上昇しました。売上高にして50億の伸びです。
この売り上げの上昇に関しては年金であるアップルウォッチによるところが大きいです。トップ3でやるアップル、サムソン、フィットフィットの3ブランド製品だけで市場の80%以上を独占しています。その一方でファッション性の強い時計ブランドの FOSSIL、 フィットネス機能に焦点を当てているガーミンなども成長しており、スマートウォッチ使用そのものがまだ成長過程にあるということか伺えるのです。

アップルウォッチシリーズには、ユーザーが転倒する状況を判断するという「レスキュー機能」をはじめ、健康管理に有効な機能が強化されており、高齢者にデバイスになっていきそうです。この他日本ではまた現在未対応ではありますが米国版では心電図が計測できます。手首から心拍数を計測し、心拍が正常かどうかのモニタリングをします。心電図のパターンは記録されて保存されます。これらを共有することができます。

高齢者のスマートウォッチの使い方は?救急隊員との会話もスマートウォッチ?

現在米国では医療機関への警告機能がついたスマートウォッチが続々と登場しています。例えるならば、メディカルガーディアンから出ている「フリーダム・ガーディアン」や、モバイルヘルプから出ている「スマート」はシニア世代向けのスマートウォッチです。 デザイン面は機械が苦手な人でも操作がしやすいです。シンプルなインターフェイスになっており、いずれも心拍や運動量の測定機能を充実させています。

特に「スマート」は、スマートウォッチのスピーカー機能が優れているということで、緊急時に救急隊員とスマートウォッチ経由で話をする際にも、聞き取りやすく伝わりやすいといいます。

高齢者のスマートウォッチを睡眠の質を知るために使う?

そして、スマートウォッチは睡眠の質を知ることが出来るといいます。スマートウォッチで睡眠中の心拍数を測定することができます、また、眠りの浅い深い、レム睡眠とノンレム睡眠といった睡眠の内容がデータから推測できて、各状態に対応した時間が分かります。そして睡眠内容を示すデータとその日の行動パターンを合わせて分析することで、良い睡眠をとるための行動パターンとは何か把握できるようになるそうです。

高齢者にスマートウォッチ人気の理由は?

やはり最新テクノロジーに違和感を覚えるシニアの方は多く、未だに携帯電話にフューチャーフォンを選ぶ方も多いです。しかし時計型であれば比較的に導入しやすいというのもあり、身につけていられるということで自然と使いなりやすいのかもしれません。
そして多くのシニアの方が自分から緊急対策用のデバイスを身につけたがらないと言われていますが、スマートウォッチは時計として着用することができるためにシニアのケアに頭を悩ませる人達はそうした便利さに期待しているようです。日本でも年齢シニア世代を増える中で便利な機能を搭載しているスマートウォッチを取り入れる方も増えてくるといいます。まだ日本では適用されてはいませんが、いずれ米国同様に医療機関との提携が可能となるのであれば、携帯人気の高いアプローチはさらに注目が集まりそうです。

高齢者におすすめのスマートウォッチの選び方は?

こちらでは高齢者におすすめのスマートウォッチの選び方をご紹介します。スマートウォッチを選ぶときにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。ご自身に合った及び2のスマートウォッチが選べるようにおすすめの選び方をご紹介していきます。是非ポイントを押さえて希望する用途に合ったスマートウォッチを探していきましょう。

ご自身がどのようなシーンに活用したいかというのをしっかりとイメージし、使い方に合った機能を持っているアイテムを選ぶと良いです。特に人気の高いオススメの便利機能は何なのでしょうか?

血圧が計れるスマートウォッチで健康管理をしよう!

毎日の生活の中で健康に気遣った行動をとっているでしょうか?血圧は自分の体調管理する一つの目安となります。ですが血圧を自宅で測るのを面倒だと感じている方も少なくはありません。わざわざ血圧計を買うのは経済的にも負担が大きく、血圧測るために病院に行くこともできません。

そこで活用したいおすすめのアイテムがスマートウォッチになります。手首につける腕時計タイプのスマートウォッチは場所も取らず、毎日の健康管理に役立つお勧めのアイテムです。血圧以外の機能もたくさんついているため、コスパも抜群です。

アップルウォッチは血圧が計れないの?

スマートウォッチと聞き、一番に思い出すのは iPhone などで知られるアップル社の Apple Watch ではないでしょうか?高機能でデザイン性も高く、 Apple Watch が好きな方も多いはずです。アップルウォッチの中には血圧が測れるモデルは残念ながら発売されていないのです。2019年に発売されているアップルウォッチの中には、高精度の心拍センサーが搭載されていることで、スポーツを楽しむ人から支持を集めました。より健康管理に役立つ高精度の血圧計が搭載される日も近いと噂をされていますが、 Apple Watchで血圧を測ることはできません。

おすすめのスマートウォッチは搭載されているOSで選ぼう

まず、スマートウォッチを選ぶときにはどのような OS が搭載されているかというのをチェックするのがおすすめです。普段自分が使っているデバイスと連携できる OS を選べば機能性も高まり便利に使うことができます。基本的にスマートウォッチは独自 OS の他、3種類の OS が搭載されています。例えば、watchoshaiosとの連携が良く、アップル社のデバイスと一緒に使うという方におすすめです。

便利な機能で選ぼう

そしてスマートウォッチが便利な機能が付いた新しいに腕時計になります。搭載している機能は幅広く、多機能性は何よりの魅力です。そこでスマートウォッチを選ぶときには使える便利な機能に着目していくといいでしょう。
まずは外出が多い人や、道に迷うことが多い方は GPS 機能がついたスマートウォッチが便利です。カーナビ感覚で使え、わかりやすく道案内をしてもらえるのです。サイズを大きくし、見やすい表示ができるアイテムが多いので安心です。
GPS 機能がついたスマートウォッチは行動記録を残すのところも魅力になっており、ジョギングルートを記録したり、旅行の記録にも活用ができます。 その他どのような機能があるのでしょうか?ご紹介していきます。

決済機能で選ぼう

キャッシュレスサービスの利用が多い方は決済機能が付いているアイテムがお勧めになります。代表的なキャッシュレスサービス Apple Pay や Google Play の他 Suica などに対応しているスマートウォッチもあります。キャッシュレスサービスはより普及をしています。
ご自身が普段使っているサービスが利用でき、決済機能がついたスマートウォッチがあれば、財布を持たずに気軽にお出かけも可能です。ビジネスシーンでも無駄な時間を省き効率的に仕事ができるようにもなります。

ヘルスケア機能をチェック

そしてスマートウォッチには血圧以外にも健康管理に役立つ機能がたくさんあります。心拍数が測れる機能や歩数計などもあります。 毎日の健康管理におすすめです。
筋トレやダイエットをしている方におすすめのカロリー計算もあります。トレーニングを記録する機能をも人気です。自分の普段の行動をイメージしながら、より健康管理に役立つスマートウォッチを探してみると良いでしょう。

防水機能が便利

ジョギングやマラソンやトレーニング中に活用したい方は防水機能をチェックするのもお勧めします。またアウトドアのシーンでの活用にも防水機能がついているアイテムも便利です。天候不順でも合わせることがなく利用ができるでしょう。そして汗にも強く、多少の水滴では故障しません。

そして屋外での利用には防塵性が高いアイテムもおすすめです。水だけではなく細かい塵が内部に入って故障するのを防いでくれるのです。スポーツアウトドアに活用したい方は防水機能をや防塵機能を比較すると良いでしょう。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?高齢者の方にも人気になってきているスマートウォッチについてご紹介をさせていただきました。機能面や使い方など分かりましたでしょうか? 健康管理ができるスマートウォッチは、高齢者の日々の生活の助けになりそうですよね?スマートウォッチを使いこなして、毎日健康な生活を送っていただければと思っています。多機能で便利な腕時計としてスマートウォッチが注目されていますが、中でも血圧が測れるというスマートウォッチは健康に気遣った生活を送るのにぴったりです。体調管理やトレーニング管理に役立つサイトのになると思いますので毎日の生活をより充実させましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。